ドラマ|官僚たちの夏の動画を全話無料で見れる動画配信まとめ

2009年7月〜9月まで佐藤浩市主演で放送のドラマ「官僚たちの夏」

ドラマ「官僚たちの夏」は、城山三郎による日本の小説をドラマ化した作品。

官僚である佐橋滋をモデルに、高度経済成長を推進した通産官僚たちの姿を描いています。

ドラマ「官僚たちの夏」は動画配信サイトでは配信がなく、ゲオ宅配レンタルで無料レンタルが可能です。

ゲオ宅配レンタルの無料期間を利用すると、ドラマ「官僚たちの夏」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「官僚たちの夏」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「官僚たちの夏」は動画配信サイトでは配信がなく、ゲオ宅配レンタルで無料レンタルが可能です。

ゲオ宅配レンタルは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:ゲオ宅配レンタル)

期間中であればドラマ「官僚たちの夏」のDVD(全5枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みのため、ドラマ「官僚たちの夏」のDVD全5枚を一度にレンタルしても4枚までしか発送されません。

そのため、ドラマ「官僚たちの夏」に出演している主演・佐藤浩市の出演作品

  • 新選組!完全版(全13枚)
  • アンフェア the end(全1枚)

も一緒にレンタルすることをおすすめします。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ゲオ宅配レンタルには、ドラマ「官僚たちの夏」に出演している主演・佐藤浩市の出演作品がたくさん揃っています。

著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがない作品は多くあります

ゲオ宅配レンタルはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われているのです。

まずはゲオ宅配レンタルの無料お試し期間でドラマ「官僚たちの夏」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「官僚たちの夏」の動画まとめ

ドラマ「官僚たちの夏」は、ゲオ宅配レンタルで全話無料レンタルできます

(画像引用元:ゲオ宅配レンタル)

ゲオ宅配レンタルは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「昭和三十年の夢」
通商産業省の自動車課課長・風越(佐藤浩市)は、自動車産業の将来性を見越し、国産車の普及を目指す構想を策定。だが、壮大な計画に周囲は尻込みする。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「官僚たちの夏」1話のネタバレ
敗戦の痛手と混乱の中から立ち上がろうとする日本。その復興の陰には熱き志に燃える官僚たちの姿があった。

日本再建の要は自動車産業の発展にあると固く信じる通産省自動車課課長・風越信吾(佐藤浩市)は、国産自動車の開発・普及を目指して一大計画「国民車構想」を立案する。

彼の描いたビジョンはまわりの理解を得るにはあまりにも壮大だった。

計画実行に二の足を踏む周囲の人々をよそに、風越はアケボノ自動車会社社長の朝原太一(蟹江敬三)を口説き国産車開発の協力を取り付けようとする。

はじめは躊躇する朝原だったが、日本復興にかける風越の熱意に押されて失っていた情熱を取り戻し、ついに重い腰を上げるのだった。

風越と朝原、そして周囲の官僚たち・民間企業人たちをも巻き込んで日本を再び輝かせるための新たな戦いが幕を開けるのだった。

ドラマ「官僚たちの夏」1話の感想
敗戦後の日本を覆う不安や無気力と、そこから立ち上がろうとする人々の熱意を、官の側を中心に描いています。あの奇跡的な復興の陰には日本人たちの熱い思いがあったことに、見ている側の心も熱くなります。佐藤浩市、堺雅人など日本を代表する実力派と、北大路欣也や蟹江敬三、長塚京三などベテラン俳優の重厚な演技が作品に厚みを持たせていて見ごたえも充分です。さらに戦後日本経済史の教科書的な側面もありとても勉強になりました。いまの日本人に欠けている情熱や志を思い出させてくれる、自分たちも強く前向きに生きていかなければと思わせてくれる作品でした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「テレビの時代」
家電産業はテレビの時代を迎え、参入希望企業は80社に達した。過当競争での共倒れを恐れた風越(佐藤浩市)は、企業の選別を決断。一方、電気通信機課課長・庭野(堺雅人)は、選別から漏れた企業を救うべく、テレビに代わる製品を探していた。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「官僚たちの夏」2話のネタバレ
家電産業の方はというと、テレビの時代を迎えていました。

