ドラマ|監獄のお姫さまの動画を全話無料で見れる動画配信まとめ

2017年10月〜12月まで小泉今日子主演で放送のドラマ「監獄のお姫さま」

脚本は宮藤官九郎。クドカンワールド炸裂の、これぞエンターテインメントといった作品です。

冤罪で女子刑務所に送られてきた「姫」ことしのぶ(夏帆)のため、服役中のカヨ(小泉今日子)をはじめとした5人の女囚達が、ある計画を企てますが・・・?

ドラマ「監獄のお姫さま」の動画は、U-NEXTで見放題配信中です。

U-NEXTの無料期間を利用すると、ドラマ「監獄のお姫さま」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ドラマ「監獄のお姫さま」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「監獄のお姫さま」の動画は、U-NEXTで見放題配信中です。

U-NEXTは通常月額2189円かかる動画配信サービスですが、初回登録から31日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:U-NEXT)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「監獄のお姫さま」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「監獄のお姫さま」に出演している小泉今日子の出演作品

  • 散歩する侵略者
  • ふきげんな過去
  • 食べる女

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「監獄のお姫さま」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ドラマ「監獄のお姫さま」の動画まとめ

ドラマ「監獄のお姫さま」は、U-NEXTで全話無料視聴できます

(画像引用元:U-NEXT)

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「最強美女軍団VSイケメン社長!? 因縁の対決が始まる」
馬場カヨ(小泉今日子)たちは、あることがきっかけで板橋吾郎(伊勢谷友介)の息子を誘拐しようとする。しかし大門洋子(坂井真紀) が連れてきたのは違う子どもだった。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「監獄のお姫さま」1話のネタバレ
クリスマスイブに、経済分析家で本を出版するほどの人気のある勝田千夏(菅野美穂)は、会社経営者の板橋吾郎(伊勢谷友介)とテレビ共演を果たす。

久々の再会に、2人は親しげな様子を見せる。

しかし、収録途中に出されたカンペには”息子、誘拐された”と記されてあった。

唐突のことで困惑する吾郎だが、これはスタジオに潜入した馬場カヨ(小泉今日子)が、スタッフのカンペを入れ替えたのだ…。

早朝からカヨは、仲間たちと吾郎とその家族を見張っていた。

なぜなら、彼の息子を誘拐したから。

メンバーたちと都内近くにあるアウトレットモールに1度集まるも、ハプニングが発生してしまった。

大門洋子(坂井真紀)が最初違う子供を連れて来てしまったのだ。

全員動揺。

ここでカヨは”復讐ノート”を取り出す。

計画を成功させる手立てはないのか…!?

結局、若井ふたば(満島ひかり)に全員で泣きつくのだが…。

ドラマ「監獄のお姫さま」1話の感想
吾郎は悪そうな奴だというのが、1話の時点でビシビシと伝わってきました。そして年を重ねた女性たちが団結している場面がとても面白いです。計画の爪の甘さだったり、やり取りだったり、コメディ系ですね。監督はクドカンさんだそうで、視聴した後に「分かる~」となる作風でした。個性豊かな面々で、吾郎に復讐を果たしてほしいです!応援してくなりました。また、出演者が豪華だな~と思います。まず主演が小泉今日子さん、そして復讐集団には、菅野美穂さん、坂井真紀さん、満島ひかりさん等…演技が上手で面白い作品に出演している方ばかりです!次回が楽しくなる1話でした。美容院の場面が1番好きです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「刑務所ライフ開幕戦 今夜決定! 最強の女囚は誰だ」
殺人未遂事件で女子刑務所に収監された馬場カヨ(小泉今日子)は、刑務所内で出会った経済アナリストの勝田千夏(菅野美穂)と意気投合したように思えたのだが・・・。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「監獄のお姫さま」2話のネタバレ
馬場カヨ(小泉今日子)は、2011年に旦那を殺害しようとした罪で逮捕されていた。

