ドラマ|M 愛すべき人がいての動画を無料で見れる動画配信まとめ

2019年4月〜6月に安斉かれん主演で放送のドラマ「M 愛すべき人がいて」

本作は、あの国民的人気歌姫・浜崎あゆみの自伝的著書をドラマ化!

原作にオリジナルのエッセンスを加え、更にスケール感をアップしてお送りするラブストーリー。

この記事では、ドラマ「M 愛すべき人がいて」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できる動画配信サービスを調査してまとめました。

\今すぐ動画を無料視聴する/
1ヶ月間無料で動画視聴

ドラマ「M 愛すべき人がいて」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「M 愛すべき人がいて」はAbemaTVでのみ見放題配信中です。

2020年時点でAbemaTV独占配信作品になります。

AbemaTVは通常月額960円かかる動画配信サービスですが、登録から1ヶ月間は無料お試し期間になっています。

AbemaTVの魅力は、他の動画配信サービスと違ってすべての動画が見放題なところ。

(画像引用元:AbemaTV)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「M 愛すべき人がいて」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「M 愛すべき人がいて」のシリーズ作品の

  • L 礼香の真実

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「M 愛すべき人がいて」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

AbemaTVなら、他の配信サービスでは見れないオリジナルドラマも多いです。

まずは無料お試し期間でドラマ「M 愛すべき人がいて」をチェックしてみてください!

↓1ヶ月間無料お試し期間あり↓
AbemaTV公式サイトはこちら

ドラマ「M 愛すべき人がいて」の動画まとめ

ドラマ「M 愛すべき人がいて」は、AbemaTVで全話無料視聴できます

(画像引用元:AbemaTV)

AbemaTVは1ヶ月間の無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話
1993年、福岡から祖母・幸子(市毛良枝)とともに上京してきたアユ(安斉かれん)。東京で芸能活動をして売れれば家族の生活が楽になると意気込むアユだが、そう上手くはいかず、高校に通いながら細々とエキストラのような仕事をこなす日々を送っていた。(引用元:テレビ朝日公式サイト)

ドラマ「M 愛すべき人がいて」1話のネタバレ
祖母である幸子(市毛良枝)と夢を叶える為に福岡から上京するアユ(安斉かれん)。

しかし、芸能活動は思ったように上手くはいかない。

そんな日々が続く中で、凄腕プロデューサーのマサ(三浦翔平)が次のスターを探しているという噂を聞き、友人の玉木理沙(久保田紗友)と彼が来るという六本木のディスコ・ベルファインへ向かった二人。

その日、丁度VIPルームにマサが来ていた。マサから売れそうな奴を連れてこいと指示された部下の流川翔(白濱亜嵐)は、理沙をマサの元へ。

しかし、理沙についてきたアユは、マサの平気で女の子を切り捨てる姿に我慢がならず、反抗的な態度をとってしまう。

そんなアユに興味を持ったマサは、コースターに自分の電話番号を書きアユに渡し、アユの連絡先を聞く。

翌日、アユの元へ掛かってきたのは、まさかのマサからの電話だったが「元気か?」の一言で切れてしまう。

そして、7回目の電話。マサと会うことになったアユ。とうとう彼女の運命が動き出す。

ドラマ「M 愛すべき人がいて」1話の感想
アユも初めてから売れていたわけじゃないんだなーって今さらながらびっくり。でも、たくさんいる女の子の中から、アユに興味を持つなんて凄いな。やっぱり見る目があるんだね。それにしても大物プロデューサーに、反抗的な態度を取るアユも凄い。普通は気に入られようとして、相手のことは何でも肯定しちゃうよね。これが実話に基づいたドラマだなんて、一般人の私からしたらあり得ないって思っちゃう。運命的な出会いをした二人だけど、これからその運命がどんな風に動いていくのか見るのが楽しみ!自分とは別の世界の話しだからこそ面白い!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話
レコード会社A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)は、プロデューサー・マサ(三浦翔平)が、中谷プロに所属しているアユ(安斉かれん)と会い続けていることを、ここぞとばかりに問題視していた。大浜は、六本木のディスコ・ベルファインのVIPルームで中谷(高橋克典)と会い、アユを引き抜こうとするかのようなマサの振る舞いを謝罪する。(引用元:テレビ朝日公式サイト)

ドラマ「M 愛すべき人がいて」2話のネタバレ
A VICTORYのプロデューサー・マサ(三浦翔平)が他事務所のタレントであるアユ(安西かれん)と会っている事を問題視しているA VICTORY社長の大浜(高嶋政伸)は、アユの事務所の社長・中谷(高橋克典)に会って謝罪する。

