ドラマ|孤独のグルメseason7の動画を無料で見れる動画配信まとめ

2018年4月〜6月まで松重豊主演で放送のドラマ「孤独のグルメ Season7」

大人気グルメ漫画の実写ドラマ化第7弾。

今回も、バラエティ豊かな料理が多数登場します。

ドラマ「孤独のグルメ Season7」の動画は、Paraviで見放題配信中です。

Paraviの無料期間を利用すると、ドラマ「孤独のグルメ Season7」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「孤独のグルメ Season7」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「孤独のグルメ Season7」の動画は、Paraviで見放題配信中です。

Paraviは通常月額1017円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:Paravi)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「孤独のグルメ Season7」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「孤独のグルメ Season7」のシリーズ作品の

の動画も見放題配信されているため、全話無料視聴可能です。

さらに、ドラマ「孤独のグルメ Season7」に出演している松重豊の出演作品

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能となります。

是非この機会にドラマ「孤独のグルメ Season7」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「孤独のグルメ Season7」の動画まとめ

ドラマ「孤独のグルメ Season7」は、Paraviで全話無料視聴できます

(画像引用元:Paravi)

Paraviは2週間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「埼玉県上尾市本町の肩ロースカツ定食」
輸入雑貨商を営む五郎(松重豊)は、友人から紹介された商談のため埼玉・上尾の呉服店へ。商談後、どっと疲れた五郎は、おかみ(田畑智子)が営む人気の食堂でカツ定食を注文する。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「孤独のグルメ Season7」1話のネタバレ
上尾駅に降り立った井之頭五郎は、昨日食べられなかったトンカツをどうしても食べると意気込んでいた。

一仕事終えてトンカツ屋を探すがなかなか見つからず、ぶつぶつ文句を言いながら横道に入ってみると「食堂」の文字を発見。

近づいてさっそく中に入ると人気ナンバーワンという「キセキ定食(肩ロースカツ)」を注文する。

そしていざキセキ定食が出てくると、五郎はその驚くべき厚さと大きさを思わずメジャーで測るのだった。

テーブルに並んだ様々なソースや調味料の中から、とんかつソースを選んだ五郎は、豪快にトンカツを頬張り、あまりの美味しさににやけていた。

その後、岩塩や辛味噌で食べても美味しく、キセキのステーキとカツを100gずつ注文できることに気づいた五郎は、追加でステーキ100gも注文した。

店員がすすめるオニオンソースで食べても美味しかったが、レモンや岩塩、最後にはワサビ醤油も試すとこれが一番おいしいことを発見し、大満足する五郎だった。

ドラマ「孤独のグルメ Season7」1話の感想
見ているだけでこちらまでトンカツを食べたくなった。ソースが定番だが、最近は揚げたてのトンカツに塩をつけるという食べ方もあっさりして美味しい。しかも肩ロースカツだからヒレカツよりもきれいに脂身がついて美味しさ倍増していることだろう。さらにステーキまで食べてしまうなんて五郎の胃袋は強いなと感心してしまった。グルメ写真をスマホでとる人はもう珍しくなくなったが、メジャーで測る人は見たことがないので思わず笑ってしまった。上尾にはいったことがないが、仕事で訪れた町でおいしい食堂が見つかると、仕事も胃袋も満足度が上がって、午後の仕事も順調に進むだろうなと思った。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「東京都世田谷区経堂の一人バイキング」
五郎(松重豊)は、顧客の中西(大和田獏)と商談後、最寄り駅の東京・経堂までの地図を書いてもらうが、分かりづらいことに悩む。ようやく目印の坂を見つけた五郎は、一軒家にしか見えない店を偶然発見。バイキングメニューに心を躍らせる。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「孤独のグルメ Season7」2話のネタバレ
井之頭五郎(松重豊)は、商談のため、相手の中西哲夫(大和田獏)がテニスを終えるのを待っていた。