今や参入希望企業の数は80社に達しています。

そんな中で風越(佐藤浩市)はというと、過当競争により共倒れをしてしまう可能性があると先を読み企業を選別することを決断したのでした。

でもそれで選別から漏れた側としては溜まったものでは無いでしょう。

だからこそ、一方で電気通信機課課長である庭野(堺雅人)はというとそんな選別から外れた企業を救おうと考えていたのです。

そのためにはテレビに代わる何か別の製品が必要です。どういったものがあるのか、探していました。

そんなおり、電子計算機なるものの話を聞いたのです。

もしかしたらこれこそが探していたものなのかもしれない、庭野はそう確信しました。

それをもたらしてくれたのは牧(杉本哲太)、彼はフランスに出向しておりその存在を知ったのです。

ドラマ「官僚たちの夏」2話の感想
ついにテレビの時代に、我々の時代にまた一歩近づいた感があります。花形商品ですから誰も彼もが参入を希望して当たり前、80社とはかなりのものです。それで共倒れしていては意味が無い、企業の選別をしようとする風越とそこから漏れた企業を救おうとする庭野・うまく住み分けというか痒い所に手が届く対応が出来ていたものです。今活躍している企業はその選別で選ばれたところ、どうやって決めたのでしょうか。そこで適切な采配をしたからこそそれらの企業は生き残り、それ以外のところはまた違った分野で活躍で来ていてと思うと面白いものです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「大臣との対立」
昭和34年、日本の綿製品が米国市場を席巻し、貿易摩擦を起こしていた。そんな中、対米外交を重要視する“通商派”の池内(北大路欣也)が通産大臣に就任。それに伴い、海外に赴任していた玉木(船越英一郎)と片山(高橋克典)が帰国する。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「官僚たちの夏」3話のネタバレ
時は昭和34年のことです。そのころの日本はというと綿製品が米国市場を席巻しており、貿易摩擦を起こしていたのです。

そんな中で通産大臣に就任したのは池内(北王路欣也)です。

彼は「通商派」、対米外交を重要視する派の人物だったのです。

それに伴って、玉木(船越英一郎)と片山(高橋克典)が帰国します。

海外に赴任していた彼らは、通産省の重要ポストに復帰するのです。

風越(佐藤浩市)はというと、ある懸念がありました。

もしかしたら親米派の池内たちですから、アメリカの要求に従って綿製品の輸出規制を行ってしまうかもしれません。

でも規制すれば日本の繊維企業は軒並みつぶれてしまいます。

そのことを強く訴える風越、しかしながら池内の方は「外交のためにも規制は避けられない状況にあるのだ」と押し切り、決断を下すのでした。

これからどうなっていくのでしょう。

ドラマ「官僚たちの夏」3話の感想
小さな島国である日本、海外との関係も上手くやっていないと一飲みにされてしまいます。でも遠慮してばかりだと肝心の日本の国自体が潤わなくなります。様々な軋轢の中で良い道を模索していかなければならないのは大変なことです。規制はしてはならないと訴える風越、でも通商派の池内が通産大臣として就任して、同じ立場の玉木と片山も帰国して重要ポストに復帰・次々と地盤は固められていきます。こうなったら一人が叫んでいたところでどうしようもなし、もう受け入れるしかないのでしょうか。規制は行われるのか・繊維企業はどうなるのでしょう。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「黒船来襲」
繊維局長・玉木(船越英一郎)が実施した綿製品の対米輸出自主規制により、日本は深刻な繊維不況に。風越(佐藤浩市)は、池内(北大路欣也)と次期総理を争う大蔵大臣・須藤(長塚京三)に繊維業界への融資を直談判する。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「官僚たちの夏」4話のネタバレ
ついに日本は綿製品に関して、対米輸出自主規制が行われることとなりました。

