ドラマ|オトナ女子の動画を1話から無料で見れる動画配信まとめ

2015年10月〜12月まで篠原涼子主演で放送のドラマ「オトナ女子」

アラフォーのオトナ女子3人組が、恋や仕事や家族の問題に振り回されつつも、女子であることを諦めず奮闘するヒューマンラブストーリー。

篠原涼子、吉瀬美智子、鈴木砂羽が等身大のアラフォー女性像を演じます!

ドラマ「オトナ女子」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムの無料期間を利用すると、ドラマ「オトナ女子」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「オトナ女子」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「オトナ女子」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムは通常月額888円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:FODプレミアム)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「オトナ女子」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「オトナ女子」に出演している篠原涼子の出演作品

  • アンフェア
  • ラスト・シンデレラ
  • マザー&ラヴァー

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「オトナ女子」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「オトナ女子」の動画まとめ

ドラマ「オトナ女子」は、FODプレミアムで全話無料視聴できます

(画像引用元:FODプレミアム)

FODプレミアムは2週間無料お試し期間があります。

第1話「幸せを掴みたい!!私は女子を諦めない」
40歳独身の中原亜紀(篠原涼子)は、恋愛アプリを手がける会社のキャリアウーマン。デビューを目指す年下のミュージシャン・伸治、愛猫のちくわと暮らしている。しっかり者だが恋愛では相手に尽くしすぎてしまい、なかなか幸せをつかめないでいた亜紀は、伸治の前では本音を出せない。(引用元:FOD)

ドラマ「オトナ女子」1話のネタバレ
40歳の中原亜紀(篠原涼子)。

彼女は通勤中に痴漢にあってしまうのだが、勘違いで、嫌味を言われてしまう。

会社では、キャリアウーマンとして恋愛アプリの開発をしていて、伸治(斎藤工)という売れないミュージシャンと同棲中だ。

恋愛アプリの開発の監修のため、協力を仰いだ先で会ったのは脚本家の高山文夫(江口洋介)。

痴漢だと間違えた相手だった。

2人は意見が相違していて、監修のお願いをすることは出来なかった。

ある日、親友の大崎萌子(吉瀬美智子)と坂田みどり(鈴木砂羽)と3人で女子会を開いた。

萌子もみどりも亜紀の心配をしている。

そんな時、伸治にメジャーデビューのチャンスが訪れて、大喜びする亜希と、亜紀のおかげだと言う伸治。

社長の栗田(谷原章介)に言われ、もう一度、高山に会う亜紀だが、やはりかみ合わない。

早めに帰宅した亜希が、家に帰ると、玄関に女もののハイヒールが。

部屋には伸治が知らない女と抱き合っていた。

家を飛び出した亜紀が入った店には、高山の姿が。

そこに伸治がやってきて、母親に亜紀とのことを反対されたのだという。

そして、亜紀は1人でやっていける、自分は亜紀といるとダメになってしまうと言って去っていく。

高山は、亜紀に一杯おごると言い、翌日、亜紀が出社すると、一緒に仕事したくなったと言って来て…

ドラマ「オトナ女子」1話の感想
女も40歳ともなると、いろいろ焦る時期ですよね。仕事、恋愛、結婚、出産、女のとしてのタイムリミットがないような気がしてしまう中で、彼氏にフラれてしまうショックははかりしれないと思います。でも、その焦りが相手に伝わると重荷になってしまうし、かといって相手がほぼ無職のミュージシャンともなれば、友達が心配するのも分かります。亜紀という、アラフォーのリアルな悩みや苦悩、そして喜びが伝わってきて、同じアラフォーとして応援したくなりますね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「恋と人生の大逆転」
亜紀(篠原涼子)は、脚本家の高山(江口洋介)にアラフォー向け恋愛アプリの監修を引き受けてもらうことに成功する。が、年下の恋人・伸治(斎藤工)に振られたショックからは立ち直れないでいた。萠子(吉瀬美智子)とみどり(鈴木砂羽)は、失恋の特効薬は新しい恋だと亜紀を励ますが・・・。(引用元:FOD)

