ドラマ|ホットマンの動画を1話から完全無料で見れる動画配信まとめ

2003年4月〜6月まで反町隆史主演で放送のドラマ「ホットマン」

ドラマ「ホットマン」は、「週刊ヤングジャンプ」で連載された漫画をドラマ化した作品。

美術教員である降矢円造と、その姉弟たちを描いた作品となっています。

ドラマ「ホットマン」は動画配信サイトでは配信がなく、ゲオ宅配レンタルで無料レンタルが可能です。

ゲオ宅配レンタルの無料期間を利用すると、ドラマ「ホットマン」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「ホットマン」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「ホットマン」は動画配信サイトでは配信がなく、ゲオ宅配レンタルで無料レンタルが可能です。

ゲオ宅配レンタルは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:ゲオ宅配レンタル)

期間中であればドラマ「ホットマン」のDVD(全5枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みのため、ドラマ「ホットマン」のDVD全5枚を一度にレンタルしても4枚までしか発送されません。

そのため、ドラマ「ホットマン」に出演している主演・反町隆史の出演作品

  • 相棒
  • 最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~
  • グッドライフ

も一緒にレンタルすることをおすすめします。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがない作品は多くあります

ゲオ宅配レンタルはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われているのです。

まずはゲオ宅配レンタルの無料お試し期間でドラマ「ホットマン」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「ホットマン」の動画まとめ

ドラマ「ホットマン」は、ゲオ宅配レンタルで全話無料レンタルできます

(画像引用元:ゲオ宅配レンタル)

ゲオ宅配レンタルは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「異父姉弟と愛娘」
高校の美術教員、エンゾこと円造(反町隆史)は、恋多き母親が残した父親の違う兄弟姉妹4人と同居している。荒れた生活を送っていたころにできた母親のわからない娘の七海(山内菜々)も含めた6人暮らし。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ホットマン」1話のネタバレ
結婚、離婚を繰り返し、男癖が非常に悪かった女優の降矢百合子(一柳みる)は、10年前に他界した。

百合子にはそれぞれ父親の違いの5人の子供がいた。

百合子が彼らに残したのは、家と、わずかばかりの貯金だけ。

百合子の息子、降矢円造(反町隆史)、通称エンゾは、かつて巷では有名な恐れえられていた不良だった。

しかし猛勉強の結果、現在は高校の美術教員として以前とは正反対の規則正しい生活を送っている。

彼は29歳という年齢で、4人の姉弟と4歳の娘の面倒を見ている。

エンゾの妹で、長女の志麻(小西真奈美)、次女のひなた(市川由衣)、弟で双子の兄弟・灰二(斉藤祥太)と龍之介(斉藤慶太)と、それぞれ父親が違う異父妹弟。

母の百合子が他界してから、エンゾは母とともに暮らした思い出の家に、それぞれの父方に引き取られた妹弟を、呼び戻したのだ。

ドラマ「ホットマン」1話の感想
このドラマは家族のあり方について、非常に考えさせられるドラマだと思いました。また実際にこのような家族は実在していて、社会問題の一つだと考えます。エンゾは元々不良だったのにも関わらず、家族のために必死に勉強する姿にはとても感銘を受けました。また、娘の七海ちゃんもかわいくて癒されました。エンディングのEXILEの曲も、このドラマのストーリーに合っていて良かったです。次回作がどのようなストーリー展開になるのか、またこのエンゾを中心にした変わった家族がどのように今後過ごしていくのか、次回作が楽しみです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「亡母の遺産と誤算」
ひなた(市川由衣)が、バイオリンが欲しいと言いだす。「世界一になる」とのことばに感激したエンゾ(反町隆史)は貯金をおろすと嘘をつき、母の形見の指輪を質に入れるがが、事情を知らない灰二(斉藤祥太)、龍之介(斉藤慶太)は…。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ホットマン」2話のネタバレ
決まって降矢家の毎週日曜日は、“七海デー”。