その場に現れたマサは、中谷に土下座してまで「アユを譲って欲しい」と懇願し、中谷はついにアユの移籍を承諾するのだった。

アユを歌手としてデビューさせたいマサは、ニューヨークでの3か月間のレッスンにアユを送り込むのだった。

ニューヨークの講師・天馬まゆみ(水野美紀)の厳しいレッスンに必死についていこうとするアユであったが、自分の実力の無さに落ち込み悩んでいた。

そんな時、日本からマサが様子を見に来て、アユは励まされるのだった。

日本では、マサの部下・流川翔(白濱亜嵐)がガールズグループをプロデュースする事になり、アユの友人・玉木理沙(久保田紗友)が候補に選ばれる。

ニューヨークから帰国したアユは、理沙らガールズグループのメンバー候補の合宿に参加する事になり、、、。

ドラマ「M 愛すべき人がいて」2話の感想
相変わらずぶっ飛んだ内容でした。ニューヨークの講師役の水野美紀さん、大好きです。あんな演技も出来るんですね。笑い転げてしまいました。しかし、知らない土地で3か月もよく頑張った!頑張り屋さんのアユだから、結果的にみんなに認めてもらえるようになるんですね。そして落ち込んでる時にナイスタイミングで現れるマサ、これは惚れちゃいますよね〜。それにしても、理沙が嫌だなー。あんなに仲良い友達だったのに。昨日の友は今日の敵!?理沙はアユより前から一生懸命デビューを目指していたわけだから、嫉妬する気持ちは分かるのですが。見ていて辛くなっちゃいます、、、。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話
レコード会社A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)は、流川翔(白濱亜嵐)がプロデュースする4人組ガールズグループにアユ(安斉かれん)を追加して5人組でデビューさせるとマサ(三浦翔平)に告げる。反論するマサだが、決定事項だと一蹴されてしまう。会社の決定になすすべもないマサは、アユにガールズグループのセンターとして4月8日にデビューすることが決まったと報告する。(引用元:テレビ朝日公式サイト)

ドラマ「M 愛すべき人がいて」3話のネタバレ
大浜(高嶋政伸)は、A VICTORYというレコード会社の社長です。

彼は、流川翔(白濱亜嵐)がプロデュースしている4人組のガールズグループにアユ(安斉かれん)を追加して5人でデビューさせることをマサ(三浦翔平)に伝えます。

最初は反論していたマサでしたが、決定事項だと言われて諦めます。

マサは、アユにガールズグループのセンターとして、4月8日にデビューすることが決定したことを報告します。

しかし、アユはソロでのデビューを夢見ていました。喜んだ表情をしたものの思いは複雑でした。

翌日、マサはアユを会議に連れていき、役員たちの前でソロデビューさせると告げるのです。

しかし、大浜や役員たちはアユをみて反対します。

一方、マサの秘書である礼香(田中みな実)は、アユにたいして、「あなたは泥棒の手をしている。私の大切なものを奪わないでね?」と宣戦布告します。

その後、マサはアユに言葉を作るセンスを見出し、歌詞を書くことを提案します。当初、作詞なんか無理と考えていたアユでしたが、祖母に励まされて歌詞づくりを始めます。

しかし、心の支えであった祖母が倒れてしまうのです。

ドラマ「M 愛すべき人がいて」3話の感想
このドラマを見て、田中みな実さんの演技が、アナウンサーであるのに貫禄すら感じられるところが素晴らしいと思いました。また、音楽業界について、成功する厳しさについても分かった気がします。実際のところ、若いアイドルを育成するのは、若い人たちではなく、役員などのおじさんたちであることを思い知らされました。アイドル業界のビジネスであり、儲からないユニットは育てないという方針が、見ていて辛かったです。そんな中、アユが夢に向かって頑張っている様子は感銘を受けました。また、マサという強力な味方がいてくれたのも、見ていてほっとしました。特に感動的なのは、アユが未知識の中作詞にチャレンジする様子でした。心の底から頑張ってほしいと応援したくなりました。アユには心強い祖母という見方がいたのも良かったと思います。そんな、唯一の見方の祖母が倒れてしまうなんて今後どうなるのかこの先が気になります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話
レコード会社A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)は、アユ(安斉かれん)のデビュー日に、流川翔(白濱亜嵐)がプロデュースするガールズグループAXELSのデビューをぶつけることに。マサ(三浦翔平)はアユのプロモーションに命を懸け、マネージャーの野島美香(河北麻友子)をはじめ「チーム・アユ」全員に鬼のように立ち向かっていく。(引用元:テレビ朝日公式サイト)