ドラマ「オトナ女子」2話のネタバレ
大崎萌子(吉瀬美智子)と坂田みどり(鈴木砂羽)は、当分恋をしたくないと言う亜紀に、次の恋愛が特効薬だと言う。

偏屈な高山文夫(江口洋介)と、仕事をすることになった亜紀は困り果てていた。

高山に頼まれた荷物を、亜紀が取りに行くと、突然雨が降り出し、最後の1本の傘に手を伸ばすと、同時に傘を求める手が。

同じ方角へ向かうという、その男性と一緒に歩き出す亜紀。

高山と待ち合わせしていたカフェに着くと、その男も同じカフェに用事があると言い、高山の小説の編集者である池田(平山浩行)だと知る。

話の合った亜紀と池田だが、食事に誘われるも亜紀は断ってしまった。

一方、みどりは、息子の個人面談で学校へ。

担任の沢田(千葉雄大)は生徒に慕われる若い教師で、みどりは浮かれてしまう。

萌子が働いている花屋で会った男性とデートをすると聞いた亜紀とみどりが、待っていると、現れたのは社長の栗田(谷原章介)。

社長には変な趣味があるという噂を聞いていた亜紀が、心配して萌子に告げると大丈夫だと言われてしまう。

覚悟した萌子が、栗田の寝室に向かうと、鳥を映したビデオを持って来た。

萌子がその鳥の名を呟くと、栗田は驚きながらも萌子にキスをした。

亜紀は、秋祭りに行こうと池田に誘われ、浴衣姿で出掛ける。

池田に近寄ろうとした瞬間、池田のもとに小さな女の子が駆け寄り、そのあとに来た女性と親しげに話しているのを見てしまい…

ドラマ「オトナ女子」2話の感想
みどりと萌子にも恋の予感ですかね。女は何歳になってもトキメキを忘れちゃいけませんね。社長の栗田の変な趣味が、鳥オタクという展開からの、萌子も鳥に詳しいという、良さげな雰囲気ですね。一方、亜紀は、お祭りに誘われて、浴衣も来てデートを楽しむ予定だったのに、池田は妻子持ちだったのでしょうか?それとも勘違い?気になるところですが、勘違いであってくれればいいなと思います。それぞれの恋の行方が、幸せなものになるといいなと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「不器用すぎる私達」
亜紀(篠原涼子)は、高山(江口洋介)の担当編集者でもある池田(平山浩行)から地元の秋祭りに誘われる。だが、そこで亜紀が見たのは、子連れの女性と仲良さそうに話す池田の姿だった。亜紀は、萠子(吉瀬美智子)とみどり(鈴木砂羽)に、池田は妻子持ちみたいだと報告するが・・・。(引用元:FOD)