収監されたのは「自立と再生の女子刑務所」だ。

囚人となり、冷徹な刑務官の若井ふたば(満島ひかり)から質問をされるカヨだが、しどろもどろな様子を見せたことで怒鳴られてしまう。

カヨが指定された番号は69番。

これが今日からカヨの呼び名になる。

新人の寮から、新しい寮に移動したカヨを待っていたのは、24番の足立明美(森下愛子)、31番の大門洋子(坂井真紀)、56番の小島悠里(猫背椿)、106番のリン(ステファニー・エイ)だった。

同部屋の4人と知り合いになり、ミシンを使う業務に配属される。

そんな中で、税金を滞納していた勝田千夏(菅野美穂)を見掛ける。

カヨはテレビで活躍している千夏のファンだった。

自由時間に千夏に話しかけに行き、仲良くなれたかと思いきや、カヨは虐められることになる…。

一方で、2017年のクリスマスイブ、板橋吾郎(伊勢谷友介)は誘拐されていた。

カヨたちの手によって。

アジトに身動きの取れない状態にされた吾郎だが、こんなことをされる筋合いがないとイラついている…。

ドラマ「監獄のお姫さま」2話の感想
馬場カヨたちの出会いが描かれましたね。始めは皆カヨに冷たくて、段々と心を開いていく様子を楽しめそうです。千夏のキャラも濃いですね~。とても高飛車で、チヤホヤされるのさえ、もう面倒臭く感じていたり…。カヨは本当に可愛いおばさんという感じで、刑務所に収監されている人物だとは思えません。リアルにいそうなキャラクターだと感じます。そして吾郎は、あんなに顔が整っているのに、見ているだけで何だかイラつきます…。伊勢谷さん、クズ男と役を演じられるのが上手だなーと思いました。2話も面白かったです。3話もこの勢いのまま続いてほしいですね!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「爆笑ヨーグルト姫の秘密…涙の天城越え」
江戸川しのぶ(夏帆)は、馬場カヨ(小泉今日子)たちと同房になるが、体調不良で独房に戻される。すると独房にいるしのぶの前に、勝田千夏(菅野美穂)が現れて・・・。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「監獄のお姫さま」3話のネタバレ
誘拐された板橋吾郎 (伊勢谷友介) の長男・勇介 (前田虎徹)が、警視庁前で“爆笑ヨーグルト姫事件” の裁判のやり直しを求め、犯行声明を読んだが、無事に保護され、池畑刑事 (米村亮太朗)に詳細を聞かれる。

2012年のこと。

年明け、女子刑務所では江戸川しのぶ (夏帆) が主任の北見 (河井青葉) の引率で新人寮から南2号棟雑居房に移動。

その雑居房にいたのは、カヨ (小泉今日子)・明美 (森下愛子)・洋子 (坂井真紀)・悠里 (猫背椿)・リン (江井エステファニー)ら。

洋子たちはテレビで見たしのぶへの興味を抑えきれない様子。

ある日、洋裁工場での作業中に突然しのぶが倒れてしまう。

カヨのしのぶへのいじめが疑われてしまい、護摩所長 (池田成志) の判断でカヨは懲罰になりそうだったが、若井ふたば (満島ひかり) の申し出によりしのぶを独房に戻し、様子を見ることに。

しのぶが独房に戻ったところに、千夏 (菅野美穂)が現れ、一方のカヨは、担当検事の 長谷川 (塚本高史)が夫から預かってきた離婚届にショックを隠しきれずにいた。

すると突然、警報のベルが!

