ドラマ|サイレントプアの動画を無料で見れる動画配信まとめ

2014年4月〜6月まで深田恭子主演で放送のドラマ「サイレントプア」

ドラマ「サイレントプア」は、孤独や社会的孤立などの現代の社会に立ち向かう姿を描いた作品。

「コミュニティ・ソーシャルワーカー」を題材にした社会派ドラマとなっています。

ドラマ「サイレントプア」の動画は、NHKオンデマンドで配信中です。

今すぐ動画を無料視聴したい場合は、U-NEXT経由でNHKオンデマンドに登録すれば、ポイントを使ってドラマ「サイレントプア」を無料で見ることができますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴

ドラマ「サイレントプア」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「サイレントプア」の動画は、NHKオンデマンドで見放題配信されています。

NHKオンデマンドは通常月額990円かかる動画配信サービスですが、U-NEXTを経由して登録すると初月無料で利用することができます。

(画像引用元:U-NEXT)

今回紹介しているドラマ「サイレントプア」は、NHKオンデマンドで全話見放題で配信中です。

さらにU-NEXT経由で登録しているので、NHKオンデマンドだけの作品だけでなく、U-NEXTで配信されている作品も無料視聴できます。

ドラマ「サイレントプア」に出演している主演・深田恭子の出演作品

  • ダメな私に恋してください
  • TOKYOエアポート~東京空港管制保安部
  • 未来講師めぐる

の動画も取り扱いされているので、一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「サイレントプア」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴

ドラマ「サイレントプア」の動画まとめ

ドラマ「サイレントプア」は、NHKオンデマンドで全話配信中です

(画像引用元:U-NEXT)

NHKオンデマンドはU-NEXT経由で登録すると、31日間無料で利用することができますよ。

第1話「その手を離さない」
社会から孤立した人たちの「SOS」を見つけ出し、手を差し伸べようと、今日も町を駆け回るコミュニティ・ソーシャルワーカーの里見涼(深田恭子)。近隣住民から苦情のあったゴミ屋敷の対応に乗り出すが…(引用元:NHK公式)

ドラマ「サイレントプア」1話のネタバレ
里見涼(深田恭子)は紅墨区社会福祉協議会でコミュニティ・ソーシャルワーカー(CSW)として働いており、「町には、たくさんのSOSが隠れている」と社会から孤立した人たちのSOSを見つけ出し手を差し伸べようと街を駆け回っている。

江田房枝(香川京子)というお年寄りの自宅が徐々にゴミで溢れかえるようになり近隣住民に迷惑を掛けるようになる。

以前の房枝は庭にある栗の木から収穫した栗で栗ご飯を近所の人にも配っていたそうで「私に栗拾いをさせて」と頼むとゴミを片付けるのを手伝ってくれと。

涼は近所の人たちと一緒に一度は片付けを始めるのですが息子の写真を見つけた途端追い出されてしまいます。

3年前に最愛の息子を亡くしたのがきっかけでゴミを溜めるようになったとのこと。

悩んで涼は祖父へ相談し再び房枝の心を開こうと試みるのです。

ドラマ「サイレントプア」1話の感想
ナレーションで始まりもちろん声は主演の深田恭子さん。ゆったりとした声で聞いた感じは重い印象もなかったです。問題として怒るゴミ屋敷も他人事のようなしかし身近にありそうな案件でコミュニティーソーシャルワーカー(CSW)の仕事・認知度を広げられるように感じました。内容としても問題を抱える人に何度も訪問して声をかけていきますが声のかけ方や解決策を探すとこ、また近所の人と交流を深めて行くところではカウンセリングのような技術も感じましt。訪問を重ねていき徐々に打ち解けてトラウマなんかも聞き出していくとこは勉強になるなぁと思い見続けようと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「家族の太陽」
養育費も慰謝料ももらえずに幼い娘を連れて嫁ぎ先から戻り、腎不全を患う女性からの「SOS」。自宅を訪ねると、アルコール依存症の父、寝たきりの母、そして引きこもりの弟・光良(渡辺大知)を抱えた多重問題の家族だった。(引用元:NHK公式)