時は1959年のこと、繊維局長である玉木(船越英一郎)が実施したものです。

風越(佐藤浩市)の懸念は現実に、そして日本の繊維企業を中心として深刻な不況に陥ったのです。

それでも風越は諦めることありません。池内(北王路欣也)と須藤(長塚京三)に直談判に行きます。

須藤と言えば大蔵大臣であり次期総理を争う人物、十分すぎるほどの発言権はあるのです。

繊維業界に対して融資をしてほしいと願う風越、しかしながら東京のGATT総会にて日本の貿易自由化を勧告されてしまいました。

どこまでも通らない意見、それどころかどんどんと苦しい立場へと追い込まれていくのです。

「話が違う」と風越らは激怒します。このまま日本はまた貧乏になっていってしまうのでしょうか。

ドラマ「官僚たちの夏」4話の感想
やはり懸念した通りの事態が起こりました。繊維業界だけと油断していてはなりません。それに直接的にも間接的にもかかわる人の数は膨大ですし、一部の不況からどんどん症状が広がっていかないとも限りません。なんとか今の段階で苦境を乗り越える策をと、風越は繊維業界に対して融資を直談判していきます。まだ全然諦めていない、次々と自身に出来ることをと働く彼の姿は尊敬できます。でもそれでもその壁は厚いのです。何しろ池内だけでなくバックにはアメリカという大国も控えています。様々な思惑がぶつかり合う中で日本はどうなっていくのでしょう。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「電算機を救え」
‘60年、日本はコンピューター産業保護のため、海外製品の輸入を禁止していた。だが、日本の技術は遅れ、開発企業への銀行融資もままならない状態。風越(佐藤浩市)は、開発費用を競輪の収益の一部で賄うことを提案する。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「官僚たちの夏」5話のネタバレ
60年代となりました。そのころの日本はというと、コンピューター産業を保護するためにと海外製品の輸入を禁止していたのでした。

それで上手くいくかと思いきや、日本の技術が遅れてしまって開発企業に対しての銀行融資さえままならない状態なのです。

このままでは衰退していってしまいます。そこで風越(佐藤浩市)はというと、競輪の収益の一部を使って開発費用を賄うことを提案するのでした。

とはいえ金銭的な不足は補うことが出来たとしても、技術の遅れを取り戻すことが出来ない以上は根本的な解決とはいかないのではないでしょうか。

そんな折、米国から来日したものがありました。あるコンピューター会社の副社長です。

彼は輸入の解禁を強く求めてくるのでした。海外の製品が入ってきたら技術が進まない日本のコンピューター産業はめちゃめちゃになってしまいます。

ドラマ「官僚たちの夏」5話の感想
今やコンピューター関係の技術や知識は世界でも一位二位を争うのではと思える日本、でも当然ながら最初のうちは遅れていたのだなと驚かされました。成長が遅い子を守るために海外の製品の輸入を禁止、そんな過保護な政策で果たして良いのでしょうか。米国のコンピューター会社副社長の来日、吉と出るのか凶と出るのか気になります。コンピューター産業を救うためにと競輪の収益の一部を使うという風越の提案も面白い、コンピューターと競輪という全く違った分野が関わる瞬間があったんですね。その後は副社長の意見が通り、輸入は解禁されたのでしょうか。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「公害問題」
企業局長となった風越(佐藤浩市)は、国内産業保護法案を提案。玉木(船越英一郎)ら国際通商派は、日本の国際化が阻まれると考え、反対する。一方、世間では公害問題が浮上し、改善を求める声が上がり始めていた。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「官僚たちの夏」6話のネタバレ
風越(佐藤浩市)はというと、企業局長という地位になっていました。

