ドラマ|流星ワゴンの動画を1話から無料で見れる動画配信まとめ

2015年1月〜3月まで西島秀俊・香川照之主演で放送のドラマ「流星ワゴン」

ドラマ「流星ワゴン」は、直木賞作家・重松清の話題作小説をドラマ化した作品。

「もし過去がやり直せたら?」といった「もしも」をテーマにしたホームドラマです。

ドラマ「流星ワゴン」の動画は、U-NEXTで見放題配信中です。

U-NEXTの無料期間を利用すると、ドラマ「流星ワゴン」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ドラマ「流星ワゴン」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「流星ワゴン」の動画は、U-NEXTで見放題配信中です。

U-NEXTは通常月額2189円かかる動画配信サービスですが、初回登録から31日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:U-NEXT)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「流星ワゴン」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「流星ワゴン」に出演している主演・西島秀俊・香川照之の出演作品

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「流星ワゴン」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ドラマ「流星ワゴン」の動画まとめ

ドラマ「流星ワゴン」は、U-NEXTで全話無料視聴できます

(画像引用元:U-NEXT)

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「110万部のベストセラー小説初の映像化 親と子の感動サクセスストーリー誕生!!父が自分の年齢の時この苦境をどう乗り越えただろうか!?涙のドタバタ展開!!」
人生は分かれ道の連続だ…でも、そのときには何も気づかない。気づかないまま、あるとき不意に、結果だけが突き付けられる…」永田一雄(西島秀俊)はこの半年間のうちに、会社をリストラされ、妻・美代子(井川遥)から離婚を切り出された。(引用元:TBS公式)

ドラマ「流星ワゴン」1話のネタバレ
永田一雄(西島秀俊)はサラリーマンだったけれど、人員整理の対象になってしまい、嫁の美代子(井川遥)からは別れようと言われてしまう。

美代子との間に生まれた子供である広樹(横山幸汰)は進学で挫折してしまい、それ依頼、家に閉じこもり、家族に当たり散らしている。

そして、一雄の父親である忠雄(香川照之)は重病で命耐えかけていたが、わだかまりがあって、一雄は疎遠にしていた。

もう、何もかも嫌になった一雄だったが、数年前に亡くなった橋本義明(吉岡秀隆)とその子供である健太(高木星來)に再会し、橋本が操作する乗り物に同乗する。

すると、昔にたどり着き、一雄の父親である忠雄(香川照之)が一雄と同じ年頃でやって来る。

そして、美代子が年下の愛人に嘘をついて会いに行こうとするので、阻止しようとすると、美代子に拒絶されるが、このままでは別れることになると思い、美代子を連れ戻そうとすると、乗り物の中で気が付き、そばに忠雄がいる。

それから、橋本親子がもう1か所、連れて行くところがあると話し、昔にたどり着くと、そこは一雄が広樹と一緒に来たところで、広樹は進学に自信をなくしていたが、一雄は元気づけてしまっていた。

その結果、広樹は挫折してしまったので、一雄は広樹と忠雄にご馳走を食べさせ、忠雄は広樹におもちゃを買い与え、一雄は無理な進学はしなくていいと話すと、広樹はやる気に水をささないでと言われてしまう。

ドラマ「流星ワゴン」1話の感想
重松清原作のファンタジックなストーリーです。昔の出来事を変えようと行動する一雄だったけれど、なかなか上手くいかない様子。毎回、こんな感じで話が展開していくのでしょうか。誰もがある、昔、こうしておけばよかったと思うことをタイムマシンのような乗り物で、やり直せるなら嬉しいですよね。だけど、なぜか、上手くいかず、結果は変わらないけれど、忠雄がそばに寄り添ってくれるだけで、一雄の心は救われていく感じがします。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「笑って泣ける親子の新コンビ! 土下座愛」
再びワゴンに乗った一雄(西島秀俊)と忠雄(香川照之)が次に辿りついたのは、一雄の勤めていた会社の取引先「タカラベ電機」会長の葬儀会場だった。そこに、一雄の上司・藤木常務(木下ほうか)が現われる。(引用元:TBS公式)

