ドラマ|トクサツガガガの動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2019年1月〜3月まで小芝風花主演で放送のドラマ「トクサツガガガ」

丹羽庭の同名コミックをドラマ化。

特撮が大好きなOLのオタクライフを描いたコメディドラマです。

ドラマ「トクサツガガガ」の動画は、NHKオンデマンドで配信中です。

今すぐ動画を無料視聴したい場合は、U-NEXT経由でNHKオンデマンドに登録すれば、ポイントを使ってドラマ「トクサツガガガ」を無料で見ることができますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴

ドラマ「トクサツガガガ」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「トクサツガガガ」の動画は、NHKオンデマンドで見放題配信されています。

NHKオンデマンドは通常月額990円かかる動画配信サービスですが、U-NEXTを経由して登録すると初月無料で利用することができます。

(画像引用元:U-NEXT)

今回紹介しているドラマ「トクサツガガガ」は、NHKオンデマンドで全話見放題で配信中です。

さらにU-NEXT経由で登録しているので、NHKオンデマンドだけの作品だけでなく、U-NEXTで配信されている作品も無料視聴できます。

そのため、ドラマ「トクサツガガガ」に出演している小芝風花の出演作品

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「トクサツガガガ」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴

ドラマ「トクサツガガガ」の動画まとめ

ドラマ「トクサツガガガ」は、NHKオンデマンドで全話配信中です

(画像引用元:U-NEXT)

NHKオンデマンドはU-NEXT経由で登録すると、31日間無料で利用することができますよ。

第1話「トクサツジョシ」
24歳のOL仲村叶(小芝風花)は隠れ特撮オタクである。幼少から母(松下由樹)にその趣味を拒絶され、ずっと隠してきた。会社では小野田(本田剛文)やチャラ彦(森永悠希)ら同僚にオタばれしないように、気を使っている。そんなある日、同じ特撮好きの小学生(寺田心)と仲よくなる。また、通勤途中に特撮のマスコットをつけた年上の女性(倉科カナ)を見かけて、知り合いになる方法を探し始めるが…。(引用元:NHKオンデマンド)

ドラマ「トクサツガガガ」1話のネタバレ
仲村叶(小芝風花)は一見どこにでもいる普通のOL24歳。

しかしその実態は特撮オタク。

幼い頃母(松下由樹)に否定され、禁じられて以来、その趣味を隠し続け、会社でも同僚の小野田(本田剛文)やチャラ彦(森永悠希)らに対してもオタバレ回避に気を使っている。

ある日通勤途中に見かけた女性(倉科カナ)が「獅風怒闘ジュウショウワン」のトライガ-のスイングキーホルダーをかばんにぶら下げているのを見かける。

なんとか知り合いになりたいが、直接声をかける勇気のない仲村は、自分も「ジュウショウワン」のキーホルダーをつけて気づいてもらおうとする。

また、同じ特撮好きの小学生(寺田心)と出会って意気投合し、仲良くなる。

同僚に誘われたカラオケの帰り、例のトライガーのキーホルダーの女性と遭遇、仲村のキーホルダーに気づいてもらうことができた。

ドラマ「トクサツガガガ」1話の感想
娘に女の子らしい趣味を持ってもらいたいというお母さんの気持ちもわかるけど、真っ向から否定しちゃうとこんな風に拗らせちゃうんだなあ。隠せば隠すほど燃えちゃったんだね、きっと。カラオケで選曲に困るところとか、オタクあるあるが楽しかった。オタクであることは隠したいけど、誰かと好きなものを熱く語りたい気持ちはよく分かる。だから仲村さん、トライガーの君と心ゆくまで語り合って欲しい。同性の特撮オタクの同士は貴重な存在だと思う。ゴールデンボンバーのテーマソングも実在する特撮ヒーローのテーマソングみたいでよかった。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「トライガーノキミ」
仲村叶(小芝風花)の母(松下由樹)が突然会いにやって来る。気を取り直して、休日にヒーローショーに出かけた仲村は、探していた年上の女性(倉科カナ)と再会、お互いに特撮オタクであることで意気投合する。するとそこに会社の同僚のチャラ彦(森永悠希)が現れ、仲村はオタバレの危機に陥ってしまう。(引用元:NHKオンデマンド)