そんな彼がこの度提案したのは「国内産業保護法案」です。

さっそく反対してくる玉木(船越英一郎)ら、国際通商派としては日本の国際化が阻まれてしまうという考えなのです。

相反する二組、いったい勝つのはどちらの側なのでしょう。

その一方で、世間では公害問題が浮上していました。

産業が発達していくのは良いですが汚れた煙や廃棄物を気にせず空気中に・川に流しているのですから当然です。

民衆からは改善を求める声が上がり始めていました。

そんな折、公害問題を軽視する風越の発言が新聞に載ってしまったのです。それに黙っているはずもありません。

風越家の前には漁師たちが大勢集まります。それは川から海へと廃棄物を流されて漁がまともに出来ず憤っていたものたち、記事に反発してきたのです。

ドラマ「官僚たちの夏」6話の感想
日本の産業を守るためには技術力の高い海外の製品を入れないのが一番、でもそれだと島国は一人だけ他から取り残されてしまいます。国内産業保護法案に国際通商派、どちらの意見も納得できるものですから困ります。民衆自身も二手に分かれていたはずで、そんな時に軽率な発言をしたものです。主人公である風越をつい応援してしまいますが、公害問題を軽く扱ったのは良くないです。真意は違い、それを記者たちに勝手にねじ負けたものと思いたいです。そんな状態だと民衆を味方につけることは難しい、このまま海外の進出を許す結果となるのでしょうか。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「敗北」
風越(佐藤浩市)らが進める国内産業保護法案が国会に提出された。新通産大臣の古畑(佐藤B作)の根回しで、反対派の説得にも成功。だが得意になった古畑が極秘構想を記者団に暴露してしまい事態は一変。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「官僚たちの夏」7話のネタバレ
日本の産業を守るためにと風越(佐藤浩市)たちの進めてきた国内産業保護法案、ついに国会に提出されることとなりました。

国際社会を実現する妨げとなると反対する派もいたのになんとかここまで来られたのは、新通産大臣である古畑(佐藤B作)が根回ししていたからです。

反対派を説得したおかげで法案が通ると大得意の古畑、なんと極秘構想を記者団にペラペラと暴露してしまったのです。

そのせいで事態は一変してしまいます。通じていたはずの風越・古畑の間にも亀裂が生じてしまうのです。

同じ意見の仲間同士が対立すればその力は弱まる一方、このままだと風越も大ピンチです。

更に立場が危ういのは暴露してしまうという大失態をした古畑、なんとか自身を守ろうと異例の人事権の行使を訴えてきました。

このままだと正に風越の立場は危うくなってしまいます。

ドラマ「官僚たちの夏」7話の感想
ついに国内産業保護法案の国会提出までこぎつけました。風越らとしては誇らしい限りでしょう。ただ過剰に得意になった古畑が失態を、こちらの作品はモデルがいて実際の出来事に照らし合わせて作られたストーリーですがということは古畑のようなことも本当に起こっているのでしょうか。新通産大臣という偉い立場にいて賢い人物のはず、それが極秘構想を思わず暴露してしまうなんて触れられたくない黒歴史という気がします。それで恥ずかしがって引っ込んでしまったならまだ可愛げがあるもの、なんとか自分の立ち位置を確保しようとあがくからより深刻な事態にと陥るのです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「総理の死」
政争に敗れた風越(佐藤浩市)は、特許庁長官に異動に。次官には玉木(船越英一郎)が就き、国際化時代の幕開けを宣言。総理の池内(北大路欣也)は東京五輪の聖火を運ぶため国産旅客機の開発を急がせるが・・・(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「官僚たちの夏」8話のネタバレ
風越(佐藤浩市)は政争に敗れてしまいました。