それはエンゾ(反町隆史)が娘の七海(山内菜々)と遊ぶ日。

そんな日曜日を満喫して、家に戻って来た二人。

早速、みんなで夕飯を食べようとした時、突然、ひなた(市川由衣)が合唱コンクールで披露したいからバイオリンを買ってほしいと言い出す。

だが当然の事、降矢家にはバイオリンを買う余裕もない。

困ったエンゾは、ひなたの気持ちに応えるために、母親の形見の指輪を売って、バイオリンを購入。

そして、バイオリンを受けとったひなたは大喜び。

だが、それを見た灰二(斉藤祥太)や龍之介(斉藤慶太)もひなたに続き、「欲しい物があるんだけど…」と言い出したのだ。

そこでまた困ったエンゾは、弟たちのために、スナック『竜子』でアルバイトを始めることなった。

そこで酔っ払いの美鈴(矢田亜希子)に出会い…。

ドラマ「ホットマン」2話の感想
エンゾの娘、七海ちゃんのかわいい姿がたくさん見れた第二話。特に、エンゾが幼稚園に来なくて寂しそうにしているあの表情が、なんともたまりませんでした。そしてエンゾが幼稚園に来なくても、拗ねもせず、大人の対応を見せました。とっても良い子ですね!本来ならば、わがままをたくさん言いたいお年頃なのに、そこを我慢できるのはすごいな~と感激しました。またエンゾの良い父親っぷりもたくさん見れました。真摯に妹や弟達に向き合い、彼らのために一生懸命になる、そんなエンゾはもう父親の鏡ですね。第一話に続き、第二話も内容の濃いストーリー展開となっているので、楽しく拝見させていただきました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「降矢家に恋の嵐!?」
七海(山内菜々)のことを好きな幼稚園の同級生がいると聞き、エンゾ(反町隆史)は動揺。マサル(田中碧海)との仲のよい姿を目撃し、「オレは認めない」と口走る。だが、ある朝、マサルの母(小林美江)が…。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ホットマン」3話のネタバレ
エンゾ(反町隆史)にとって降矢家の食事は家族団欒で過ごせるという幸せな時間でした。

そんな幸せな時間が七海(山内菜々)の一言で台無しになってしまいます。

七海はなんと保育園でラブレターをもらってきたと言うのです。

エンゾは気が気ではなくなり、保育園にその相手は一体誰なのか確かめに行きます。

そこには男の子と一緒に楽しそうにお絵かきをする七海の姿がありました。

エンゾはショックを受けてしまいます。そしてエンゾは兄弟たちに変わって七海を送り迎えすることに決めました。

次の日、エンゾはその男の子の母親が七海のアトピーがうつってしまうため、七海と遊ぶのを禁じている所を目撃してしまいました。

エンゾはアトピーがあると友達に敬遠されてしまうのかと落ち込んでしまいます。

その夜気分を晴らそうとスナックで飲んでいると、昔の彼女である雪水(黒谷友香)が彼氏を連れてやってきます。

そしてそこに美鈴もやってきて、また新たな事件が勃発します。

ドラマ「ホットマン」3話の感想
エンゾの過保護ぶりには驚き呆れましたが七海のことを一生懸命に思うエンゾが可愛らしくも思えました。そして七海の友達のお母さんには腹が立ちました。アトピーがうつるから遊ぶのをやめなさいというなんてどうかしています。怒りっぽいエンゾがなぜそのお母さんにすぐに一言言わないのかとモヤモヤしてしまいました。そしてエンゾと美鈴の関係がこれからどうなっていくのか非常に楽しみになる回でもありました。反町隆史さんと矢田亜希子さんは美男美女で2人が並んでいるととても絵になります。2人がくっつく方向にストーリーが進むといいなと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「家族全員が危機一髪」
ひなた(市川由衣)が朝帰りし、エンゾ(反町隆史)は説教するが、逆に過去の悪事を指摘されてしまう。一方、灰二(斉藤祥太)からエンゾの過去を聞き、美鈴(矢田亜希子)はエンゾをさらに意識するように。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ホットマン」4話のネタバレ
友達の家で試験勉強をすると言って朝帰りをしたひなた(市川由衣)。