ドラマ「サイレントプア」2話のネタバレ
コミュニティ・ソーシャルワーカーである涼(深田恭子)の元に届いたとある女性・郷田朋子(田実陽子)からの「SOS」。

それは6歳の娘・花音を連れて実家に出戻りしてきたものの、未だに夫からの養育費や慰謝料を払えてもらえていないというものだった。朋子がいる実家を訪ねてみると、その家族は今にも崩壊寸前。

父親はアルコール依存症、母親は心臓に病気を持ったまま寝たきり、弟の光良(渡辺大知)は引きこもり状態という問題だらけの家族だった。

涼は家族の現状を鑑みた結果、断腸の思いながらもまだ幼い花音を一時的に児童相談所へ預けるよう家族に提案する。

すると引きこもっていた光良が部屋の中から飛び出し、家族が離れ離れになってはいけないと訴えかける。

「家族を一つに」涼は同じ思いの光良が社会復帰できるよう、手を差し伸べていく。

ドラマ「サイレントプア」2話の感想
昨今の社会問題に踏み込んだドラマで前々から注目していましたが、今回は離婚・引きこもり・病気や依存症といった様々な問題にフォーカスしたエピソードで、見てるこちら側にも緊張感がありました。誰もなりたくてこんな状態になっているわけではないのに…。そんな悲痛な叫びが聞こえてくるようでした。そこに家族の絆で乗り越えようと一念発起し社会復帰を目指す光良の姿には心を揺さぶられました。渡辺大知さんの演技も、現実味がありながらも感情豊かでとても良かったです!そして何より家族にとっての最善の位置を探しどこまでも寄り添おうとする深キョン演じる涼の姿にも感動させられました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「最後の幸せ」
ホームレスの木下和男(大地康雄)が、家賃滞納で追い出された元の住居へ不法侵入。涼は生活保護を受けて病院に行くよう説得するが、かたくなに応じない。だが木下は公園で吐血し、余命僅かとわかる。木下は優秀な左官だったが…(引用元:NHK公式)

ドラマ「サイレントプア」3話のネタバレ
コミュニティ・ソーシャルワーカーの涼(深田恭子)が以前から気にかけていた、ホームレスの木下和男(大地康雄)。

ある日、木下が家賃滞納で強制退去させられた元自宅に不法侵入したとの情報が入る。

会いに行った木下は、かたくなに事情を話そうとしないが顔色がやけに悪い。

涼はすぐに生活保護を受け病院へ行くよう木下に伝えるが、いっこうにその気がないようだった。

しかし数日後木下は公園で吐血。病院へ搬送後、余命僅かであるとの宣告を受ける。

木下は元々腕のいい左官だったが、大怪我を負ったのをきっかけに社会からはじき出されてしまったという。

元自宅に忍び込んだのは、自分から絶縁状態をとっているただ一人の肉親である妹(結城しのぶ)から貰った古い手紙を取りに行くためだったという。

事情を知った涼は、木下と妹を何とか会わせてあげたいと思い奮闘する。

ドラマ「サイレントプア」3話の感想
大地康雄さん演じるホームレスの男・木下の演技にとても引き込まれました。残された時間を知りながらも、妹にかっこいい姿のまま記憶に残してもらいたいと会おうとしない所や涼に対して強がる所は、男としてのプライドや生き様が感じられ印象的でした。自分も日々生活していてホームレスの人を街で見かけることがありますが、その人たちにも色々複雑な事情があり、家族や生き方があるのだと今回気づかされました。最後の「死ぬ日まで生きてみる」という木下のセリフがとても印象的で、グッときました。兄妹の目に見えない絆も感じられ、とても考えさせられる回でした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「母の歌」
涼の親友で民生委員の石田敬子(坂井真紀)には、若年認知症を患っている母・敏子(左時枝)がいた。ある日、敏子は敬子の幼い娘とともに行方不明になってしまう。実は敬子は長年生き別れだった母との苦い思い出を抱えており…(引用元:NHK公式)

