ドラマ|未解決の女 警視庁文書捜査官2の動画を無料で見れる動画配信まとめ

2020年8月〜9月まで波瑠主演で放送のドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」

本作は木曜ドラマ枠として好評を博した、大人気「未解決の女」シリーズの第2弾!

熱い女刑事を波瑠が、頭脳派刑事を鈴木京香が熱演、クールに爽快に難事件を解決していきます!

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」の動画は、TELASAで見放題配信中です。

TELASAの無料期間を利用すると、ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」の動画は、TELASAで見放題配信中です。

TELASAは通常月額618円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TELASA)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」のシリーズ作品の

  • 未解決の女 警視庁文書捜査官
  • ドラマSP 未解決の女 警視庁文書捜査官

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」の動画まとめ

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」は、TELASAで全話無料視聴できます

(画像引用元:TELASA)

TELASAは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「灰の轍」
テレビにも出演するほどの売れっ子弁護士・有田賢太郎(大鶴義丹)が、自身の不倫騒動で好奇と非難の目にさらされる中、撲殺体となって見つかった。奇妙なことに、遺体の周辺には破られた紙片が散乱。貼り合わすと、不穏な一文が浮かび上がる。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」1話のネタバレ
テレビでもよく顔を見る人気の弁護士・有田賢太郎(大鶴義丹)。

有田不倫報道により、好奇の目にさらされていた。

そしてある日、有田は無残な姿で発見される。

その周囲には紙片があり、組み合わせると「もーいちど ころす しょーしたい」と書いてあった。

それから警察は様々な関係者を捜査するが、容疑者特定には至らなかった。

それから5年が経ったある日、第5係の刑事・岡部守(工藤阿須加)は未解決事件担当の「文書解読係」こと「特命捜査対策室」第6係を訪れる。

今回の被害者は幸坂達治(宮川一朗太)。

幸坂の遺体は指紋もわからないほど焼かれており、幸坂の部屋では5年前の事件と同じ内容の紙が見つかったという。

有田の事件との関連性について考えた「文書解読係」である矢代朋(波瑠)と鳴海理沙(鈴木京香)たち。

「特命捜査対策室」室長・古賀清成(沢村一樹)は幸坂の同級生だったため、珍しく捜査を許可した。

そして「文書解読係」の面々は気になる情報を掴み、意外な人物との関係を見つける。

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」1話の感想
普段あまりドラマを見ないのですが、まず矢代朋(波瑠)がとても役柄があっていて可愛いなと感じました。また他の登場人物もキャラがしっかりと立っていてなかなか面白いドラマだと感じました。
事件もので1話だけ見ても内容を楽しむ事ができます。
はじめはながら見をしてたのですが途中で作業を中断して見入ってしまいました笑
事件現場に残された不可解な文章が昔の事件とどう繋がるのかが見もので、どんどんと真相に近づいていくので展開の早さもとても良かったです。
最後の最後に主要メンバーの交代があり、1話から!?とも思いましたが、以前の作品を見ていないので思い入れはありませんでしたがなかなか奇抜だとかんじました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「古書《定家様》を探せ!」
クセのある書風で「藤原」と刺繍されているスーツを着た男性が、他殺体で見つかった。刺繍の文字が気になった「特命捜査対策室」第6係の刑事・矢代朋(波瑠)が、文字のエキスパートである先輩・鳴海理沙(鈴木京香)に見せると、理沙はハッと目を見張る。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」2話のネタバレ
定家様の文字で「藤原」と刺繍しているスーツを着た男の死体が見つかった。

