ドラマ|乃木坂シネマズSTORY of 46の動画を無料で見れる動画配信まとめ

2020年1月〜2020年3月まで乃木坂46主演で放送のドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」

まずFODで2019年12月から2020年2月まで先行配信された1話完結のオムニバスドラマで、乃木坂46の人気メンバー10人が各話の主演を担当!

期待の若手クリエイター10人が各話の監督・脚本を担当した意欲作です。

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムの無料期間を利用すると、ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」(略称:乃木シネ)の動画を無料視聴する方法

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムは通常月額888円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:FODプレミアム)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」に出演している乃木坂46メンバーの出演作品

  • 悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46
  • 残念な夫。
  • 指原議長とアイドル国会

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
1ヶ月間無料で動画視聴

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」(略称:乃木シネ)の動画まとめ

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」は、FODプレミアムで全話無料視聴できます

(画像引用元:FODプレミアム)

FODプレミアムは2週間無料お試し期間があります。

第1話「鳥,貴族」   
人間と鵜人が共存している世界。衣装デザイナーのミトラ(齋藤飛鳥)は街の片隅にある古いドールハウスで、人形に伝統柄を刺繍する鵜人・ムギと出会う。その美しさに魅了されるミトラ。(引用元:フジテレビ公式)  

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」1話のネタバレ
このファンタジーの世界では鵜人と呼ばれる種族と人間とが共に存在している。

ある日、衣装デザイナーをやっているミトラ(齋藤飛鳥)は伝統柄を刺繍する鵜人・ムギ(栗原類)と街のはずれにある古いドールハウスで出会う。

ムギの世界観の美しさに惹きつけられながら、ムギが手がける新しい人形の服のスケッチを見たミトラも影響され、自分も作品を作りたくなってくるのである。

だがこの世界では鵜人は人間から差別されており、その反抗する鵜人の一部によるデモが勃発し始めていた。

ミトラも初めは異様な姿のムギを厭わしいと思っていたが、美しい人形の世界を作り出すムギを見るうちに心を開いて行くのであった。

そんな中ミトラはムギに一緒に衣装を作ろうと提案するのだがムギは言葉を詰まらせる。

世の中では鵜人の芸術などに対する規制法案が可決され、さらに人間と鵜人との関係が悪化。

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」1話の感想
FOD限定で乃木坂46のメインメンバーが主人公を演じるオムニバス形式のドラマで、これが第1話。 第1話の魅力は『齋藤飛鳥』が出ている事。 そしてこのストーリーに出てくる鵜人とはどういう存在で、何故に迫害されているのかなど全く説明がないままに進んでいきます。ファンタジーが苦手な人には説明もないので世界に入り込むには難しいかもしれません。 そして薄暗いシーンも多く見づらいですが、世界的に評価されている映像監督さんなのできっと狙っての事でしょう。私はファンタジーやSFは苦手なので、ストーリーは難しかったですが、齋藤飛鳥は可愛かったと思います。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「Perfect I/パーフェクトアイ」   
2040年、テクノロジーの発達した東京。黒縁メガネで地味な恰好の内気な大学生・夏海(秋元真夏)は、友人の由佳に誘われてクラブへと向かう。そこで、明るい青年・拓也と出会う。(引用元:フジテレビ公式)  

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」2話のネタバレ
時は2040年、今からもう少し時代が進んでおり東京でもテクノロジーが更に発達していました。

主人公となるのは夏海(秋元真夏)、内気な大学生です。黒ぶち眼鏡をかけて格好も地味目です。

今やってきているのはクラブ、友人の由佳に誘われたのでした。

そこで出会ったのは拓也、夏海とは対照的な明るい青年です。

彼はバーチャルリアリティーゲームのPerfectⅠを進めてきました。

断り切れず試してみることに、怪しげな錠剤も口にすることとなります。

PerfectⅠの中で夏海は理想の自分を手に入れます。普段の姿はどこへやら、ゲーム内ではすっかり積極的な性格になっています。

そして錠剤の力もあったのか、夏海は次第に現実と仮想空間との境目があいまいになっていくのを感じるのです。

もう一度夏海に戻ってくることが出来るのか、拓也から勧められたこのゲームと錠剤はいったい何なのでしょう。

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」2話の感想
2040年、ほんのわずか後の世界です。でも今のテクノロジーの発達は目まぐるしいものがあります。すでにバーチャルリアリティーとかは確立してきているのでこんな世界もやってくることでしょう。そこで心配になるのがこのストーリーと同じく現実と空想の境界線、普段は内気で地味でという状態だと仮想空間こそを求めていきたくなる気持ちも分かります。でもそれは本当に良い事なのでしょうか。怪しげな薬の効果もあるのでしょうか。麻薬でもやっているように中毒化しないことを願います。本当の未来の世界はいったいどうなっていくのでしょう。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「超魔空騎士アルカディアス」   
ゲーム会社の営業として働くサユリ(松村沙友理)は、仕事もプライベートも何か満たされないモヤモヤする毎日を送っていた。ある日、行きつけのバーで理想の相手に出会えるという不思議な本を渡される。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」3話のネタバレ
サユリ(松村沙友理)はゲーム会社の営業マン、バリバリと働きつつもどこか仕事でもプライベートでも満たされないモヤモヤを抱えていたのでした。