ドラマ「流星ワゴン」2話のネタバレ
永田一雄(西島秀俊)と父親である忠雄(香川照之)がたどり着いた昔は、一雄の職場で関係があった会社の責任者の葬式会場だった。

そこで、一雄を人員整理の対象にした役員の藤木(木下ほうか)を慕う社員たちが集まっていたのだが、一雄は出席してなかった。

けれども、そのことで人員整理の対象になったかもしれないと考え、この集まりに出席してみるが、忠雄は藤井の上から目線に腹を立て、一雄の自宅に行こうとするので、一雄は仕方なく、忠雄の後についていく。

その頃、一雄の嫁である美代子(井川遥)とその子供である広樹(横山幸汰)が自宅にペットが欲しいと考えていたことが分かる。

一雄は小さい時にペットのことで苦い出来事があったので、広樹からペットが欲しいと言われても即答できずにいた。

しかし、結局、広樹がペットにしたがっていた野良犬は事故に遭ってしまい、昔を変えることはできないと思った一雄で、藤木の集まりに出席するのもやめようと思うが、忠雄に行動しないまま諦めてしまうのかと言われる。

藤木の集まりでは忠雄も一雄もひたすら頭を下げるが、人員整理されることは変わらなかった。

ドラマ「流星ワゴン」2話の感想
結局、事実を変えることは出来ないけれど、昔を振り返ることで、見落としていたことがたくさんあったことに気づく一雄。それだけでも、収穫があり、現代に戻った時の行動が変わるのではないでしょうか。ストーリーはどこへ向かっていくのはフワフワした感じがありますが、小説と同じように、のんびりと徐々に引き込まれていきそうです。一緒に住んでいた家族の気持ちも実は全然分かっていたい一雄。まだまだ、振り返る昔がありそうです。忠雄とは一気に距離を縮められたのですから、嫁や息子とも関係を取り戻したいですよね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「10分拡大スペシャル 成功への道〜鉄棒感動物語! 奇跡を起こせ」
結局、一雄(西島秀俊)のリストラは回避出来なかった。浮かない表情でワゴンに揺られる一雄。一方、すっかりワゴンでのドライブにも慣れた忠雄(香川照之)が暇をもてあまして騒ぐため、橋本義明(吉岡秀隆)は…(引用元:TBS公式)

ドラマ「流星ワゴン」3話のネタバレ
永田一雄(西島秀俊)は、橋本義明(吉岡秀隆)に、息子である健太(高木星来)にやり残したことを終わりにしてほしいと頼まれる。

乗り物で、一雄と父親の忠雄(香川照之)と健太がある昔に連れて来られる。

そこには、一雄の息子である広樹(横山幸汰)がいて、進学の準備で勉強ばかりだったので、友達と仲良く遊べていなかったことを知る。

そして、一雄の嫁である美代子(井川遥)からの連絡で、広樹が家にいないと聞き、一雄が探し回ると、広樹は友達から酷い仕打ちを受けていた。

広樹と友達との溝はかなり深いと感じた一雄は、美代子に友達とは違う学校への進学を検討しようと提案するが、せっかくの進学準備が無駄になると耳を貸さない。

このままでは、広樹は進学で挫折してしまうと一雄が美代子に言ってみるが、そんなことあるわけがないと言うので、一雄は美代子に彼氏がいることも分かっていると話してしまう。