鳴海理沙(鈴木京香)は藤原定家の文字を刺繍した藤原さんは只者では無いと考えていた。

そして理沙は10年前の事件を思い出した。

啓星大学の国文学の権威・板橋京介(佐渡稔)が研究室で他殺体で発見された事件だ。

研究室には古書店『大蔵堂』が鑑定を依頼した藤原定家の自筆の写本が無くなっていた。

その本が本物の定家本なら国宝級のものだそうだ。

理沙は朋を連れて啓星大学の国文学教授・真田誠(松下由樹)の自宅に行き、10年前の話を聴きたいと言った。

教授の夫(野間口徹)は憤慨し、教授は真摯に対応してくれるものの、新しい手掛かりはなかった。

そして、被害者の「藤原」(おかやまはじめ)さんは8年前まで大蔵堂に勤めていたことが分かった。

特命捜査対策室室長の古賀(沢村一樹)は大胆な仮説を立て、藤原さんと10年前の板橋教授の殺人事件を関連付けて捜査することにする。

朋はその仮説に納得するが、理沙はそれを完全に否定して独自の方法で捜査すると言い切った。

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」2話の感想
  
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「高校体育教師殺害編」
熱心な指導で私立稜泉学園のバスケットボール部を全国大会初出場へと導いた名物コーチ・片山彰(谷田歩)。そんな学園きっての英雄ともいえる片山が全国大会の開幕前日、何者かに殺された。だが、犯人の特定は思いのほか難航…。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」3話のネタバレ
私立稜泉学園のバスケットボール部のコーチ・片山彰(谷田歩)が全国大会を目前に殺された。

未解決のまま3年が経過したある日、参議院議員の公設秘書・上原望(沢井美優)が自宅リビングで殺され、「稜泉学園バスケ部 木曜日」と書かれたDVDが見つかる。

DVDには稜泉学園バスケ部を特集した番組が途中から録画されており、DVDにあった指紋も被害者とは別人のものであった。

矢代朋(波瑠)が所属する「特命捜査対策室」第6係は2つの事件の関連を疑い、録画されていた番組の元映像を見てみると、3年前に指導を行う片山と一緒に上原も映っていたのであった。

稜泉学園を訪れた朋は、3年前にバスケ部キャプテンであった教育実習生の唐木田玲一(伊藤健太郎)が国語辞典を用いたクイズを授業で行なっているところを目にする。

この授業は高校時代に授業を受けた国語教師・藤沢さおり(高梨臨)の模倣だと聞く。

玲一の行動に気になる点があった朋は、彼の過去の授業ノートを借り、鳴海理沙(鈴木京香)に見てもらったところ、文書捜査のエキスパートである理沙はノートの内容に違和感を感じるのだった。

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」3話の感想
殺された上原の部屋にあったDVDですが、被害者の部屋で発見された物であるのに被害者の指紋が残されていないというのは不自然だなと感じました。誰かが持ち込んだのか、何かの理由で指紋が拭き取られているのか、事件の鍵になるのではと感じました。後に、過去に殺された片山と一緒のところがDVDに映っていたと判明しましたが、ある番組が途中から録画されていたという点もとても不自然に感じました。また、唐木田の授業ノートにあった細かな点まで確認して違和感に気づく鳴海はすごいと思いましたし、文書捜査はとても労力が必要な捜査なのではと感じました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「将棋編」
年前の未解決事件で何者かに殺された棋士・「居飛車のプリンス」こと佐田貴雄(足立理)の娘・彩子(久保田紗友)が、亡き父の後援会長だった外食チェーンの経営者・山井英俊(長谷川初範)と共に、警視庁の相談窓口にやって来た。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」4話のネタバレ
未解決事件の遺族である佐田綾子(久保田紗友)と山井英俊が(長谷川初範)がやって来た。