試合が終わると、中西は五郎にテニスを勧め、球技が苦手という五郎に素振りをやらせてみる。

その後、中西が突然、エア・ケイを振ってきたが、テニスに詳しくない五郎にはそのノリについず気まずい雰囲気になってしまう。

その後商談を終えた五郎は、中西に頼んで最寄りの経堂駅までの地図を書いてもらい、なんとか帰る目途がついたところで急に空腹を感じてしまう。

しかし、この住宅街では店が見つからないだろうと思った矢先、一軒家の佇まいの店・マッシーナメッシーナを発見する。

メニューはバイキングのみだが、お腹を空かせた五郎はついつい店の中に足を踏み入れる。

その店のバイキングは、女将(いしのようこ)が丁寧に作った大変美味しいメニューばかりで、五郎は大満足だった。

ドラマ「孤独のグルメ Season7」2話の感想
経堂の近くでテニスコートやひっそりと佇むレストラン。頭の中では高級住宅街を想像してしまった。テニスを終えて立ち寄る客が多いと思われる。女将が丁寧に作った料理が並ぶバイキングならさぞ美味しいことだろう。女将というぐらいだから、和風総菜や煮物が並ぶお店を想像し、こちらまでお腹がなりそうだ。知る人ぞ知る名店といったところか。商談とはいえ、ラケットを持った途端にエア・ケイを振られるというシーンは笑ってしまった。商談の結果がどうだったかよりも、まず自分の胃袋を満たすことを考える五郎。本能に従い、正直に生きている幸せな人柄なんだろうなと思った。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「東京都港区南麻布のチョリソのケソフンディードと鶏肉のピピアンベルデ」
東京・広尾を訪れた五郎(松重豊)は、仕事先のグローバルキッズスクールを訪れる。五郎はスクールの代表・キャサリン(豊田エリー)と商談を始める。子供たちが始めた昼食の話を聞き五郎は、メキシコ料理店に入りランチを取る。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「孤独のグルメ Season7」3話のネタバレ
久しぶりに広尾駅にやってきた井之頭五郎(松重豊)は、街並みを眺めながらグローバルキッズスクールへと向かう。

依頼主の山本キャサリン(豊田エリー)は、毎月の誕生日パーティのプレゼントを探してほしいという。

外国人の子供を預かるこのスクールでは、誕生日を迎えた子の産まれた国のアンティークトイをプレゼントしたいという。

お腹がすいたと騒ぐ子供たちを見て、自分も空腹を感じてしまう。

しばらく近所を歩いているとメキシコ料理店を発見。

中ではテキーラを片手に盛り上がる客たちがいた。

五郎は見慣れないメニューに混乱するが、想像力を働かせていくつかの料理を注文する。

やがて店員(渡部豪太)が料理を運んできた。

トマトやアボカド、パクチーを使ったメキシコ料理が並ぶがどれも具沢山ですっきりした味つけで、五郎は大満足だった。

最後に鶏肉料理まで追加注文した五郎は、初めて食べるメキシコ料理に大喜びするのだった。

ドラマ「孤独のグルメ Season7」3話の感想
今回は子供たちの言葉に胃袋が反応するところが面白かった。それにしても、お腹がすいたら駅の周辺を探してしまいがちだが、住宅街の中にも名店が隠れていて、昼間からテキーラで盛り上がる人たちがいる、さすが広尾だなと感心してしまった。メキシコ料理はタコスぐらいしか思いつかないが、ドラマを見ていると美味しそうなメニューがたくさんあり、知らない料理を想像しながら頼むのも面白いと思った。一人で食べきれたのか心配になったが、五郎の胃袋は大きくて強靭なのだろう。仕事の合間に至福のひと時を作れる五郎は天才だと思ってしまった。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「群馬県甘楽郡下仁田町のタンメンと豚すき焼き」
群馬・下仁田を訪れた五郎(松重豊)は、渋い中華料理店を発見。仕事前に腹ごしらえをしようと店に入ると、店員の沼田(戸塚純貴)があるメニューを運んでくる。その後、五郎はインテリアを任されたカフェの下見に向かう。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「孤独のグルメ Season7」4話のネタバレ
井之頭五郎(松重豊)は、仕事で群馬県にやって来ました。