仲間が一人自爆した、そのとばっちりを受けたようなものです。

そうして特許庁の長官に異動することとなったのです。次官には誰がというと当然というべき人事で玉木(船越英一郎)が就きます。

彼は国際化時代の幕開けを宣言しました。

それを全世界に知らしめるためにもオリンピックは大切な機会、総理大臣である池内(北王路欣也)は、国際旅客機の開発を急がせます。

それを使って東京五輪の象徴となる聖火を運ぶのです。

でもまず作られた試作機は安全性に不備ありとされてさっそく不合格です。

この調子だといつになったら合格レベルの機器が作れるかめどが立ちません。

改善のためにと玉木は米国製のコンピューターの導入を図ることにしました。

それに対して風越は猛反発するのですが、彼の意見は亨のでしょうか。

ドラマ「官僚たちの夏」8話の感想
日本の国を守るためにと風越が頑張ってくれているのはよく分かりますが、今の時代になって振り返ってみると玉木派の勝利で国際化時代が幕あけして良かったと思えます。過保護すぎる親の元で子供が成長できないでいるのと同じこと、日本に知識や技術が足りていないのであればそれでなあなあにするのではなく外部から取り入れるのが正解なのです。ただそれも風越が公害問題を軽視したり部下が不祥事を起こしたり、そういった出来事が起こったからこそです。歴史はどこで動くか分からない、ここで風越が勝っていればまた違った日本画出来上がっていたことでしょう。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「涙の叫び」
風越(佐藤浩市)は通産次官として再スタートを切った。だが、高度成長や五輪後のつけとなる問題が山積していた。また風越が次官になったことで、片山(高橋克典)が辞意を示し、人間関係にもひずみが出る。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「官僚たちの夏」9話のネタバレ
通産次官としての再スタートを切った風越(佐藤浩市)、政争には敗れたとはいえそれなりの地位にはいる以上はやれることはたくさんあります。

それに、高度経済成長に東京五輪と様々な変化が起きたがゆえのつけとなる問題は山積みだったのです。

風越が次官となったことをきっかけにして片山(高橋克典)が辞意を表明、人間関係のひずみも起きていた時でした。

そんな折、また問題が勃発しました。九州の炭鉱にて爆発事故が起きたのです。

呑気に東京で新聞で情報を見ている場合ではありません。

鮎川(高橋克実)が現場へと向かいました。

彼の役職は企業局長、石炭緊急対策を担っており正確な状況を把握する必要があります。

どのくらいの死者・被害者が出ているのでしょう。

ここでの出来事が日本の未来にどのように影響を及ぼしていくのか、そうなるとまた風越の仕事は増えるのです。

ドラマ「官僚たちの夏」9話の感想
政争に負けたからと落ち込んでいる場合では無し、役人はいつも大忙しなのです。高度経済成長に東京五輪、日本にとってプラスとなる出来事ばかりですがそこでつけとなる問題が起こっていたとは・それも山積みだったとは知りませんでした。知らずにいられるのは幸せなことで、その影で彼のような存在がうまく調整して回ってくれていたのでしょう。国際時代となることは反対していましたが、そうなった以上は頑張って自身の仕事をこなしていく彼は立派な人物です。でもその影で片山が辞意、人間関係の問題は深刻になりがちでちょっと心配です。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「天下りせず」
退官の日が近づいた風越(佐藤浩市)は、闘病中の鮎川(高橋克実)を訪ね、これまでの労をねぎらう。一方、総理の須藤(長塚京三)は、政治生命を懸けてアメリカと沖縄返還交渉に入る。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「官僚たちの夏」10話のネタバレ
主人公である風越(佐藤浩市)、彼はついに退官の日を迎えようとしていました。