彩子の父・佐田貴雄(足立理)は棋士で5年前に殺されている。

山井は佐田の後援会長だった。

相談内容は、佐田が殺された時に盗まれた将棋駒を発見したというもの。

しかもネットオークションに出品され、すぐに取り消されていたと言うことだった。

話を聴いた「特命捜査対策室」の矢代朋(波瑠)達は佐田の殺人事件と駒は関係があると睨み、出品された駒を確かめる為に山形へ向かった。

出品された駒は17年前の「毎朝杯」の決勝戦で佐田の手に渡ったもの。

自分が作った駒に間違い無いと、画像を確認した駒職人の桜木正村は言った。

この対局では反則負けをした西川悟(木瀬哲弥)が暴力団員を殺して行方不明になってしまった。。

5年前の佐田が殺された事件と、17年前の西川の殺人事件。

2人は同じ女性を好きになって関係も悪くなっていたのだ。

捜査が進む中、彩子は父に宛ての大量の手紙の束を発見する。

差出人不明の手紙の全てに不思議な三文字が記されていた。

17年前の対局を再現した理沙(鈴木京香)と国木田(谷原章介)はある事に気づく。

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」4話の感想
まとめるのが難しい複雑な事件でした。これはドラマを見ていましたが、過去と過去、そすて現在が複雑にからみ、真っ当に将棋をしている棋士と騎士をとりまく利益に目が眩んだ者たちが起こした事件だったように思います。純粋に将棋に向き合っている者、一瞬だけずるいことをしてその場を取り繕えば安泰の地位につける者。怖いのは利益だけを追求する者でしょうか。今回も文字の1つと謎の三文字を理沙が気づいて解決に導きます。文字の書き方の1つに個人を特定することができる理沙の特殊な才能は本当に凄いと思います。それにしても色んな物語が入っていた見ていても難しい回でした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「銀行立てこもり事件」
閉店間際の銀行に3人組の男が押し入り、立てこもった。しかも人質の中には、「特命捜査対策室」第6係の刑事・草加慎司(遠藤憲一)の娘で、3年前に妻と共に家を出ていった草加美里(佐久間由衣)がいた上に、なぜか犯人は「草加という刑事に電話させろ」と警察に要求してきたのだ。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」5話のネタバレ
「特命捜査対策室」の草加刑事(遠藤憲一)の娘・美里が勤める銀行に3人組の男が押し入りました。

男の1人が「草加刑事に電話をさせろ」と言う。

防犯カメラの映像には「三」と書かれた紙を持たされた美里と男が1人写ってた。

その男は未解決事件での捜査で会った河本直也(矢野聖人)だった。

その未解決事件は、12年前に専門学校生の麦野奈津が帰宅途中に刺殺された事件。

地面に「三」と漢数字と思われる文字が残されていて、当時、奈津にストーカーしていた三田良平(佐藤祐基)が容疑者に挙げられたが、三田にはアリバイがあった。

直也は翌朝10時までに奈津を殺した犯人を捕まえなければ人質を殺すと言う。

草加刑事は、自分が犯人を捕まえられなかったから今回の事件が起きたと思う。

しかし、人質の家族は捜査には加われないので、どうすることもできなかった。

そして、犯人の他の2人は養護施設で育った高村青斗(落合モトキ)、竜崎健一(山根和馬)と分かった。

朋は養護施設で書かれた寄せ書きを入手して理沙(鈴木京香)に見せた。

麦の時に違和感を覚えた朋。

人質に病人が出て理沙が交換で銀行に入って行く。

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」5話の感想
見たばかりのドラマです。三の文字は書きかけと気づき「麦」「春」と考えて「青」にたどり着きました。「青」と言った時に直也も健一もすぐ事件当時のことを思い出し「青斗、あの日、お前は夜勤明けで眠いって言ってたよな」と言いました。それだけで青斗はあの日のことを話し始めました。まさかの展開でした。三田が犯人でなければ、どう探し出すのかと思ったら、犯人は身内の中にいたんですから見つかるはずもありません。三は三では無かった。書きかけとダイイングメッセージに「最後に俺の名前を書こうとした」と自慢げに言う青斗の哀れさよ。好きの反対は「憎い」だと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「影の斜塔・前編」
人気イタリアンレストランのオーナー・入沢博人(武田航平)が手足を縛られた状態で、新店舗の冷凍施設に閉じ込められ、凍死した未解決事件から5年――。成功のノウハウをまとめた自著『億りびと』を上梓したばかりのネット長者・西松文也(渡辺邦斗)が、入沢と同じように手足を縛られ、ホテルのバスタブで溺死しているのが見つかった。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」6話のネタバレ
人気レストランのオーナーである入沢博人(武田航平)。