ドラマ「トクサツガガガ」2話のネタバレ
一人暮らしの仲村叶(小芝風花)のもとに母(松下由樹)が突然やって来る。

かわいい物好きな母に付き合わされてショッピングに振り回され、意見を押し付けられ、ついには合鍵まで渡すことになる。

休日、仲村はヒーローショーに出かけ、トライガーのキーホルダーをつけていた年上の女性(倉科カナ)と再会する。

特撮オタクからの卒業を考えていた吉田と名乗るその女性は、仲村と意気投合し語り合ううちに思い直すことに。

ところが、そこで偶然仲村の会社の同僚チャラ彦(森永悠希)と遭遇、仲村はオタバレのピンチに陥る。

仲村の動揺ぶりから状況を察した吉田の機転でチャラ彦の追及を回避したかのように思われたが、スマホに保存していたトライガーの写真を見られてしまい、またもやピンチ。

トライガー役の俳優のファンだということにして何とか難を逃れる。

ドラマ「トクサツガガガ」2話の感想
吉田さんと再会できてよかった。やっぱりお互い惹かれ合うものがあったのかも。今まで自分の好きなものをお母さんにずっと否定されてきて、まるで自分自身の存在自体を否定されたように感じてたのかもしれない仲村さんも、多分同じように肩身の狭い思いをしてきたと思われる吉田さんも、自分を肯定してくれる存在ができたんだなとうれしくなった。オタバレのピンチにハラハラし、その場しのぎの嘘がまた次のピンチを呼ぶことになるんだろうなと期待させてくれる。今後、頭の固いお母さんの理解を得ることができるかも気になるところです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「ツイカセンシ」
仲村叶(小芝風花)はオタク趣味が会社の誰かにバレたのではと不安な日々を送っていた。会社の同僚ユキ(武田玲奈)が特撮に登場した俳優のファンだと知って、仲村と吉田(倉科カナ)は彼女を仲間に引き込もうと画策する。ある日、ヒーローショーに行った仲村は、同僚の北代(木南晴夏)に遭遇。だがそんな北代には実は人に言えない秘密の趣味があった。(引用元:NHKオンデマンド)

ドラマ「トクサツガガガ」3話のネタバレ
会社OLの仲村叶(小芝風花)は近頃不安な日々を送っていた。

それは、どういうことかというと彼女には、特撮ヒーロー大好きのオタク趣味があり、それをひょんなことから会社の人に知られたのではと恐れていたのだ。

そのため中々同僚のみんなとオープンに心を開いて親しくなることができないのだ。

そんな時、会社の同僚ユキ(武田玲奈)が特撮に出演した俳優の大ファンだと知り、仲村と吉田(倉科カナ)は彼女を同じオタク趣味の仲間に引き込もうと計画をめぐらすのだった。

そんなある日、ヒーローショーに出かけた仲村は、最近転勤してきた会社の同僚の北代(木南晴夏)にバッタリ出くわしてしまう。

北代からは、いい年をした大人がこんなものを見に来るとはと、なじられてしまい、ショックを受ける。

だがそんなことをいう北代には、実は誰にも知られていない秘密の趣味があった。

ドラマ「トクサツガガガ」3話の感想
趣味は人それぞれです。この人にふさわしいと誰にも違和感なく思ってもらえるものなら、心になんらわだかまりを持つこともなく、こんな幸いなことはありません。でも同一思考の傾向がある日本だからこその悩みかもしれませんね。しかし、主人公の仲村叶の趣味は、OL女性にしては珍しい特撮ものの大ファンでした。そんな趣味を公にできない彼女の心模様を、母親や会社の上司、同僚との会話のやりとり、関係性を通して、少しユーモラスに表現されていました。このことから、個人としての生き方のあるべき姿がどうあることがよいのか。もっと自分らしく生きることの素晴らしさを考えさせられるストーリーでした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「オタクノキモチ」
仲村叶(小芝風花)は北代(木南晴夏)に嫌われたとしょげていた。だが実は北代は、自分のオタク趣味をばらされて会社を辞めた過去があリ、叶を不必要に敵視していたのだ。やがて特撮番組に登場する追加戦士のように、誤解が解けた北代と仲間になる。北代はオタク趣味をばらしたことでけんか別れしたみやび(吉田美佳子)と仲直りしたいと思っていた。そこで叶は、吉田(倉科カナ)や任侠(竹内まなぶ)を巻き込み一肌脱ごうと…。(引用元:NHKオンデマンド)