しのぶが独居房からいなくなってしまった。

ドラマ「監獄のお姫さま」3話の感想
場面転換の演出がドラマへの興味を深めていきます。進行中の現在と過去のストーリーを組み合わせていますが、舞台が刑務所内と外ではっきり異なっていることや登場人物たちの人間関係が過去と現在でわかりやすく変わっていくので、事件のポイントに集中して作品を楽しめます。刑務所内の話や殺人事件、子どもの養育など重いテーマを抱える内容でありながら、うまくコメディ要素が取り入れられていて、見ていて飽きません。また、豪華な出演者の素晴らしい演技に魅了され、姫であるしのぶと雑居房にいたカヨたちが出会ってからは、ストーリーの展開がさらに面白くなっていきました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「彼女たちの事情…裏切り男の面会室」
しのぶ(夏帆)の妊娠に気づいたカヨ(小泉今日子)は、刑務官のふたば(満島ひかり)に相談しようと試みる。しかし、そうこうしているうちに、しのぶが倒れてしまう。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「監獄のお姫さま」4話のネタバレ
カヨ(小泉今日子)に面会者がやって来た。夫の武彦(赤堀雅秋)だ。

もう小学5年生になる息子について話し、事件に対しては「憎悪はない。自分のせいだった」と清く認め謝ってくる。

しかしながら、息子に会いたいというカヨの願いは受け入れてはくれない。

雅秋が差し出したのは、離婚届だった…。

ミシン工場では次の工程が始まったが、しのぶ(夏帆)の異変にカヨだけが気付いてしまう。

この事実を刑務官・ふたば(満島ひかり)に伝えたいカヨは、どうにか2人になれるよう頑張る。

けれども、ふたばと話が出来る前にしのぶは産気づいてしまった。

そのまま病院へと運ばれるしのぶ…。

一方で、2017年のクリスマスイブ。

“爆笑ヨーグルト姫事件”に関与しているか否か、板橋吾郎(伊勢谷友介)に問い詰めている元・囚人と刑務官で形成されたメンバーたち。

そんな時、このアジトに何者かが現れる…。

ドラマ「監獄のお姫さま」4話の感想
しのぶがついに吾郎の裏の顔を知ってしまうという回でした。あのニュースを知ったときのしのぶの表情が凄かった。カヨたちの部屋に着てから、ずっと青白い顔色で体調大丈夫?という感じでしたが、吾郎の結婚を知ったあの瞬間が1番怖かったです。しかしこれで今何故”復讐”をしているのか、分かったような気がします。信じていた人に裏切られたと知っている中で、お腹の子が産まれそうになる…という。同じ女性として許せないと考えても、全然おかしくないですよね。今話も細部まで面白くって、流石クドカンドラマだな~と思いました。カラオケの場面が好きです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「この子を守りたい! 女囚たちの育児日記」
爆笑ヨーグルト姫事件の裁判やり直しを求める馬場カヨ(小泉今日子)たちに対し、検事の長谷川信彦(塚本高史)は再審の難しさを訴える。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「監獄のお姫さま」5話のネタバレ
石橋吾郎の行方がわからなくなって、3時間が経っていた。

そんな時、動画サイトを見ていた弁護士が吾郎を見つける。

その動画はカヨたちが爆笑ヨーグルト事件の裁判やり直しの要求をするためだった。

再審は難しいと検事の長谷川は言うが、そんな長谷川に若井は食ってかかっていく。

2012年・女子刑務所…しのぶの出産と悠里の仮釈放のを若井が伝える。

カヨたちはそれを聞き喜びの気持ちと寂しい気持ちが入り交ざっていた。

そんな中、美容資格を取るためのガイダンスが行われた。

受刑期間の長いカヨは受講することができるが、洋子と明美は受刑期間が短かったため受講できなかった。

しかし、しのぶの子供のため、ベビーシッターに興味を持った。

ガイダンス担当は美容免許を持つ若井。そこで若井が美容師の資格を取った理由をカヨは知る。

ついに勇介を連れてしのぶが戻ってきた。

所内での子育ては今までにないケースで護摩所長は迷っていた。

カヨたちはしのぶと勇介を守り切れるのだろうか!?