彼が冷凍施設で凍死した未解決の事件から5年が経っていた。

ネット長者・西松文也(渡辺邦斗)は、5年前の事件と同様に手足を拘束された状態で溺死しているのを発見された。

第6係の刑事・矢代朋(波瑠)は、西松の遺体にある変わった入れ墨を見つけた。

刺青は「梵字」だと、鳴海理沙(鈴木京香)は言う。

それは入沢の腕にも彫られていたものだった。

事件の関連性を見つけ、捜査を開始しようとする朋。

だが、室長・古賀清成(沢村一樹)経由で参事官・小野塚吾郎(筧 利夫)に呼ばれる。

朋は行方がわからなくなっている「捜査情報係」に所属する刑事の捜索を依頼された。

行方不明になっているのは新人時代に慕っていた富野康彦(市原 隼人)。

朋が富野の自宅を確認すると、鍵も閉められず、部屋の中はあらされていた。

電話の留守録には、富野の恋人・杉山貴子(北乃 きい)からの伝言も入っていた。

貴子に事情を伺うが、富野の行方はわからなかった。

そんな中、草加(遠藤憲一)と国木田(谷原章介)は、入沢と西松が詐欺グループとつながっていたことを知る。

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」6話の感想
これは一大事ですね!幹部の不正も明らかになってきて、どんどん物語が佳境に入ってきました。
富野がなぜ失踪しているのかも気になります!何か警察の闇を暴くために単独で行動をしているのかと予想してるのですが、実際どうなるのかこれからの展開が楽しみです。
伏線をどんどん回収していくスリリングな展開に目がはなせません!次で最終回なんて、残念です。
鈴木京香さんもきれいだし、ハルさんも可愛いし、キャストもはまり役でまだまだ続きが見たくなるドラマでおすすめです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「影の斜塔・後編」
5年前の未解決事件で殺された人気イタリアンレストランのオーナー・入沢博人(武田航平)と、つい先日殺されたネット長者・西松文也(渡辺邦斗)。共に「梵字」の刺青を入れた被害者2人は、かつて同じ詐欺事件で逮捕されていた。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」7話のネタバレ
5年前の被害者である入沢博人(武田航平)と、数日前の被害者、西松文也(渡辺邦斗)。

2人には共通点があった。

それは同じ入れ墨があり、同じ詐欺事件での逮捕歴があるということ。

さらに、弁護士の若林守(矢柴俊博)は2人を起訴しておらず、警視庁の幹部である小野塚吾郎(筧利夫)と裏でやり取りをしていたことがわかった。

段々と判明する警察組織の闇。

そんな中、行方不明の富野が室長の古賀清成(沢村一樹)を狙撃し、再び行方をくらました。

朋は、正義感の強いの富野がなぜこのような行動を取るのか不思議でたまらなかった。

捜査を進めると、“重要書類”を朋に手渡すため古賀と接触していたことが分かった。

それは10年前、小野塚が製薬会社の経理担当・釘本洋介(桜井聖)を無実と知りながら、殺人罪で送検した事件に関する証言の記録だった。

謎が深まる中、朋は富野の自宅にあった“謎の波線”を手がかりにある仮説を思いつく。

しかし、朋は富野の捜査から外されてしまった。

一方、鳴海理沙(鈴木京香)は警視庁の超大物OB・牧野孝蔵(竜雷太)の元へ向かっていた。

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」7話の感想
前回から、警察組織の闇がついに暴かれるのかと楽しみに見ていました。
ただ警視庁のOBの牧野との対決を期待していましたが、今回は描かれませんでしたね。
そこがちょっと残念です。ですが今回よかったのは北乃きいさん。かなり強いインパクトが合ったと思います。
こんなに演技の上手な女優さんだとは思っていませんでした。最終的に、彼女のおかげでとても見ごたえのあるラストになったと思います。
次のシーズンがあるような終わり方だったので、次回も期待したいです!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TELASAなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」の概要

待望のSeason2へ突入!