だが、不運にもエンゾ(反町隆史)にそれが嘘とバレてと言い合いになる。

ひなたは最近、憧れの先輩である大学生の坂口(阿部進之介)と付き合い始めていて、その先輩と朝まで過ごしていたのだ。

ひなたはエンゾに問い詰められるも、エンゾもひなたに過去の悪事を追及されてしまった。

しかし、弟の灰二(斉藤祥太)はあるうわさを小耳に挟む。

そのうわさとは、ひなたの憧れの先輩・坂口は実は遊び人で有名、ひなたと本気で付き合う気は全くないという事だったのだ。

灰二がバイト中に坂口らが来て、偶然ひなたの悪口を言っているのを聞いてしまい、殴りつけてしまったのだ。

その後警察へ。翌日、その事件を聞きつけた灰二の実の父親・菅原(中丸新将)はエンゾに息子を返してほしいと要求する。

ドラマ「ホットマン」4話の感想
第四話は降矢家に不穏な雰囲気がやってきたという感じですね。ひなたを怒るエンゾも、弟の灰二がひなたの憧れの先輩・坂口を殴りつけてしまうのも、どれも全部ひなたを大事に想っているからこその行動なんだなと思います。やっぱり素敵な家族ですね。ひなたは憧れる人を間違えちゃったな~、まあこれも人生の経験の内!この家族の危機を乗り越えて、またすぐにいつもの明るい降矢家に戻って来てくれる事を信じます。また息子を返してほしいという灰二の実の父親・菅原とは今後いったいどうなっていくのか、これまた次回作が楽しみですね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「悲しい誕生日会」
5歳の誕生日を迎える七海(山内菜々)のために、エンゾ(反町隆史)たちはひそかにパーティーを企画。プレゼントや段取りなど、家族それぞれが協力して準備を進める。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ホットマン」5話のネタバレ
エンゾ(反町隆史)らがいま張り切っているのは七海(山内菜々)の5歳の誕生日会、美鈴(矢田亜希子)も助っ人に加わり本人には内緒で計画を立てます。

そして迎えたお誕生日会の当日、でもなぜかエンゾたちは真っ青です。

何しろ招待した以上に大勢やってきてしまったのです。

盛り上がるのはいいですが、来てくれたお友達にはプレゼントをお返しするのがルールです。

これだけの人数分は用意していない、ピンチのエンゾをなんとか美鈴が助けてくれて危機を脱出することはできたのでした。

のっけから大荒れにはなってしまったものの、何しろ誕生日ケーキという目玉があります。

アトピーでも大丈夫、エンゾ自らが作ったそれはオリジナルの豆乳ケーキでした。

大喜びでケーキを口にする子供たち、途端に「マズイ」とブーイングの嵐が沸き起こりました。

七海ちゃんが可哀そうという声も上がりますが、それ以上に七海はエンゾが作ったものを馬鹿にされたことが悲しくて部屋に閉じこもってしまったのでした。

ストレスからアトピーも悪化しているようです。

ドラマ「ホットマン」5話の感想
サプライズ誕生日会ってされる本人はもちろん、計画する側もワクワクして楽しめる企画です。でもまさかの人数多すぎというサプライズ、なんとか危機を脱出することができて良かったです。それだけ七海ちゃんが多くの人たちから愛されている証拠です。手作りケーキはあったかくていいのですが、アトピーっ子向けのものだとあれもこれも使えないから代用品となってしまってプロでも美味しく上手に作るのは難しそうです。本当に美味しくなかったのでしょうが、不味いと声に出して言うのが子供の遠慮なさです。ただそれ以上に友達にエンゾが馬鹿にされたことが悲しくなった七海はとても優しい子です。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「降矢家、炎上!?」
志麻(小西真奈美)が恋人・北條(林泰文)と同棲することに。出発の日、エンゾ(反町隆史)は母の形見である指輪を持たせ、志麻の幸せを願う。だが、志麻が家を出たことで収入は減り、家事の負担が増加。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ホットマン」6話のネタバレ
七海(山内菜々)の本当の母親は雪水(黒谷友香)である、そんな噂を耳にしてしまった刀記(深水元基)、エンゾ(反町隆史)の元に駆け付けるも望んだ答えが返ってくることはありません。

雪水だけが真相を知っている、そう考えて行方を追うも見つかりませんでした。

そんなとき更に悲しい出来事が、志麻(小西真奈美)が隆矢家を出て恋人の北條(林泰文)の家に引っ越してしまうことを決意したのです。

それを止めることなど出来ません。退院した七海とともに隆矢家の全員集合して見送ることにしました。

去っていく志麻のためにエンゾは母親の形見である指輪を渡します。

そのころ、ようやく雪水がスナック「竜子」にて見つかりました。そうして語られる衝撃の真相とはいったいどういったものだったのでしょう。雪水は本当に七海の母親だったのでしょうか。