ドラマ「トクサツガガガ」4話のネタバレ
すっかりしょげてしまっていた仲村叶(小芝風花)、彼女は北代(木南晴夏)に嫌われてしまったと思っていたのでした。

ただそれば完全なる誤解、不必要に敵視していただけです。

何しろ北代は過去に自身のオタク趣味をばらされてしまってそれゆえに会社を辞めざるを得なくなったという過去を持っていたのです。

でも特撮番組で追加戦士たちだっていつも登場する時は敵同士でもやがては仲間となります。

叶と北代も同じように誤解が解けて仲を取り戻すことが出来たのでした。

叶との関係が解消された今、北代が気になるのはみやび(吉田美佳子)のことです。

彼女こそがオタク趣味をばらした当人、ですが北代としては仲直りしたいと心から思っていたのです。

叶・吉田(倉科カナ)・任侠(竹内まなぶ)らは北代のために人肌脱ぐことにしました。

みやびもまた仲間にすることはできるのでしょうか。

ドラマ「トクサツガガガ」4話の感想
オタクが世界からも認められるようになってきたとはいえ誤解されたり冷たい目で見られることは今でも決して少なくはありません。そのために会社を辞めてしまってという壮絶な過去がある以上は不必要な敵視も当然かもしれません。でもいつかは分かりあえる時が来る、その原因となったみやびとも仲直りしたいと思うとは実は北代はいいひとだったみたいです。叶らはどのような作戦を練っているのでしょうか。せっかく仲良くしたいと思っているのですから、上手くいけば良いものです。オタクだからと首にするような会社は辞めてしまって正解です。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「ウミノジカン」
仲村叶(小芝風花)は、カメラに詳しい吉田(倉科カナ)や北代(木南晴夏)たちオタク仲間と共に、撮影会と称して海に出かける。叶は、幼いころ絶対に特撮趣味を認めなかった母・志(松下由樹)への悔しさを皆に打ち明ける。数日後、ファストフード店で男の子用のオマケを欲しがる女の子を見た叶は、自分の子供時代を思い出し、女の子を応援しようとある行動に出る。(引用元:NHKオンデマンド)

ドラマ「トクサツガガガ」5話のネタバレ
海に出かけた仲村叶(小芝風花)、泳ごうとかナンパされようなんてリア充な目的ではありません。

何しろそのお出かけ会の別名は「撮影会」、これもまたオタク趣味の一環なのです。

メンバーもオタク仲間たち、吉田(倉科カナ)はカメラに詳しいのでいてくれれば大きな戦力となってくれるでしょう。

更に仲良くなったばかりの北代も一緒です。海で叶たちはオタク趣味に楽しさ・そして難しさについてたっぷり語り合うのでした。

叶自身が幼いころから母親の志(松下由樹)から認めてもらえなかった過去を持っているのです。

何しろ女の子なのに特撮趣味、母に反対されて表立って活動するわけにもいきません。

ずいぶん悔しい想いをしてきました。

それから数日後、ファストフード店に行っていた叶はそこで、男の子用のおまけを欲しがっている女の子を見かけます。

ドラマ「トクサツガガガ」5話の感想
海に友達とお出かけ、爽やかな楽しみをオタクたちに期待してはいけません。とはいえ自分たちの思いのたけを語り合ってしっかり青春しているのではないでしょうか。カメラに詳しい人物もいるのですから撮影会も上手くいったはず、周りからは白い目で見られているかもしれませんが人数揃っていれば怖くはありません。特撮趣味の彼女、今は仲間たちのおかげでずいぶんと楽しい日々を送れているようです。ただお人形ではなく特撮、母親としても心配になり禁じる気持ちも分からないでは無いのです。そんな叶が会ったのは男の子のおまけを欲しがる子、応援しようと何をしたのでしょう。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「ハハノキモチ」
仲村叶(小芝風花)は任侠(竹内まなぶ)の母が息子のオタク趣味を容認している様子を見て、自分と母との関係を考えてしまう。年が明け、北代(木南晴夏)と一緒に行った映画館で叶は偶然吉田(倉科カナ)と出くわす。吉田は男の人といっしょだった。その直後、叶の兄(渡部豪太)から電話で、母・志(松下由樹)が叶に会いに向かったことを知らされる。(引用元:NHKオンデマンド)

