ドラマ|いつか眠りにつく日の動画を無料で見れる動画配信まとめ

2019年7月〜8月まで大友花恋主演で放送のドラマ「いつか、眠りにつく日」

いぬじゅん著の第8回日本ケータイ小説大賞・進研ゼミ中学講座賞のダブル受賞作品が、待望のドラマ化!

事故により命を落とした主人公・森野蛍(大友花恋)が、死者の案内人に「3つの未練を解消しないと成仏できない」と告げられ、奔走しますが・・・?

ドラマ「いつか、眠りにつく日」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムの無料期間を利用すると、ドラマ「いつか、眠りにつく日」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「いつか、眠りにつく日」(略称:いつ眠)の動画を無料視聴する方法

ドラマ「いつか、眠りにつく日」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムは通常月額888円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:FODプレミアム)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「いつか、眠りにつく日」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「いつか、眠りにつく日」に出演している大友花恋の出演作品

  • 恋仲

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「いつか、眠りにつく日」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
1ヶ月間無料で動画視聴

ドラマ「いつか、眠りにつく日」(略称:いつ眠)の動画まとめ

ドラマ「いつか、眠りにつく日」は、FODプレミアムで全話無料視聴できます

(画像引用元:FODプレミアム)

FODプレミアムは2週間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「透明な存在」   
蛍は修学旅行中に交通事故に巻き込まれる。蛍が目を覚ますと、全身真っ黒な服を着た男が現れ、「俺はお前の案内人だ。蛍、よく聞け。お前は死んだんだ」。死んでから49日以内に3つの未練を解消しなければ地縛霊になり、周りの人間を不幸にすると告げる。事故から2週間も寝ていた蛍には、19日しか残されていない。(引用元:FOD)

ドラマ「いつか、眠りにつく日」1話のネタバレ
森野蛍(大友花恋)は、片思いしていた大高蓮(甲斐翔真)と、一番仲良しの山本栞(喜多野愛)と一緒に中学の思い出旅行に行く途中で、交通事故に死んでしまう。

気が付いた蛍のところに、死に人を導くクロ(小関裕太)が来て、死んで霊になったことを教えられ、あと19日で3つのやり残したことをやり遂げなければ悪霊になり、周囲の人々に悪いことが起きると言われる。

一つ目のやり残したことは蛍の祖母である福嶋タキとクロに言われ、蛍はタキの施設に行って、探すけれど、見つからず、竹本トシという死んだ人と話をする。

すると、トシからタキが死んだと聞き、クロについては騙されているのではと言われる。

けれども、蛍は認識していないようだけど、蛍に伸ばすトシの手からは黒い靄が出ている。

クロは治療中の寝ている女の子の横に立っていて、蛍の名前と生きていた月日が書かれた黒いお札をかざしている。

ドラマ「いつか、眠りにつく日」1話の感想
話題のいぬじゅん原作の小説が元になっているドラマ。早くも、不思議な設定にワクワクしてしまいます。誰しも、急に死んだら、やり残したことがあるはず。それをやり遂げるチャンスをもらった蛍だけど、死んだ後にやり遂げてもどうなのでしょう?とても考えさせられるドラマになりそうです。まだ、クロがどんな人物なのかよく分かりません。それに、蛍は祖母にどんなことをやり残していたのでしょうか?クロは何をさせたいのでしょうか?続きが気になります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「触れては消える」   
蛍の1人目の未練解消の相手は、祖母・福嶋タキ。蛍がいくら探してもタキはいない。困り果てた蛍に老婆が声をかけてくるが、老婆は蛍のような霊を食べて生き延びる地縛霊だった。何とか未練解消に成功するが、未練解消が辛いと感じた蛍は、家を飛び出す。向かった先は、片思いの相手・蓮。そこに女子高生・圭子が現れる。(引用元:FOD)

ドラマ「いつか、眠りにつく日」2話のネタバレ
祖母に会いに来た森野蛍(大友花恋)は、死んだ竹本トシに、クロ(小関裕太)に騙されているのではないか?と言われ、さらに、蛍は人間の香りがすると言うので、少し驚いたところで、クロが竹本を襲う。

実は、竹本は悪霊で、蛍の祖母である福嶋タキは施設を出て、家に戻っていたので、蛍とクロで会いに行くと、タキは蛍は自分を大切にしてほしいと言い、蛍は絶対にそうすると誓う。