健太はずっと鉄棒の練習をしていて、それを忠雄が手伝っていて、ようやく上達したので、橋本が移動しようと提案するが、一雄はまだと言って、乗り物から出ていく。

ドラマ「流星ワゴン」3話の感想
広樹のことは身につまされる思いで見ていました。子供のことを親はきちんと見ているようで、何にも分かっていないものなのですね。前回では無理な進学をやめさせようとしていたけれど、そこが問題だったのではなく、友達関係に問題があったことに今更気づくことになるとは、一雄もかなりショックだった様子。だけど、美代子は全然信じません。昔を変えることはできないけれど、一雄もほうってはおけないと思って、乗り物から出て行ったのでしょう。どうするのでしょうか?続きが気になります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「夫の愛で妻を救え! 妻の秘密? 笑いと涙の家族愛!!」
「もう逃げない」と自らワゴンを降り、自宅に帰ってきた一雄(西島秀俊)。広樹(横山幸汰)を同級生のイジメから救うため、美代子(井川遥)の実家へ引っ越さないかと提案する。しかしワゴンの事も、未来の事も当然知らない美代子には…(引用元:TBS公式)

ドラマ「流星ワゴン」4話のネタバレ
永田一雄(西島秀俊)は息子の問題を把握することは出来たが、嫁の美代子(井川遥)の問題がまだ残っていたので、乗り物から出て行ったのだった。

出かける美代子を尾行していくと、金融機関に預けている貯金や、日頃、定期的に渡していた食費などのお金を他の支払いに回してしまい、さらにはサラ金も利用していることを確認する。

美代子はすっかりギャンブルにハマってしまっていて、大金を失ってしまっていた。

子供の広樹(横山幸汰)が寝不足と疲れ過ぎで体調不良になっても、その医療機関からの電話にも察することができなかった。

一雄は美代子を問い詰めることはなく、ただひたすら、あちこちで借りた金の工面をする。

一雄は母親の澄江(倍賞美津子)に金を貸してもらうが、父親である忠雄(香川照之)が大金を当て、それで、金を返していく。

一雄は美代子のしでかしたことを責めず、一緒にいてくれれば十分と話す。

しかし、優しい一雄に対し、美代子は悔い改めることはなく、また、すぐ、サラ金に行ってしまう。

ドラマ「流星ワゴン」4話の感想
ちょっと、井川遥とギャンブルって、意外な組み合わせが面白過ぎです。あの美人がパチンコにはまっているのはギャップが半端なく、その画だけでウケます。でも、ギャンブルの闇は相当深いです。簡単にやめさせることができないので、一雄はどうするつもりでしょうか?普通の家族なのに、こんなにも家族それぞれが闇を持っているものかな?とも思いますが、結構、どの家族も一雄の家と似たり寄ったりかもしれないですよね。そんな親近感がこのドラマの面白いと感じるところでもあります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「ママを探しに大奮闘 健太の願いを叶えろ」
ワゴンが蓼科峠で停まった。橋本(吉岡秀隆)は健太(高木星来)をワゴンに残し、一雄(西島秀俊)と忠雄(香川照之)を峠のとある一角へ案内する。そこは、橋本と健太が命を落とした事故の現場だった。(引用元:TBS公式)

ドラマ「流星ワゴン」5話のネタバレ
永田一雄(西島秀俊)と父親である忠雄(香川照之)は、橋本義明(吉岡秀隆)から、健太(高木星来)は橋本の嫁が引き取った子供で、戸籍上だけの親子であると聞かされる。

