ドラマ|イノセンス冤罪弁護士の動画を1話から無料で見れる動画配信まとめ

2018年1月〜3月まで坂口健太郎主演で放送のドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」

身近に潜む「冤罪」の恐怖。冤罪とは、無実であるのに犯罪者として扱われてしまうこと。実は普通に暮らしている一般の人々が冤罪の犠牲になっていることが少なくありません。

このドラマは、一人の若き弁護士が、科学者、ジャーナリスト達の協力を得て、意外な実証実験で、冤罪事件を解き明かして行きます。

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の動画は、huluで見放題配信中です。

huluの無料期間を利用すると、ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の動画は、huluで見放題配信中です。

huluは通常月額1026円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:hulu)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」に出演している主演・坂口健太郎の出演作品

  • 俺物語!!
  • ヒロイン失格
  • コウノドリ

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の動画まとめ

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」は、huluで全話無料視聴できます

(画像引用元:hulu)

huluは2週間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「無実の弱者を救え!科学の力で逆転無罪!?」
法律事務所で刑事事件を担当する若手弁護士の黒川拓(坂口健太郎)は、日本の司法制度の下では異例3年で5件もの逆転無罪を勝ち取っている凄腕弁護士。しかしその素顔は、人当たりはいいものの、整理整頓が苦手で取材嫌い、事務所の物置に住み着いている変わり者であった。(引用元:公式サイト)

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」1話のネタバレ
保駿堂法律事務所にて、敏腕弁護士の黒川拓(坂口健太郎)は働いていました。

仕事は有能ながらもプライベートはだらしない変わり者、新米弁護士の和倉楓(川口春奈)は彼のペースに振り回され、ストレスの毎日でした。

凶もまた、勝手に取材をドタキャンして受けてきたのは自宅放火魔事件、逮捕され自白までした犯人ですがその妻は「彼が犯人のはずはない」と言葉を詰まらせます。

調べるうちに、もしも計画的な犯行ならば息子の形見の品を事前にすべて運び出せていたはずと矛盾に気づき、警察が虚偽の自白を強要していたことを突き止めるのでした。

その翌日、火事の跡地を証拠写真として撮っていると集まってきた小学生が「ユキオの呪い」という謎の言葉を言い出します。

容疑者だった男の息子は、廃工場で花火をして失火し亡くなっていたのです。

更に綿密な調べをすすめる黒川、そして逆転無罪を勝ち取るのでした。

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」1話の感想
頭の良いものほど日常生活をまともに送るのも難しい変わり者だったりするもの、本人は良くてもそれに振り回されるものは大変です。でも黒川と和倉、なんだかんだで良い関係となりそうです。冤罪事件を3年で5件、これが異例の数とは少なくて驚かされました。人がやることですから、もっと多くの失敗はあるはずです。自分はやっていないのに警察の脅しに負けて嘘の答えを引き出さされて、そのまま牢屋に入れられてしまった方々は可哀そうです。その家族もつらい毎日を送っているはず、もっとこういう弁護士さんが増えてくれればと強く思います。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「夢追う息子がコンビニ強盗!?信じる母の願い!」
拓(坂口健太郎)の父・真(草刈正雄)が最高検のエリート検察官だと知った楓かえで(川口春奈)は、拓がわざわざ薄給の刑事事件の弁護士をしていることを疑問に思うものの本人には聞けずにいた。そんな中、お金にならない当番弁護の依頼が舞い込むのであった。(引用元:公式サイト)

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」2話のネタバレ
有能裁判官の拓(坂口健太郎)、その父は最高検のエリート検察官だったのです。

