ドラマ|わたしを離さないでの動画を無料で見れる動画配信まとめ

2016年1月〜3月まで綾瀬はるか主演で放送のドラマ「わたしを離さないで」

日系英国人作家カズオ・イシグロ原作の『わたしを離さないで』が、世界で初めてドラマ化されました。

舞台をイギリスから日本に変更し、観る者に「生きるということの意味」を問いかける本格ヒューマンラブストーリーです!

ドラマ「わたしを離さないで」の動画は、U-NEXTで見放題配信中です。

U-NEXTの無料期間を利用すると、ドラマ「わたしを離さないで」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ドラマ「わたしを離さないで」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「わたしを離さないで」の動画は、U-NEXTで見放題配信中です。

U-NEXTは通常月額2189円かかる動画配信サービスですが、初回登録から31日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:U-NEXT)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「わたしを離さないで」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「わたしを離さないで」に出演している綾瀬はるかの出演作品

  • JIN-仁-
  • JIN-仁- 完結編
  • 世界の中心で、愛をさけぶ

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「わたしを離さないで」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ドラマ「わたしを離さないで」の動画まとめ

ドラマ「わたしを離さないで」は、U-NEXTで全話無料視聴できます

(画像引用元:U-NEXT)

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「ドラマ史上最も哀しい運命…衝撃の結末へ愛しく儚い命の果ての希望とは」
陽光学苑の寄宿舎で生活を共にする恭子(子ども時代・鈴木梨央/大人時代・綾瀬はるか)たちは、ある日、校長の神川(麻生祐未)から、とある使命を教えられる・・・(引用元:TBS公式)

ドラマ「わたしを離さないで」1話のネタバレ
保科恭子(綾瀬はるか)はある男性を見つめていた。

恭子の表情にはあらゆる感情が見当たらなかった。いったい彼女に何があったのか。

その答えは20年前に遡る。子供時代の恭子(鈴木梨央)は陽光学苑というところで生活をしていた。

そこには子供たちが寄宿舎で共同生活を行っていた。

恭子は他の男の子たちからからかわれて、土井友彦(中川翼)が男子たちからからかわれ、癇癪を起こしていた。

気になった恭子だが、酒井美和(瑞城さくら)に止められる。

しかし、恭子は放っておけず、友彦に近づいた。だが、友彦は落ち着くどころか、恭子の体を押してしまう。

そんなある日、学校には新しい教師が赴任してきた。堀江龍子(伊藤歩)だ。

龍子は、この学校の教育理念に共感して教師に志願したのだ。

しかし、龍子は次第にこの学校に対して不思議な感覚を覚えた。

一方、恭子たちは神川校長から、大事な使命を持っていることを告げられる。

ドラマ「わたしを離さないで」1話の感想
冒頭の綾瀬はるかの表情にすごく引き込まれました。何かを隠している不気味な校長先生も怖かったですね。この学校は、ある使命を持った子供たちを育てる学校でした。想像するだけでものすごく怖いですよね。ドラマでは子供時代を描いたパートと、大人になった恭子達を描いたパートに分かれていました。描いたパートに分かれていました。恭子たちが大人になるまでに一体どんなことがあったのか気になります。子供時代のあの子供時代のあの恭子がどうしてこんなにも無表情な表情をしているのか。第1話からかなり壮大なストーリーになりそうな予感がしますね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「因縁の再会…20年前の嘘が今、3人の運命を動かす」
校長から“特別な使命”を聞かされた恭子(鈴木梨央)たちは、それぞれに事実を受け止める。一方、現代の恭子(綾瀬はるか)は美和(水川あさみ)と再会する・・・(引用元:TBS公式)