ドラマ「監獄のお姫さま」5話の感想
テンポの良い展開でかわいいおばさんたち!?のやり取りがとても面白い。宮藤官九郎さんの作品なので、安定の面白さでとテンポの良いやり取りなのに舞台は監獄の中という設定も面白い。おばさんたちの団結も回を重ねるごとに強くなっていき、みんなで勇介を可愛がっていたりするシーンも良い。この回はみんなが母性に溢れていて、心が温かくなってきたところで、最後に裏切られてしまう。勇介のために無実の罪をかぶったしのぶに実の母からも裏切られてしまうこの展開はひど過ぎると、心が痛くなった。吾郎のラスボス感が凄すぎて、今後の展開が気になる。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「決意と結束」
江戸川しのぶ(夏帆)の息子・勇介との別れを迎え、馬場カヨ(小泉今日子)たちは勇介ロスに苦しんでいた。しのぶが心配なカヨたちは、しのぶを元気づけようと必死になる。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「監獄のお姫さま」6話のネタバレ
勇介は、しのぶ(夏帆)の母である民世(筒井真理子)に引き取られることになった。

しかし、しのぶはまたもや騙されていたのだ。吾郎の手に渡らないよう、事前に母に説明しておいたはずだが、母は吾郎(伊勢谷友介)を連れて勇介を迎えに来た。

そして勇介は、吾郎に持っていかれた…。

一方で、勇介を可愛がってたカヨ(小泉今日子)たちは、赤ちゃんがいなくなって寂しくてしょうがない。

また、しのぶのことを心配していた。そんな中、色々とマネージャーに物を届けてもらっている千夏(菅野美穂)は、週刊誌を読み、驚きの記事を見つける。

そこには、吾郎は晴海(乙葉)と入籍しており、1歳半になる息子がいると記されていた。

同室メンバーで驚いていると、出所した悠里(猫背椿)が帰って来る…。

一方で、2017年クリスマスイブ。社長室では、岩井(満島ひかり)が姿を消したのと同時に吾郎が誘拐されたと話題になっている。

犯人は岩井か…?

晴海が電話をかけてみると、岩井は「社長と一緒に捕まっている」と話す。

連絡が終わった岩井は、カヨたちに一旦帰ると説明する…。

ドラマ「監獄のお姫さま」6話の感想
勇介が悪人の手に渡ってしまいました。これで復讐することになった理由がハッキリと明らかになったと思います。こんなことが身近で起こったら、同情してしまうのも無理ありません。しかし刑務官もグルになったというのが面白いですよね。ああ見えて、情に厚い人だなーと思います。全員更生を目指していますが、まぁ一1回は逮捕されてしまうんだろうな…と感じます。それを覚悟しての行動なんですよね。そして自分自身の正しいと思ったものを選ぶ勇気を持っているからこそ、怯えないで「誘拐」することを決めたんだと思います。尊い友情ですね…。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「ハニートラップ!?」
板橋吾郎(伊勢谷友介)への復讐(ふくしゅう)を実行するために作戦会議を開くカヨ(小泉今日子)たち。そんな中、大門洋子(坂井真紀)の刑期終了が突然伝えられる。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「監獄のお姫さま」7話のネタバレ
社長室では、岩井(満島ひかり)が吾郎(伊勢谷友介)の件で、追い詰められていた。

池畑(米村亮太郎)は既に”古井わかば”という名の刑務官はいないと言い切るまで、岩井のことを調べ上げていた…。

2014年。カヨ(小泉今日子)の面会にやって来た長谷川(塚本高史)。タキシードを着て、結婚を申し込む。

交際もしていない上に、獄中プロポーズされたカヨは戸惑いを隠せない…。

一方で、女囚たちの部屋では”吾郎を捕まえよう!作戦”について話し合われてるが、彼女たちの会話は脱線しまくりである…。

しかし復讐を開始するための資格取得には熱心な姿を見せた。

そんなある日、刑務所内ではスポーツ大会が行われた。

チームは部屋割りだ。バドミントンでは、カヨと千夏(菅野美穂)ペアが優勝。

卓球では、悠里(猫背椿)とオバケ(あびる優)ペアと洋子(坂井真紀)としのぶ(夏帆)ペアの熱い戦いが繰り広げられていたが、そこで洋子の刑期が終わったと告げられる。

2017年、洋子の過去が明らかになる…。

なぜ彼女は刑務所に長くいたのか…?