ドラマ「トクサツガガガ」6話のネタバレ
仲村叶(小芝風花)は特撮を趣味にする女の子、お人形で周りの子たちが遊ぶ中で我が子だけが男の子に交じってはしゃいでいるのですから母親としては心配してしまうのも当然のこと・ずっと相いれない関係だったのです。

だからこそ任侠(竹内まなぶ)もまたオタク趣味を持っていながら母親はそれを容認している様子を見てついつい自身を振り返ってしまうのでした。

そんな折、叶は北代(木南晴夏)と共に映画を見に行きます。

もちろんオタク系の作品で決して恋愛ものとか普通の女の子が見るようなものではありません。

そこでなんと吉田(倉科カナ)が男の人と一緒にいる姿を目撃してしまうのでした。

つまり彼女は、オタク趣味と恋愛を両立させているということ、それら二つは絶対に相容れないと思っていた叶としてはショックを受けるしかありませんでした。

ドラマ「トクサツガガガ」6話の感想
母親に反対されながら趣味を続けるのはつらいこと、何度もほろ苦い想いをした彼女にとって息子のオタク趣味を容認している任侠母の姿はさぞやうらやましいものだったことでしょう。更に吉田は恋愛との両立までしているし、オタクの人って確かにモテない印象はありますが男女共にオタクはいるのですから共に語り合っている中で意気投合することは無いでもないでしょう。リア充とオタクって相容れないというのは一部の人間に過ぎないのです。どちらも手に入れていない叶としては焦るしかない、どうやら母親が彼女の元に向かっているようですから何らかの決着は着きそうです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「スキナモノハスキ」
仲村叶(小芝風花)は大切なフィギュアをお母ちゃん(松下由樹)に壊され大げんかをしてしまう。その上、吉田さん(倉科カナ)とは気まずくなり、ダミアン(寺田心)にはうそつきと呼ばれ落ち込む。そんなある日、兄ちゃん(渡部豪太)から渡された古いエマージェイソンのビデオを見て、叶は自分が幼い頃からどんなに特撮が好きだったかを思い出す。(引用元:NHKオンデマンド)

ドラマ「トクサツガガガ」7話のネタバレ
大切にしていたフィギュアをお母ちゃん(松下由樹)に破壊された仲村叶(小芝風花)。

このことに対して激怒した叶は、お母ちゃんと大喧嘩。大喧嘩が引き金となってしまったのか、今度は特撮仲間でもある吉田さん(倉科カナ)との関係が気まずくなってしまった。

これまた特撮でつながった小学生ダミアン(寺田心)にも嘘つきと捨て台詞を吐かれ嫌われてしまったことに落ち込む叶であった。

ある日、兄ちゃん(渡部豪太)から懐かしいエマージェイソンのビデオを手渡され見返してみると、そこには特撮オタクとなるきっかけが詰まっており自分の原点を思い出したのであった。

北代さん(木南晴夏)の粋な計らいにより、気まずい関係となってしまった吉田さんと仲直りすることができ、いつもの調子を取り戻す叶であったが、お母ちゃんとの関係性については、難航する叶であったのだ。

ドラマ「トクサツガガガ」7話の感想
まさかこの作品が実写化される日が来るとは・・・と思った作品です。特撮が大好きな会社員である叶のもとに、類は友を呼ぶという言葉どおりなのか。ひょんなことからオタク仲間たちが集まってきてしまう。原作の世界観を壊すことなく、表現されておりよくあのシーンを実写表現したなぁーと思いながらしみじみ見ておりました。大人であっても特撮やアニメなどの自分の好きなことや好きなものを好きといえる環境。なかなかないのが、やはり現実でありますね。叶が会社などでひた隠しに隠し続けているシーンに気持ちがわかり共感いたしました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、U-NEXTなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「トクサツガガガ」の概要