なぜこのようなところで拓はいるのか、気になりながらも楓(川口春奈)は聞けずにいたのでした。

そんな時、また金にならないような弁護依頼が届きました。

21歳の飲食店アルバイトの十勝氏(山田祐樹)が、コンビニでの強盗傷事件の容疑者として逮捕されたのです。

自分はやってないと激昂するも、何しろ10代の頃からいくつもの窃盗を繰り返してきたワルですから説得力がありません。

楓から疑いの目で見られて切れた十勝は弁護拒否までするのでした。

とは言え、母親によると今は料理人をめざし真面目になっており強盗などするはずはないとのこと、改めて事件の検証を行うことにしました。

調べていくと明らかになってきたのが警察側のずさんな捜査、疑わしきは疑えとすべてを十勝犯人の方向へとゆがめているのです。

でもちょうどそのころ別の場所にいたことがようやく分かりました。

偏見の目が向くのはしょうがないこと、でも人は変われるのだと信じる拓、その言葉に十勝も背中を押されました。

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」2話の感想
高校時代までワルだった、でも今は真面目になっているのだからうちの息子が犯人ではないと信じる母親がすごいです。こういう人がいてくれるのであれば、彼はきっと立ち直れるでしょう。心証が黒いからと十勝犯人を前提として動く警察が恐ろしい、こうやって冤罪事件は増えていくのです。3回やったからといって4回目もそいつが犯人とは限らない、毎回クリーンな瞳で見て判断してもらいたいです。明らかに態度が悪い十勝の挑発にもめげず、一つ一つ検証していく拓はすごいです。きっとその態度は犬が怖くて吠えまくっているようなものなのではないでしょうか。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「白い巨塔で医療ミス!?陰謀から無実の医師を救え」
大学3年の時に理工学部から法学部に移ったという拓(坂口健太郎)の珍しい経歴を聞いた楓(川口春奈)。その頃から拓を知る湯布院(志賀廣太郎)は弁護士を目指す前の拓は今とは正反対の性格だったと話すが、拓が変わったきっかけについてはお茶を濁す。(引用元:公式サイト)

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」3話のネタバレ
拓(坂口健太郎)は元々理工学部にいて法学部に移ったという異色の経歴、しかも以前は正反対の性格だったようです。

そのきっかけは大学3年生の時に起こったようですが、それを知るものは真実を教えてはくれません。

そんな中で新たな事件が、手術中に亡くなった患者の医療ミスの責任を問われ執刀医の雲仙(平岳大)が逮捕されたのです。

本人としても直接遺族に説明をしたいと望むも病院に止められており、病院ぐるみでの何か黒いものが見えてきます。

さっそく現場調査へ、なんと病院側が雲仙個人の医療ミスとなるよう嘘の記載をしていたのです。

事件が起きたのは人工心肺の電源が急に落ちたから、大規模な実証実験を行い落雷が原因と突き止めます。

ただそれは推測の域を出るものでは無し、そうして懲役1年執行猶予3年の有罪判決となってしまうのでした。

結局は勝つことが出来なかった、拓は激しく落ち込むのです。

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」3話の感想
医療ミス、医者にはつきもので一度でも発覚すると地に落ちてしまう恐ろしいことです。それでも自身が本当にやってしまったのであれば技術や知識の無さを悔めば良い事、本来はやっていないことを取りだたされて牢屋にとなると最悪です。相手は病院全体、一個人が勝つのはとても難しいことです。見事拓が解決し無罪にというのを期待していたので、まさか有罪判決となるとはと茫然としました。自然相手のこと、実証実験を本格的に行ってもそれがちょうど事件の時に起こっていたかどうかはちゃんとは証明できないのです。悔しい思いをしました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「海底の砂だけが知る 孤独なOLの嫉妬と殺意!」
企業法務部門の弁護士・登別(正名僕蔵)が、好意を寄せていた女性・小笠原奈美(ともさかりえ)の刑事弁護をこっそり引き受けていたことが発覚し、所長の別府(杉本哲太)の命令で拓(坂口健太郎)と楓(川口春奈)が急遽引き継ぐことに。(引用元:公式サイト)

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」4話のネタバレ
旅行先で後輩殺害の容疑をかけられているという小笠原奈美(ともさかりえ)の刑事弁護を引き受けることとなった拓(坂口健太郎)・楓(川口春奈)。