そんなある日、行きつけのバーで不思議な本を渡されました。

それによると、ある儀式を行えば理想の相手と出会うことができるというのです。

もちろん半信半疑のサユリ、ですがせめて素敵な彼氏を見つけてプライベートは充実させたいもの・試してみることにしました。

その翌朝、目を覚ました彼女の前には巨大な紙に描かれた騎士が立っていたのです。

その名は超魔空騎士アルカディアス、中学時代にサユリは理想の男性像をすべて詰め込んで漫画を描いていましたがその主人公が彼だったのです。

つまりは理想の相手と出会えるという儀式は成功だったのです。

とはいえ紙に描かれたような姿で出てこられてもどうしようもなし、むしろ迷惑に思う彼女も次第に心情に変化が現れてきます。

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」3話の感想
取り合えず仕事もやっているしプライベートで困ったことは無し、でもなんだか心が満たされずモヤモヤしていて・そんな子はきっとたくさんいることでしょう。夢見ているのは素敵な相手との結婚でしょうか、だからこそ半信半疑ながらも理想の相手と出会えるという儀式を行ってしまったのです。そんな彼女の前に出てきたのがまさか紙のままの姿の騎士だとは完全に予想外でした。現代世界に騎士が現れてもまた厄介ですが、紙の状態は特に困ります。それに中学時代の絵がそのまま出てくるのも痛い。何度も恥ずかしい想いをさせられて、ただの拷問です。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「民主主義定食屋」   
とある街にある一軒の定食屋。店名を「民主主義定食屋」という。この定食屋、ちょっと変わった注文方法を採用している。それはお客が食べたいものを、店内にいるみんなの多数決によって食べても良いかを決めること。(引用元:フジテレビ公式)  

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」4話のネタバレ
とある街にある一軒の定食屋さん、美月ちゃん(山下美月)はそこで働く看板娘です。

お店の名前は「民主主義定食屋」、その名の通り店にいるお客さんたちみんなの多数決によって食べられるものが決められるのです。

ただ注文するだけでは駄目、多数決で過半数を得られなければお金を持っていても欲しいものが目の前にやってくることはありません。

面倒かもしれませんがそれがこのお店の注文スタイル、嫌なら入らなければ良いだけです。

そんなお店に今日は開店前から重大なトラブルが発覚してしまいました。

しかも強盗事件の犯人がこの近くを逃走中であるというニュースも流れて、いつもと違って大騒動となりそうな予感なのです。

果たして民主主義定食屋の運命はどうなってしまうのでしょう。

刻々と招かざる客の気配が近づいてきます。開店準備にいそしむ美月ちゃんはまだ気が付いていません。

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」4話の感想
せっかくお店に入ったならば好きなものを食べたい、優柔不断でいつもどれが良いかメニューを眺めて迷いまくる人には勝手に決めてもらえるこちらの注文スタイルはらくちんかもしれませんが大抵の方は嫌でしょう。なぜこんな風になったのか・よくぞこれまでトラブルなく続いてきたものと感心してしまいます。そんなお店で問題発生、といっても開店前のことのようでいったい何が起こっているのでしょう。強盗事件の犯人も近づいてきているようですし、こちらも心配です。メニューだけでなく強盗犯の処遇についても民主主義で決めるのでしょうか。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「結道」   
世界的に女性の地位が向上し、女性が男性を引っ張る時代。日本もまたその例外ではなかった。
そんな世の中にどこからともなく現れた芸道。それが結道(ゆいどう)。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」5話のネタバレ
ピンチになったら男性ヒーローが救ってくれる・女はただ黙って待っていればよいだけ、そんな時代は終わりました。