商社勤めのOL・仲村 叶(小芝風花)は特撮をこよなく愛する隠れオタク。
仲村の母親(松下由樹)は、女の子らしさを好み、特撮のことを嫌っている。それゆえ母はもちろん、職場の同僚たちにも特撮オタクであることは一切秘密だ。そんな仲村は日々の生活の中でさまざまなピンチに陥る。「ど、どうすれば…」。すると、突然、仲村の脳内が特撮モードに切り替わり、彼女にしか見えない特撮ヒーローが現れ、彼らの言葉に勇気づけられた仲村は、次々にピンチを切り抜けていく。
そして、特撮オタクの先輩・吉田さん(倉科カナ)や同僚・北代さん(木南晴夏)、小学生の男の子・ダミアン(寺田 心)、コワモテ・任侠さん(竹内まなぶ)など、新しい仲間と出会い友情を育み、特撮オタクOLとしてパワーアップしていく。
日常生活で直面する「あるある!」な壁に葛藤しつつも前向きに奮闘する仲村の姿を描くコメディードラマ。(引用元:公式サイト)

ドラマ「トクサツガガガ」の出演者、放送情報

中村叶:小芝風花
吉田久美:倉科カナ
北代優子:木南晴夏
チャラ彦:森永悠希
小野田くん:本田剛文
マイちゃん:内山命
ダミアン:寺田心

原作:丹波庭

主題歌:「ガガガガガガガ」(ゴールデンボンバー)

制作:NHK
放送:2019年

ドラマ「トクサツガガガ」の見どころ

特撮が大好きなOLのオタクライフを描いた本作には、オタクなら絶対に共感してしまう「あるある」ネタがいっぱい!

職場や家族にはオタクであることをひた隠しにしたり、推しのDVDやグッズを買うために節約したり、オタク友達を釣るべくファンしかわからないアピールをしてみたり…。

周囲にオタバレしたくないけど仲間は欲しい、好きなものには全力投球するヒロインの姿は、オタクならずともきっと応援したくなるはずです。

また、本作はヒロインがドはまりしている特撮「ジュウショウワン」の再現にも力を入れています。

特撮好きなスタッフの尽力により、戦隊シリーズファンなら垂涎のネタが満載ですよ!

\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴

ドラマ「トクサツガガガ」の感想

20代男性
NHKのお堅いイメージをぶっ壊してくれたドラマ。特撮への愛があふれています。主人公がハマるのがわかるくらいジュウショウワンが神作です。ゴールデンボンバーの主題歌が作品の世界観とよく合っていました。このドラマで名前を知った小芝風花ちゃんのキュートさもたまりません。彼女はこういうコメディアンっぽいキャラクターが活きますね。   
30代女性
特撮ではありませんが自分もオタクなので、叶にめちゃくちゃ共感してしまいました。周囲にオタバレする恐怖とか、語り合える仲間が欲しくて同類しかわからないアピールをするとか、痛いほどわかります。好きなものを堂々と好きでいるって、難しいこともあるけどすごく尊いことだと改めて思いました。特撮に興味なくても、何かに夢中になったことがある人なら楽しめるストーリーです。  
20代女性
原作を読んだことがあったのですが、まさかNHKがドラマ化するとは思いませんでした。劇中劇であるジュウショウワンの再現度にだいぶお金がかかってると思います、これだけで1本造れるじゃない?ってレベル。主人公が特撮女子なのでメインは特撮ですが、他にもアイドルとかアニメとか、いろんなもののオタクが登場して面白いです。私はジャニヲタなのでドルヲタな木南晴夏さんに共感しまくりでした。  

まとめ

以上、小芝風花主演のドラマ「トクサツガガガ」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

周囲にオタバレするのを恐れながらも、オタクライフを満喫する特撮女子のコメディドラマ。

特撮好きならずとも、オタクなら共感してしまうこと必至な作品です。

U-NEXT経由でNHKオンデマンドに登録するとトクサツガガガの動画は無料視聴できます。

31日間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