向かった先は鮎川(高橋克実)の元、闘病中の病院を見舞います。

そして、「これまでよく頑張ってくれた、ありがとう」と労をねぎらうのでした。

その一方で、総理大臣である須藤(長塚京三)はというと、アメリカに対して沖縄返還交渉に入っていました。

それは、彼の政治生命を懸けての大勝負です。

風越も須藤に呼ばれますが、アメリカ側の無謀な要求に憤りが隠せず須藤とも意見が対立してしまうのでした。

日本とアメリカの関係、そして沖縄はどうなるのか・でも時は無謀に流れて行きます。

そして風越にとって次官としての最後の日を迎えることとなるのでした。

今では当たり前にある日本の中の沖縄、そんな未来を作り出すためにどのような物語が紡がれていくのでしょう。

ドラマ「官僚たちの夏」10話の感想
鮎川の元へとやってきた風越、自分自身がもうすぐ去ってしまうという中でどういったことを想っていたのでしょう。でも自身の事情とかは関係なく次々と起こる問題、一度取られてしまった沖縄が簡単に戻ってくることは無いのです。でも今はアメリカ兵は住んでいてもそこは日本となっている沖縄、そうなる前にどういったドラマがあったのかとても興味深いです。退官してしまえばただの人、彼が関われる機会はあと少しだけになっています。期限付きでの対応、間に合うのでしょうか。それとも総理と対立する彼の存在が無くなったからこそうまくいったのでしょうか。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、ゲオ宅配レンタルなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「官僚たちの夏」の概要

通商産業省の自動車課課長・風越(佐藤浩市)は、自動車産業の将来性を見越し、国産車の普及を目指す構想を策定。だが、壮大な計画に周囲は尻込みする。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「官僚たちの夏」の出演者、放送情報

風越信吾:佐藤浩市
庭野貴久:堺雅人
鮎川光太郎:高橋克実
牧順三:杉本哲太
玉木博文:船越英一郎
片山泰介:高橋克典
丸尾要 :西村雅彦
山本真:吹石一恵
御影大樹:田中圭

原作: 城山三郎

主題歌: コブクロ「STAY」

制作:TBS

放送:2000年

ドラマ「官僚たちの夏」の見どころ

ドラマ「官僚たちの夏」は、敗戦後の昭和30年代の通産官僚と産業界の奮闘を描いた感動作。

熱き通産官僚たちの敗戦後の活躍を描いた物語となっています。

世界と肩を並べる豊かな国にしたいという使命感に燃える官僚たちの姿が見どころですよ。

国内産業の保護を訴える「産業派」と、自由貿易を理想とする「国際派」の攻防を軸に描いた作品。

当時の街並みや社会風俗など、忠実に再現するビジュアルも見どころです。

「ミスター通産省」と呼ばれた主人公・風越信吾役には佐藤浩市。

他、風越を取り巻く通産官僚たちに豪華俳優陣が集結しています。

大人の男たちの熱き戦い、必見ですよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「官僚たちの夏」の感想

40代男性
演技の巧さが伝わる作品です。この手の分野に興味ある方であれば十分に満足できる作品です。各々の配役での演技は”流石プロ!”と言える作品。タイトル通りこのドラマの主役は今、あまりイメージがよくない「官僚」と呼ばれる人たちです。でも、ここに出てくる官僚たちは違います。一人ひとりが自分なりの信念を持って懸命に働いています。そして、考え方は違っても「日本という国を良くしたい」という熱い気持ちを皆、持っています。
50代男性
とてもいい作品です。どんなに辛い事があっても自分の信念、熱い気持ちがあればこそ、乗り越えていけるのだと感じました。ただ、惜しむらくはドラマが面白いと感じてきたのが第三話からだった事。「この続きはどうなるのだろう?」という、次回が待ち遠しくなるような作品です。全体を通して、とても素晴らしいドラマだと思います。
30代女性
公害問題、エネルギー政策の転換、東京オリンピック、大坂万博、沖縄返還と、戦後の歴史を振り返る上でも大変興味深いドラマでした。日本の政治の歴史を簡単に…子供向けに説明してくれているドラマのようでした。出てくる政治家はみな「志」をもっていて、悪い人はいません。各々の「志」で戦うところが単に正義と悪にわかれず新しい構図だと思いました。

まとめ

以上、佐藤浩市主演のドラマ「官僚たちの夏」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

「官僚たちの夏」は、日本の戦後復興に尽力した通産官僚たちの姿を描いたヒューマンドラマ。

実力派俳優を多数布陣したドラマで、最後まで目が離せない内容となっていますよ。

ゲオ宅配レンタルで官僚たちの夏のDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