ドラマ「オトナ女子」3話のネタバレ
亜紀(篠原涼子)は、池田(平山浩行)を妻子持ちだと思ったのだが、池田から一緒にいたのは妹だと聞かされた。

いい男には裏があると、萌子(吉瀬美智子)は亜紀を心配する。

亜紀が、池田について高山(江口洋介)に聞くと、彼は何かを知っているように笑った。

そして、池田に連れていかれたのは競馬場。

池田がギャンブラーなのではと心配する亜紀に、気晴らしに1,000円だけ賭ける小心者だと言う。

今まで結婚しなかったのは、仕事が忙しく、人と深い関りを持てなかったからだと言い、本当に好きな人が出来たら結婚したいと話す。

翌日、女子会をする3人は、別れたのに亜紀の前に突然現れた伸治(斎藤工)のことを話していた。

池田と亜紀がデートをした帰り、亜紀の家に向かうと、そこに伸治が傷だらけで亜紀を待っていて、仕方なく池田と別れ、伸治の手当てをすることに。

一方、みどり(鈴木砂羽)は、沢田(千葉雄大)のことを盗み見していたが、見つかってしまい、本当はプロのダンサーになりたかったと聞く。

萌子は、亜紀が伸治を家に泊めたことを怒り、目を覚ませと言う。

亜紀の目の前に現れた伸治に、その場を見ていた高山が外に連れ出し何かを言うと、伸治は家を出ていくと言う。

池田に、元カレを家に上げたことを正直に話した亜紀は、池田から結婚を前提に付き合ってほしいと言われ…

ドラマ「オトナ女子」3話の感想
年齢を重ねて、ある程度の経験をしてしまうと、思い切った行動が出来なくなるので、心配してしまう気持ちは良く分かります。池田は本当に信頼しても大丈夫な人なのか。少し心配です。高山が、池田の何を知っていて、何を伸治に話したのかも気になります。それに、高山が亜紀をどう思っているのかも気になります。ダメ男に母性本能で優しくしてしまうのは危険ですね。3人それぞれの恋の行方はこれからどんな展開になるのか楽しみです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「這い上がる40歳!!」
亜紀(篠原涼子)は、高山(江口洋介)の担当編集者・池田(平山浩行)から、結婚を前提とした交際を申し込まれた。それを知った萠子(吉瀬美智子)やみどり(鈴木砂羽)は、体の相性が大事、時間をかけて愛を育む余裕はない、などと勝手なことを言い始める。そんなふたりに対して亜紀は、池田は誠実な人だからゆっくり考えたいと返す。(引用元:FOD)

ドラマ「オトナ女子」4話のネタバレ
池田(平山浩行)との恋が順調な亜紀(篠原涼子)は、仕事も充実している。

萌子(吉瀬美智子)は栗田(谷原章介)にパーティで花屋さんと紹介されたことに怒り、せめて一番になりたいと言う。

みどり(鈴木砂羽)は池田(千葉雄大)のダンスを見に行き、一緒にお酒を飲むことになったが、翌朝、隣で沢田が寝ていて驚く。

池田と箱根へドライブデートに行くことになった亜紀が、待ち合わせの店にいると、高山(江口洋介)が雨が降ると言い、その通り大雨になる。

その雨の中、萌子は栗田のマンションで、栗田を待っていた。

すると、栗田が女性を連れてきて、自分のことを一番好きを言ってくれたのにと問い詰めると、その女性も同じことを言われたと言い、萌子は栗田の頬をたたいて去っていく。

亜紀は、高山と、なかなか迎えに来ない池田を待っていた。

待っている間に、何か作ってくれと頼まれた亜紀は手際よく料理を作り、恋愛について高山と語りはじめ、その恋愛ストーリーで盛り上がっていた。

池田がやってくると、雨で渋滞して遅れてしまったことを詫び、箱根のお土産を亜紀に手渡した。

初めてのデートだからと下見に行っていたのだという。

そして、亜紀は池田に抱きつき…

ドラマ「オトナ女子」4話の感想
亜紀と池田の恋愛がめちゃめちゃ順調すぎて、裏に何かがあるんではないかと疑ってしまいます。初デートだからといって、ドライブの下見に行くなんで、嬉しいけれど、そこまでするかという感じもします。みどりは、池田とお酒の勢いで何かあったのか、何もなかったのか気になりますね。萌子に対する栗田の振る舞いは、ひどいなと思いました。でも、嫌いにはなれないんでしょうね。高山も何を考えているのか良くわからない感じなので、この恋愛関係や人間関係がどうなっていくのか楽しみです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「大人のキス」
亜紀(篠原涼子)と池田(平山浩行)は交際を続けていた。順調すぎで逆に不安を覚えているという池田に、愛とは決して後悔しないこと、前を向くしかないと助言する高山(江口洋介)。萠子(吉瀬美智子)のフラワーショップにやってきた栗田(谷原章介)は、以前付き合っていた女の子から、妊娠したので責任を取ってほしいと言われて困っていると相談する。(引用元:FOD)

ドラマ「オトナ女子」5話のネタバレ
運命の人だと言われ、池田(平山浩行)にキスされた亜紀(篠原涼子)。

一方、萌子(吉瀬美智子)が勤める花屋にやってきた栗田(谷原章介)は、萌子に謝罪した。

亜紀と萌子、みどり(鈴木砂羽)の3人がいつものように集まると、亜紀は、池田とキスしたがしっくりこなかったと言い、みどりは沢田(千葉雄大)と朝まで過ごしたことを打ち明けた。