ドラマ「わたしを離さないで」2話のネタバレ
校長である神川恵美子(麻生祐未)は恭子(鈴木梨央)らに、特別な使命を持った子供たちだと説明した。

恭子らはその説明を聞き、納得したかに見えたが。友彦(中川翼)は違った。

龍子(伊藤歩)に外の世界について聞いたからだ。

一方、龍子は恵美子の説明を聞き、憤りを感じていた。

しかし、恵美子には龍子の言葉など全く届かない。恵美子は子供たちを天使だと思っているのだ。

陽光学苑では、展示会が開催されることに。この展示会で選ばれた子供にはコインが与えられるのだ。

美和(幼瑞城さくら)は今年こそ、マダム(真飛聖)に作品が選ばれるよう必死に作品を作っていた。

しかし、結局、美和の作品は選ばれなかった。

恭子は美和の作品が選ばれるべきだと思い、作品を持って、マダムを追いかける。

一方、大人になった恭子(綾瀬はるか)は美和(水川あさみ)と再開していた。

美和は恭子に、わ殺人事件のこと、そして無くなったCDについて話し出した。

ドラマ「わたしを離さないで」2話の感想
校長先生がものすごく恐ろしすぎました。子供たちのことを本当に天使だと信じているのでしょうか。宗教的というか、その盲信具合がすごく怖かったです。校長先生を演じている麻生祐未さんの演技や表情がすごいですね。本当に引き込まれます。また、塀の外へと脱出した男の子たちの末路がホラーすぎましたね。校長先生が最強すぎました。恭子たちには逃げてもらいたいです。でも、大人になった恭子たちの様子からすると、逃げきれなかったということでしょうか。それにしても、美和がなんだか嫌な感じですね。嫌な女の子なんだけど、なんだかかわいそう。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「初恋の行方は…閉ざされた未来に見た儚い夢と希望」
陽光学苑を卒業しコテージに移ることになった恭子(綾瀬はるか)たちは、閉ざされた中で希望を夢見る。そんな中、龍子(伊藤歩)からショッキングな話を聞かされる・・・(引用元:TBS公式)

ドラマ「わたしを離さないで」3話のネタバレ
ついに恭子(綾瀬はるか)らも陽光学苑を卒業、コテージへと生活の場を移すこととなりました。

2人から3人単位で行くこととなるため、その組み合わせやどのコテージが良いかなど学苑の中はよると触るとその話ばかりです。

もちろんそれは恭子らも同じ、取り合えず花(大西礼芳)に誘われたものの彼女から「美和(水川あさみ)は一緒にいても疲れてしまうだけ、離れた方がいいよ」とも言われて戸惑うのでした。

差し入れをしに友彦(三浦春馬)の元に行った時もやはりコテージの話題に、どこにするか尋ねると「恭子の決めたところでいい」との答え・そのことに戸惑いながらも喜びを感じる恭子なのでした。

友彦は将来的にサッカーのプロチームを受けるという夢も持っているそう、その隣で自分も夢を追いたいと恭子は考えていたのです。

ですが堀江龍子(伊藤歩)が「あなたたちは何者にもなれない」と言います。

ドラマ「わたしを離さないで」3話の感想
卒業は新たな生活の始まり、どうやら生活の場も移るようで大きな変革の時です。でも若さゆえでしょうか、皆が希望に満ちているのです。常にコテージの話題でもちきりに、ただ3人程度の単位に分かれなければならないがゆえに一緒に来てほしいと言ったり・あの人は省こうと言われたり、そんな駆け引きが学園ものらしさを感じます。友彦との関係が初々しくていい。恭子の決めたところならどこだって行く・どこに行ってもきっと楽しいはずということなのですから、最高の殺し文句です。サッカーのプロチームを受けたいと願う彼とそれを応援する彼女、幸せなはずなのに堀江のセリフはどういうことなのでしょう。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「開かれた扉…新たな恋は希望か絶望か」
学苑を卒業しコテージへと移った恭子(綾瀬はるか)、友彦(三浦春馬)、美和(水川あさみ)の3人。そこで恭子たちは陽光出身者には知らされていなかったある事実を知る・・・(引用元:TBS公式)