ドラマ「ホットマン」6話の感想
別れは悲しいもの、でも何しろ恋人の元に行くのですからむしろ喜んで送り出さなければならないのです。志麻の考えを尊重したい、そう考えたエンゾが偉いです。彼が送ったのは母親の形見、他の何にも変えることのできない大変貴重なものを渡された志麻は彼からの想いを存分に受け止めたことでしょう。ついに七海の秘密が明らかに、と思ったらエンゾも答えを返すことができず真相を知るはずの雪水は行方不明となかなか話は進みません。大きなショックを受けていた刀記もきっとヤキモキしたことと思います。そうしてやっと発見された雪水、彼女は何を語るのでしょうか
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「降矢家崩壊の危機」
降矢家の火事を機に、灰二(斉藤祥太)たちの父親らが子供を引き取りたいと言いはじめる。エンゾ(反町隆史)は悩んだすえ、家に戻るよう促すが、灰二たちは拒否。降矢家の危機を協力して乗りきることを誓う。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ホットマン」7話のネタバレ
なんと降矢家で火事が発生しました。逃げ遅れた七海(山内菜々)と美鈴(矢田亜希子)、ですがエンゾに発見されて怪我もなく無事でした。

家は燃えてしまいました。美鈴は自分が火事の原因を作ってしまったと悩みます。

龍之介(斎藤慶太)もまた火をつけたまま出かけてしまったことを悔やんでいたのです。

でもとにかく皆が無事で良かった、エンゾはそう言って誰も責めることはありません。

そんな中、灰二(斉藤祥太)・龍之介の父親・ひなた(市川由衣)の父親らがエンゾの元にやってきました。

子供たちのことを心配し、返してほしいと言ってきたのです。

それに何も言い返せないエンゾ、何しろ住む場所は無くなってしまっています。

しかしながら志麻(小西真奈美)らは共に暮らしていきたいとそれぞれ家の修理代を稼ぐためにアルバイトを始めることにするのです。

ドラマ「ホットマン」7話の感想
住む家が燃えてしまった、七海も美鈴も無事で本当に良かったです。エンゾの帰りが遅かったらどうなっていたか分かりません。誰も責めることなく皆の無事を喜ぶだけのエンゾが大物、今更悔いても戻ってこないのなら、その中から幸せを見つけて生きていくしか無いのです。そんな彼だからこそみんな傍にいる、力を合わせて暮らしていきたいと誰も逃げ出すことはありませんでした。修理費用を稼ぐのは大変、でもきっとまた素敵な降矢家が出来上がるはずです。子供を返してほしいと言われて言い返せずにいたエンゾが可哀そうでしたが、このことでまた絆が深まったようです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「親父とは認めない」
エンゾ(反町隆史)たちの新しい生活が始まった。燃えた家を建て直すために、エンゾは水回りなどを業者に託して、残りは自力で作業を進めようとする。そんな中、蒸発していたエンゾの父親・四狼(竜雷太)が、突然姿を現わす。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ホットマン」8話のネタバレ
共に暮らしたいと言っているひなた(市川由衣)や灰二(斉藤祥太)ですが、何しろ火事で燃えて修繕しないととても住める状態ではありません。

別々の生活を送るしかありませんでした。収入も減った今は修理費用を稼ぐこと自体がもはや絶望的、でも姉弟たちと暮らしたいという気持ちは強いです。

そこで考えたのが自分の手で修復するということ、それなら材料費だけで済むのでかなり安価になります。

さっそく火事で焼けた降矢家に行ってみることに、するとそこで思いもかけぬ人物と会うのでした。

それはエンゾの父親・26年前に消息を絶ちそのまま連絡が途絶えていた川崎四狼(峰雷太)でした。

実の父と会えた、でもそれは感動の再会となるはずがありません。

むしろ捨てられたことでエンゾは怒りの感情を持ってしまっていたのです。なぜ今更やってきたのか、その目的とは何でしょう。

ドラマ「ホットマン」8話の感想
一緒に暮らしたい、心は一つになりましたが現実的な問題があります。何しろ住むにはもうボロボロ、直すのにも時間がかかりますしそもそもそのための費用の当てもないのです。そこで考えた自分で直すということ、良いのではないでしょうか。家は高いと言われていますが、結構間に人を挟むことでの人件費などがかさんでいたりもします。一緒に修復することで愛着も湧きますし、更に絆が深まりそうです。でもようやくめどが立ってきたところにやってきた父親、26年も前に離れたっきりであればほぼ赤の他人のようなものです。しかも自分を捨てていった相手、感動の再会となるわけがありません。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「俺を残して死ぬな」
四狼(竜雷太)が姿を消した。それからしばらくして家の修理が完了し、エンゾ(反町隆史)たちは以前の生活に戻る。だが、喜びもつかのま、エンゾは四狼が末期がんであることを知り、息子として父親にできることがないか思案する。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ホットマン」9話のネタバレ
26年ぶりにやってきた父親・四狼(峰雷太)、ですがエンゾ(反町隆史)は口を利くことさえ拒んでいました。