ある日、みどりは息子の学校に呼び出された。

いじめを受けているかも知れないという沢田の言葉に衝撃を受けるが、沢田は解決すると言い、気付かなくて申し訳なかったと謝罪した。

そして、あの夜には何もなかったと言う。

レンタル彼氏を頼んだ萌子は、栗田に嫉妬させようと、目の前で一緒に食事に行く約束をするが、失敗に終わってしまった。

栗田は、萌子の横にいる男性がレンタル彼氏だと見破り、大人だと思っていたのに面倒くさいことがあるんだと言われてしまい、萌子は落ち込む。

高山(江口洋介)に、池田とのキスについて聞かれる亜紀。

そして、高山は、大人のキスは瞬間的で情熱的なんだと言い、突然、亜紀にキスをする。

そんな高山を、亜紀は突き放して去って行った。

ドラマ「オトナ女子」5話の感想
池田との恋が順調に見えていた亜紀ですが、しっくりこないというのは今後の関係に波乱がありそうですね。みどりと沢田が過ごした夜に何もなかったことことでホッとした様子のみどりでしたが、沢田に恋愛感情はないのでしょうか。萌子は栗田と、まだぎくしゃくしているけれど、レンタル彼氏はまずかったですね。とは言え、大人の恋愛は一筋縄ではいかないもので、いくつになっても恋は不器用なんですね。高山が亜紀にキスした意味は何なのでしょうか。気になりますね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「ついに反撃開始!!」
亜紀(篠原涼子)の会社・フルテージに雑誌の取材が入った。がやってきたカメラマン・里中(前川泰之)は、無遠慮な振る舞いで亜紀たちを困惑させる。そこに高山(江口洋介)から、亜紀に会いたいという連絡が入る。亜紀が高山を訪ねてカフェ『caldo』に行くと、入れ違いで彼はフルテージに現れる。(引用元:FOD)

ドラマ「オトナ女子」6話のネタバレ
亜紀(篠原涼子)の会社に来たカメラマンの里中(前川泰之)は配慮がなく、亜紀は困惑してしまう。

高山(江口洋介)と会うため、カフェに向かう亜紀。

行き違いで亜紀の会社を訪れた高山は、亜紀の部下に、この前は誤作動を起こしたと伝えてほしいと言い、それを聞いた亜紀は憤る。

息子のポケットから現金を見つけたみどり(鈴木砂羽)は、追及するが息子は答えない。

そこに沢田(千葉雄大)から電話があり、相談すると、一緒にその店に行こうと言うが、みどりは断った。

萌子(吉瀬美智子)のもとに現われた、レンタル彼氏の田代(丸山智己)。

田代は、嫌がる萌子に話しかけ、それを見た栗田(谷原章介)は、萌子をホテルに連れて行き、その場で萌子以外の女性たちに別れを告げるメールを一括送信した。

池田(平山浩行)から別れを告げられてしまった亜紀は、気丈に振る舞ったが、その後、居酒屋で飲みつぶれてしまう。

そこに里中が来て、亜紀を襲おうとした。

抵抗する亜紀に、出し惜しみする年じゃないだろうと里中は言い、亜紀はいつまでたっても女は女だと行って店を出た。

みどりは1人で、名刺の店へ。

そして、息子が家計のためにバイトをしてたと知る。

里中は、亜紀が誘ってきたという写真付きのメールを会社に送りつけ、亜紀は栗田からしばらく仕事を休むよう言われてしまう。

1人で温泉に行き、泥酔して眠っていた亜紀のもとに、心配した高山がやって来て…

ドラマ「オトナ女子」6話の感想
波乱の展開でしたね。やっぱりうまくいかなかった亜紀と池田ですが、別れを告げられるとダメージは大きいですよね。そこに付け入ろうとする里中はクズだなと思いました。しかも、会社にメールを送りつける悪質ぶり。萌子と栗田は、前回から状況が変化しましたね。萌子を本気で好きになったのでしょうか?みどりと沢田の関係も今後どうなるのか気になるところですが、何と言っても高山が亜紀のことをどう思っているのかが気になります。オトナ女子も面倒ですが、オトナ男子も面倒ですね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「負け女からの逆転」
亜紀(篠原涼子)を心配して温泉宿まで駆けつけた高山(江口洋介)。酔って寝ている亜紀を見て、そのまま立ち去ろうとするが・・・。翌日、萠子(吉瀬美智子)と電話をした亜紀は、高山が亜紀のメッセージを見て店を飛び出して行ったことを聞く。亜紀は、駆けつけてくれたと聞いた、と高山を問いただすも・・・。(引用元:FOD)