だから、どうしても健太に対し、遠慮がちになってしまい、一雄と忠雄のように本心をうちあけられる関係に憧れると話す橋本。

そして、健太をきちんと天国に行かせたいと橋本は希望するが、健太は天国に行きたくないと話す。

健太は、寂しくさせてしまった母親にもう一回会って、詫びたいと言う。

そこで、一雄と忠雄は、健太の母親である香織を見つけようとする。

健太が生活していた部屋に行くと、そこには香織と小さい時に一緒に遊んだという人が生活していて、香織の居場所を教えてもらう。

一雄と忠雄と健太は、香織のところに行ってみると、香織は別の人と生活していて、健太は香織に話しかけられない。

健太に残酷なことをする忠雄を一雄は罵り、一雄は忠雄の命もあとわずかと本人に伝えてしまう。

ドラマ「流星ワゴン」5話の感想
橋本の健太を思う気持ちに涙を誘われました。そして、小さな子供でも、ママに謝りたいという気持ちに感動しました。でも、まさか、既に別の人と暮らしていたとは、大人でもガッカリだけど、健太には衝撃過ぎでしたよね。ある意味、もう、立ち直って、自分の幸せをつかんだことは良いことだけど、健太に理解できるでしょうか?この健太が天国に行くことが、やがて、死を迎える忠雄の伏線になっている?そう思うと、徐々にその最終回に向かって、ストーリーが進んでいるのかもしれませんね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「チュウさんVS忠さん 頑固オヤジを倒せ!!」
忠雄(香川照之)が現実世界で今にも死にそうな状態にあることを、とうとう本人に明かした一雄(西島秀俊)。死の淵でなにか大きな後悔を抱いた忠雄の、やりなおしたいという強い思いが生み出した生霊…(引用元:TBS公式)

ドラマ「流星ワゴン」6話のネタバレ
永田一雄(西島秀俊)は、父親である忠雄(香川照之)にあとわずかな命であることを告げる。

すると、忠雄は昔に戻って、やり直したいち考える。

実は、重病が発覚する前に体調不良になっていたが、医療施設に行かなかったのだ。

しかし、その後に、重病と分かったので、忠雄は当時の自分に医療施設に行くように仕向けるが、なかなか上手くいかない。

忠雄に罵られる母の澄江(倍賞美津子)を見て、一雄は不憫に思っていたが、澄江は忠雄に隠れて、医療施設で忠雄の体調を報告していた。

その様子に感動した一雄は、当時の忠雄に泣きながら、こんなにも愛されているのだから、医療施設に行ってほしいと訴えるが、当時の忠雄は頑として行かなかった。

忠雄はこのことをやり直すために、昔に舞い戻ったと思っていたけれど、当時の自分は本当に頑固だったことに気づく。

一雄は結局、忠雄を医療施設に行かせることは出来なかったけれど、本心でぶつかり合えたことに満足していた。

ドラマ「流星ワゴン」6話の感想
やっぱり、さすが、原作が重松清だけあるなあと感心して、今回も涙がこぼれてしまいました。つらいですね、忠雄。自分の醜い部分を客観的に見ると、心が痛んだことでしょう。当時の自分としては全く気にならなかったことだけど、自分の体調をどれだけ周囲が心配していたことか、ようやく理解できたと思います。澄江の隠れた行動を知ってしまい、このままでは忠雄は未練いっぱいで、天国に行かれないでしょう。最終回までに、澄江に対する何か行動を起こすでしょうか?まだまだ続きが気になります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「健太の別れは好かん 吹雪の肩車で奇跡を」
現実世界の忠雄(香川照之)は容態が急変したものの、蘇生措置によって奇跡的に持ちこたえた。だが依然として危険な状態に変わりはなく、その時は刻一刻と近づいている。一雄のこと、待ってるんだよ」…(引用元:TBS公式)

ドラマ「流星ワゴン」7話のネタバレ
永田一雄(西島秀俊)の父親である忠雄(香川照之)は危篤状態に陥っていて、母親である澄江(倍賞美津子)はきっと一雄を待っていると話す。