ドラマ「わたしを離さないで」4話のネタバレ
ついに学苑を卒業した恭子(綾瀬はるか)ら、コテージと呼ばれる一軒家に生活の場を映しました。

2人から3人単位でコテージには行くことに、他の人に誘われたりもしましたが結局友彦(三浦春馬)と美和(水川あさみ)と3人で行くことにしたのでした。

そこにはすでに先輩住人らがおり、彼らと共に共同生活を送ることとなります。

仲間たちと共に行ったはずなのに、共同生活にうまく馴染むことが出来なかった恭子は次第に孤立していってしまいます。

自身とロマンスが生まれていたと思った友彦は美和と生々しい関係を見せつけてきて、それに陽光出身者には知らされていなかったある事実について知らされました。

様々な出来事が重なり恭子は殻に閉じこもっていく一方です。

そんなある日、真実(中井ノエミ)から手紙が届きました。

彼女は別のコテージで生活中、恭子は会いに行く決心をしたのです。

ドラマ「わたしを離さないで」4話の感想
美和は止めた方がいい、そんな忠告も受けていましたがそれに惑わされず選んであげたんだと嬉しく思えました。それに友彦もいるのですから大船に乗ったようなもの、と思ったらまさか友彦と美和の関係が深まっていくとは思いませんでした。やはり男女の比率が異なる幼馴染3人組というと、どうしてもいさかいは生まれやすいのでしょうか。共同生活によるストレスもあるのでしょう。次第に孤立していき殻に閉じこもってしまう恭子が可哀そうです。ある事実を知らされたということですがそれも気になります。別のコテージとの接触、上手くいくのでしょうか。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「ついに見えた希望!!提供の”猶予”が導く波乱の恋」
恭子(綾瀬はるか)の支えとなっていた浩介(井上芳雄)がコテージを旅立った。そんな中、美和(水川あさみ)は自分の「ルーツ」かもしれない人を見かけたと聞く・・・(引用元:TBS公式)

ドラマ「わたしを離さないで」5話のネタバレ
陽光学苑では、卒業した生徒たちはコテージへと移動する。

恭子(綾瀬はるか)らも、コテージへ行くことになり、悩んでいた。そんな恭子に花は(大西礼芳)は同じコテージに誘う。

そんな中、友彦(三浦春馬)は恭子と同じコテージに行くという。

それを聞いて喜ぶ恭子だったが、美和(水川あさみ)は苛立っていた。

その頃、堀江龍子(伊藤歩)は自分が外の世界について教えたばかりに、死なせてしまった生徒たちのことを思い、自責の念に駆られ、精神を病んでいた。

そして、未来を語る友彦らに提供についての真実を話し、龍子は校長に無理やり連れ出される。

そして、龍子は退職した。苛立つ友彦を抱きしめる恭子。

そんな2人を美和が見ていた。好意を寄せていた山崎次郎(甲本雅裕)に振られた美和は友彦に近づき誘惑する。

翌日、恭子が友彦にコテージについて話をするが、友彦は美和とコテージに行くことになっていた。

2人は付き合うことになったのだ、と美和が言う。

ドラマ「わたしを離さないで」5話の感想
龍子先生が子供たちを助け出すのかと思っていましたが、違いましたね。精神を病み、校長先生に連れて行かれてしまいました。一体、恭子たちはどうなるのか気になるところですが、恭子と美和そして友彦たちの関係もすごく気になります。大人になった恭子と美和の関係がものすごく悪そうだったのは、これがあったからなんですね。どうして、友彦は恭子じゃなくて美和を選んだんでしょうか。この特殊な環境で育った子供たちは大人にならない大人、という印象を受けますね。大人になった友彦も未だに恭子の気持ちが分かっていなかったんだな、という描写があり、切なくなりました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「第2章完結!!求めた愛と希望の行末は…永遠の別れ」
友彦(三浦春馬)に好きだと言ってしまった恭子(綾瀬はるか)。そんな中、真実(中井ノエミ)が恭子のもとへやって来た。だが普段と様子が違うため、恭子は不安を覚える・・・(引用元:TBS公式)

ドラマ「わたしを離さないで」6話のネタバレ
美和(水川あさみ)との関係が深まっていくのに焦ったのか、恭子(綾瀬はるか)は思わず友彦(三浦春馬)に好きだと告白してしまうのです。