ドラマ「オトナ女子」7話のネタバレ
高山(江口洋介)が、亜紀(篠原涼子)を心配して旅館に向かったことを萌子(吉瀬美智子)から聞いた亜紀。

亜紀は、経理部に異動になり、新しい部署での仕事を頑張り始めた。

みどり(鈴木砂羽)に沢田(千葉雄大)から連絡があり、次男が年上の女性とラブホテルに入っていったと知る。

次男を問い詰めると、その女性を好きだという。

そのことを沢田に言うと、みどりは沢田に告白される。

嫌いではないけれど、大切なのは子供たちだというみどりに、それでもいいという沢田。

会社にメールを送ったのが、橘だと聞いた亜紀が、橘を問い詰めるが、しらを切られてしまう。

橘は、亜紀に偽善者だと罵り、おばさんになれと言うが、亜紀は若さに張りえないからこそ大人の魅力を持っていたいのだと答える。

そこにやってきた栗田(谷原章介)が、何かあったのかと尋ねるが、亜紀は何でもないと言う。

その後、元の部署に戻ることが出来た亜紀。

亜紀を担当に戻してほしいと高山が言ったのだった。

仕事が終わり、高山のもとに向かう亜紀だが、散歩に行ったと言われ探しに行くことに。

高山を見つけ、駆け寄るとつまずいてしまい、それを高山が抱きとめた。

離れようとする亜紀を、もう一度抱きしめる高山は…。

ドラマ「オトナ女子」7話の感想
逆境に苦しみながらも、言い訳することなく頑張る亜紀はすごいですね。女の子の部分を持ちながら、大人であろうとするのは見ていて共感できます。みどりと沢田の恋も、子供が大切だと言われてもそれでもいいと言う関係は素敵だなと思いました。高山はやはり、亜紀が好きなんでしょうね。一緒にいて、お互いが自然でいられるのはとても大切だと思います。でも若い時のように突っ走れる勢いのないオトナ女子のもどかしさを感じました。みんな幸せになれるといいなと思います。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「二人きりの夜」
亜紀(篠原涼子)は、高山(江口洋介)らの助力もあってモバイルコンテンツ部への復帰を果たす。亮介(吉沢亮)も、社長の栗田(谷原章介)に何度も亜紀の復帰を訴えていたらしい。そこに美和(市川実和子)がやってきて、仕事を辞めようと思っていると言い出す。(引用元:FOD)

ドラマ「オトナ女子」8話のネタバレ
元の部署に戻れた亜紀が仕事に打ち込んでいると、部下の工藤(市川美和子)から結婚したいから退職したいと言われ、考え直すようにと言う。

高山(江口洋介)はジャズが好きな亜紀のためにチケットを用意し、プレゼントする。

苦労して手に入れたチケットであることを店のマスターに聞いた亜紀は微笑んだ。

萌子は、栗田(谷原章介)と別れたことを、母に責められるが、そこに田代(丸山智己)が現われて仲裁に入った。

萌子の母は田代のことを気に入ってしまう。

沢田(千葉雄大)に呼び出されたみどり(鈴木砂羽)は、教頭にいじめはなかったと言われ、怪我をさせた両親からの見舞金を手渡されるが、みどりは馬鹿にするなと出ていく。

高山と2人でコンサートに出掛けた亜紀だが、途中で工藤から電話が入り、亜紀は工藤のもとへ。

道で座り込んでいる工藤を亜紀は抱きしめる。

工藤は、栗田に会うのが辛いから会社に行きたくないという。

家に帰った亜紀が、電話で工藤に謝ると、高山は店でずっと亜紀を待っていたと知り、亜紀は店に向かう。

すっぴんを隠すためにマスクをしていた亜紀に、なぜ隠すのかと高山は問う。

亜紀が自信がないからだと言うと、高山はしわやシミは勲章で、亜紀のすっぴんは悪くないと言う。

高山は亜紀を車で送るが、亜紀が部屋に戻るとすぐインターホンが鳴った。

ドアを開けると高山の姿があった。

そして、どうしても会いたくてと部屋に入ってくるのだが…。

ドラマ「オトナ女子」8話の感想
亜紀と高山の恋が、大人ゆえに素直になれないもどかしさもありつつ、距離が縮まっていく様子が切なくも面白く、共感できます。別れた後すぐに会いたくなって亜紀のもとへくる高山にキュンとします。栗田に捨てられてしまった工藤も、微妙な年齢でいろいろと思うことがあるんだろうなと思います。強い大人の女であろうと、社会の中で頑張る女性たちの中にある少女の部分がよくわかり、応援したくなります。全員が自分の思う通りの幸せを勝ち取るわけではないのだけど、報われるといいなと思います。萌子とみどりの恋愛がこのあとどうなっていくのも気になりますね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「輝くキス」
亜紀(篠原涼子)のマンションに、いきなり高山(江口洋介)がやってくる。応対した亜紀に、「会いたくて・・・」という高山。亜紀は、戸惑いながらも高山を迎え入れるが・・・。萠子(吉瀬美智子)は、店にやってきた母・絹江(朝加真由美)に、ひとり暮らしをするために部屋を借りようと思っていることを告げる。(引用元:FOD)