橋本健太(高木星来)は、母親とやっぱり話したいと言う。

それは、きちんとやり直したことと遂げて、天国に行く決意ができたということだった。

父親である橋本義明(吉岡秀隆)は寂しいという気持ちを隠し、健太の決意を認め、母親と一緒に会わせる。

母親と話すことが出来て、健太は嬉しがる。

橋本は健太と一緒に死んだ場所に赴き、天国に旅立たせようとするが、健太は嫌がる。

橋本を押しのけ、車道に出てしまった健太に大型車が近づく。

橋本はギリギリのところで健太を救い出し、強く怒ってしまうが、健太は橋本に大事にされていることを身を持って知る。

健太は天国に行こうとするけれど、最終的には橋本のそばを離れられなかった。

そして、昔に向かう乗り物を運転する橋本から、多分、これから行くところがラストですと言われる。

ドラマ「流星ワゴン」7話の感想
今回は橋本親子の話題でしたが、とてもいいお話でした!小さい子ながら、現実を受け止めようとしている姿がとても健気に感じました。もう、天国に行ってしまうのかなと思った時、やっぱり、戻ってきてしまうところは不意を突かれ、すごく感動的でした。死んでから、本当の親子になれた橋本達でした。そして、次でラストと予告された一雄達ですが、一雄と忠雄も最後の別れの時が近づいているようです。どんな最後になるのか、気になります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「最終章! チュウさん流で大暴れ!! 父の愛」
「僕は、死ぬんですか?」一雄(西島秀俊)が橋本(吉岡秀隆)に問いかける。忠雄(香川照之)も橋本も健太(高木星来)も、ワゴンに乗っている者は皆、後悔を抱えたまま死に直面した人間だ。なら自分も、この旅が終わったときに…(引用元:TBS公式)

ドラマ「流星ワゴン」8話のネタバレ
永田一雄(西島秀俊)は、昔に行かれるのはこれがラストと言われ、嫁である美代子(井川遥)と本音で話すことを心に誓う。

昔に戻ってみると、息子の広樹(横山幸汰)が進学直前で、美代子のギャンブルも続いていたが、何でも真っ向から挑んでみようと考える。

最初に、職場には人員整理される前に、自分から会社を辞め、会社から支払われた大金で美代子が借りた金を返す。

そして、美代子の本心に迫らなければ、事態は良くならないと思い、残った大金で美代子と一緒にギャンブルをし、美代子の気持ちをゆっくりとほどいていく。

それから、広樹に酷いことをしていた友達集団をガツンと強く叱る。

すると、広樹が進学できなかった学校から知らせが来て、追加合格になる。

こうして、一雄は嫁とも、息子ともわだかまりが解け、このまま仲良く暮らすことも出来たが、父親である忠雄(香川照之)のことがほっておけず、危篤状態の忠雄と最後の時間を過ごそうと考える。

すると、橋本義明(吉岡秀隆)が一雄に、もう死んでもいいと言っていましたよね、本当にそうなってしまうかもと話す。

ドラマ「流星ワゴン」8話の感想
意を決した一雄の行動力は素晴らしかったです。家族といえども、口には出して言えない欲求というか、一雄への期待があったのですね。それを察知して、前向きに行動したら、みるみるうちに事態が好転してきました。前に昔の出来事を変えようとした時は核心部分を理解していなかったから、事態を変えることができなかったのですね。しかし、橋本が最後に不気味なことを言い出しました。一雄は現実に戻れないのでしょうか?ずっとファンタジーの世界だったのに、急にミステリアスになってきました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「最終回前!〜妻の本音。君を愛してる!!」
やっと良い方向に変わったのに、その過去の世界から一雄(西島秀俊)はワゴンへ戻ってきた。やっぱり自分自身として、美代子(井川遥)と広樹(横山幸汰)に向き合いたい。だからあと一度だけ、大切な場所へ行けないだろうか…(引用元:TBS公式)

ドラマ「流星ワゴン」9話のネタバレ
自分の死を覚悟して、再度、昔に戻った永田一雄(西島秀俊)。

その日は、一雄の息子である広樹(横山幸汰)の進学テストの前の日で、友達とのトラブルを黙ったままの広樹を、一雄は思い出の遊具にもう一度、広樹と乗り、父のことを覚えておいてほしいと話す。