ドラマ「監獄のお姫さま」7話の感想
洋子が2.5次元俳優のファンだったことが明らかになった上に、男性にモテるタイプだということも分かりました。まさかの展開で面白かったです。2.5次元俳優役をAMEMIYAさんが務めるのも良かったですね!絶妙でした。卓球の勝負をしている良いところで、刑期を知らされる演出も好きです。それにしてもここの刑務所は楽しい行事が色々あって自由だなーと思います。刑務所名も、”自立”と”更生”に力を入れていることが分かりやすい。しかも実際にその2つに打ち込める環境が整っているし。あびる優さんが演じた役の名前がオバケっていうのが印象に残りました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「大好きだから、もう会いたくないの…」
若井ふたば(満島ひかり)に復讐(ふくしゅう)ノートについて問い詰められたカヨ(小泉今日子)。犯罪者でも正義を貫きたいと訴えるカヨを、ふたばは激しく批判する。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「監獄のお姫さま」8話のネタバレ
2014年の冬、美容師になるための資格に挑戦していたカヨ(小泉今日子)は、無事に合格を果たした。

そして刑務所お抱えの美容室に勤務することに。

ある日、長谷川(塚本高史)がカヨの美容室に来店し、2人が仲良く過ごしていると、岩井(満島ひかり)がいきなり現れる。

彼女は”復讐ノート”について問い詰めてくるが、カヨは誤魔化そうと手段を考えた。

しかし、そのノートは岩井が持っていたのだ…。

独房にしばらく居ることになってしまったカヨ。

それでも無実の罪を被せられているしのぶ(夏帆)が、”無実”だと認められるまでは、例え自分が犯罪者であっても正しくありたいという気持ちを外に向けて必死に伝える。けれども、ふたばによって「現実逃避をしている」と指摘されてしまった。

そんな中、同室メンバーが仮釈放となり、それぞれの方向へと帰って行く。

しのぶに残されたのはもうカヨだけだ。

一方で2017年クリスマスイブ。

吾郎(伊勢谷友介)は千夏(菅野美穂)に媚びて、どうにか抜け出そうとしていた。

カヨたちはそれを眺めているだけだったが、爆弾が爆発するまで時間がないことに気付き皆混乱。

そこにやって来たのが、岩井と晴海(乙葉)だった…。

ドラマ「監獄のお姫さま」8話の感想
熱い展開でしたね…!ふたばの葛藤が見られたと思います。しかしまだ過去編では、なぜふたばが仲間入りを果たしたのか?については、しっかりと明かされていないかもしれません。これからでしょうか。ふたばはカヨたちに情が入ってしまっている状況だからこそ、辛いんでしょうね。復讐するなんて考えは刑務官として受け入れられないと思いますが、そういう発想に至る理由を知っている訳で…。全員が覚悟を決めて復讐に挑んでいますが、ふたばが最も難しい選択をしたような気がします。残るは2話だけです。過去編は凄い勢いで話が進むのに、現実編ではずっとクリスマスイブが続いていて面白いです。次話も楽しみ。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「やっぱり私が、犯人です…衝撃の最終章開幕!!」
若井ふたば(満島ひかり)は、江戸川しのぶ(夏帆)を息子・勇介(前田虎徹)に会わせてあげたいという衝動に駆られ、しのぶの母・民世(筒井真理子)に手紙を送る。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「監獄のお姫さま」9話のネタバレ
ついにカヨ(小泉今日子)は釈放された。

