ドラマ|時効警察はじめましたの動画を無料で見れる動画配信まとめ

2019年10月〜12月までオダギリジョー主演で放送のドラマ「時効警察はじめました」

無趣味だった警官霧山(オダギリジョー)のために、総武署・時効管理課のメンバーが趣味で時効となった事件を追うよう提案。

FBIから帰国した風変りな警官霧山の新たな趣味で、時効事件を追う生活がはじまるそんなぶっ飛んだストーリー展開です。

ドラマ「時効警察はじめました」の動画は、U-NEXTで見放題配信中です。

U-NEXTの無料期間を利用すると、ドラマ「時効警察はじめました」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ドラマ「時効警察はじめました」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「時効警察はじめました」の動画は、U-NEXTで見放題配信中です。

U-NEXTは通常月額2189円かかる動画配信サービスですが、初回登録から31日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:U-NEXT)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「時効警察はじめました」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「時効警察はじめました」に出演している主演・オダギリジョーの出演作品

  • 舟を編む
  • オーバー・フェンス
  • メゾン・ド・ヒミコ

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「時効警察はじめました」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ドラマ「時効警察はじめました」の動画まとめ

ドラマ「時効警察はじめました」は、U-NEXTで全話無料視聴できます

(画像引用元:U-NEXT)

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「総武のウタマロ」
時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)はある日、総武警察署の食堂で働く女性から、冷蔵庫に入れっぱなしになっていた遺留品の箱を預かる。それは箱に書かれた「要玲蔵(かなめたまぞう)」という文字を誰かが「要冷蔵」と読み間違え…。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「時効警察はじめました」1話のネタバレ
霧山修一朗(オダギリジョー)の趣味はすでに時効となった事件を捜査すること、そんな彼が総武警察の食堂勤務の女性より冷蔵庫の遺留品を預かりました。

そこに書かれていたのは「要玲蔵」、どうやらそれを要冷蔵と読み違えていたようです。

要玲蔵(松村利史)は総武のウタマロと呼ばれ、彼の元愛人であり阿修羅の水の教祖である神沼絹枝(伊勢志摩)が凍死しているのが25年前に見つかったのでした。

倉庫に入る絹枝の姿は監視カメラで捉えられていたものの、それ以降は無人だったのにも関わらず彼女が見つかった倉庫は施錠されていました。

ウタマロは最重要被疑者に、しかしちょうど同じころに自宅にて一酸化炭素の中毒死していたことから事件は迷宮入りです。

調査を続ける霧山、信者である花崎新一(六角精児)が2代目教祖の神沼美佐子(小雪)のことを好きだったがゆえに共犯者となったのではという仮説を立てるのでした。

残された遺留品にあった謎の番号の書かれたメモの存在も気になります。

ドラマ「時効警察はじめました」1話の感想
時効となったからおしまいと警察は引き上げますが、その関係者としては納得がいくわけがありません。趣味でも何でも良いのでこうやって捜査してくれる人がいてくれると心強いです。それにしても総武のウタマロ、かなり特殊な名前です。要冷蔵と勘違いされて冷蔵庫に入っていたとは面白い、25年越しに見つかった遺留品はどのような成果をあげてくれるのでしょう。25年と言うとすでに関係者の中には亡くなったものもいるでしょうし記憶も薄れています。その中で真実を見つけるのは事件直後以上に難しいことですが霧山の実力はいかなるものなのでしょう。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「超人気ミステリー作家の密室殺人」
“ミステリーの貴公子”ともてはやされる小説家。小説を出せばすべてベストセラー、おまけに写真集やCDまで出すなど、アイドル的人気で世を席巻している。そんな彼には、時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が思わず興味を抱く過去があった。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「時効警察はじめました」2話のネタバレ
主人公の霧山(オダギリジョー)は時効となった事件を捜査するのが趣味、そんな彼が目を付けたのがミステリー作家の日下部(向井理)です。