ドラマ「サイレントプア」4話のネタバレ
江田房枝(香川京子)は家をゴミだらけにしていたが、現在は片付けをして綺麗な状態を保っている。

そんな房枝の住まいに高頻度で訪れている男性がいると、彼女の近所に住む人がわざわざ社会福祉協議会に連絡を入れてくれた。

男性は、息子の友人だと自分のことを説明しているらしい。

そこで、ソーシャルワーカーである里見涼(深田恭子)たちは房枝の元へ出向いたのだが、あまり話を聞くことは出来なかった。

その頃、涼の親友・石田敬子(坂井真紀)の母・敏子(左時枝)が行方不明になる事件が発生。

敬子の娘・ミナコも一緒に何処かへ行ってしまった。敏子は若年性認知症患者。

敏子が1人暮らしをしていると知った涼が、娘で友達の敬子に勧めたのだ。

しかしこの親子は決して仲が良かった訳ではない。

その上に今回の事件が起きてしまった。敬子は「母と暮らすなんて無理だった」と涼に怒りをぶつける。

敏子はいくら探しても見つからない…。

ドラマ「サイレントプア」4話の感想
認知症の難しさを学ぶことが出来ました。解決方法はコレ!と決まっているものではないので、長く付き合っていく必要があるのですね…。また、こういった行方不明事件などが発生したときは、ご近所で連携できたら便利だよなぁと涼の意見に共感しました。しかし、色々と実現は厳しいという…。現実的な困難を教えてくれるのが、このドラマの良いところだなと思います。また江田さんは、詐欺に遭いそうになっていました…。近所の方の通報があって良かったです。江田さんも高齢者の1人暮らしということで、心細いですよね。自分だけじゃ避けられようのない問題を、周りの方が助けてくれるストーリーが暖かかったです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「30年の孤独」
涼が作った引きこもりの自立を支援するサロンに否定的な自治会長の園村幹夫(北村総一朗)。だがその園村のひとり息子で海外で成功しているはずの健一(阪田マサノブ)は、実は何と30年間も自宅に引きこもっていた。(引用元:NHK公式)

ドラマ「サイレントプア」5話のネタバレ
自治会長・園村幹夫(北村総一朗)は、里見涼(深田恭子)たちの取り組みをあまり良く思っていない。

しかし園村には30年間引きこもっている息子・健一(阪田マサノブ)がいたのだ。

引きこもりの支援を行うサロンでは、郷田光良(渡辺大知)を中心とした元引きこもりの若者がコーヒーを出している。

そこに現れたのが園村だ。スタッフに”引きこもりを脱出する方法”について尋ねる。

光良は「焦らせないこと。人それぞれスピードがある」と返すが、園村にはその答えが気に障った。

怒りを露わにして帰って行くが、涼が後を追う。

“どうしてあいつらを相手にするのか?”園村に聞かれた涼は”信じているから。

やり直しはいつでも出来る”と返す。

翌日。園村は健一を助けるために力を貸してほしいと涼に申し出る。

快く承諾した涼は、早速園村の家を訪れて健一との会話を試みる…。

ドラマ「サイレントプア」5話の感想
二十歳から30年もの間、引きこもっている息子、そして親の心情が描かれていました。園村は健一を「恥」だと表現しています。涼はそんな園村と健一の関係を察して対応に出ていました。素晴らしい配慮だな…と思います。涼は引きこもりの方々について「信じている」と言っていましたが、だからこそ涼に対し心を開く人々が多いのだなと分かりました。健一は、父親にかなり酷いことをされたようです…。園村が「こうでなくてはならない!」という思想の強い持ち主であるから、子供の健一は小さいころからとても苦労したんだろうな…と思いました。涼のおかげで2人とも前進することができて良かったです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「小さなSOS」
夜の街で涼が出会った少年・すばる(川﨑剣人)。 親のネグレクトを疑うが、少年の母親はフィリピン人(アーリン・ディングラサン)で、日本人の夫に捨てられ、生活のために夜通し働くことを余議なくされていた。(引用元:NHK公式)