自分を捨てた父を憎む彼ですが、憎しみが長続きすることはありません。

次第にわだかまりがなくなり親子の関係が取り戻せてきたかと思った矢先、再び四狼はすがたを消してしまったのです。

修復された降矢家で一緒に暮らせたら、そう考え始めていたエンゾにとってはショックな出来事でした。

取り合えず彼の頑張りで直すことが出来た降矢家、家族たちは引っ越し祝いの準備で大忙しです。

楽しい雰囲気の中で知ったのは父のこと、四狼は末期がんに侵されておりホスピスで療養中だったのです。

美鈴(矢田亜希子)は知っていて内緒にしていたのでした。

そのことに激怒するエンゾ、美鈴は気落ちしてしまっています。

でもそんな彼女を慰めることなくそのままエンゾはホスピスへと駆け付けたのでした。

ドラマ「ホットマン」9話の感想
26年前に去っていっておきながらのこのこと現れた父親、初めは拒否しても少しずつ許していきやがては共に暮らそうとまで考えるエンゾは本当に心優しい男です。だからこそ突然い姿を消したことに強いショックを受けたはずです。26年前に理由も言わず去っていった父、また同じことを繰り返しているのであればもう一度騙された・馬鹿にされたとしか言いようがありません。でもきっと彼がやってきたのはもう一度息子に会いたかったからなのです。末期がんとなった自分が負担になっては困る・重みをかけるくらいならいっそ嫌われたまま離れていった方がいい、そう考えて涙を飲んで去っていったのでしょう。事情を知ってあわててホスピスに駆け付けるエンゾ、今度こそ本音で親子で語り合うことが出来るのでしょうか。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「七海の母親発見!?」
エンゾ(反町隆史)が400万円もの大金を得ることに。家の改築費を差し引いても金が残るため、ひなた(市川由衣)らは目の色を変えて欲しい物をねだる。そんなとき、エンゾは美鈴(矢田亜希子)の誕生日が近いことを知る。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ホットマン」10話のネタバレ
エンゾ(反町隆史)の父親の四狼(竜雷太)は癌で亡くなりました。

それから一週間、一通の手紙がエンゾの元に届きます。

それは保険会社からのもの、父は息子を生命保険の受取人として指定していたのです。

思いもがけずお金が入ってくる、もちろん降矢家の面々は大騒ぎです。

それぞれに欲しいものを言われて困りがおのエンゾ、その時ひなた(市川由衣)が美鈴(矢田亜希子)の誕生日が近いことを言い出しました。プレゼントを贈ろうと計画するも何を贈ればよいのか分かりません。

そこで七海の友達の母親に相談、一緒に選びに行くことにしたのです。

それを目撃してしまった美鈴、まさか自分の誕生日プレゼントをなんて計画してくれてることなど思ってもいません。

勝手に恋人同士でデートしていると勘違いしてしまうのでした。

エンゾと美鈴、ようやく今まで築き上げてきたものが崩れ去ります。

ドラマ「ホットマン」10話の感想
亡くなった父親、その前にエンゾは今までの空白を埋めるようにしっかり語り合うことができたのでしょうか。ずっと放ったらかしだった父が初めて死をもって息子のために働きかけました。火事で家も失ってといった出来事があったばかりの降矢家にとってお金は何にも代えがたいプレゼントだったでしょう。珍しく自由になるお金がある、家族が大騒ぎするのも当然かもしれません。そこで誕生日のプレゼントを贈ろうとなるのが彼らのやさしさ、ただ今回はそれが裏目に出てしまいました。事情があるとはいえ女性と二人っきりのお出かけは軽率だったようです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話「理想の父親とは?」
時間をもてあますようになったエンゾ(反町隆史)は、やたら口うるさくなる。細かい指摘に兄弟は不満を募らせ、七海(山内菜々)も反発。そんなとき、七海のアトピーが友達に敬遠される事件が起きる。なだめようとしたエンゾは…。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ホットマン」11話のネタバレ
エンゾ(反町隆史)はただいま自宅謹慎中、志麻(小西真奈美)の上司を殴ってしまったのです。