彼女は容疑は否認するものの何か隠していることはあるようです。

なかなか収穫が得られず、拓は事件現場に行くのでした。

そして事件の再現をしようと水の中に顔を、止めようと楓もびしょぬれです。

その帰りになぜか拓は楓を伴って実家へ、彼の父はエリート検察官であり人は嘘をつくと拓とは真逆の考え方、気まずい雰囲気の中で食卓を囲むのでした。

どうやら親子の確執は拓の大学時代から続いているようです。

結局、弁護材料も見つからないままに裁判の当日となり、奈美がストーカー行為を行っていたことまで発覚するのです。

殺された相手は奈美のストーカー相手が好意を寄せていたと思われる人物、つまり嫉妬が原因と言います。

とはいえ二人で旅行に行ったのは奈美が自分の気持ちをきちんと伝えようと思ったからこそ、その時に友情の証のペンダントを海に捨てました。

でもそれを後から拾おうとして溺れた被害者、純粋なる事故だったのです。無事、奈美の逆転無罪判決が下るのでした。

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」4話の感想
好きな男を取られた相手、しかも奈美はその男性にストーカー行為までしていたというのですから心証はとにかく黒に近いです。これを覆すとは、さすが拓というしかありません。でも父親は正反対の考え方、わざわざ現地まで行って調査するほどの情熱の裏には父への反抗の気持ちも隠されているのでしょう。友情の証を捨てることとなるとは被害者は我慢が出来なかったのでしょう。それで溺れて死んでしまった。なんともつらい事件です。自身の反抗では無いことは分かったものの、自分の行動が原因でとはなるのですからずっと心に深く傷がつくのではないでしょうか。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「盗撮動画で体罰 パワハラ教師に社会的制裁の罠!」
拓(坂口健太郎)が弁護士を志すきっかけになったある事件について、別府所長(杉本哲太)と湯布院(志賀廣太郎)、聡子(市川実日子)が“立場は違うが嫌な出来事を共有している”仲だと秋保(藤木直人)から聞いた楓(川口春奈)でした。(引用元:公式サイト)

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」5話のネタバレ
拓(坂口健太郎)の家に行ったことで彼の両親との確執を目の当たりにした楓(川口春奈)は、所長や上司たちから彼が弁護士を目指そうと決意したきっかけとなる事件について聞くのでした。

そんな折、彼らはまた仕事の依頼を受けます。その相手は名門フェンシング部顧問の高松洋介(豊原功補)、部活の指導中に選手の一人が不整脈で心停止となり倒れ業務上過失傷害により在宅起訴されているのです。

被害者は一命は止めたものの自宅療養中、訪ねていくも過保護な母親に邪魔されて本人と話も出来ません。

杜氏の練習風景の映像を見ると、かなり厳しい様子ですが肝心の部分はノイズが走って見えなくなっていたのでした。

どうやら高松は期待する選手には入れこみすぎる部分があるようです。

生徒らは皆不満を持っていたようで、弁護側の証人尋問の日に、まさかの体罰の告発をするのです。

いきなりの大ピンチです。ただ更に調べていった結果、彼の心停止は細工により道具に電気が送られていたせいでした。

被害者は期待を受けすぎて部内で孤立、死を望んでいたのです。高松は無罪判決となりました。

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」5話の感想
結局高松は無罪、でも本人も反省すべき点は多々あり後味の悪い事件です。周りが見えなくなるくらい入れこんでしまうのは顧問として失格、一人をひいきすることで部員たちの中でいじめが発生することや強いプレッシャーを受けてしまうことは考えられるはずです。無罪だったけれどもう彼は顧問としてはやっていけないでしょう。今後、違った人がやってきてもっとフェンシング部の中を風通しよくしてくれることを願っています。一度は裏切りを受けて高松を体罰で告発されて、それなのによくぞ無罪にまで持っていったものです。拓のすごさを感じさせられました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「射殺&幼児誘拐事件発生!消えたベース音の謎!」
拓(坂口健太郎)から預かった『東央大学生殺人事件』のファイルを読んだ楓(川口春奈)は、当時大学生だった秋保(藤木直人)の妹が殺害され、交際相手だった理工学部の学生が有罪判決後に自殺したという11年前の事件の経緯を知るのであった。(引用元:公式サイト)

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」6話のネタバレ
拓(坂口健太郎)から渡された「東央大学生殺人事件」ファイル、それを読み楓(川口春奈)は11年前の事件を知るのです。その担当検察官こそが拓の父親でした。