ドラマ「サイレントプア」6話のネタバレ
里見涼(深田恭子)は帰り際にすばる(川剣人)という少年と出会う。

こんな時間帯に1人で商店街に座りこむ彼を見て、心配して声を掛けたのだった。

”父親を待っている”、そう返された涼は一度は家に帰ったものの、やはり気になるので商店街へと足を運ぶ。

すると、電車が走らない時間になっても、すばるはそこにいた。

涼はすばるを家まで送り届けるが、家はグチャグチャ。

ネグレクトの可能性を感じた涼は、民生委員・石田敬子(坂井真紀)と共にすばるの家まで訪れる。

しかし母親のアナ(アーリン・ディングラサン)に英語で結構だと追い返されてしまう。

2人はすばるの通っている小学校に話を聞きにいくことにする。

そこでは、給食費の滞納や空腹ですばるが倒れたこと、日本人の父親とフィリピン人の母親・アナはすばるが幼い頃に別れているということ、またその為に情報伝達が上手くいかないこと…。

担任の教師から様々な事情を教えてもらうことが出来た涼は、放課後すばると遊ぶ。

けれども道を通りかかった若い男性を見て、父親かと思い確認しに行くすばるの姿がそこにはあった…。

ドラマ「サイレントプア」6話の感想
今回は切なくなる内容でした。涼が自分を責めてしまうシーンは本当に苦しくなりました。また、すばるが父親を今でも探していることですね…。自分がどういう状況に置かれているのか分かりながらも、子供だから成す術がないというもどかしさと虚しさを感じます。涼のようなじっくりと問題と向き合ってくれるような人は少ないので、ここで解決してほしかったですね…。ビザがないために逃げてその場を凌ぐしかないのが辛いです。そして涼の過去のトラウマについてはっきりと描かれた回でしたね。涼は沢山の人の力になっているのに、まだ自分を責めたままです…・。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「心が届かない」
事故で高次脳機能障害を負った夫を自宅で介護したいという妻・みき(前田亜季)。夫婦で開いた一口餃子店を守りたいという強い思いを知った涼(深田恭子)は、みきの援助に乗り出す。(引用元:NHK公式)

ドラマ「サイレントプア」7話のネタバレ
里見涼(深田恭子)は病院側から相談を受ける。事故によって高次脳機能障害を負った笹野啓(成河)。

彼の妻であるみき(前田亜季)は自宅での介護を希望している。

しかし自宅では保険の適用外となり、経済的にも体力的にも負担が大きい。

みきはその話を受けても、根拠のない民間療法を盾に「自宅」で介護をしたいと頑なに意見を変えないそうだ。

涼がみきの自宅へ訪ねると、飲食店を経営していた。

みきは仕事を早く再開したいと話し、「事故の後、1度だけ私の名前を呼んだ。記憶は殆どないのに。夫の中に私はいる。」と夫への愛を語る。

涼は、障害を持つ人のための助成金やお手伝いさんの支援を行っている団体などを紹介し、手続きを行うことにした。

一方で、同僚の三輪まなか(桜庭ななみ)は酷く落ち込んでいた。

ずっと気に掛けていた1人暮らしの高齢男性が自宅で亡くなり、”孤独死”とメディアで報じられてしまったのだ。

「自分は誰も救えていない…」。泣きながら話したまなかは、翌日から仕事に来なくなった。

ドラマ「サイレントプア」7話の感想
みきの旦那さんのような若い方は、年を重ねた方よりも受けられるサービスが少ないんですね…。支援をしている病院の数も少数なので、自宅から遠く離れたところに預けなければいけないという、今まで知らなかったことが描かれていました。しかし旦那さんと離れてくらすのは厳しいですよね。現実逃避して無理やり前を向いているみきの様子は痛々しかったです。そして孤独死についてですが、テレビであのように報道されていても、本当は孤独ではなかった…という場合もあるんですね。ああいうニュースが流れる度に涼やまなかのような人々は傷付いているんだなと思います…。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「そばにいるだけで」
東日本大震災で自主避難し、困窮する家族を支える活動を始めた涼(深田恭子)。ある時出会った寛次(蟹江一平)は元老人ホームの職員。地震の日に仕事を休んでおり、入所者たちを救えなかったことに人知れず苦しんでいた。(引用元:NHK公式)