やってしまったと頭を抱えつつも、美和が知らない友彦と二人だけの秘密に興奮する心も確かにあったのです。

一方で友彦の方は、龍子(伊藤歩)から「ある条件を満たすのであれば3年間の自由に過ごせる猶予が得られる」という話を聞きます。

きっと絵を描くことが条件だ、そう確信した彼は大嫌いだったものの改めて絵を描くことを決意するのでした。

あそんなある日、真実(中居ノエミ)が恭子の元へとやってきました。

ただ顔が見たかったから、そう笑う真実ですがその態度はただそれだけにはとても思えないのです。

友達だからこそ彼女が普段と様子が違うことに気づきます。

理由は分からない、でも恭子はただ不安を覚えるのでした。

ドラマ「わたしを離さないで」6話の感想
すっかりいい感じだったのですがただの友達だったとは、そちらの方が驚かされました。相手からの答えはどうあれきちんと伝えることはいいことだと思います。ただ美和の知らない二人だけの秘密を共有できることを喜んだり、いい子ちゃんというわけでもなく彼女の少しブラックな面も覗けて人間らしく思えました。とは言え友彦本人は自由に過ごせる猶予を得ることに感心が行っていて、どうやら恋愛は二の次といった雰囲気です。でも本当に絵を描くことが「ある条件」なのでしょうか。恭子の元にやってきた真実の様子も気になります。彼女はいったい何を隠しているのでしょう。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「最終章へ…再会の夢近づく終末に望むのは許しと愛」
美和(水川あさみ)に“3種同時提供”の知らせが来て、恭子(綾瀬はるか)は衝撃を受ける。一方、美和は最後に友彦(三浦春馬)と3人で陽光に行きたいと言い出す・・・(引用元:TBS公式)

ドラマ「わたしを離さないで」7話のネタバレ
恭子(綾瀬はるか))はただ美和(水川あさみ)の介護人として働き続けます。

淡々とこなしながらもその心の中は複雑でした。

そして友彦(三浦春馬)からも介護人のリクエストが、そのことに気づきつつも知らないふりをしています。

だってまだ決めることなどできない、気持ちの整理がつかないのです。

そんな折、回復センター職員から恭子は美和の次の提供者の資料を受け取りました。

意を決してその中身を見た恭子の目に飛び込んできたのは「3種同時提供」の文字、つまりは即時解体ということです。

何とかしようと必死に詰め寄る恭子ですが彼女はただの介護人、権限はなく職員ももう決まったことと取り合ってくれません。

どうすることも出来ず、途方に暮れるしかないのでした。

一方で美和は友彦を連れて3人で陽光へ行きたいと言い出しました。それが最後の望みだというのです。

ドラマ「わたしを離さないで」7話の感想
介護人として働いていることで一番近しい立場にいられる・資料を見ることも出来る、でもそれだけです。3種同時提供と書かれた文字を覆すことなど到底できないのです。友彦からのリクエストが来ても受ける気持ちが湧いて出るはずもありません。ただ美和もですが友彦だって恭子になってほしいのです。まったく知らない相手よりも彼女がいい、その気持ちにこたえる日はくるのでしょうか。介護人として告知をすることもできるのでしょうか。友彦と3人で陽光に行きたい、美和の最後の望みが伝えられました。美和はいったいどう思っているのか、彼女のことがもっと知りたいです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「友との別れ…解ける因縁、託されたのは最期の希望」
美和(水川あさみ)の希望で、陽光があった場所を訪れた恭子(綾瀬はるか)たち3人。生気がない子どもを見かける中、昔の恭子とうり二つな女の子(鈴木梨央)を目撃する・・・(引用元:TBS公式)