冤罪かもしれない、だからこそ拓は今も尚事件を引きずっているのです。

そんな中で新たな事件が、事務所が顧問契約する企業の社長の息子が射殺事件の容疑者となっているのです。

態度は悪いものの本人は否認しています。

冤罪を晴らそうと調べる拓に更なる障害が、ほのか(趣里)の息子が誘拐されたのでした。

事件の弁護を辞めろと脅しのメールも届きます。

少年を守るために弁護を降りて、そう説得する楓たちでしたが拓はぎりぎりまで粘ります。

彼は見事、どちらの事件も解決させるのでした。

そして11年前の事件で疑われたのが拓の幼馴染だったことが冤罪事件にこだわる本当のりゆうであると判明するのでした。

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」6話の感想
子供を人質にされたらこれ以上は何も出来ません。でもそれでもあと少し、あともうちょっととギリギリまで粘って見事勝利した拓がすごいです。ほんのちょっとの矛盾を突いてくる、正に敏腕弁護士です。ただ事件を起こしたのは二人の娘たちが性的暴行を受けて自殺したからで、復讐がこれでだめになったのは可哀そうです。「こんな男を助けるために弁護士になったのか」という言葉、それはいつも様々な事件を見る中で思うことですしもしかしたら弁護士となって人たちもそう考えることがあるのかもしれません。それでもやってもいない事件で冤罪をかけられるのは許されない事なのです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「命がけの再現実験で 悪女の仕掛けた罠を暴け!!」
彩花(伊藤梨沙子)が殺された事件で、有罪判決を受けた浅間あさま大輔(鈴之助)が拓(坂口健太郎)の幼馴染だったと知った楓(川口春奈)。自殺した浅間の冤罪を信じる拓に、秋保(藤木直人)は被害者遺族として複雑な思いを抱きながらも冤罪事件にこだわる拓の弁護をサポートし続けているのだと話す。(引用元:公式サイト)

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」7話のネタバレ
11年前の事件で有罪となったのは拓(坂口健太郎)の幼馴染だった、そのことを楓(川口春奈)は知るのでした。

そんな折、また新たな事件が舞い込んできます。

依頼してきたのは資産家の乗鞍権三郎(団時朗)、若妻が練炭で殺されそうになった事件で殺人を疑われているのです。

依頼したのは若妻の方、軽度の中毒症状となりながらも彼女は助かったのでした。

調べていく中で、このまま真実を追っていくと依頼人の嘘を証明してしまうかもと思い拓は、弁護士としてどうすべきか悩むのでした。

でも結局は実際に練炭を使った命懸けの実証実験を決行、真実を見抜くのでした。

自身が依頼人に対して行ったことは本当に正しいことだったのか、それでもなお拓は悩み続けますが。

それこそが依頼人が選んだことなのだと楓から言われてようやく裁判と向き合う決意を固めるのでした。

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」7話の感想
以前に練炭殺人をしようとして生き残ったのを見たことがある、だからといって自分も助かるとは限らないのに行うとはなかなか大胆な犯行です。そして拓もまた、実際に練炭殺人の現場を作り上げるとはこんな弁護士なんて本当にいるのでしょうか。弁護士としての職業に対して様々な葛藤を持つこの回、でも毎回楓の言葉で拓は背中を押され前を向くことが出来ます。優秀な拓とまだ新人で経験の浅い楓ですから、一方的に拓に楓がおんぶにだっこされているようで実はお互いが不足を補いあっている良いコンビみたいです。かなり特殊な依頼人でした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「死刑囚を冤罪から救え!!24年前のお化けの謎」
拓(坂口健太郎)と楓(川口春奈)は、24年前に起きた『イトエ電機社宅殺人事件』で死刑判決を受け長い獄中生活を送っている式根しきね大充(片岡鶴太郎)の冤罪を晴らしてほしいと聡子(市川実日子)から頼まれたのでした。(引用元:公式サイト)

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」8話のネタバレ
この度の拓(坂口健太郎)らへの依頼は24年前のイトエ電機社宅殺人事件です。

犯人とされる式根大充(片岡鶴太郎)は死刑判決を受け、長い獄中生活を送っています。

彼と長年手紙のやり取りをしてきた聡子(市川実和子)が冤罪を疑っているのです。ただ本人も再審は望んでおらず、これまでの裁判で何度も希望をくじかれ式根はもう何も信じていなかったのです。