今回降りた駅は、下仁田駅です。予定よりも早く到着してしまったので、街を歩いてみることにします。

昭和の雰囲気がする街中を眺めていると、昔ながらの中華料理店を見つけます。「一番」という名前のお店です。

仕事はまだ済んでいないのに、空腹を感じた五郎はそのお店の外観に魅了されて、来店してしまいます。

見ただけで美味しいと言い切ることができるタンメン、餃子を頼み、店員の沼田(戸塚純貴)がすぐに運んできてくれました。

五郎はささっと食べ終えて、仕事をしに行きます。

訪れたのはインテリアの注文を受けたカフェです。

下見をしにきたのです。

大正時代のレンガ倉庫を利用しながら、改良をしてほしいという客の話を聞いて、店内の雰囲気をしっかりと目におさめます。

カフェの様子を確認しを得た五郎は、自宅へ帰るために駅へと向かいますが、次の電車まで時間があるようです。

ベンチに座りながら待っていると、つい寝てしまった五郎は寝過ごしてしまいました。

仕方がないので、ここで夕飯を食べることを決めます。

ドラマ「孤独のグルメ Season7」4話の感想
今回の料理もすごくおいしそうでしたね。最初に注文していたのは、シンプルにタンメンと餃子でした。捻りのないチョイスが良いな~と思います!五郎がいつものように美味しそうに食べるので、見ているだけでお腹が空きますね。そして電車に乗れずに、下仁田駅で夕飯を食べることにしたとき、やったーと思ってしまいました。1食しか食べない回の方が多いので、今回は2食も食べる場面があって嬉しかったです。次に選んだお店は、まさかのタンメンを食べた隣にあるすき焼き屋でした。これも嬉しかったです。どっちも良さそうな風貌をしている食事屋だったので…。すき焼きのセットも美味しそうでした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「東京都荒川区三河島の緑と赤の麻婆豆腐」
五郎(松重豊)は東京・三河島駅の商店街の空き店舗を訪ね、依頼人の杉山(中山忍)から、ここでお菓子の量り売りの店を開くのだと聞く。商談の終わり間際、五郎は杉山から渡されたある物がきっかけで、頭がすっかり韓国モードに。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「孤独のグルメ Season7」5話のネタバレ
井之頭五郎(松重豊)は、三河島駅に近い商店街にやってきた。

焼き鳥屋のにぎわいに惹かれたが、我慢して商店街の中にある商談先へと向かった。

今回の依頼は空き店舗の内装デザインで、依頼主の杉本(中山忍)はこの商店街でお菓子の量り売りの店を出したいという。

商談を終えると杉本からなぜかキムチを渡され、五郎はすっかり韓国料理のスイッチが入ってしまう。

しかし新たに麻婆豆腐専門店を見つけた途端、五郎のスイッチは切り替わり、麻婆豆腐店に入っていく五郎だった。

赤だけでなく、色も辛さも具材も豊富なこの店で選んだ料理は「ザーサイのネギ生姜合え」と「ワンタン入り滋養スープ」 さらに「海老と大葉のハルマキ」と「豚ヒレと野菜の五目ハルマキ」麻婆豆腐は野菜ベースの「緑の麻婆」。中国茶の風味に困惑しながらも料理を堪能。

さらに追加で赤の麻婆豆腐も食べきってご満悦の五郎だった。

ドラマ「孤独のグルメ Season7」5話の感想
一人でこんなに頼んで大丈夫か?と思ってしまったが、気持ちのいい食べっぷりの五郎に見ているほうも大満足してしまう。辛さもさることながら、滋養に富んだ料理の数々にびっくりする。初めて入る店で基本の麻婆豆腐だけではなく、一度にたくさんの料理を味わうのが五郎流だとわかってきた。頻繁に訪れる場所ではないからこそ、来たからにはすべて味わうという五郎の好奇心に感心した。それにしても滋養は十分補給できたがだろうが、油と辛さで五郎の胃腸はびっくりしていないのだろうか。なぜか五郎のその後の体調がきになってしまう回だった。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「千葉県浦安市の真っ黒な銀ダラの煮付定食」
五郎(松重豊)は商談先の千葉・浦安にあるペットギャラリーを訪問する。予定より少し早く到着してしまった五郎が誰もいない店内で小型犬をめでていると、店長の奥田(ふかわりょう)が現れ、不審者のような扱いを受けてしまう(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「孤独のグルメ Season7」6話のネタバレ
今日の仕事場所は千葉県浦安市にあるペットギャラリーです。

いつものように、予定時刻よりは早めに着くようにしているた井之頭五郎(松重豊)は、お店に来ても誰もいなかったので、小さな犬を愛でて店員が来るのを待っていました。

すると、店長であるの奥田(ふかわりょう)が顔を出します。

にやけ顔で犬と戯れている五郎を姿を見た奥田は、不審者かと思いましたが、その勘違いはすぐに晴れて商談を始めます。

奥田はかなりの優柔不断なタイプでしたが、想像していたよりも時間がかかることはなく話がつきました。

仕事を終え、昼食を取ろうと五郎は動き出します。浦安市は、海が近くにあります。

ならば新鮮な魚にありつけるのではないかと期待しながら街を歩くのですが、どこのお店も開店は昼食後です。

困った五郎ですが、やっと「魚や」と記されている「羅甸(ラテン)」というお店を発見します…!