ドラマ「わたしを離さないで」8話のネタバレ
恭子(綾瀬はるか)と美和(水川あさみ)と友彦(三浦春馬)の3人は、かつての陽光を訪れます。

美和がどうしてもと言ってここへきたのですが、そこはすでに陽光ではなく、提供者を育てるための別の“ホーム”となっていました。

恭子と友彦はサッカーをしたり、懐かしい思い出を語らいますが、美和がなかなか帰ってきません。

心配したふたりは、建物へ探しに入ります。

そして見つけたのは、たくさんの子どもたちでした。

彼らは、縄跳びやゲームをして遊んでいるのに、歓声をあげることなく、表情すらありません。無事に美和をみつけ、合流した3人は帰路につきます。

しかし、途中でかつての恭子の姿そのままの女の子(鈴木梨央)を見かけます。

どうして恭子そっくりなのか、その理由を知っている3人はショックを受けます。

帰り道、恭子と友彦はまた3人揃っていることを喜びますが、そんな2人を見ている美和の表情は冴えません。

そして、美和はこれまでの行いの裏側にあった気持ちを打ち明けるのです。

ドラマ「わたしを離さないで」8話の感想
どんどん体調が悪くなっていく美和。陽光へ行きたいと縋る美和を、恭子と友彦はほっておけず、かつて仲良く過ごしていた、そしていさかいのあった陽光へ。わがままばかりの美和に、以前と同じようにつきあう2人。信じられませんが、同じ境遇を生きる同志のようなものなのでしょうか。かつての陽光で、入れ物としてだけ育てられている子ども達をみてぞっとします。恭子と同じ遺伝子で作られた鈴木梨央ちゃんが悲しみを増長させます。賢く落ち着いて我慢を重ねる恭子、恭子がずっと好きなのに押しに弱い友彦、とにかく激しくて嫉妬ばかりする美和。この3人を見ごとに演じている綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみさん、すごいです。特に水川さんは、もともと好きな女優さんなのに、このドラマではすごく嫌いなタイプの女性です。演技力ってすごいなぁ。そして、提供というシステムの怖さと悲惨さをひしひしと感じます。残りの数話で明るい希望がみえますように。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「未来を取り戻す!!最後の希望の行方…全ての真実が明かされる運命の瞬間」
唯一の希望“猶予”を目指して、恵美子(麻生祐未)の居場所を探す恭子(綾瀬はるか)と友彦(三浦春馬)。何とか探し出した2人は恵美子に猶予を願い出るが・・・(引用元:TBS公式)

ドラマ「わたしを離さないで」9話のネタバレ
恭子(綾瀬はるか)と友彦(三浦春馬)、二人はようやく一緒になることが出来ました。

もう邪魔するものはいません。とは言え今はつかの間の平和に過ぎず、唯一の希望としては「猶予」を目指すしかありません。

介護人として働きつつも恭子は恵美子(麻生祐未)の居場所を探し始めるのでした。

友彦の次の提供が決まるまでが期限、それはいつのことかは誰にも分かりません。

もし依頼が来てしまったらそれを覆すことなどできないのです。

焦りの気持ちでいっぱいでした。

そうして恵美子の住んでいる場所を突き止めた恭子たち、苦労の甲斐がありました。

猶予を勝ち取るためにはお互いの愛を証明しなければ、友彦の描いた絵を持って恭子と友彦は共に恵美子の元を訪れるのでした。

恭子ら二人は、どうなるのでしょう。その苦労が報われることとなるのでしょうか。

ドラマ「わたしを離さないで」9話の感想
恭子と友彦の愛が成就して良かったです。でもこれでハッピーエンドで終わらないのがつらい所、相変わらず恭子は友彦の介護人という立場にいるのです。いつ次の提供が決まるか分かりません。もしかしたら翌日に3種すべてをと言われてもおかしくない、だからこそ焦る気持ちを抑えつつ頑張ってきました。それが報われる日はくるのでしょうか。取り合えず恵美子が住んでいるところは突き止めました。友彦が描いた絵も持っています。お互いに愛し合っていることも確か、それでもまだどう事態が動くのかは全く読めないのです。だからこそ恭子らと共に心臓がどきどきします。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「愛と希望の結末は…生きること愛することそして生まれてきた意味とは?」
唯一の希望だった猶予がないと知り塞ぎ込んでしまった友彦(三浦春馬)に、3度目の提供通知が届く。恭子(綾瀬はるか)は、何とか友彦を鼓舞できないかと考えるが・・・(引用元:TBS公式)

ドラマ「わたしを離さないで」10話のネタバレ
ある条件をこなせば猶予が得られる、まことしやかに語られてきたことはただの夢物語でしか過ぎなかったのです。

それだけを唯一の希望として自身の身体を支えてきた友彦(三浦春馬)はすっかり落ち込みふさぎ込んでしまいました。

そんな彼についに3度目の通知が届きました。

たいていの提供者が3度目の段階で終わりを迎えます。

だから自分もそうならないとも限りません。

それと共に怖いのが耐えきってしまった後、稀に3度目を超えても大丈夫な提供者もいるそうです。

それは希望の光とは言えません。何しろ生きてはいるけれど身体の自由もきかないしトイレだって一人ではままならない状態、生きるしかばねです。

そんな姿を恭子(綾瀬はるか)に見せることなどしたくありません。

だからこそ彼は介護人を辞めてほしいと恭子に願い出るのです。

そんな本心は知らない恭子は動揺しつつも必死に説得、そんなおり友彦が倒れたのでした。

ドラマ「わたしを離さないで」10話の感想
目標を失ったとたんに人は一気に気力がなくなるもの、悪いことが起きた時にはそれが重なる・ついに3度目の通知が届いてしまいました。死ぬも地獄生きるも地獄とはこのことでしょう。年を重ねた夫婦ならまだしも彼らはようやく一つになれたばかり、そんな状態で身体の自由がきかなくなったしかばね状態を見せたくはありません。介護人を辞めてほしいという願いはよく分かるのでした。お互いの気持ちがすれ違ったまま3度目が行われて終わりを迎えてしまったら後悔しか残りません。サッカー観戦をすることでもう一度頑張る力が湧いてきて、恭子と最後まで悔いのない関係を築いてほしいものです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、U-NEXTなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「わたしを離さないで」の概要