ドラマ「M 愛すべき人がいて」4話のネタバレ
大浜(高嶋政伸)はレコード会社である「A VICTORY」の社長です。

彼は、アユ(安斉かれん)がデビューする日とガールズグループAXELSのデビューする日を同じ日に設定します。

AXELSは、流川翔(白濱亜嵐)がプロデュースするグループです。

マサ(三浦翔平)はアユの宣伝活動を精力的に行い、付き人の野島美香(河北麻友子)で構成される「チーム・アユ」に全力で立ち向かいます。

マサことをよく思っていない大浜は、全国ライブツアーという地味な宣伝活動を計画している流川を呼び、アユに勝つためにAXELLSに高額な宣伝活動費用を投入する用意があると持ちかけます。

アユはマサの期待に応えたいと頑張りますが、どうもうまくいきません。

マサはアユの音楽番組への出演が決まらないことに苛立ちます。

ある日、大浜は流れ川を呼び出し、大物プロデューサーの黒川誠に認められたら音楽番組へ推薦してやると話します。

一方、秘書の姫野礼香(田中みな実)は、離婚したマサを呼び出し「会ってほしい人がいる」と切り出します。

ドラマ「M 愛すべき人がいて」4話の感想
このドラマを見ていると、アイドルをデビューさせるために大変な苦労が必要なことがわかります。しかも、いろいろな陰謀が交錯していて、かなりドロドロの世界なんだなと思いました。それと同時に、アイドルの素質よりも、プロデュースするスタッフたちの手腕でデビューが成功するかどうかが決まることも分かった気がします。正直、あまり知りたくない事実でした。同時に、デビューのためにたくさんのお金が発生することと、テレビ局などに対するコネクションも重要なことを実感しました。それにしても、レコーディングでも上手く歌えないアユが本当にソロデビューできるのかが興味津々です。個人的には成功してほしいなと考えています。そして、マサの献身的な支えも見ていてとても涙ぐましいです。また、田中みな実さんの演技も会を重ねるたびに上手くなっている気がします。不気味な女の役がはまり役だと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話
レコード会社A VICTORYの専務でプロデューサーのマサ(三浦翔平)は、FAXで届いたアユ(安斉かれん)からのラブレターを読んでいた。ふと気配を感じ、振り向くと…そこにはウエディングドレスを着た秘書の姫野礼香(田中みな実)が!(引用元:テレビ朝日公式サイト)

ドラマ「M 愛すべき人がいて」5話のネタバレ
レコード会社A VICTORYのプロデューサー、マサ(三浦翔平)はアユ(安斉かれん)から届いたラブレターを読んでいる。

ふと顔を上げると、そこにはウエディングドレスを着た秘書の姫野礼香(田中みな実)がいて、マサとの結婚式で着るウエディングドレスを借りてきたと微笑んだ。

礼香の行動に唖然としていたがキスをしようとする礼香を払いのけ、結婚はできないと断ると礼香は「約束いはーーーーーん」と言った。

マサはアユを呼び出し、やっと2人の気持ちが通じ合い幸せを感じていた。

アユの人気が上がる中、ガールズグループAXELSの玉木理沙(久保田紗友)はプロデューサーの流川翔(白濱亜嵐)に苛立ちをぶつけた。

自暴自棄に陥っている理沙に詰め寄られた流川はマサに、周囲に文句を言われても自分の道を突き進む姿が大嫌いだと八つ当たりした。

一方、社長の大浜(高嶋政伸)は、マサの邪魔をしようとAXELSに多額の予算を使い、流川と礼香にある提案をする。

そして、アユとAXELSの運命のデビュー日が訪れた。

愛するマサと一緒に歌姫への道を駆け出したアユはどうなるのか?