そして、テストも、友達も無理しなくていいし、鬱陶しいと思われても、父は広樹が大好きだと語る。

それから、一雄の嫁である美代子(井川遥)にとじっくりと話し、美代子はよく働き、家族も大事にしてくれる完璧な旦那に引け目を感じていたことを聞き出す。

美代子は自分の為に、一雄が頑張り過ぎていると思っていて、それを重荷に感じていたことも話し、自分ばかり苦労し、美代子に頼ってくれなかったのがつらかったと打ち明ける。

一雄はやりたかったことをやり遂げ、ついに、美代子に自分が死ぬことを伝える。

こうして、一雄は橋本義明(吉岡秀隆)の乗り物に帰ってきたが、すると、父親の忠雄(香川照之)がいなくて、橋本に聞くと、忠雄はタイムアップしてしまったと答える。

ドラマ「流星ワゴン」9話の感想
もう、最終回を前にして、涙腺崩壊しています。いい話過ぎます!いい旦那過ぎたから、美代子はギャンブルに走ったなんて、そんなバカなと思いつつも、同情しちゃいました。ようやく、本音が言えた美代子なのに、これで一雄と永遠に別れてしまうなんて、悲し過ぎます。ほんと、あの時に戻ってやり直したいと思うのは、こういう時なのでしょう。あの一番最初の、一雄が凹んでしまった、この昔に戻る乗り物に乗る前に、もう一度、戻ってほしいです。あれ?もしかして、最終回は大どんでん返しで、今まで全てのことが夢だったなんてことがあるでしょうか?次の最終回、大切に見ます。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「チュウさんへ感謝! ワゴンの謎、完結!!」
一雄(西島秀俊)が戻ってきたワゴンに、忠雄(香川照之)の姿はなかった。健太(高木星来)が泣いている。「時間切れです」と橋本(吉岡秀隆)は言った。現実世界の忠雄は、まだ死んではいないものの、その時がもう目前まで迫って…(引用元:TBS公式)

ドラマ「流星ワゴン」10話のネタバレ
永田一雄(西島秀俊)が橋本義明(吉岡秀隆)の乗り物に帰ると、父親の忠雄(香川照之)がいなくなっていた。

一雄は、ずっと寄り添ってくれた忠雄に会いたくて、昔に行く。

そこは、忠雄が治療を受けた医療施設で、忠雄は一雄が様子を見に来るたびに、自分も一雄と同じ年齢だったら、友達なれたかなと思っていたと話し出す。

そして、忠雄は今までの思いを全て打ち明け、もう十分、一雄と分かり合えたと感じると、姿を消す。

すると、橋本に次はどこに行くかと聞かれたので、一雄は今時点の忠雄の最期を見届けると話すと、橋本はそう答えた一雄は死なないと伝える。

今時点にやって来た一雄は息子である広樹(横山幸汰)と一緒に、危篤の忠雄のところに行く。

ギリギリのところで間に合った一雄は、ずっと意固地になっていたことを忠雄に謝る。

一雄は忠雄の故郷で広樹と暮らし始め、広樹はまた学校に通い出す。

すると、嫁である美代子(井川遥)もやって来て、しばらくぶりに3人そろったことに一雄は感激した。

ドラマ「流星ワゴン」10話の感想
予想はしていたけれど、忠雄と一雄の別れは悲しかったです。でも、父子で分かり合えたのは本当によかったですよね。そして、一雄は死んでしまうのかと思っていたけれど、そうではなかったみたい!広樹と田舎暮らしを始め、美代子も来てくれて、再出発できそうです。こんな風に誰もが、死ぬ前にやり残したことをやり遂げることができるわけではないのだから、生きているうちにしっかりと大切な人と向き合うべきと思いました。家族でも言えないこと、我慢していることがあることを知り、思いあっていきたいと考えました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、U-NEXTなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「流星ワゴン」の概要