ミステリーの貴公子と言われ刑事たちの中にもファンの多いこの男、過去に彼の父親が密室殺人事件で死亡しているのです。

庭からは凶器も見つかるも、そのトリックも犯人は解き明かされないままに時効を迎えていたのでした。

霧山が捜査を始めると日下部自身も協力を持ち掛けます。

そんな中、亡くなった父親との親子仲が最悪だったという情報を入手しました。

父親の事件を解決したいという殊勝な想いだけではどうやらなさそう、何らかの嘘をついているのではという疑惑も出てきます。

彼の発言、どこまでが本当でどこからが嘘なのでしょう。

そして25年前に起きた密室殺人事件の真相とはいったいどのようなものなのか、謎解きの手がかりをつかもうと即席の推理を披露するもまんまと見破られたりなかなか侮れない敵です。

ドラマ「時効警察はじめました」2話の感想
推理作家でありながら写真集にCDを出しているアイドル的存在、でも父親が密室殺人で殺された過去を持つのですからなかなか壮絶な人生です。霧山に協力したいと申し出てきた彼ですが当時彼は父と確執がありました。今も尚、何らかの嘘をついているようですし信用しすぎない方が良さそうです。上手く情報を引き出させようとしてもこちらの嘘はすぐに見抜いてしまうし、さすがはミステリーの貴公子ということなのでしょうか。霧山は翻弄されることなく真実をつかむことが出来るのか心配です。どんなにもてはやされている人物でも興味なし、時効となった事件に関わるかどうかが霧山にとっての興味の湧きどころみたいです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「婚活の女神の恋の罠」
霧山修一朗(オダギリジョー)はある日、“婚活の女神”と呼ばれる凄腕婚活アドバイザー・琴吹町子(中山美穂)に関する話に興味を抱く。なんでも町子が婚活の技やマナーを伝授するセミナーのプレミアム会員は、ほぼ全員が結婚。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「時効警察はじめました」3話のネタバレ
時効事件の捜査が趣味の霧山(オダギリジョー)、彼がこの度目を付けたのは凄腕婚活アドバイザーの琴吹町子(中山美穂)です。

婚活の女神の名は伊達じゃあない、なんと彼女のセミナーのプレミアム会員はほぼ全員結婚出来ているというのです。

唯一結婚できなかったのが時効事件で殺された後藤沙良(安藤聖)です。

結婚の決まった女性会員と彼女らの婚約者たちとお祝いバーベキューパーティーにて遺体となり発見されたものの、結局犯人を捕まえることは出来なかったのです。

沙良にも婚約者はいました。彼の持参したナイフセットが凶器です。

現場には被害者のダイイングメッセージも、その写真を見て刑事課の彩雲真空(吉岡里帆)は、「MISTAKE」の文字のうちSだけが妙に太いことに気づきました。

琴吹と沙良の婚約者だった男が今は夫婦となっていることにも引っかかります。

更に調べていく事としたのでした。

ドラマ「時効警察はじめました」3話の感想
ほぼ100パーセントの成婚率の婚活アドバイザー、ぜひともセミナーを受けてみたいと思った方は大勢いることでしょう。ほぼ全員が結婚出来たなかで結婚できなかったうえに殺されるなんて不憫な被害者と思いきや、きちんと彼女も婚約者は捕まえられていたようです。でもその相手が今や婚活アドバイザーの女性の結婚相手となっているとは怪しさ爆発です。ダイイングメッセージの中で一文字だけ太い、当時はなぜ見逃されたのでしょう。違った筆跡は書く相手が異なるのかそれとも他に理由があるのか、真相が気になります。霧山に頑張ってもらいたいですが町子にすっかり翻弄されていて心配です。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「ゾンビ映画殺人事件」
長回し1カットで撮影した異色のゾンビ映画『ロマンティックを止めるな』が、25年ぶりに同じキャスト&スタッフでリメイクされることに! この話題に刑事課の彩雲真空(吉岡里帆)は異様に興奮。一方、先輩刑事・十文字疾風(豊原功補)は渋い顔をする。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「時効警察はじめました」4話のネタバレ
25年ぶりにゾンビ映画「ロマンティックを止めるな」が過去と全く同じキャスト・スタッフでリメイクされることになりました。