ドラマ「オトナ女子」9話のネタバレ
高山(江口洋介)が亜紀(篠原涼子)の部屋にやってきてキスをする2人。

しかし、部屋にゴキブリが出て、大騒ぎになりゴキブリを退治した高山は帰っていく。

萌子(吉瀬美智子)は1人暮らしをしたいと母に話す。

自分を捨てるつもりなのかという萌子の母。

別れた女性からネットで悪口を書かれてしまう栗田(谷原章介)だが、そのくらいされても仕方がないのだと秘書に言う。

花を注文した栗田は、その花を持って来た萌子にもう一度やり直したいと言うが、萌子は1人で生きていくと決めたと告げる。

田代(丸山智己)と食事をすることになった萌子は、1人で生きていくと決めたらすっきりしたと言うが、そんな萌子に田代はプロポーズをする。

息子に怪我をさせた相手の家に向かうみどりは、お金目当てで来たと思われてしまい、絶対に息子は守ると怒る。

恋愛アプリの開発が成功し、打ち上げに高山を誘う亜紀。

仕事でなかなかやってこない高山を亜紀が1人で待っていると、部下の前川(吉沢亮)に突然告白される。

その様子を高山に見られてしまい、亜紀は高山を追いかける。

高山の不機嫌さをからかう亜紀。

そして2人は、亜紀の部屋へ。

翌朝、朝食を作ってくれた高山に、幸せを感じる亜紀。

ある日、高山を待つ亜紀は、パソコンの横にある小説を見てしまう。

小説には亜紀のことが書いてあり、帰ってきた高山をひっぱたくと店を出て行く。

居合わせた、池田(平山浩行)に抱きしめられる亜紀だが…

ドラマ「オトナ女子」9話の感想
亜紀と高山が順調な恋愛をしているように思っていたのですが、小説のネタに高山が近付いているんでしょうか。初めはそうだったとしても、今は本当に亜紀のことが好きであって欲しいと思いますが、亜紀としてはショックだったと思います。高山がこのあと亜紀に対してどう出るのか気になります。1人で生きると決めた萌子の清々しい表情には強さを感じました。萌子がどんな答えを出すのでしょうか。みどりも母親としての強さがありますね。沢田とうまくいって欲しいなと思います。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「これが私の生きる道」
亜紀(篠原涼子)は、高山(江口洋介)が執筆していた小説を偶然読んでしまい、大きなショックを受ける。そこには、高山と出会ってからの亜紀のことが綴られていた。池田(平山浩行)は、泣きながらカフェ『caldo』を飛び出した亜紀の姿を見つけ、彼女を追いかける。しかし亜紀は、何も話そうとはしなかった。(引用元:FOD)

ドラマ「オトナ女子」10話のネタバレ
亜紀(篠原涼子)のことを小説にしたことを許してほしいと言う高山(江口洋介)に、亜紀は人の気持ちが分からない人だと突っぱねて、その場を去っていった。

亜紀を、友達として食事に行こうと誘う池田(平山浩行)。

萌子(吉瀬美智子)は田代(丸山智己)に呼び出され、店に行くと母親がいた。

母と話をすることが出来た萌子。

池田は、亜紀にもう一度付き合ってほしいと言うが、亜紀は断る。

その帰りに高山に会った亜紀は、小説を手渡され、亜紀の許しがなければ世には出さないと言う。

絶対読まないと亜紀が言うと、高山は小説を投げ捨てる。

そして、亜紀がいたから小説が書けたと言い、好きでもない相手を毎日考えて書くことなんて出来ないと話す。

捨てられた小説を拾い、読んだ亜紀は、高山に会いに行き、小説を出してほしいと言う。

そして2人で、小説の手直しをすることになった。

小説の出版パーティで、女性の心情が良く表れていると好評だと池田(平山浩行)に言われ、帰り道に亜紀は、これからも高山に好きでいてもらえるよう、いくつになっても綺麗でいたいと話し、2人はキスをするのだった。