それでも何とかしたいと拓たちは事件を追っていくことに、捜査のずさんさや違和感を次々と見つけていきます。

そこには警察の捏造もありました。そうして見事冤罪事件を解決、ずっと式根の娘は無実の父を恨み続けてきたのです。

そのことに気づかされ呆然とするのでした。過去の判例にはとらわれることなく真実を突き止めてほしいと訴えた拓たち、ですが彼らの元へは再審請求棄却の通知が届くのです。

結局父と娘は、アクリル越しの悲しい対面をするしかなかったのでした。

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」8話の感想
一度裁判で有罪となったらよほどのことが無いと覆されないことが分かりました。だからこそ冤罪は恐ろしい、一人の人生を無残なものにしてしまいます。何もやっていないのに疑われてずっと牢屋の中で過ごす毎日とはどういうものでしょう。父親のせいで苦しい毎日を送っている、なんで殺人なんで起こしたのと怒り続けてきた娘も哀れで彼女もまた被害者です。でもちょっと調べれば出てくる様々な矛盾、犯人と決めた相手をとことん追い詰める警察のやり方が分かります。これでもまさか再審が行われないとは、アクリル越しの再会は悲しみしかありません。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「ついに最終章!追い続けた11年前の事件再び!?」
再審請求が棄却され、過去の事件を再検証することの難しさを前に塞ぎ込む拓(坂口健太郎)。11年前に秋保(藤木直人)の妹を殺したとされ獄中で自殺した幼馴染・浅間大輔(鈴之助)の冤罪を晴らすために拓が今でも『死後再審』を考えていることを知る。(引用元:公式サイト)

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」9話のネタバレ
再審請求の棄却に落ち込む拓(坂口健太郎)、彼は11年前の事件についても死後再審を考えているのでした。

そんな時に飛び込んできた情報、都内で発生の女子美術大学生殺人事件の被害者の刺し傷が11年前の事件と似ているというのです。

さっそく調べてみることに、近くの工場で勤める富士田(坂本真)が犯人として逮捕されているものの否認しています。

拓たちは彼の弁護を引き受けることとしました。

そうして調べていく中で違和感に気が付いた拓、裁判でも勝つことが出来ると思いきや11年前の事件と今回のものを勝手に結びつけているのでは…

むしろ過去の事件の方の真相解明にこそ主眼を置いていると糾弾され落ち込みます。

一人になりたいと去っていった拓、でも真犯人につながるのではという情報を見つけ楓(川口春奈)は彼を追いました。

その時拓の背後からナイフが、慌てて駆け寄り突き飛ばした楓のお腹に突き刺さるのです。

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」9話の感想
死んだあとでもいいから親友の冤罪を晴らしたい、そんな想いで拓は頑張っていたのです。だからこそ似た傷跡の被害者を持つ事件と遭遇したら両方を結び付け追っていくのも当然です。ただそれだと真っ白な状態で見るのは難しいのかもしれません。今までに疑わしい行動を何度も繰り返してきた、だから今回も黒だという父親の考えに近づいていることに気づかされたからこそ拓は落ち込んでしまったのでしょう。
でもついに真犯人につながる情報が、それは本当に11年前の事件を解き明かしてくれるものなのでしょうか。あと少しという時に刺された楓の安否も心配です。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「怒涛の最終話!!狂気の殺人犯vs冤罪弁護士」
拓(坂口健太郎)をかばい、フードを被った男に刺された楓(川口春奈)。男が逃走する中、病院に事情を聴きに来た刑事から警察を信用していない弁護士として皮肉を言われた拓に、別府(杉本哲太)は裁判で勝つ見込みがないのに過去の事件にこだわり警察や検察を敵に回すのは自己満足だと叱責されるのであった・・・(引用元:公式サイト)

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」10話のネタバレ
拓(坂口健太郎))をかばって楓(川口春奈)は刺されてしまいました。