永田一雄は死んじゃってもいいかな、と思っていた。

仕事はリストラ・妻からは離婚・子供は受験失敗で引きこもり。地元で入院している父親を見舞に行った時に貰える交通費の余りで何とか暮らしている有様。その父親も癌でいつ死ぬかも分からない。父親の見舞帰りに駅で酒を飲んで酔っ払っていると、ロータリーに1台の車が停まっている事に気が付く。その車には5年前、偶然見た新聞の交通事故の記事で死亡が報じられた橋本親子が乗っていた。(引用元:ウィキペディア)

ドラマ「流星ワゴン」の出演者、放送情報

永田忠雄:香川照之
永田一雄:西島秀俊
永田美代子:井川遥
永田智子:市川実和子
永田伸之:髙橋洋
千賀和哉:入江甚儀
古閑:町田啓太
橋本健太:高木星来
永田広樹:横山幸汰
幼少の一雄:佐藤詩音
幼少の智子:梅垣日向子
若き澄江:渡辺真起子
永田澄江:倍賞美津子
橋本義明:吉岡秀隆

原作:重松清 「流星ワゴン」(講談社文庫刊)

主題歌:サザンオールスターズ 「イヤな事だらけの世の中で」 タイシタレーベル/ビクターエンタテインメント

制作:TBS

放送:2015年

ドラマ「流星ワゴン」の見どころ

ドラマ「流星ワゴン」は、重松清による大ベストセラー長編小説をドラマ化した作品。

後悔の人生をやり直すためのドライブが始まります。

真面目でしっかりした性格で、何よりも妻と息子を大切にしている永田一雄を、西島秀俊が演じています。

そんな一雄とは対照的に、破天荒で数々の事業を成功させた一雄の父・永田忠雄役を香川照之が演じ話題に。

ふとしたことから心のバランスを崩してしまう一雄の妻、永田美代子役を井川遥が体当たりで演じます。

他豪華かつ多彩なキャストが集結した作品。

様々な家族関係を軸に描く、人生の再生と家族愛の物語に目が離せません!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ドラマ「流星ワゴン」の感想

40代男性
このドラマは励ましや希望がいっぱい詰まったドラマです。息を飲むほど美しいお二人の佇まい。二人の生きる覚悟が素晴らしい。一雄さんの自分の死より大切な事。家族との時間。広との思い出を作りたい…愛する美代子に全ての気持ちをぶつけたいと呻く。俺が死ねば悲しいか?と涙ながらに聞くと、えぇ当たり前でしょ!と見開いた瞳から涙があふれる美代子。本当の絆を取り戻した瞬間そして泣き笑いのラストに涙が止まりません。
20代女性
登場人物が皆、活き活きしていました。特に、自然児オジサンの忠さん、いつも元気をくれて、大好きでした。金貸しアジトに乗り込んで、ヤクザに蹴り入れたり、嬉しげにズルして競馬で大儲けなんて、いい大人がすごく笑えました。一方で、心優しく情に深いところも。特に、健太くんとの関係で感じられたように思います。流星ワゴン、たくさんの元気をありがとうございました!
50代男性
吉岡秀隆さんのファンで見始めたドラマでした。最高のナレーションがこのドラマを飾っていて、忠さん親子の激しさと、橋本さん親子のほのぼのとした、ユーモアが絶妙でした。気が付けば感動の涙が自然に流れていました。演じる方々、それぞれの個性が、このドラマの旨みを増していたように思います。音楽も良かった・・。熱くなれるドラマでした。本当に元気をもらえるドラマです。

まとめ

以上、西島秀俊・香川照之主演のドラマ「流星ワゴン」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

「もう死んでもいい」と絶望する主人公・永田一雄の前に、過去にドライブできる謎のワゴンカーが!

直木賞作家・重松清の大ベストセラー小説が原作のこのドラマ。

人生の大切な分岐点に戻って、後悔の人生をやり直すことができたら…と、考えさせられ作品です。

U-NEXTで流星ワゴンの動画は全て無料視聴できます。

31日間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