英国人作家・カズオ・イシグロの同名小説をドラマ化。

舞台を英国から日本に移し、世間から隔離された施設で育った3人が、運命に翻弄(ほんろう)されながらも人を愛することで生きる希望を得ようとするヒューマン・ラブストーリー。

綾瀬はるかがTBS連続ドラマで初の単独主演を務め、三浦春馬、水川あさみらが出演する。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「わたしを離さないで」の出演者、放送情報

保科恭子:綾瀬はるか
土井友彦:三浦春馬
酒井美和:水川あさみ
遠藤真実:中井ノエミ
大山珠世:馬場園梓
花:大西礼芳
三村広樹:小林喜日
内田聖人:石川樹
堀江龍子:伊藤歩
克枝:山野海
山崎次郎:甲本雅裕
神川恵美子:麻生祐未
立花浩介:井上芳雄
峰岸:梶原善
金井あぐり:白羽ゆり
譲二:阿部進之介
信:川村陽介
桃:松岡恵望子
マダム:真飛聖
加藤:柄本佑
中村彩:水崎綾女

原作:カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」

制作:TBS

放送:2016年

ドラマ「わたしを離さないで」の見どころ

英語圏で大ベストセラーとなったカズオ・イシグロによる同名小説を、世界で初めてドラマ化した作品。

のちに同氏がノーベル文学賞を受賞したことで、原作ともども再注目を集めたドラマです。

主人公・保科恭子に綾瀬はるか、恭子の最愛の人・土井友彦に三浦春馬、恭子の親友・酒井美和に水川あさみと、演技派俳優陣をキャスティング。

「陽光学苑」という施設で育った彼らに、生まれながらに課された使命とは何なのか、そして学園の秘密とは一体・・・!?

3人が自分たちの運命を知り、受け入れるか抗うか葛藤し苦悩する様は、切なく苦しくて胸が押しつぶされそうになります。

そんな中にも小さく輝く、愛と生命と希望の光。

涙なくしては見られない、ヒューマンラブストーリーです!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ドラマ「わたしを離さないで」の感想

20代女性
初見では「なんて絶望的なドラマなんだ!」と苦しくなりました。でも、絶望の中にも、いま生きていることへの感謝や、人を愛することの素晴らしさが描かれていることに気づき、何度も繰り返し見ては涙しています。喪失感は半端ないですけど、それでもしっかり前を向いて生きようっていう気持ちにさせてくれるドラマだと思います。
30代女性
残酷な設定・重苦しいテーマで見続けるのが辛くなることもしばしばでしたが、最後まで見てよかった・・・。終盤はたっぷり泣かせていただきました。メイン3人のキャラクターの個性が際立っていて、特に水川あさみさんが凄く良かったです。我儘で勝ち気で、でも主人公に依存もしていてという、難しい役どころを体当たりで演じていましたね。このキャストでなくては成り立たないと思える作品です。
50代男性
人なら誰でも始まりがあって終わりがある。終わりはそんなに遠い未来ではなく、案外近い。100年も経てばすべて終わっている。そんなことをつらつら考えながら視聴しました。ドラマ内の様々な設定も、ただ「時間は限られている」ことをつきつけてくるだけのツールのように思えます。その中で何を大切にし、手に入れたり、手放したりしていくのか?この先も探し続けることになりそうです。

まとめ

以上、綾瀬はるか主演のドラマ「わたしを離さないで」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

ドラマ「わたしを離さないで」は、ノーベル文学賞を受賞した、カズオ・イシグロ原作の物語です。

生まれながらにして使命を与えられた男女3人の姿を描いたヒューマンラブストーリー。

今作が世界初のドラマ化となりました。世界が注目する作品です。

U-NEXTでわたしを離さないでの動画は全て無料視聴できます。

31日間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