メンバーと繋がるために、早速スマホを購入したあとメアドを登録する。

勤め先は美容院だ。

一方で「自立と再生の女子刑務所」では、美容師の資格を得るために、虐めをシカトして頑張るしのぶ(夏帆)の姿があった。

岩井(満島ひかり)はそんなしのぶを眺めており、しのぶを息子・勇介(前田虎徹)と合わせてあげたいという気持ちになる。

そしてしのぶの母・民世(筒井真理子)に頼みの手紙を綴り送った。

もちろん吾郎(伊勢谷友介)には内密で…と書いてあるのだが、岩井による善意の行動が更にしのぶを窮地に立たせることになるのだった…。

時は流れ2017年。カヨは悠里(猫背椿)が店長を勤めているお店で働いている。

そこに現れたのが岩井だった。カヨは戸惑いながらも、岩井を客として接するのだがカットが終わると、普通に帰って行ってしまう。

何だったんだろう…とカヨと悠里は理解できずにいた。

そして2017年のクリスマス、晴海(乙葉)がやって来た此処アジトで、プレ裁判が開かれる!

ドラマ「監獄のお姫さま」9話の感想
吾郎の話術が怖すぎる回でした。育ちの良いしのぶや民世は、こういう人間と関わってこなかったので対処法が分からないんでしょうね。しのぶが面会で追い詰められている場面は、辛くなりました。岩井はしのぶを思った上であんな手紙を書いたのに、こんなことになって復讐に参加するのを決意する理由も分かります。立場的に、胸が痛かったでしょうね…。カヨと誰も連絡を取れない場面はドキドキしました。刑務所内にいるときだけの友情だったのか…と思いきや、カヨのうっかり。カヨのここら辺が可愛いですよね!晴海は、随分と話が通じやすい人だなぁと思いました。吾郎の嫁じゃ勿体ない!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「おばさん達の最後の勇気とお節介でっせ!」
カヨ(小泉今日子)たちは、板橋吾郎(伊勢谷友介)の取引に応じて吾郎を解放する。しかし吾郎は解放された途端に被害届を提出し、カヨたちは身柄を拘束されてしまう。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「監獄のお姫さま」10話のネタバレ
長谷川(塚本高史)は、爆笑ヨーグルト姫事件の捜査のために沖縄へ飛んだ。

部下として今池(上川周作)も一緒だ。

吾郎(伊勢谷友介)としのぶ(夏帆)が訪れたボートハウスに行くと、2人は新事実を見つける…。

一方で、アジトでは実行犯の説が濃厚なプリンス(ナリット)が岩井(満島ひかり)たちに問い詰められていた。

しかしプリンスは同じ答えしか言わない。

そんなプリンスにどうすることもできないカヨ(小泉今日子)たちを見て、吾郎(伊勢谷友介)がある提案をする。

それは被害届を出さない代わりに、解放してほしいという内容だった。

承諾したカヨたちにより、吾郎(伊勢谷友介)の誘拐事件は一旦終了。

マスコミはこれを大きく取り上げた。そして吾郎は当然の如く、被害届を提出しカヨたちは逮捕に至る。

22日後、長谷川たちが証拠を掴んで帰って来た。

おかげで晴海(乙葉)が吾郎を説得する動きに出て、被害届は取り下げとなったのである。

長谷川は面会室でカヨにそのことを報告するが、彼女のテンションは低い。

盛り上げるため、長谷川は違う話をし始める…!

ドラマ「監獄のお姫さま」10話の感想
吾郎は最終回でも怖かったです。捕まって良かった。しかし、証拠は意外と簡単に見つかりましたね。吾郎は自分に罪はないと証明するためにあそこまでしていましたが、カメラという大きな証拠が残っていたという…。警察がしっかりと捜査していれば、吾郎がどんなに抵抗しようとも言い逃れ出来なかったんじゃないかなーと思いましたが、これはギャグ寄りのドラマなので、細かいところは気にしてはいけないですね!晴海は、最後まで頼れる人でした。なんであんなにふわふわしているのにまともなんだろう?この物語を進行するにあたり、かなり重要な役割だったと思います。ハッピーエンドで良かったです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、U-NEXTなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「監獄のお姫さま」の概要