ドラマ「孤独のグルメ Season7」6話の感想
海の近い町で、無事に魚を食べることができて良かったですね!女将がいるなんて、まさに和風という感じでテンションが上がりました。魚の定食はどれも魅力的でしたね。そんな中、五郎が選んだのは「煮つけお刺身付け」です。良いとこどりという感じもするセレクトです。また、もずくを頼んでいたのも印象的でした。しかし運ばれてきた銀鱈の見た目には五郎と同じくびっくりさせられました!あまりにも黒かったので…。けれども味は最高だったようです。おかわりは3杯までタダというサービスがありましたが、五郎はそれを利用していましたね~。よっぽど美味しかったのでしょう!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「東京都墨田区東向島の納豆ピザと辛いパスタ」
東京・東向島にやって来た五郎(松重豊)は、依頼人の佐々木(伊藤克信)の元へ向かう。五郎は佐々木の難解な依頼に不安を覚えながら、知人たちにメールを送る。その帰り道、空腹を感じた五郎は、住宅地の一角にピザと書かれた看板を発見。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「孤独のグルメ Season7」7話のネタバレ
井之頭五郎(松重豊)は、レトロ感の漂う東向島にやって来ました。

駅の近くにあるお店に今回の商談相手がいます。

「魚八栄五郎」という総菜を取り扱った店に入ると、主人の佐々木(伊藤克信)が出迎えてくれます。

佐々木は、ネットで見かけた卓上チェストを欲しているのですが、探しても探しても手に入れることはできなかったそうです。五郎もその話を聞いて不安になりますが、知り合いを頼ってみることにします。

そうして仕事は終了し、空腹を覚えた五郎は食事処を探し求めます。

狭い路地など、様々な場所を歩き回った結果、「カトリカ」というイタリアンレストランに惹かれました。

窯があったのがポイントです。入店すると、想像していたよりも店内は静かな雰囲気でした。

メニューを眺めていると、納豆ピザに目が行きます。

ハーフ&ハーフで注文をしようとすると、組み合わせNGなものがあると知ります。

愛想のないマスター(中原丈雄)に少し戸惑いながらも、納豆&ハムと卵のピザを選択しました。

ドラマ「孤独のグルメ Season7」7話の感想
マスターが五郎に対しては愛想がない感じでしたが、女性客には優しくしていたのが面白かったです。組み合わせNGなことを先に言ってほしい…と心の中で思う五郎には笑ってしまいました。ピザはとても美味しそうでしたね~。納豆ピザは珍しいなと思いました。五郎は無難な選択をしたり、責めてみたり、日によるのが良いですよね。本当に何をセレクトするのか分からないので、見ていて楽しいです。最後に出てきたチョコのピザ、食べたいな~と思いました!あれがカトリカの売りのようでしたが、五郎は食べられませんでしたね。そこも面白くて良かったです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「東京都中野区百軒横丁のチキン南蛮と地鶏モモ串」
東京・中野を訪れた五郎(松重豊)は、中野ブロードウェイで道に迷ってしまう。待ち合わせの時間が迫り商談相手の丸山(角田晃広)に連絡すると、丸山は約束の時間にもかかわらず、なぜかラーメンを食べていた。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「孤独のグルメ Season7」8話のネタバレ
井之頭五郎(松重豊)は、中野ブロードウェイに商談にやってきた。

商談相手の丸山(角田晃広)が約束の時間になのにラーメンを食べているというハプニングはあったが、予想外に大口契約が決まり、さっそく贅沢にお祝いランチを企む五郎だった。

酒は飲めない五郎だが、百軒横丁の中に宮崎郷土料理店【炭火やきとり 泪橋】を発見。

中に入ってみると居心地の良さと丁寧なお通しに五郎は感動し、宮崎名物「チキン南蛮」と「鯖(さば)串」「豚ばら味噌串」さらに、「鶏ガラスープ」に「ささ身ときゅうりのごま和え」を注文。