ドラマ「M 愛すべき人がいて」5話の感想
礼香の行動がもう笑えるくらい怖くて昔の昼ドラのようです。そして、アユとマサの爽やかな雰囲気も礼香が登場すると一気にドロドロになりました。マサやアユ、チームアユが売れてきて喜んでいる中、敵チームの社長や礼香は怖い表情でした。礼香の行動が、どんどん加速していき社長に2人が付き合っていることをバラシ、証拠の写真まで渡していて、バレたらとんでもないスクープだなと思いました。Axelsのメンバーの子も自暴自棄で何をするかわからない様子で、人の足を引っ張ることしか考えないような子に、人気が出るとは思いません。アユとマサの関係も深まるも、邪魔をする礼香と社長が気になりつつ、次回も楽しみです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話
アルバムが大ヒットし、アーティストとしてもブレイクを果たした平成の歌姫・アユ(安斉かれん)とプロデューサーのマサ(三浦翔平)は、おおっぴらにはできないながらも着実に愛を育んでいた。そんな二人を横目に、嫉妬に狂ったマサの秘書・姫野礼香(田中みな実)は、A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)に、ホテルから出てきた二人の決定的な瞬間の写真をチラつかせて、一気に叩き潰す作戦を持ち掛ける。(引用元:テレビ朝日公式サイト)

ドラマ「M 愛すべき人がいて」6話のネタバレ
アルバムの大ヒットによりアーティストとしての注目を浴びるようになった平成の歌姫・アユ(安斎かれん)。

その一方で、プロデューサーのマサ(三浦翔平)との愛もひそかに育まれていた。

そんな状況を尻目に、酷く嫉妬したマサの秘書・姫野礼香(田中みな実)はAVICTRYの社長である大浜(高嶋政伸)に二人がホテルから出る決定的瞬間の写真を使い、二人を破滅させる作戦を打ち立てる。

マサは水面下で動く破滅作戦など露知らず、自宅のリフォームをしてアユを呼ぶ。リフォームした家はアユのために部屋やドレスルーム、簡易レコーディングの可能な音楽スペースまでも備えており、満ち足りた同棲生活を送る。

アユは多忙なスケジュールの合間に手料理をふるまい、マサは曲制作を教える。最幸の生活である。

一方でプロデューサーの流川翔(白浜亜嵐)は大浜よりAXELSの解散を宣告される。

メンバーは悲嘆の中アユとの差を受け止めるも、玉木理沙(久保田紗友)は自殺を図る。

流川はその責任から落胆し、大浜とマサに退職の意思を伝える。だがマサは辞表を破り捨て、メンバーと向き合えと説得。帰宅すると礼香が待っていた!礼香の狂行が始まり、二人は追い詰められてー

ドラマ「M 愛すべき人がいて」6話の感想
全体的にめちゃめちゃ順調な回だったかなと思います。二人が同棲しだしたところもいい感じだし、仕事も一緒にやって順調だし!ただその一方でAXELSの解散からの理沙ちゃんの自殺未遂はびびりました。流川の結末が思っていたより悪すぎなくてほっとしました。礼香の不法侵入冷静に考えたらめちゃめちゃ怖いですが、それまでの二人が順調すぎて怖すぎなくて、ほかにもHAPPYBIRTHDAYTOMEには笑っちゃいましたが、、(笑)二人の仕事の状態が悪くなって、不安な状態で終わり、次は最終話、、、すっごく気になりますが、めちゃめちゃ楽しみです!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話
A VICTORY社長の大浜(高嶋政伸)は、会議の場で、ホテルから出てくるアユ(安斉かれん)とマサ(三浦翔平)の写真が週刊誌に載るのを事前に防いだと発言。本来ならマサは即解雇だが、その代わりに新しい巨大フェスの開発、映画事業の開発、新人の発掘と売出しという3つのビッグプロジェクトを成功させるよう指示する。(引用元:テレビ朝日公式サイト)

ドラマ「M 愛すべき人がいて」7話のネタバレ
大浜(高嶋政伸)は、会議の時に、アユ(安斉かれん)とマサ(三浦翔平)のスクープ写真の週刊誌掲載を防いだと発言します。