女性の地位が向上、今や世界的に見ても女性が男性を引っ張る時代です。

それは日本でも例外ではありません。そんな中で結道というものが広がりを見せています。

男性をターゲットにどれだけ相手を魅了できるか・告白を成功させるにはどうすればよいか、わざわざルールが設けられてれっきとした競技となったのです。

工藤さき(北野日奈子)もまたそんな結道を学ぶ中の一人でした。

花瀬高校結道部、彼女らメンバー4人は学校近くの沖縄料理屋さんを部室代わりにして活動をしていたのです。

そしてついに都大会の決勝まで上り詰めたサキ達の次の目標は全国大会出場です。

親友の麻耶の想いも背負い頑張ります。サキたちは全国を制することができるのでしょうか。

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」5話の感想
女性が男性を引っ張る・地位が向上とすでに現実世界でもその状態に近づいてきている気はします。そんな中で生まれた新たな芸道の結道というのがおもしろい、部活ではどのような活動を行っているのでしょう。男性を魅了し告白を成功に導く、ノウハウを学んでみたいものです。ただ部室はなく正式な部活動では無いよう、さすがに高校生がデートの成功とかを目指す部活を行っているのは外聞が悪いのでしょうか。とはいえ都大会の決勝までとはかなりの成績、このまま全国大会でも他に負けず優勝を目指してもらいたいです。ただそのためにどのようなトレーニングをするのか見てみたいです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「納品ウォーズ」   
今夜放送のテレビ番組を納品すべく編集作業を進めるタイラたち。後は完成したテープをテレビ局に持っていくだけの簡単な作業のはずだったが、何者かに襲われテープを奪われてしまう。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」6話のネタバレ
タイラたちは大忙し、なにしろ放送は今夜です。そこで使われるテレビ番組を納品しなければならないため、編集作業に負われていたのです。

ようやく完成したテープ、後はそれをテレビ局に持っていけばよいだけです。

簡単な仕事だったはずなのにそのテープが何者かに奪われてしまったのですから大変です。

タイラたちは思わず頭を抱えてしまうのえした。そんな彼らの前に現れたのはADの凛子(堀未央奈)です。

彼女はなんと時給6千円・スーパーADと名高い女性だったのです。

さっそくテープを運ぶ凛子、彼女の前には次々と刺客が現れます。

でも鍛え抜かれた身体を持つ凛子は大丈夫、武道を駆使して次々と相手を倒していきます。

そして待ち受ける黒幕はツジ、対決する中で凛子の過去が明かされていきました。

凛子の正体とは、そして無事テープを運ぶことが出来るのでしょうか。

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」6話の感想
時給6千円、どれだけスーパーな人物かが分かります。ただ次々と現れる刺客と戦わなければならないのですから命の保障はありません。どれだけお金儲けができるとは言え、このお仕事は大変そうです。今夜放送のテレビ番組の編集作業をその日のうちに、かなり切羽詰まっています。ギリギリに納品なのも刺客を欺くためなのか、いったいどのような番組なのかも気になります。もしも届けられなければ30分なり1時間の空白の時間が出来てしまいます。無事届けることはできるのでしょうか。スーパーADに毎度任せるのも大変、パソコンでデータで送ってなんてことはできないものなのですか。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「嗚呼!素晴らしきチビ色の人生」   
「顔・顔・顔」三拍子揃った女子高生・戸田ユーキ(与田祐希)の特技は「〇〇(※規制音)」。将来有望で誰もがうらやむ素晴らしきバラ色の人生を爆走中!…のはずだった。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」7話のネタバレ
戸田ユーキ(与田祐希)は女子高生、ごく普通のというわけではなく「顔・顔・顔」と三拍子そろっていました。

そんな彼女の特技は「●●(規制音)」というわけで将来も有望・誰もがうらやむ素晴らしい人生は正にバラ色で、パーフェクト女子高生だったはずなのです。

それなのになんとクラスメイトの男性に振られてしまいます。

「ちびとは付き合えない」というのが理由、そんな彼を攫っていったのは「●●」でありながら高身長・スタイル抜群とユーキ以上に完璧な親友でした。

唯一ともいえるコンプレックスの「ちび」が原因で好きな人に振られてしまった、敗北した彼女は大好きだった「●●」さえやめてバラ色の人生はメッタメタに破壊されてしまっています。

次に選んだのは「インフルエンサー」として生きていく道、そこにこれまでの想いをすべてぶつけることにしたのです。

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」7話の感想
上には上がある、「顔・顔・顔」と三拍子揃っているのであれば言うことなしの気がしますが唯一の弱点で本当に好きな人をゲット出来ないのであれば意味が無いのです。女の子だと低身長の方が可愛らしいのに振った彼は勿体ないことです。そのために〇〇までやめてしまうなんてもったいない、というか〇〇っていったい何なのでしょう。規制音無くしては語ることが出来ない趣味・特技が気になります。そんなのを持っていることもマイナス、思い切ってやめて正解かもしれません。そうして思いっきりの方向転換でインフルエンサーとなったユーキ、どのような未来が待っているのでしょう。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「ツダモモエ」   
銀行員として働いているツダモモエ(生田絵梨花)、23歳。特技はピアノとイリュージョン。彼女は、自分の採用試験の時に面接官をしていた男性に、一目ぼれをし、それから一年以上、密かに彼を想い続けてきた。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」8話のネタバレ
主人公はツダモモえ(生田絵梨花)23歳、銀行員です。特技はピアノ・そしてイリュージョンなのです。