すると、2人に光が当たり、気が付くと、蛍はクロの部屋に戻ってきていて、クロが2つ目のやり残したことはと話し出すが、蛍は片思いの蓮を見に行く。

そして、死んだ学生の霊に話しかけられ、事情を聞くと、生前、噂で知っていた川で亡くなった女の子だった。

その女の子は昔、落としてしまった七夕の短冊を拾おうとして、川で死んでしまった圭子。

そこへ、クロが来て、その女の子を悪霊だと思い、襲おうとするので、蛍は女の子をかばう。

ドラマ「いつか、眠りにつく日」2話の感想
クロは蛍にちゃんと3つのやり残したことをやり遂げてほしいようだけど、本当の目的は何でしょうか?何か隠しているような気がします。でも、蛍がやり残したことというより、祖母が蛍にやり残したことがあったようにも思えます。こうして、周囲の人々の気持ちを受け入れて、徐々に蛍は成仏できるということなのでしょうか。それが、このドラマのタイトルである「いつか、眠りにつく日」になるのでしょうか。まだ、よく分かりません。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「ずっと見ている、ということ」   
蛍は、親友・栞をヒントに、地縛霊の圭子の未練を探す。圭子は大切な親友・雪絵を思い出し、雪絵を見守ることに。数日後。圭子の元を訪れると、雪絵に対して憎しみが募っていた。圭子は、”いつまでも死んだ人間のことを悲しんではいられない”という現実を突きつけられたのだ。蛍は2人目の相手は、親友の栞だった。(引用元:FOD)

ドラマ「いつか、眠りにつく日」3話のネタバレ
圭子を襲うクロ(小関裕太)を蛍が守り、圭子が知りたかった七夕の短冊の内容を森野蛍(大友花恋)は伝える。

それは「仲直りできますように」で、その瞬間、圭子は一番仲良しだった雪絵のことと分かり、蛍は圭子を連れて、雪絵のところに走り出す。

そして、圭子は雪絵の近くにいたいと言い、蛍も一番仲良しだった山本栞(喜多乃愛)の近くにいたいから、成仏しなくていいと言い出す。

しかし、雪絵はすっかり圭子のことを忘れて過ごしていて、圭子は頭に来てしまう。

蛍は自分の家に行ってみると、両親が楽しそうに働いていて、クロにみんな死んだ人間のことは忘れるから、近くにいるのはつらいと言われる。

蛍は二つ目のやり残したことを栞と聞き、栞のところに行くけれど、なかなか謝れず、栞が書いた短冊を見ると、一番仲良しの友達が夢を実現できるようにとあって、号泣する蛍。

ドラマ「いつか、眠りにつく日」3話の感想
切ないですね。死んでも親友を見守ってあげたいけれど、生きている人たちは死んだ人のことを忘れて生きているという現実はとても辛いです。でも、本当は忘れてはいなくて、心の中でずっと思っているけれど、それは目に見えにくいものだから、難しいものですね。それにしても、クロ、いつも蛍を見守り、とってもカッコいいです。死後の世界もこんなクロのような存在がいてくれたら、本当に頼もしいですね。そして、3つ目のやり残したことは蛍の片思いの相手である蓮で間違いないでしょう。次の話も気になります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「きっと、泣くでしょう」   
蛍は修学旅行の日になぜ、栞が急に怒ったのか、理由を考えていた。最後の未練解消の相手は、大高蓮。蓮の元を訪れるが、いなかった。クロは蛍を励ますため、図書館へ。そこで涼太とその案内人・カクガリが現れる。涼太は自分の死を理解しておらず、未練を解消できずに49日目を迎えようとしていた。(引用元:FOD)

ドラマ「いつか、眠りにつく日」4話のネタバレ
2つ目のやり残したことの相手は一番仲良しの山本栞(喜多乃愛)だと分かった森野蛍(大友花恋)は、学校の思い出旅行の時に栞が突然機嫌が悪くなったわけを想像していた。

蛍が2人でたびたび訪れた場所に行くと、栞もそこにいて、それぞれ自分の気持ちを話し、いつまでも一番の仲良しでいるサインとして、おそろいのストラップを持ち、生前にやり残したことをやり遂げる。

3つ目のやり残したことの相手は大高蓮(甲斐翔馬)とクロ(小関裕太)に言われ、蛍は蓮がトレーニングしている場所に向かうけれど、そこにはいない。

クロが図書館に蛍を連れていくと、少年の霊と導き役のカクガリがいる。

少年は松村涼太といい、自分が霊になったことが認識できておらず、やり残したことをやり遂げていなくて、機嫌が迫っていたので、蛍は一緒にやり残した相手を見つけることにする。