これが事実であればマサは解雇ものです。大浜はマサに巨大フェスや映画事業の開発などのビックプロジェクトを成功させろという命令を出します。

マサはアユを守るためにこの仕事を引き受けます。しかし、アユはマサと離れてしまうことに動揺します。

マサはアユに自信を持って自分の道を歩めとアドバイスします。

マサのその仕事がスタートするととても多忙になります。

一方、アユは流川翔(白濱亜嵐)の協力でどんどん新しい世界に飛び込み、次々とヒットを飛ばし始めます。

アユは久しぶりにマサとのデートの約束をします。アユはとてもよろこびますが、そのデートは実現しませんでした。

2人がどんどん離れていくことにアユは不安や苛立ちを感じ始め、マサにその感情をぶつけてしまいます。

後日、礼香(田中みな実)は、マサにたいして、「アユはマサがいないほうがいい歌を作る」と言い出し、マサはショックを受けます。

その言葉を間に受けて、アユ前から消えてしまうのです。

そんな時、アユはマサに最後のラブレターを送る決意をしていたのでした。

ドラマ「M 愛すべき人がいて」7話の感想
このドラマでは、大浜の意地悪っぷりと陰湿さがとても腹立たしかったです。それと同時に、高嶋政伸さんにぴったりのはまり役であるとも感じました。今回の話では、マサの苦悩や決意が見事に描かれていて、見応えがありました。マサがアユのそばを離れることを決意したのはとても勇気がいることだと感じました。しかも、3つのプロジェクトを同時に進めるという、とても大変な仕事を真面目に遂行するマサの人柄の良さと熱心さに感心しました。きっと、アユに対する気持ちが原動力になっているのではないかと推測できました。一方、不安を抱えるアユの気持ちもよくわかりました。アイドルを目指しているとは言え、やっぱり1人の女の子なんだなと感じました。特に、久しぶりのデートの約束を交わした時の彼女の喜びっぷりは、いじらしくも可愛らしくも感じました。なお、今回も田中みな実さんの嫌な女っぷりは見事でした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、FODプレミアムなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「M 愛すべき人がいて」の概要

幼い頃に父が蒸発して以来、アユは母と祖母・幸子と暮らす地元・福岡で主にモデルとして活動していたが、東京で芸能人として売れれば生活が楽になると考え、本格的に芸能活動を始めようと一念発起して祖母とともに上京する。アユは高校に通いながら老舗芸能事務所「中谷プロダクション」(通称:中谷プロ)に所属しタレント活動を続けるが、入ってくる仕事といえばエキストラのような仕事ばかりで、芸能人として成功する契機を得られずにいた。(引用元:wikipedia)

ドラマ「M 愛すべき人がいて」の出演者、放送情報

アユ:安斉かれん
マサ:三浦翔平
中谷:高橋克典
大浜:高嶋政伸
姫野礼香:田中みな実
流川翔:白濱亜嵐(EXILE / GENERATIONS from EXILE TRIBE)

原作:小松成美『M 愛すべき人がいて』

制作:テレビ朝日

放送:2020年

ドラマ「M 愛すべき人がいて」の見どころ

本作は、小松成美原作にして話題作である同名著書を原作に、

これに著名脚本家である鈴木おさむが、独自のオリジナル要素を加味

スケールアップして繰り広げられる、壮大なラブ・ストーリーとなっています!

浜崎あゆみ、すなわちアユ役を安斉かれんが怪演。

ドラマ初出演ながら、その可憐さと佇まいは大きな話題になりました!

その相手役・マサを三浦翔平が熱演しています。

目の離せない展開の愛憎劇ですが、アユをとことん邪魔する姫野礼香役・田中みな実の渾身の怪演も要注目ですよ!

↓1ヶ月間無料お試し期間あり↓
AbemaTV公式サイトはこちら

ドラマ「M 愛すべき人がいて」の感想

20代女性
あゆ好きとすると不安もあった作品だったけど、何より安斉かれんはホントにCGで作られた美女っていう位可愛かった!
過剰演出・演技な部分がまた面白かったし、
ドラマの合間に出てくるあゆの名曲がまたいい感じで、
ついつい最後まで見てしまいました。
あゆの曲、これからも聴こうってめっちゃ思えた作品ですね!
30代男性
マサはかっこよかったな〜!惚れるやんっていう位。
流川もなんだかんだ憎めないし。
色々評価されているドラマだけど、それぞれのキャラが個性的で、印象深くて面白かったです!
何にせよ、一躍スターダムにのし上がるっていう、「夢を掴み取る」というエネルギーがすごい内容で、心に突き刺さるものがありましたね。
40代女性
全体的にドロドロしたどす黒い感じの雰囲気かなと思ったけれど、
さすが鈴木おさむ脚本、さらにキャスト陣の頑張りによって面白さも加味された作品でした。
主役のかれんちゃん、素人っぽさや棒読み感(笑)がリアルで可愛かったです!
今まで注目してなかった三浦君、今回俺様な役がハマっててすごく良かったです。

まとめ

以上、安斉かれん主演のドラマ「M 愛すべき人がいて」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

歌姫・浜崎あゆみ誕生に秘められた出会いと別れの物語『M 愛すべき人がいて』を初のドラマ化!

90年代のヒットナンバーと共に音楽業界の光と影を描きます!

ドラマ「M 愛すべき人がいて」を見られるのはAbemaTVだけです。

1ヶ月間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

↓1ヶ月間無料お試し期間あり↓
AbemaTV公式サイトはこちら