ご飯は炊きたてではなかったが「麦飯」だったことにさらに感動する。

宮崎の郷土料理を食べ終えようとした時、またしても常連客が注文していた地鶏もも串とごはんを追加。

すべて完食して気分よく中野を出た五郎だった。

その時、五郎に韓国出張の話が舞い込んでくるのだった。

ドラマ「孤独のグルメ Season7」8話の感想
宮崎料理といえばチキン南蛮が有名だが、それ以外にもバランスよいメニューを注文している印象を受けた。ボリューム重視かと思いや、きちんと定食、いや懐石料理のようにメニューを組み立てているところが素晴らしい。バランスがいいと食後の満足度が全然違ってくる。ラーメン激戦区でもある中野でも昼間からこうした料理が食べられる店があるのだと知って、それを発見する五郎の嗅覚はすごい。大型案件をとった後にラーメンでは確かに味気ないので、宮崎地鶏の鳥尽くしの料理はまさに宴にふさわしい。そして次は韓国出張とは、五郎の好奇心がどれほどくすぐられるかと思うと次回が楽しみだ。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「韓国チョンジュ市の納豆チゲとセルフビビンパ」
五郎(松重豊)は、商談相手の社長・イム(ソン・シギョン)の依頼で韓国出張へ向かう。イムは、ヨーロッパで韓国の伝統工芸品を販売する新規事業の商品選びを、五郎に頼みたいのだという。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「孤独のグルメ Season7」9話のネタバレ
井之頭五郎(松重豊)は、商談のために海外にやって来ました。

場所は韓国のソウルです。

クライアントとなるのは、商社のイム社長(ソン・シギョン)です。

韓国の伝統的な工芸品や、アンティークを欧羅巴で売り込みたいために、その商品を直接見て確かめてほしいと言われます。

指定されたのはここから距離のある全州です。遠さを感じた五郎ですが、案内人としてパク・スヨン(パク・チョンア)をつけると告げられ、承諾します。

全州に着くと、韓国の傘製作所や南部市場で伝統を感じる品々を見ました。

こうして働いていると、いつも通りお腹が空きます。

スヨンは事務所に戻ってやらなければいけないことがあるというので、1人残された五郎ですが、「トバン」というお店を見つけます。

言葉が分からないながらも、入店してみる五郎ですが、中では納豆の香りがします。

そして、店内で最も安い商品を注文してみます…!

ドラマ「孤独のグルメ Season7」9話の感想
孤独のグルメは韓国の一部の人々に人気なんですよね!なので、こうして韓国でのロケが決まったんだな~と思いました。五郎は納豆が好きですよね。今回のメニューは600円と思えないほどのボリュームでした。韓国料理はメインの料理以外に添え物を色々だしてくれるので凄いな~と思います!儲かっているのかな…と考えてしまいます。韓国の役者さんが出演していましたが、皆さん日本語がお上手でびっくりしました。演技を習うとき、日本語や中国語など、アジア圏の言語を学んだりするのかな?と感じるくらいでしたね~。五郎の韓国語は適当でした!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「韓国ソウル特別市の骨付きカルビとおかずの群れ」
韓国出張2日目となり、前日の疲れが残ったまま朝を迎えた五郎(松重豊)だったが、出勤前の人々が集う屋台でさまざまな現地の食事を満喫。すっかり元気を取り戻した五郎は、イム社長(ソン・シギョン)に視察報告を行う。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「孤独のグルメ Season7」10話のネタバレ
全州(チョンジュ)から戻った井之頭五郎(松重豊)は、イム社長(ソン・シギョン)に出張報告を終えてほっとしていた。