そんな彼女、ある男性に恋をしていました。相手はなんと自身の採用試験の際の面接官、思いっきり一目ぼれでした。

それからすでに一年以上経っていますがいまだ片思い、ただひそかに彼を想い続ける毎日だったのです。

そんな彼女も明日で24歳に、誕生日には好きな人と海に行きたいという夢を持っていました。

とはいえ彼に対して今までアプローチしてきたことはありませんし、大先輩ですから恐れ多くて近づくことだって出来ていません。

今更ながら明日という期限は直近すぎるでしょう。

それでもツダは様々な手段を駆使して自由奔放に振る舞います。

夢をかなえるためにどのようなことを行うのか、波乱の誕生日が幕を開けようとしています。

ピアノとイリュージョンだけが趣味の彼女の未来とはいかにです。

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」8話の感想
緊張感たっぷりの就職面接、まさかそこで一目ぼれするとはかなり余裕すぎます。新卒の彼女と違って相手はすでに面接を任されるような身、地位は大きく開いているのですが勝算はあるのでしょうか。好きな人と誕生日を迎えたいという気持ちは分かりますが、なぜ海なのでしょう。その夢かなうと良いものです。銀行で働くピアノが趣味の女性というとお嬢様といった印象ながら、もう一つの特技であるイリュージョンというのも気になります。どの程度の腕前なのか、夢のために役立つとしたらどのように関わってくるのかなどとても気になります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「脆弱性」   
2026年。世界のアンドロイド・AI技術はめまぐるしい発展を遂げ、各国の開発競争は激化、もはやアンドロイドなしの生活が想像できない程、必要不可欠な存在になっている。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」9話のネタバレ
時は2026年、世界ではアンドロイド・AI技術が目まぐるしく発展を遂げていました。

それぞれの国で開発競争も激化しています。

もはやアンドロイドなしの生活など想像できない、それほど必要不可欠な存在となっているのです。

日本はどうかというと、東京オリンピックの後に不況が訪れたことで開発競争に後れを取ってしまっていました。

しかしようやく官民共同開発により最高峰のアンドロイドが発売されることとなったのです。

それは世界のアンドロイド市場を席巻するほどのもの、だからこそ世界中のメディアもこぞってこのニュースを取り上げています。

大型ビジョンからもそのアンドロイド関連のものが絶えずひっきりなしに流れていて、それをぼんやりと眺める女性がいました。

彼女の名前はメシア(久保史緒里)、人間ではありません。彼女が乗っているのはパトカーの中、その正体はアンドロイドなのです。

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」9話の感想
今よりも少し後の時代、AI技術が更に発展を遂げてというのは納得できる未来です。アンドロイド無しだと生活できなくなっていて、それはドキドキすると同時に不安ももたらします。人間は機会に支配されることなくやっていけるのでしょうか。もう一つ不安なのがこちらの作品での日本の不調、オリンピックまで開いておきながらなぜ不況がもたらされているのでしょう。それでも世界の市場を席巻するような作品が出来て良かった、AI技術の高さでもナンバーワンを続けてほしいものです。そのニュースをぼんやりと眺めているパトカーの中の女性こそがそのアンドロイドなのでしょうか。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「街の子ら」   
ある日の夜、由梨(白石麻衣)はタクシーで帰宅していた。すると運転手が助手席に子供を連れていることに気がつく。「預けるとこがなくて、連れて仕事をしてるんです」「でも、子供乗せてるところバレたら首なんです」という運転手だが・・・(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」10話のネタバレ
ある日の夜の町、由梨(白石麻衣)はタクシーで帰宅しているのでした。