ドラマ「いつか、眠りにつく日」4話の感想
蛍は自分の気持ちをはっきり言えない性格ですね。片思いだけでなく、親友にも気持ちを伝えていないから、すれ違ってしまっていました。頭では分かっているけれど、なかなか、行動に移すのが難しいこと。よく、やり遂げました。一歩ずつ、成長している蛍だけど、最後の相手は片思いしていた蓮。これは大変でしょうね。その前に少年の霊の手伝いをすることにした蛍だけど、少年がやり残した相手と言えば、やっぱり、両親かなと思います。さて、次はどんな展開になるのでしょうか。続きが楽しみです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「蛍の光」   
クロから「お前は涼太の手助けすることで、蓮との未練解消から逃げたいだけだ」と言われる蛍。蛍は、涼太の未練解消のため、保育園の先生・麻紀子に会いに行く。涼太の死には麻紀子が深く関わっており、未練解消の相手も彼女だった。クロは、「俺がいない方が蛍にとってはいい」と告げ、蛍の前から去ろうとする。(引用元:FOD)

ドラマ「いつか、眠りにつく日」5話のネタバレ
森野蛍(大友花恋)が松村涼太(千葉新)のやり残したことを手伝っていると、クロ(小関裕太)は大高蓮(甲斐翔真)とのやり残したことを避けていると注意され、言い合いになってしまう。

涼太がお世話になった先生の麻紀子(安座間美優)に会いに行くと、周りの人が涼太のことをわかってくれず、その状況に驚くので、蛍はやさしくマジックで見えなくなっているだけと話す。

そして、麻紀子が涼太が事故に遭った場所で手を合わせているのをみて、ようやく涼太は自分が死んでいることに気づき、落ち込む。

けれど、蛍から自分も勇気を出すから、涼太も勇気だそうと励まされ、涼太が麻紀子に一生懸命に気持ちを伝えているのを見て、蛍は、自分も蓮とのやり残したことをやり遂げようと心に誓う。

すると、クロは自分は蛍のそばにいない方がいいと言い出し、いなくなろうとするので、蛍はクロがいないと困ると涙し、蓮のところに一緒に行くと、蓮が蛍のことを待っていたと話しかける。

ドラマ「いつか、眠りにつく日」5話の感想
小さな子でもこんなにたくさんの思いがあって、ストレートに伝えられるのはスゴイですよね。逆に、小さい子だから、いろいろ考えずに、相手に言いたいことが言えるのかも。素直になることは、大人になるにつれて難しいことだから、蛍は涼太が出来たのだから、私もと考えているけれど、大きくなれば、相手の反応を気にしてしまうから、言いたいことを全部言うということは並大抵のことではないと思います。次はいよいよ最終回。蛍は思いの全てを言い切って、そして、連はどんな反応を見せるのかが気になります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「生きる、ということ」   
最後の未練解消へと、蓮の元に向かう蛍。思い出の校舎で、お互いに想いを伝え合う二人。切ない最初で最後のキスをして、3つの未練解消をしたはずだった。ところが、蛍が目を覚ますと思いもよらぬことをクロから告げられる。クロが現れた本当の意味、未練解消、今まで起こった全ての事態を理解した蛍の前に、奇跡が起こる。(引用元FOD)

ドラマ「いつか、眠りにつく日」6話のネタバレ
最後のやり残したことをやり遂げるため、森野蛍(大友花恋)は大高蓮(甲斐翔真)のところに行き、初めてで、そして最後の口づけを交わし、ようやく、3つのやり残したことを終える。

そして、蛍が気が付くと、クロ(小関裕太)から、蛍はまだ死んでいなくて、3人の方が死んでいて、やり残した相手が蛍だったけれど、蛍は死にかけていて、3人ともやり遂げられずに悪霊になりそうだったので、この方法を取ったと説明する。

蛍はあまりの驚きで、涙があふれ、3人と一緒にいたいと言うが、3人からは自分達の分まで生きてほしいと言われ、3人と別れる。

クロから、今までの記憶を消し去ると言われ、クロとも別れ、蛍が気が付くと、母親が横にいて、現実に帰ってきたことを悟る。

しかし、蛍は3人との出来事を忘れておらず、祖母の形見となった鏡を見ながら、精一杯の笑顔を作り、山本栞(喜多乃愛)とおそろいのストラップが付いたバッグを持って、登校する。