実は元祖の方は撮影中に監督が殺されてしまい、でも結局犯人が分からぬままにお蔵入りしていたのです。

趣味で調べることにしたのは霧山(オダギリジョー)、マスターテープを鑑賞します。

そこにはなんと監督殺害現場も記録されていたのです。

犯人ではと言われたのは主演女優の折原千香子(中島美香)、ただ殺人事件はカメラの回り続ける70分の間に起こっており千香子が映画のフレームから消えたのはたった3分だけです。

この間に犯行を行うのは不可能と言えるでしょう。

更に調査しようと霧山はゾンビエキストラのオーディションに、リメイク版の撮影に参加することが出来るのです。

そんな中でなんと出演者の一人が「犯人は幽霊です」と言い出しました。

ドラマ「時効警察はじめました」4話の感想
明らかにあの映画を意識したタイトル、でもずっとカメラを止めていないからこそ空白の3分以外に気づかれずに動くのは不可能、主演女優犯人説は難航するというのは面白いです。それにしても、そんないわくつきの作品をよくぞまあ25年も経ったとはいえ同じキャストとスタッフでやろうと思ったものです。それだけ経っていると若かった女優だっていい年齢に、スタッフの中にも欠けるものもおり完全なる再現は難しいのではないでしょうか。誰がこの企画を持ち出したのか、なぜそれが通ったのかというのも気になります。ゾンビになる霧山もなかなか貴重です。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「伝説の芸人ラジオ生放送殺人!?」
刑事課の彩雲真空(吉岡里帆)は、“親友”・夏歩(趣里)から“ある時効事件”の捜査を依頼される。夏歩の父親は“伝説のコント師”で、1994年にラジオの生放送中に死亡した村瀬ベルギーワッフル(水川かたまり)。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「時効警察はじめました」5話のネタバレ
この度入ってきたのはある時効事件、刑事課の彩雲真空(吉岡里帆)のSNS上で知り合った親友である夏歩(趣里)から頼まれたのです。

夏歩の父は人気お笑いコンビのメンバー、アナフィラキシーショックで1994年にラジオの生放送中に死亡したのです。

当時は合い方との関係が最悪だったため彼が疑われるも、生放送中の反抗は不可能です。多くの人が見守る中で起きた密室殺人事件はこうして、時効を迎えていたのでした。

しかしながら、娘の夏歩は相方こそが犯人だと確信していました。霧山(オダギリジョー)はひとまず事件当日のラジオの音源を聴いてみることに。

すると相方の持ちギャグを繰り出そうと被害者が突然降っていく様子が残されていました。

ソバが原因とされたアナフィラキシーショック死ですが霧山は引っかかりを感じるのでした。取り合えず相方にも話を聞くことにします。

ドラマ「時効警察はじめました」5話の感想
SNSで知り合った親友、さすがは時代です。でもそんなところで親友なんてものが見つかるのか、まずはそこに引っかかりました。夏歩も私の中では容疑者の一人です。そんな彼女の父親はお笑いコンビのメンバーでラジオの生放送中に死亡、当時は大混乱だったことでしょう。ソバが原因のアナフィラキシーショック、本当に起こっていたのであればお蕎麦の恐ろしさを思います。人気お笑いコンビだったのいつまらないギャグとは、その音源が残っているのも驚きですがギャグの強要はどう事件に関わってくるのかなども気にかかります。皆が見る中での密室殺人事件とは面白いです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「プロレスラータイトルマッチ殺人事件」
エンターテインメント重視のプロレスを取り入れるというCEO・枕木葵(寺島しのぶ)の英断で、倒産寸前の状態から人気プロレス団体へと成長した「気合プロレス」。実はこの成功劇の途中には、世が騒然となる事件が起こっていた。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「時効警察はじめました」6話のネタバレ
気合プロレス、元々は倒産寸前の状態まで追い込まれていましたがエンターテイメント重視と方向転換を図ることで人気プロレス団体へと成長していたのでした。

その途中に起こっていたのが看板選手である丸山真剣(佐々木大輔)の死、チャンピオンからのベルトの奪還に会場が湧く中で立ったまま息絶えていたのです。

その死因は脳内出血です。

遺体の頭部には3の形に似た妙な傷跡が残されていました。疑われたのは当然チャンピオンの男、そしてレフェリーや所属レスラーらも調べるも時効を迎えていたのでした。

そんな事件を調べることとした霧山(オダギリジョー)、気合プロレスエースの高原が丸山の弟子だったこと・丸山が彼以外のレスラーたちを一方的敵視していたことなど情報が入ってきます。