宮藤官九郎が脚本を手掛け、小泉今日子が16年ぶりにTBSドラマの主演を務める。

女子刑務所を舞台に、過酷な状況でたくましく生きる女性たちの群像劇が展開する。

冤罪(えんざい)で服役する女性のために、殺人未遂の罪で刑務所に入所していたカヨ(小泉)ら5人の女性が、真犯人である大企業のイケメン社長を誘拐する。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「監獄のお姫さま」の出演者、放送情報

馬場カヨ:小泉今日子
若井ふたば:満島ひかり
板橋吾郎:伊勢谷友介
江戸川しのぶ:夏帆
大門洋子:坂井真紀
足立明美:森下愛子
勝田千夏:菅野美穂
長谷川信彦:塚本高史

主題歌:安室奈美恵「Showtime」

制作:TBS

放送:2017年

ドラマ「監獄のお姫さま」の見どころ

クドカンらしいコメディ要素たっぷりの、クライムエンターテインメント。

服役中の馬場カヨ(小泉今日子)らの雑居房に、冤罪で服役させられたしのぶ(夏帆)がやってきて、彼女に罪を着せた婚約者・板橋吾郎(伊勢谷友介)の子を獄中出産をします。

しかし吾郎は晴海という女性と結婚し、しのぶの子・勇介を奪って晴海の子として育ててしまったことから、カヨ達は彼への復讐を決意しますが・・・?

刑務官で、のちに復讐計画を主導する若井ふたば役の満島ひかりは、このドラマで第95回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞を受賞しました。

なお、宮藤官九郎が同脚本賞を受賞しています。

クズなイケメン社長を演じる伊勢谷友介の、民放連続ドラマ初レギュラー作品としても注目の本作。

登場人物たちの背景も丁寧に描かれ、細部まで抜かりない面白さです!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ドラマ「監獄のお姫さま」の感想

20代女性
殺人の真犯人を暴いて追い詰めるサスペンスかと思いきや、ガッツリコメディでした(笑)おせっかいおばさん達の姦しさに、冷静かつ酷い言葉で突っ込む刑務官という図がめちゃくちゃ面白いです。満島ひかりさん、いい役貰ったな〜と思いました。事件の呼び名とか、刑務所内で流れる童謡とか、受刑者が観ているTVドラマとか、そういう細かいところがバカバカしくも可笑しくて、気に入っています。カヨとのぶりんの恋はどうなるんでしょうね?
50代男性
時間軸としては結構長く、現在から過去へ、そしたまた現在へシーンが移り変わる物語なのですが、「これっていつの話?」と迷うことなく見られました。登場人物たちの掛け合いがとても面白くて、声を出して笑ってしまうこともしばしば。キャスティングが絶妙ですね!大筋の復讐劇以外の部分でも、皆それぞれに事情を抱えている様子がきちんと描かれていて、ちょっとホロリとするシーンもあります。クドカン作品の中でも1、2を争う出来じゃないでしょうか。
30代女性
なんかもうキャストがみんなハマり役で、個性的な登場人物達の色がはっきり出ていて素晴らしい!の一言です。「姫」が赤ちゃんに「勇介」と名付けた理由が、「みなさんの勇気とお節介のおかげ」からきているというのも納得な、女性陣のおばさんパワーや愛嬌があふれていて、元気がもらえます。伏線にもこだわった作りのドラマで、見返すと新たな気付きがあったりするので、何周でも見たくなってしまいます。

まとめ

以上、小泉今日子主演のドラマ「監獄のお姫さま」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

それぞれの事情を抱え、犯した罪を償う女子受刑者たち。

誰よりも人間味溢れる彼女たちの、力強く前向きな刑務所での日々が見どころです。

U-NEXTで監獄のお姫さまの動画は全て無料視聴できます。

31日間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