途中で、クロが声をかけ、姿はもう見えないけれど、蛍には聞こえたようだ。

ドラマ「いつか、眠りにつく日」6話の感想
衝撃的な大どんでん返しで、蛍と一緒に、こっちも号泣してしまいました。蛍にとっては大切な人ばかりを亡くしていたという事実はショックしかないですよね。でも、このように3人と向き合えたことで、蛍はちゃんと立ち直ることができました。しかし、これは架空の話で、現実ではないことなので、やはり、伝えたいことはその時に、きちんと伝えないとならないですよね。自分も相手も、いつまでも永遠にある命ではないことを知り、一期一会を大切に、その時にできる全てを出し切る人生を送らなければ、思い残して死んだ人に申し訳ないと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、FODプレミアムなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「いつか、眠りにつく日」の概要

主人公・蛍(大友花恋)は、中学時代から片思いの相手である大高蓮(甲斐翔真)と親友の山本栞(喜多乃愛)と共に、修学旅行の途中バスの交通事故に遭い命を落としてしまう。

幽霊となった蛍の前に現れたのは、死者の案内人・クロ(小関裕太)。

この世に残した未練を3つ解消しなければ、成仏できないと告げる。

蛍は、未練のひとつが5年間片想いしている蓮に告白することだと気づいていた。

だが、蓮を前にしてどうしても想いを伝えられない・・・。

蛍の決心の先にあった秘密とは?予想外のラストに、温かい涙が流れる―。 (引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「いつか、眠りにつく日」の出演者、放送情報

森野蛍:大友花恋
クロ:小関裕太
大高蓮:甲斐翔真
山本栞:喜多乃愛

原作:いぬじゅん「いつか、眠りにつく日」

主題歌:LONGMAN「Beautiful World」

制作:フジテレビ

放送:2019年

ドラマ「いつか、眠りにつく日」の見どころ

事故で死んでしまった女子高生・森野蛍(大友花恋)が、死の案内人に「49日までに3つの未練を解消しないと成仏できない」と聞かされ、奔走するストーリー。

まずは3つの未練とは何かを探し出すところから始まります。

1つは、片思いの大高蓮(甲斐翔真)に想いを伝えなかったことだと自覚がある蛍。

後の2つは、案内人・クロ(小関裕太)とともに行く先々で出会った霊たちと関わることで、次第に明らかになっていきます。

恋・友情・家族愛と、蛍を取り巻く様々な人間模様が描かれますが、みんな心の優しい思いやりの深い人物ばかりで、それがより一層涙を誘います。

クロとはいったい何者なのか?最後に蛍を待ち受ける運命とは?

意外な結末に驚かされますよ!

\今すぐ動画を無料視聴する/
1ヶ月間無料で動画視聴

ドラマ「いつか、眠りにつく日」の感想

40代男性
ドラマの設定が面白かったです。修学旅行の途中バスの交通事故で命を落としてしまって幽霊になってしまう。成仏するためには この世に残した未練を三つ解消しなければいけないという設定を笑っちゃいました。幽霊が恋をするとどんな風になっていくんでしょうか。幽霊に愛されてる側の気持ちとしてはただただ怖いですよね。でも自分が片思いのまま死んでしまったら、本当に死んでも死にきれない思いなりますよ。結末は言えないですがとても感動して納得のいく終わり方でした。
20代女性
死後49日間の世界を、高校生で描くというのは面白かったです。しかもそのうち30日間寝ていたので、残り19日しかないという緊迫感。まだまだ未来のある高校生が死んでしまったのに対して、起死回生のチャンスのような展開なので、やっぱりハッピーエンドで終わるんだと思いました。しかしいい意味で予想を裏切るようなラストの展開、こんなラストにしても消費者として納得できるという感心するストーリーでした。
50代男性
このドラマが伝えたいことは、いつ死ぬか分からないから後悔のないように今日を生きよう!という、メメント・モリの言葉をドラマ化したように感じました。5年も片思いしてまだまだ時間があると思っていたら死んでしまった主人公。誰か幽霊になってしまうというような展開。やっぱり明日やればいい、いつかやればいいと思って先延ばしにしては駄目ですね。一応大切にして生きていこうと思わせてくれるドラマでした。

まとめ

以上、大友花恋主演のドラマ「いつか、眠りにつく日」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

何度もうるっとしてキュンとして、とても素敵なドラマ「いつか、眠りにつく日」。

最後は予想のつかないどんでん返しがあり、「こんな終わり方があるのか!」と衝撃的で面白いですよ!

FODプレミアムでいつか、眠りにつく日の動画は全て無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
1ヶ月間無料で動画視聴