ドラマ「サイレントプア」8話のネタバレ
大地震のために引っ越してきた人が、自宅で倒れている…という問題が他の区で発生した。

自分たちで避難してきた人々を気に掛けることを忘れぬように、社会福祉協議会で話し合われる。

人手不足により、里見涼(深田恭子)も震災の被害に遭った方の支援をする係になった。

周りに励まされて、涼はバザーを行う企画を提案し実行まで移す。

被災者には相談とお米をプレゼントする予定だ。

すると渡辺昭子(笛木優子)という女性が子供を連れてやって来る。

その場では話すことはないと言っていたものの、涼が家にお米を届けに行くと、現状について教えてくれた。

彼女の夫・寛次(蟹江一平)は、今は働いていない。

以前は介護士をしている優しい人だったが、震災後はお酒に浸る毎日を送っているそうだ。

昭子のバイト代だけで、生活しているためにお金の悩みはつきないと辛そうに話す。

そこで涼は、寛次に相談員になって貰えないかと仕事を持ってくるが、彼は「もうそういうことを出来る人じゃない」と言う。

けれども、公園にいる寛次はお年寄りの女性と仲良く話をしていて…。

ドラマ「サイレントプア」8話の感想
今回は、震災を経験したことのある涼が、震災被害者支援の担当になる…というお話でした。震災相談員として、介護士をしていた震災被害者を選ぶという発想に驚きましたが、確かに同じ経験をしているからこそ、寄り添えることもあるんだなと思いました。寛次も、涼と一緒で震災の際に取った自分の行動をいつまでも許せないような人間でしたが、相談員になることで、妻との間にできたわだかまりや心の傷が少し薄まったようで良かったです…。寛次が働いているところに、昭子が相談者としてやって来て、本音を打ち明けるシーンが特に好きです。お互いが相手のことをよく思っているのが伝わってきました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「私は、その手を離さない」
ホームレスだった木下(大地康雄)が、地域の人たちに見送られて亡くなった。涼(深田恭子)は遺言に従い、愛用のカップを木下が知り合ったホームレスに手渡す。ある日、梅雨末期の突然の豪雨で、町は浸水の危機にさらされる。(引用元:NHK公式)

ドラマ「サイレントプア」9話のネタバレ
里見涼(深田恭子)は母親の幸子(市毛良枝)に、震災の時に何があったのか打ち明ける。

弟の光がいるのを知っていたのに逃げたことをずっと胸に抱えて生きている涼。

「ごめんなさい。許して…」と泣きながら謝った。そして木下和男(大地康雄)が亡くなる。

涼が助けたホームレスの老人男性だ。

お別れの会を開くと、和男の妹である和歌子(結城しのぶ)がやって来て、涼に向けて「ありがとう」とお礼を言う。

休日が訪れ、大雨が降る。職員たちは休みにも関わらず社協に集まって、高齢者の安全を確保しようと動く。

涼はあ、自宅が浸水しそうなので様子を見に行く。

すると祖父の吉岡一郎(米倉斉加年)が、生前光が書いた手紙を手渡してくる。

そこには、お父さんの代わりにお姉ちゃんを守るという文章が…。

幸子は「光はあの時、涼を守ったんだと思う」と伝えてくれるのだった…。

ドラマ「サイレントプア」9話の感想
今回は、これまでと話のテイストが違いましたね。ソーシャルワーカーだからこその物語が8話までで、最終回の9話は涼の心の傷が癒えるところを描いた感じでした。涼がついに自分を認められたのかなーと思います。浸水という問題も発生していたのですが、それは山倉とのラブストーリー要素に使われていた気がしますね。あんまり発展の見えなかった涼と山倉ですが、涼自身に変化が起きたことで山倉という存在を受け入れられるようになった…と解釈しています!誰かを愛すことは出来ないのかもしれないと悩んでいた涼だったので、この展開には良かったなーと感じました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、U-NEXTなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「サイレントプア」の概要