外からは見えないけれど人間関係が何か影響しているのでは、霧山らは一般練習生として潜入します。

ドラマ「時効警察はじめました」6話の感想
エンターテイメント性を重視して方向転換、それで人気団体へと成長したとはCEOの力は絶大です。でもそんな気合プロレスに起こっていた過去の事件の真相はどう関わってくるのでしょう。立ったまま死んでいる、弁慶を思わせました。ついにベルトを奪い盛り上がる会場を一気に突き落とす自体です。当然対戦相手とレフェリーは疑われてもしょうがない、ですがとにかく多くの観客が見ているのですから妙な行動は出来そうにありません。3の形の傷跡こそが原因で、時間差で死が訪れたのでしょうか。現在の彼らの状況を素人練習生として入るとは、なかなかの気合の入れようです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「一発屋メガネ歌手殺人事件」
最近ツイてない三日月しずか(麻生久美子)は、うっかり霧山修一朗(オダギリジョー)のメガネまで壊してしまって大焦り。新人刑事・彩雲真空(吉岡里帆)らが大流行中だという「開運メガネ」をかけ「効果絶大らしい」と勧めてきた。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「時効警察はじめました」7話のネタバレ
霧山修一朗(オダギリジョー)のメガネを壊してしまった三日月しずか(麻生久美子)は最近ついてないと嘆きます。

彩雲真空(吉岡里帆)らに「開運メガネ」を紹介された三日月は霧山と一緒に買いに行こうとするも、嫌な顔をされました。

しかしこの「開運メガネ」を売っているカリスマ社長・桃瀬多恵子(檀れい)が時効事件に関わっていたと知り、霧山は興味を示します。

多恵子の元夫は一発屋歌手・蝙蝠ユキオ(前野健太)だったが、ワンマンライブの開始直前に「犯人はメガネ」というメッセージを残し死んでしまったのです。

多恵子に話を聞くと、ついてない出来事が多恵子に降りかかるのを目の当たりにします。

霧山は疑問を持ちはじめますが、次々と妙子側に有利な証言や、被疑者候補が現れますます状況がややこしくなります。

一方で鑑識課の又来康知(磯村勇斗)から霧山に新たなヒントが与えられたのでした。

ドラマ「時効警察はじめました」7話の感想
時効警察は警察ドラマの中で最もゆるいと言っても過言ではありません。まず霧山役のオダギリジョーの髪型がとてもゆるいです。趣味で時効の事件を調べて解決しちゃうというのはすごいのか凄くないのかよくわからないのも良いです。また三日月は霧山に好意を寄せているのですが、まったく相手にされておらず、デートとして称して霧山に同行する関係性が笑えます。毎回ゲストが一癖あるものになっていますが、本話に出てくる檀れいもとてもクセがあります。また犯人は眼鏡というダイイングメッセージで、疑わしい関係者が全員眼鏡かけているという小ネタも笑わせてくれます。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「死を予言する男」
総武署の時効管理課に、いきなり外国人が現れた。その正体はFBIの人間。なんと、霧山修一朗(オダギリジョー)の力を借りたい事件が発生したため、アメリカへ連れ戻しに来たというのだ!(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「時効警察はじめました」8話のネタバレ
総武署時効管理課、そこに現れた外国人の正体はFBIです。

霧山(オダギリジョー)の力を借りようとわざわざ日本にやってきたのです。

ただ彼は24年前の時効事件の調査にかかりっきりでした。

高校屋上から高飛び込み部コーチが飛び降り死亡した事件、まっとうに考えると自殺でしかありませんがそれだと不可解な点が、なんと同級生がすでに彼が飛び降りることを予言していたのです。

その同級生は今は未来が見えると予言者となり活躍しています。どうやら事件の1年前に高飛び込みの練習で事故にあい心肺停止状態から蘇生して以来未来が見えるようになったというのです。