逃げた男(武田真治)、でもその後なぜか自首してきたのです。

衝動的な犯行だったと言い張る男・神津ですが大学学生課職員という職歴が気になります。

何しろ彼が勤めていたのは京香の通う学校です。

更に11年前の事件も合わせて調べていく拓、今や事務所のメンバーたちが一丸となり冤罪を晴らそうと逃走していたのでした。

そして裁判の日、DNA鑑定により今までの殺人事件の犯人が神津であると突き止めたのでした。

なんと神津自身、冤罪被害者であり人生をめちゃくちゃにされていたのでした。

だからこそむしゃくしゃして事件を起こしたというわけです。

拓の父親も明らかになった真相を前にして、過去の過ちを心から謝罪しました。

そして11年前の事件を再審請求することを決意したのでした。

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」10話の感想
冤罪事件は新たな事件を引き起こす、それが分かりました。やってもいないことで疑われ犯人とされたのであればむしゃくしゃは溜まってしまって当然、それなら自分もとなってしまいます。それにしてもただやりたかったからと舐めた態度で法廷に立つ神津をただの異常者と終わらせず、その本当の原因を探るなんてさすがは拓です。そして自分が間違っていたときちんと認める彼の父親もまた偉い、11年前の事件がようやく解決に向かったのです。これからは拓はまた新たな人生を送ることが出来るでしょう。過去のしがらみから完全に開放されたのです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、huluなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の概要

保駿堂ほうしゅんどう法律事務所で刑事事件を担当する若手弁護士の黒川くろかわ拓たく(坂口健太郎)は、日本の司法制度の下では異例の3年で5件もの逆転無罪を勝ち取っている凄腕弁護士。しかしその素顔は、人当たりはいいものの、整理整頓が苦手で取材嫌い、事務所の物置に住み着いている変わり者。(引用元:公式サイト)

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の出演者、放送情報

黒川拓:坂口健太郎
和倉楓:川口春奈
城崎穂香:趣里
指宿林太郎:小市慢太郎
登別次郎:正名僕蔵
石和徳則:赤楚衛二
鳴子恭輔:中島広稀
別府長治:杉本哲太
湯布院和人:志賀廣太郎
有馬聡子:市川実日子
黒川真:草刈正雄
秋保恭一郎:藤木直人

主題歌:King Gnu「白日」

制作:日本テレビ

放送:2019年

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の見どころ

弁護士の黒川拓と大学教授の秋保(あきう)恭一郎が協力して、冤罪の事件を解決するサスペンスドラマ。

この二人の秘密と本当に解決したい事件が何かを探りながら、弁護士の和倉とも恋愛関係になっていく社会派な内容になっています。

また、キャストには草刈正雄さんや杉本哲太さん、若手では趣里さんや川口春奈さんら人気俳優も多数出演していて見応えが大ありです。

拓が父と絶縁状態になっていることやそれを取り持つのが和倉であるのも必見。

事件を解決するのに大がかりな実験が行われるのも楽しめますよ。

最後までハラハラドキドキの展開から目が話せないこと間違いなしです。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の感想

40代男性
いやーとても面白かったです。弁護士事務所のメンバーがとても良かった、坂口健太郎くん演じるキャラクターの可笑しさも、周りの人が温かく見守っているから成り立っている。心に闇をかかえた人間が弁護士することに怖さを感じつつも、だからこそ弱者、困っている人の気持ちも理解できるんですね。暗いシーンも多いですけど、毎話毎話のめり込んでいく面白さがありました。
20代女性
冤罪って本当に身近であり、怖い存在だなと思いました。何よりドラマの脚本が良かったです!脚本家は、「LIAR GAME」や「ウロボロス」を手掛けた古屋和尚さんでした。そりゃ面白いですよ。いくつも張り巡らせされた伏線を見抜くことができず、毎回タネ明かしのときにやられたと感じました。事件がある限り続けられそうですし、続編も期待したい作品でした。
50代男性
藤木直人さん、かっこよすぎます!なんだかんだいって、坂口健太郎さんを助けてくれるところがかっこいい。色々と実験して、謎解きしていく様子は、ちょっと東野圭吾作「ガリレオ」を見ているかのようでした。でもあくまでテーマは冤罪というところなので、視覚的にも楽しめるエンターテイメント部分だと思い受け入れていました。最後の結末には驚きました。

まとめ

以上、坂口健太郎主演のドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

「イノセンス 冤罪弁護士」は、無罪にもかかわらず犯罪者として扱われる「冤罪」をテーマに、主人公の若き弁護士・黒川拓が様々な冤罪事件を解き明かしていくヒューマン・リーガルドラマです。

物語では変わり者として扱われている主人公ですが、逆転不可能だと言われている冤罪事件を次々に無罪へと導いてく姿は爽快でたまりません!
huluでイノセンス 冤罪弁護士の動画は全て無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