そのタクシーはなぜか助手席に子供が乗っているのです。

それは運転手さんの子供のよう、「預けるところが無いので仕方なく連れたまま仕事をしているのです」と言ってきます。

もちろん仕事に子供同伴なんて問題外、今の状態を職場に知られたら首になってしまうようです。

大変さは伝わってきますし子供は可哀そうですがよそ様の事情、由梨としてはそれほど関心が向く内容でもありません。

気の無い反応を繰り返す彼女でしたが、運転手はやたらと話しかけてくるのです。

やがては会社に一度戻ってくる数時間だけでいいので子供の面倒を見てほしいとまで強引なお願いをしてくるのでした。

怪しげな口調に不安感も覚えていた由梨、仕方なく願いを聞くことにします。取り合えず一緒に水族館に行くことにしたのです。

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」10話の感想
預けられないからと釣れたままでお仕事を、コロナ中だと会社に連れてくることなどはあったかもしれませんがタクシーの助手席というのは聞いたことがありません。でも確かに当てがないのならばそうするしか無し、大変です。子供もずっと車に乗せられたままは疲れることでしょう。会社に戻る時間もそのまま連れて行ったら首に、とはいえお客に預けるとはかなりの度胸です。たまたま乗車させただけでどんな人物かもわからず、それくらいなら図書館などで待たせておいた方がよいのではと思えるのですがそれだけ切羽詰まっていたのでしょうか。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、FODプレミアムなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」の概要

白石麻衣、齋藤飛鳥をはじめとした乃木坂46の人気メンバー10人が、それぞれ1話ずつ主演をつとめる全10話のオムニバスドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」

監督には、有名アーティストを多数手がけるミュージックビデオの監督や、カンヌでグランプリ受賞経験のあるCM監督、世界中の映画祭で受賞する若手映画監督など気鋭の映像クリエイター10人が、それぞれ1話ずつを担当。

アクション、SF、恋愛、コメディー、ファンタジーから本格的な人間ドラマまで様々なジャンルに乃木坂46のメンバーが挑戦する!(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」の出演者、放送情報

ミトラ:齋藤飛鳥
夏海:秋元真夏
サユリ:松村沙友理
美月:山下美月
工藤さき:北野日奈子
凛子:堀未央奈
戸田ユーキ:与田祐希
ツダモモエ:生田絵梨花
メシア:久保史緒里
由梨:白石麻衣

主題歌:光「Thinking Dogs」

制作:フジテレビ

放送:2019年

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」の見どころ

今作は、ミュージックビデオやCM、映画等で精彩を放つ、若手クリエイター10人が1話ずつ監督及び脚本を務め、各話の主役を乃木坂46の人気メンバーが演じるという、斬新な全10話のオムニバス作品です。

ジャンルは様々で、SFやアクション、ファンタジー、恋愛、コメディーetc…。

それぞれの作品に新進気鋭の監督のセンスが散りばめられ、乃木坂メンバーの魅力や個性を引き立てています。

彼女たちの知らなかった一面が発見できるかも!?

独特の世界観を醸し出している作品が多く、舞台設定のアイディアは非常に興味深いです。

なんと言っても、こだわりを持って作られた映像美は必見です!

乃木坂ファンならずとも、きっとお気に入りの作風が見つかるはず。

\今すぐ動画を無料視聴する/
1ヶ月間無料で動画視聴

ドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」の感想

20代女性
乃木坂46のメンバーそれぞれが主役を演じるオムニバスドラマ。監督も役者もそれぞれ違うので主演の乃木坂メンバーを生かすの殺すのも監督次第。うまくマッチングしたなと思うのは生田ちゃん。シュールなドラマが得意な山岸聖太さんの世界観とマッチしていた。やはりミュージカルもやっていたのもあるのか演技はうまいと思う。また、白石ちゃんもよく他のドラマで見るがこの子もうまい。だがもっとこの作品は長く見たいとか、10分くらいのショートムービーでもよかったのではと作品により差が出てしまった。
30代女性
普段はアイドルの乃木坂のメンバーが一人ずつ女優の顔になってる〜。オムニバスだから、盛りだくさんで楽しめる感じがとても良かったです。私はやっぱりまいやん推しかな〜。なんかふっと消えてしまいそうな柔らかさがありながら、自然な演技がとても良かったです。乃木坂ファンはこのドラマは保存版です!!
30代女性
監督も主演も1話ずつちがうから、なんか全然違うドラマとして楽しめました。でもストーリーをたのしむというより、やっぱり乃木坂の観賞用って感じですね。画面が幸せでいっぱいでした。普段は歌って踊る姿しか見れないけど、コメディタッチからシリアスな演技までいろいろ盛りだくさんで楽しめました。

まとめ

以上、乃木坂46主演のドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

若手クリエイターと乃木坂46メンバーとのタッグで、不思議な世界観に浸ったり、人間模様に笑ったり泣いたり。

各話、主演と監督の個性が光り、最後まで楽しめる作品となっています。

FODプレミアムで乃木坂シネマズ~STORY of 46~の動画は全て無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
1ヶ月間無料で動画視聴