家でいてやることがないとやたらとよけいなことに目が付いてしまうもの、普段以上に家族の言動にうるさく口をはさむようになった彼。

まるで姑とかお局様といった感じ、志麻たち兄弟としてもあきれ顔です。

それでもエスカレートしていくエンゾの行動、七海(山内菜々)のアトピー対策を気に掛けないとと口うるさい限りです。

もちろん家族のためを思っての行動、でもそのことで逆に反感を買ってしまうとは上手くいかないものです。

身内は抑えきれない、そこで見かねて刀記(深水元基)がやってきて「面倒を見過ぎていると甘えて家族が成長できなくなるぞ」とアドバイスしてくれます。

更に彼の故郷の沖縄に行くことを提案してくれました。

美鈴(矢田亜希子)も一緒に沖縄へ、どうやらエンゾとの恋に進展がありそうです。

ドラマ「ホットマン」11話の感想
相手のことを思っての行動が逆に鬱陶しがられる、よくあることです。正論は耳に痛いのです。嫌いにならずあきれ顔という程度で済んでいるのは日ごろのエンゾの人徳ゆえ、でもこのままだと大きな衝突が起きても不思議ではありません。そんな時には離すのが一番、沖縄話いいことです。「家族の面倒を見過ぎるから成長しない」というアドバイスも的確で、刀記がいてくれてよかったです。自宅謹慎中とはいえずっと家の中でいても腐ってしまうだけ、よい気分転換となるでしょう。どうやら美鈴との関係に新たな展開があるようで、期待しています。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、ゲオ宅配レンタルなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「ホットマン」の概要

高校の美術教員、エンゾこと円造(反町隆史)は、恋多き母親が残した父親の違う兄弟姉妹4人と同居している。荒れた生活を送っていたころにできた母親のわからない娘の七海(山内菜々)も含めた6人暮らし。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ホットマン」の出演者、放送情報

降矢円造:反町隆史
降矢志麻:小西真奈美
降矢七海:山内菜々
降矢ひなた:市川由衣
降矢灰二:斉藤祥太
降矢龍之介:斉藤慶太
金子美鈴:矢田亜希子
金子君江:岩本多代
金子誠一:夏八木勲
藤田園子:久我陽子
藤田将人:平沼紀久

原作:きたがわ翔

主題歌:EXILE「Together」

制作:TBS

放送:2003年

ドラマ「ホットマン」の見どころ

ドラマ「ホットマン」は、TBS系で放送されたヒューマンドラマ。

主演は反町隆史で、その名の通り熱い男を熱演しています!

主演の周りを固める豪華キャスト陣にも注目ですよ。

ドタバタ劇のようなストーリーの中に、反町の熱い演技が見どころとなっています。

相手が納得するまで、丁寧にわびるシーンは人とのふれあいを大切にするということを教えてくれます。

1話完結となっているので、とても見やすい内容となっていますよ。

家族のあり方について優しく温かく教えてくれる、そんな作品です。

見終わった後に、心が温かくなるストーリー。

飽きることなく見られる作品ですので、ぜひおすすめです。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「ホットマン」の感想

40代男性
とにかく面白いです!ホームドラマとして、ストーリーわかりやすいし、1話1話展開がちゃんとあるから見ていて飽きない。久々に面白いホームドラマに出会えた気がします!1話完結になっており、家族のあり方について優しく温かく、時にドキッとする台詞に考えさせられる作品になっています。EXILEの音楽も印象的もで作品を盛り上げてくれていますね。
20代女性
この作品はまず、円造が健康オタクなところが面白いですね!美鈴という女性教師の顔色が悪かったので、円造はミネラルとビタミンの摂取をすすめます。女性に対してこんな助言をいきなりしてしまうところが滑稽ですよね。さらに、円造が上司に怒られた後、彼は「カルシウム飲め!」と心の中で毒づくシーンも見どころかと思います。思わず笑ってしまう、そんな元気をもらえるドラマですよ。
50代男性
このドラマは反町隆史主演ですが、単行本も370万部を超える大ヒット作品です。基本ベースは家族の一員の悩みを、全員で協力して乗り越えていく姿です。これは非常に見ていて安心感がありますね。見終わった後にしんみりした気分にさせられる、そんな作品となっています。原作を読んだ人も読んでいない人も楽しめるドラマだと思います。

まとめ

以上、反町隆史主演のドラマ「ホットマン」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

家族思いの父親が、家族1人1人の抱える問題に真摯に向き合うストーリー。

こんなお父さん素敵だな、と思わせてくれる、あたたかい作品となっています。

ゲオ宅配レンタルでホットマンのDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