サイレント・プア――声なき貧困。いま、そんな「見えない貧しさ」が社会に広がっている。それに立ち向かうべく新たに全国各地に登場したのが、コミュニティ・ソーシャルワーカー(CSW) という仕事だ。里見涼(深田恭子) は東京下町の社会福祉協議会CSWとして、今日も愛する町を駆けまわる。涼が出会うのはゴミ屋敷の主、引きこもり、ホームレス、若年性認知症など、懸命に生きながらも現代の社会的孤立の淵に沈んだ人たち。(引用元:公式サイト)

ドラマ「サイレントプア」の出演者、放送情報

里見涼:深田恭子
山倉祐一:北村有起哉
三輪まなか:桜庭ななみ
石田敬子:坂井真紀
江田房枝:香川京子
木下和男:大地康雄
里見幸子:市毛良枝
吉岡一郎:米倉斉加年

原作:相良敦子

主題歌: Perfume「Hold Your Hand」(ユニバーサルJ)

制作:NHK

放送:2014年

ドラマ「サイレントプア」の見どころ

ドラマ「サイレントプア」は、コミュニティ・ソーシャルワーカーを題材とした社会派ドラマ。

障害者や高齢者と一緒に暮らす家庭で、貧しさや苦しさと戦う人々の存在を描いています。

東京下町の社会福祉協議会「CSW」で働く里見涼を演じるのは深田恭子。

難しい役どころを体当たりで挑み、話題となりました。

里見涼が出会うのは、引きこもりやホームレス、若年性認知症などの社会的孤立沈んだ人たち。

そんな人に手を差し伸べ、人生それぞれにふれていく涼が見どころですよ。

人や町に支えられ、自分自身が新たな一歩を踏み出す力をもらう姿に注目です。

他にも豪華キャスト陣が集結し、作品を作り上げています。

見終わった後に、心が温かくなる、そんな作品ですよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴

ドラマ「サイレントプア」の感想

40代男性
この作品を見て、人間が人間とかかわるとはどういうことか、生きるとはどういうことか、死ぬとはどういうことかを深く考えさせられました。個人的には『30年引きこもり』の第5話にグッときました。また、深田恭子が演じるCSWの社協の職員の姿が一生懸命で心に刺さり、とても良かったですね。見応えがたっぷりとあり、よく考察してできたストーリーだと思います。
20代女性
深田恭子さんの抑えた中でも必死に取り組む姿に心を打たれました。深田恭子さんはこのドラマを通じて、挫折した人たちに生きる勇気をもたらしたと思います。自分に降りかかるかもしれないような問題。3話4話は特に良かったです。俳優さんも熱演されていて、真実味が増しました。私は桜庭ななみさんの演技も好きでした。彼女の変幻自在な演技。若いのに、どこか存在感があってすごいと思います。明るさを添えるのに絶好でした。
50代男性
誰もに小さく心あたりがあり、しかし、口にはだせないたくさんの感情を持っているのだろう、とこのドラマを見て思いました。そして、主人公自身が「自分」を乗り越え未来に明るい光を見るとき、人を信じ明日を信じる勇気が湧いてきたのだと思います。涼の「人はいつでもどんなところからでも生きなおすことができると信じている」という言葉に涙が止まりませんでした。

まとめ

以上、深田恭子主演のドラマ「サイレントプア」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

「サイレント・プア」=「声なき貧困」のことを指します。

このドラマは、引きこもり、高齢者、障害など、「見えない貧しさ」に苦しむ人々の救済のために活動するコミュニティ・ソーシャルワーカー(CSW)をあつかった社会派ドラマです。

ぜひご家族みなさんでご覧ください!

U-NEXT経由でNHKオンデマンドに登録するとサイレントプアの動画は無料視聴できます。

31日間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