そして社員たちが食べていた韓国風中華のチャンポンやジャジャ麺に興味を示し、空腹のスイッチが入る五郎。

近所で雰囲気のいい焼肉店を見つけてさっそく中に入る。

韓国語がわからないから、あれこれ身振り手振りでデジカルビとごはんを注文するところまでこぎつけた。

すると全州の店と同様におかずののった小皿が次々と並べられ、石鍋のテンジャンチゲ(味噌チゲ)、大きな骨付き肉まで登場。

自分が焼きたいのを我慢して、店員によく焼いてもらい、OKのサインが出たところで肉に食らいつく。

我慢した後の味付け肉はとびきり美味しく、五郎はご飯を片手に肉を食べながら感動するのだった。

さらに追加でチャドルバギという牛バラ肉のスライスとご飯を注文し、デジカルビとは違う美味しさに大感激する五郎だった。

ドラマ「孤独のグルメ Season7」10話の感想
韓国の食堂では焼肉を頼むとキムチやナムル、ジャガイモの煮物などお通しのような小皿がテーブルいっぱいに並ぶということを思い出した。料理を頼みすぎると食べきれないのだが、五郎にはそんな心配はいらなかったようで、ご飯と共に料理を平らげた後、追加で肉とご飯を注文している。お酒が飲めない分、料理はいくらでも入ってしまうようで、幸せそうな五郎を見て満足できた。ご飯が美味しいと仕事もうまく行くようで、美味しい料理を糧にして仕事に精を出す五郎には引き続き美味しい料理を食べ続け、それを見た人も頑張ろうっていう気持ちにさせてほしいと思った。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話「千葉県千葉市の特製ニンニクスープと生鮭のバター焼き」
五郎(松重豊)は、インド料理店との商談のため千葉・西登戸駅へ。店長・坂田(植野行雄)はアルバイトの不手際があり食器を全て買い直したいと話すが、五郎は店内のスパイスの香りに心を奪われ、商談中でありながら上の空になってしまう。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「孤独のグルメ Season7」11話のネタバレ
井之頭五郎(松重豊)は、今日も仕事が詰まっています。

千葉駅付近で1つ目の商談を終えて、2駅先の西登戸駅に行きます。

次の顧客は、インド人のような風貌をしている関西弁を使う坂田(植野行雄)です。

バイトのミスによって食器を新しく購入しなくてはいけなくなったと話す坂田ですが、五郎はこのインド料理屋のカレーに良い匂いに心が惹かれてしまいます。

仕事中なのに、食事のことに頭を持っていかれそうになりますが、何とか商談を済ませることができました。

そして丁度良いと思い、カレーを注文するのですが定休日だと知らせられます。

仕方がないので、お店を出ると、すぐに洋食屋さんを見つけました。「味のレストラン えびすや」という名前です。

少し懐かしさを感じる風貌にピンときた五郎は、迷わず入店します。

期待通りのメニューを見ていると、女将(藤田弓子)がオリジナルのニンニクスープを目にします。

疲れている今の身体にピッタリだと、五郎は即注文を決めました。

ドラマ「孤独のグルメ Season7」11話の感想
デニスの植野行雄さんの役柄が面白かったです。植野さんはブラジルとのミックスなので、インド要素はないのですが、違和感はなかったですね。そして商談先が料理店だったのに、タイミングが悪く定休日という…。しかし美味しそうな洋食屋を見つけられて良かったです!ニンニクに拘っているお店なのかな?と思います。ニンニクスープも、ガーリックトーストも食べたくなりました。カニピラフというのは初めて見ました。エビピラフじゃないんですね~。オリジナリティに溢れている魅力的なお店でした。五郎は良い料理店を見つけるのが本当に上手です!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第12話「東京都中央区八丁堀のニラ玉ライスとエビチリ」
五郎(松重豊)は商談のため、東京・八丁堀のライブハウスへ。店長の五十嵐(大友康平)には4年前にむちゃなオーダーを受けているため、今回もでたらめな依頼になるのではと不安を覚えながら、現地へ向かう。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「孤独のグルメ Season7」12話のネタバレ
井之頭五郎(松重豊)は、京橋で今日最初の仕事を終えました。

次は、徒歩で行けるくらいの距離にある八丁堀のライブハウスでの商談があります。

商談先に着くと以前も仕事をしたことのある五十嵐(大友康平)がいました。

実は、4年前に五十嵐に難易度の高いオーダーを受けた経験があるので、今回の商談には少し不安な気持ちがあります。

前回のことは、酔っていたので記憶にないらしい五十嵐に、どんな無茶ぶりをされるのか…?と思っている内に、商談は終了しました。

昼食を取ろうと五郎ですが、八丁掘はオフィス街なのでお高いお店ばかりが並んでいます。

そんな中、探し求めていた庶民のためのお店を発見します。

中華店の「中華シブヤ」です。 大将(角野卓造)に案内され、店内に入ると、手書きのメニューがありました。

サラリーマンたちで賑わっている中、五郎はエビチリとニラ玉で悩みますが、両方を選ぶことにします!