とはいえ、自殺したものに動機らしきものはまったくありません。

それにバースデーケーキをちょうど飛び降りた日に受け取る予定にしていました。

何らかの背景があったのでは、更に捜査を進めていくこととしたのでした。

ドラマ「時効警察はじめました」8話の感想
アメリカからわざわざ霧山を連れ戻そうとFBIがやってくる、彼はよほど優秀な人物のようです。ですがそう簡単に動いてくれるわけもありません。彼が調べていたのは高校の飛び降り事件、一見ただの自殺にしか見えないようなものです。でも被害者は自殺の動機はまったくなかったのです。それに同級生が予言している、背景にどういった出来事があったのでしょう。死のふちから戻ってきたものは霊感が強くなると言われていますが、1年前にあった高飛び込み練習中の事故もどうやら関係ありそうです。スピリチュアル的な回、どこまでが本当なのか気になります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、U-NEXTなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「時効警察はじめました」の概要

出向していたアメリカのFBIから12年ぶりに帰国した霧山。だが2010年に殺人事件の時効が廃止され、時効管理課はさらなる“窓際な部署”へと追いやられていた。そんな古巣に戻ってきた霧山は、時効を迎えた事件を私的に捜査する“趣味”を再開する。(引用元:公式サイト)

ドラマ「時効警察はじめました」の出演者、放送情報

霧山 修一朗:オダギリジョー
三日月 しずか:麻生久美子
彩雲 真空:吉岡里帆
又来 康知:磯村勇斗
十文字 疾風:豊原功補
又来:ふせえり
サネイエ:江口のりこ
蜂須賀:緋田康人
浜田山:内藤理沙
久我山:田中真琴
諸沢:光石研
熊本:岩松了

脚本:三木聡

制作:テレビ朝日

放送:2019年

ドラマ「時効警察はじめました」の見どころ

総武署・時効管理課を舞台に個性豊かなキャラクターたちのやり取りと趣味で時効となった事件を追う警官霧山。

一生懸命に趣味を極め、捜査にのりだし事件の解決を行う姿にキュンとし、犯罪を明らかにし犯人を追い詰めるシーンがみどころです。

また、霧山のことを思いながらも、思いを伝えることができずに思い続ける三日月の姿がどこか儚く、二人の恋の行方・今後の進展はあるのか気になります。

難解事件に立ち向かう姿、そして甘い恋模様、どちらも欲張りに注目してほしいポイントとなってます。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ドラマ「時効警察はじめました」の感想

40代男性
12年ぶりに復活した時効警察。本当に面白かったです、前作品が12年ぶりとは思えないほど麻生久美子さんがきれいすぎる♪さすが女優さんですよね、ますますきれいになっていくなんて、素敵すぎる。そしてオダギリジョー、さらに格好良くなっていきましたね!この二人の掛け合いが最高でした。12年と言わず、毎年シリーズ作品でやってほしいです。
20代女性
毎回毎回、小ネタが面白すぎる。笑いが止まらないですね、完全に虜になっていました。麻生久美子さん演じる三日月が、可愛すぎる!どうしてそんなにオダギリジョー演じる霧山が好きなんだろ?完全に変人だろ・・・と思ってしまうんですが、惹かれるものがあるんでしょうね。そんなミステリアスな役を演じれるのは、やっぱりオダギリジョーさんしかいないです!素敵な世界観のドラマでした。
50代男性
時効警察課のメンバーがすごかったです、みんなで壮大なコントを見ているようで、めちゃくちゃ面白かったです。毎話毎話どんな小ネタがでてくるのか楽しみにしていました。そして、吉岡里帆演じる彩雲刑事がすごったです!めちゃくちゃ元気で空回りキャラクター、うるさすぎる展開でしたが、どんどん中毒になっていきました。時効警察ネタをどんどんとためて、ぜひシリーズ化していってほしいです!

まとめ

以上、オダギリジョー主演のドラマ「時効警察はじめました」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

「時効警察はじめました」の脚本・監督は三木聡。さらに新時代注目のクリエイター達が集結し、新間隔のミステリードラマを作り出していきます。

ゆるっと力の抜けたミステリードラマは、癖になる人続出!?

ファンの間で「伝説のドラマ」と言われているミステリードラマが、2019年10月注目の大復活です!
U-NEXTで時効警察はじめましたの動画は全て無料視聴できます。

31日間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