ドラマ「オトナ女子」10話の感想
不器用な高山と亜紀がようやく結ばれて、良かったです。年齢を重ねることで、経験を重ね、なかなか素直になれなくなるけれど、いくつになっても恋することは素敵なことなんだなと思いました。自分なりの幸せのなり方を見つけるのはとても難しいことだけど、3人それぞれの生き方には共感できました。もう年だからと悲観することなく、誰かを愛する気持ちや、いつまでも自分らしく輝くことが大事なんだと気付かせてくれるドラマでした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、FODプレミアムなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「オトナ女子」の概要

いくつになっても“女子”でありたい。

“オトナ”になっても“女子”であることを諦めない。

仕事も恋も経験してきたけれど、まだ本当の相手に出会えていない。

木曜劇場『オトナ女子』は、本当の幸せを探し続ける40歳の女性3人が、だめな男に振り回されながらも時に傷付け合い、励まし合いながら、“幸せ”をつかむべく、奮闘していく物語。(引用元:FOD)

ドラマ「オトナ女子」の出演者、放送情報

中原 亜紀:篠原涼子
大崎 萠子:吉瀬美智子
坂田 みどり:鈴木砂羽
栗田 純一:谷原章介
高山 文夫:江口洋介

主題歌:「花束」中島美嘉

制作:フジテレビ

放送:2015年

ドラマ「オトナ女子」の見どころ

なんといっても豪華なキャストが見どころの「オトナ女子」。

主演の篠原涼子始め、オトナの女子会メンバーに吉瀬美智子、鈴木砂羽をキャスティング。

男性陣には江口洋介、谷原章介、千葉雄大、平山浩行、さらに斎藤工や吉沢亮と、イケメン俳優が勢揃い!

アラフォーという年頃ならではの恋愛や人間模様を描いた作品で、女子たちの関係性がリアルです。

亜紀(篠原涼子)と高山(江口洋介)の掛け合いが面白く、2人が惹かれ合っていく物語後半は胸キュンが止まりませんよ♪

亜紀が飼っている猫のちくわちゃんが可愛くて、癒やされます。

萠子(吉瀬美智子)とみどり(鈴木砂羽)の恋の行方も気になりますね。

同世代ならきっと共感できる、オトナのラブストーリーです!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「オトナ女子」の感想

40代男性
篠原涼子演じる亜紀、結構多方面からモテてたけど綺麗だし納得。江口洋介演じる高山の愛すべきキャラっぷりも良かった。高山が自身の気持ちに気付いてからの展開が最高でした。亜紀の友人二人の恋は、結末がはっきりとは描かれなかったけど、いずれも地に足のついた生き方を選択したような感じで、良いラストだったと思います。あとちくわがカワイイ。
40代女性
亜紀の同僚女子達がリアルすぎてちょっと怖かったです。20代の若さではアラフォー女性の奮闘する姿を痛々しく感じるんでしょうが、あんなふうに陰口を叩かれるのは身につまされます。でも、最後は亜紀がちゃんと幸せになれてホッとしました。世のアラフォー女性たちよ、勇気と自信を持て!と背中を押してもらえた気がします。
30代女性
江口洋介さん演じる高山文夫というキャラクターに惚れました!偏屈ですぐに篠原涼子さん演じる亜紀と言い合いになるところも、亜紀をよく見ていて、彼女を心配し駆けつけるところも、むちゃくちゃカッコいいです。後半の盛り上がりはまさしく恋愛ドラマの真骨頂といった感じで、何度観てもときめきが止まりません。亜紀の友人の恋バナをカットしてもいいから、主人公2人の恋をもっと沢山観たかったです。

まとめ

以上、篠原涼子主演のドラマ「オトナ女子」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

年齢を重ねても女子であることを諦めず、恋や仕事に一生懸命な現代アラフォー女性像をリアルに描いた本作。

3人の異なるタイプの女性達が、いくつになっても輝けることを教えてくれます。

最近胸キュン不足、という方にオススメです!

FODプレミアムでオトナ女子の動画は全て無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