ドラマ「孤独のグルメ Season7」12話の感想
今話はボリューミーなご飯が出てくる回でしたね!美味しそうでした。そして量の多いニラ玉たちを頼んだあとに、更に注文するとは思いませんでした…!五郎の食べっぷりは最高ですね!おかげでお腹が減ってくる料理を、いつもより多く見ることができました。エビトーストというのは、新しいな~と感じましたね。中華料理店に、トーストも置いてあるなんて珍しいと思います。しかもエビのトーストですし!食べてみたいな~と思いました…。締めにラーメンを平らげて、満足げな五郎を見ることができて、こっちも何だか幸せな気持ちになりましたね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、Paraviなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「孤独のグルメ Season7」の概要

輸入雑貨商を営む“井之頭五郎(いのがしら・ごろう)”は、商用で様々な街を訪れる。そして一人、ふと立ち寄った店で食事をする。そこで、言葉では表現できないグルメたちに出会うのだった―(引用元:公式サイト)

ドラマ「孤独のグルメ Season7」の出演者、放送情報

井之頭五郎:松重豊

第一話
女将:田畑智子
新井屋・夫:山上賢治
新井屋・妻:木野花
第二話
女将:いしのようこ
中西哲夫:大和田獏
第三話
店員:渡部豪太
山本キャサリン:豊田エリー
第四話
沼田:戸塚純貴
前川:田中聡元
車掌:正名僕蔵
第五話
杉山:中山忍
店主:岡田義徳
第六話
店長奥田:ふかわりょう
大将:日野陽仁
女将:阿知波悟美
第七話
佐々木:伊藤克信
マスター:中原丈雄
第八話
丸山:角田晃広(東京03)
大将:千葉哲也
常連客:やくみつる
第九話
パク・スヨン:パク・チョンア
イム社長:ソン・シギョン
第十話
パク・スヨン:パク・チョンア
イム社長:ソン・シギョン
屋台客:キム・キュジョン
常連客:イ・ミョンセ
第十一話
坂田:植野行雄(デニス)
若女将:小林麻子
大女将:藤田弓子
第十二話
五十嵐:大友康平
ミュージシャン(The Screen Tones):The Screen Tones
大将:角野卓造
女将:松山尚子
田中:吉田ウーロン太

原作:『孤独のグルメ』作/久住昌之・画/谷口ジロー(週刊SPA!)

主題歌:オープニングテーマ 「アイリッシュ・スプーン」作曲:久住昌之/演奏:The Screen Tones、エンディングテーマ 「五郎の12PM」 作曲:久住昌之/歌:伝美

制作:テレビ東京

放送:2018年

ドラマ「孤独のグルメ Season7」の見どころ

「深夜の飯テロ」としておなじみの作品が、ついにseason7に突入!

今回も和食・洋食・中華…と、バラエティ豊かで美味しそうな料理が揃い踏み

知る人ぞ知る、町の隠れた名店もたくさん登場するので、どれも行ってみたくなること間違いなしです。

また、今回は「出張編」として、韓国のお店やグルメも登場します。

シリーズを経てもまったく変わらない、井之頭五郎の食べっぷりをご堪能ください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「孤独のグルメ Season7」の感想

20代男性
「おじさんがただひたすら旨そうなメシを食ってるだけのドラマ」なのにがっつりはまってしまい、気づけばもうseason7!相変わらずの飯テロとゴローさんの食べっぷりに癒される。やっぱり肉の回だと、心なしかゴローさん嬉しそうな感じがする。年齢的に健康が心配になってくるが、まだまだ食いまくるゴローさんが楽しみだ。  
20代女性
season1から欠かさず見てます!さすがにseason7にもなってくると、五郎の食レポも上達してきましたね。「銀鱈!銀シャリ!銀のラリーが止まらない!」とか、コメント力がパワーアップしてて面白かったです。「バイキングは浮き足立ったら負けだ!」は私も肝に銘じたいと思います。最終回の中華料理屋さんの店主として、角野卓三さんが出てきたのにはびっくりしました!  
30代女性
画面越しでも食欲を刺激してくるご飯と、五郎さんのおいしそうな食べ方が大好きです。今回は出張編として韓国のエピソードがありました。「孤独のグルメ」は、見てるとたまに近場のお店が出てきたりして、「行ってみたいな~」って思えるので、まだ見ぬ良店発掘する意味でも参考になるドラマです。国内でももっと地方のお店もフィーチャーしてほしいです。  

まとめ

以上、松重豊主演のドラマ「孤独のグルメ Season7」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

2012年からシリーズ開始した「孤独のグルメ」も、ついに7シーズンに突入。

井之頭五郎が出会う絶品グルメは、試してみたくなること必至ですよ!

孤独のグルメ Season7の動画はParaviで全て無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