肉体派・波瑠×頭脳派・鈴木京香…噂の最強凸凹女刑事バディが約2年ぶりに木曜の夜に凱旋!!

文字を糸口に“令和の未解決事件”に挑む!!(引用元:テレビドラマデータベース)

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」の出演者、放送情報

矢代朋:波瑠
古賀清成:沢村一樹
国木田哲夫:谷原章介
草加慎司:遠藤憲一
岡部守:工藤阿須加
桑部一郎:山内圭哉
宗像利夫:皆川猿時
鳴海理沙:鈴木京香

原作:麻見和史『警視庁文書捜査官』シリーズ

主題歌:いきものがかり「きらきらにひかる」

制作:テレビ朝日

放送:2020年

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」の見どころ

刑事ドラマを得意とするテレビ朝日が満を持して贈る、爽快感走る刑事ドラマである本作。

熱血派と頭脳派ー正反対な女刑事2人が、互いの長所を活かし事件を解決します!

”文字”を手がかりに未解決で留まる事件に迫っていくー

前作はこの”新感覚なミステリー”ストーリーが高い支持を得て、待望の第二弾が今作。

2人の女刑事が所属する第6係のキャストも沢村一樹や工藤阿須加と、

相変わらずの癖の強い男刑事たちは続投しています。

更に”顔見知り”新係長が登場したり、新レギュラーメンバーも登場。

勃発した事件を、時間を巻き戻して”過去の未解決事件”に繋げる・・・

入念に作り込まれたトリック、その結末に、引き込まれる事間違いなしですよ!

\今すぐ動画を無料視聴する/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」の感想

30代男性
未解決事件と現代の事件がうまく絡み合って進んでいくストーリーがとても面白いです!毎回、今回はどのように展開されるのかワクワクしながら見ていました。最後の前編後編のストーリーは、警察官僚の不正や、警察組織そのものの闇について描かれていてとても見ごたえがありました!俳優さんも好きな方たちばかりで、とてもおもしろかったです!
30代女性
波瑠さんの演技がとても好きで、シーズン1は見ていなかったのですがシーズン2から見ました。シーズン2から見ても楽しめる内容でした。刑事ドラマとしても、未解決事件を題材にしていて推理小説のような展開が面白かったです。個人的には刑事ドラマで1番好きな作品だったので、順番が逆になってしまいましたがシーズン1もこれから見ようと思います。
40代男性
矢代(波瑠)と鳴海(鈴木京香)の捜査の属性の違いが良いコントラストになっていて、とてもおもしろかったです。刑事ドラマにしては珍しく、犯人側の心情や背景なども丁寧に描かれていたドラマだと思います。ストーリーもしっかりとしていて、過去と現代のリンクするところなど、様々なところに事件解決のヒントが散りばめられており、視聴者を楽しませる作りになっていると感じました。文書捜査の要素はほとんどありませんでしたが、普通の刑事ドラマとして十分に楽しめるものになっていると思います。またシリーズとして続けてほしいですね。

まとめ

以上、波瑠主演のドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

熱血刑事・矢代朋と文字フェチ刑事・鳴海理沙のコンビがまた観られるなんて、嬉しいですね!

前作からお馴染みのメンバーの他に新たな仲間も加わり、ますます賑やかでコミカルな掛け合いが楽しめます。

文字がキーとなって未解決事件を紐解いていきながら、矢代や鳴海が成長していくのも見どころですよ。

TELASAで未解決の女 警視庁文書捜査官 シーズン2の動画は全て無料視聴できます。

30日間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
30日間無料で動画視聴