ドラマ|ホクサイと飯さえあればの動画を無料で見れる動画配信まとめ

2017年1月〜3月まで上白石萌音主演で放送のドラマ「ホクサイと飯さえあれば」

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」は、『ヤングマガジンサード』に掲載されている人気漫画をドラマ化した作品。

料理を食べるだけでなく、「作る楽しさ」に重点を置いたグルメドラマとなっています!

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」の動画は、Paraviで見放題配信中です。

Paraviの無料期間を利用すると、ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」の動画は、Paraviで見放題配信中です。

Paraviは通常月額1017円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:Paravi)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」に出演している主演・上白石萌音の出演作品

  • 陸王
  • 溺れるナイフ
  • 恋はつづくよどこまでも

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「ホクサイと飯さえあれば」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」の動画まとめ

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」は、Paraviで全話無料視聴できます

(画像引用元:Paravi)

Paraviは2週間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「変身のサンドイッチ」
ホクサイがいれば、1人でも平気だというブンは、ぼっち飯を楽しむ毎日を送っていた。そんなある日、パン屋でコミュ力抜群の女子に出会うが…。(引用元:Netflix)

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」1話のネタバレ
北千住のとある一軒家で一人暮らしをしていた、ブンこと山田文子(上白石萌音)。

彼女はぬいぐるみのホクサイだけが話し相手だった。

一風変わった女子大生である。

朝から、裏ワザを使いホワイトソースまで作りあげる。

たった15分で朝ごはんを完成させるブン。

彼女にとって授業よりも朝ごはんが大切なのだ。

しかし、ブンは「ホクサイ」と「美味しいご飯」さえあれば平気で、一人飯を楽しむ毎日を送っていた。

ある日、商店街へと出かけるブンは、日常に必要な食材や台所用品を買い集めていたが、残金が67円になる。

空腹で街をさまよっていると、パン屋でパンの耳をもらっていた女子・ジュンこと有川絢子(池田エライザ)と出会った。

じっと見つめているブンに、ジュンは笑いかける。

人見知りの激しかったブンは、その場から逃げ出しまう。

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」1話の感想
見てみて思ったことは、ごはんって毎日大事な者だとはわかっていましたが、これを見ているとごはんって温かいものだったんだと思えました。そんな事を思い出させてくれた作品で、毎日を楽しく食事をとっていきたいと思いました。見ていると、なんとなくお腹すいたので、スマホ片手にとり、テレビ見ながらたべてしまうー!またブンの笑顔に癒されました。温かいものは、心まで満たされるんだな。また、朝からあんな料理早くわたしは作れない。作れるようになったら、カッコいいし、才能の一つにもなりますよね。そんな感覚に陥った不思議な作品で、楽しめながら見れました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「微笑みのミートボールスパゲッティ」
人物画のデッサン中、無性に肉団子が食べたくなったブン。食材を買いに出て帰宅すると、誰もいないはずの居間には謎の少年がいた。一体、何者なのか?(引用元:Netflix)

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」2話のネタバレ
一人暮らしのアパートの一室で人物のデッサンに取り組む山田文子、通称ブン(上白石萌音)。

しかし、この日はおなかが空きすぎてしまい、描いていた自画像がなんと肉団子に見え、脳内はすっかり肉団子のことでいっぱいになってしまうのだった。

ブンは、自身が大切にしているぬいぐるみのホクサイに止められても、聞く耳を持たずに肉団子を作るべく、材料を買いに部屋を飛びだしてしまう。

しかも、友人であるジュン(池田エライザ)とのランチの約束も忘れてしまう始末。

食材を無事調達し 、ウキウキで部屋へ戻ったブンの目に飛び込んできたのは、無人のはずの自分の部屋の中で学ラン姿でくつろぐ、見知らぬ少年・凪(桜田ひより)であった。

一緒に遊びたいという自由奔放な振る舞いをする凪に対して、ブンとホクサイはびっくりして声も出ない。

果たしてブンは肉団子を作ることができるのだろうか・・・?

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」2話の感想
今一番楽しみなドラマかもしれない!ヤンマガサードに掲載されていた、鈴木小波先生のマンガが原作なんですよね~。いつも料理のことを考えている、上白石萌音ちゃん演じるブンがほんわかしてすごく可愛いです!はじめは正直実写化はどうなんだろうと思っていましたが、出演者の皆さん方が、あの世界観を見事に表現されていて感激しました。凪役の桜田ひより君は、男の子には見えないくらい、きれいな顔立ち!あんな息子がいたら、毎日おいしい手料理作っちゃうかもしれない・・・。ただ、おなかが空いているときに見るとちょっぴり辛いドラマかもしれないですね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「魔法の牛すじカレー」
教授に呼びだされて憂鬱なブンは、早朝から料理を開始。一日を乗り切るため、”魔法”を仕込む。その後、ある新米教師にデッサンモデルを頼むことに。(引用元:Netflix)

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」3話のネタバレ
課題の出来が悪く教授に呼び出されており、説教をされることを予想している美術課のブン(上白石萌音)。

ブンは帰宅後の癒しの為、夜ご飯を早朝から時間をかけ仕込む。

案の定教授から説教を受けたブンは河原でデッサンの練習をするのだが、その時にブンが持ち物を落としてしまう。

そこで文化部にも関わらず走り込みをしている、国語教師であり編み物部の顧問で少し変わった・柑田川永太郎(前田公輝)がブンのために拾ってくれた。

しかしブンはその姿をデッサンさせて欲しいと人物像の練習台に依頼する。

ブンはデッサンしながら出会った柑田川に、魔法の料理の作成過程を食べる素振りをつけながら熱く語り始める。

ブンは自身の名前を尋ねられ、ここで魔法の料理の名である「牛すじカレー」と名乗り一目惚れをした柑田側を困らせてしまう。

ブンはあくまでも自身が作る魔法の料理さえあれば、ジュンが言うような恋人などは不要だと思っている。

そして人見知りで話下手、不器用でおっちょこちょい。

なのに料理にはやたらこだわるのだった。

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」3話の感想
かなり古風な家で美術課の女子大生をしながら料理を作ることに全力で私が学生だったら料理なんてせずに買い食いや外食するだろうな、でも料理美味しそうだなとか思いながら見た短編ドラマです。
今回行わせていただいているリライトの内容でドラマ自体も見なきゃなと思いHuluで見始めるまでは、キャッチの文章から貧乏学生で一人貧しく料理を作って食べるだけのドラマかなと思っていました。
でも、見始めたらまったく真逆で素朴ではあるもののちゃんとした材料を用意して同級生や近所の中学生に対し手料理をふるまってあげるという何とも心優しいドラマです。
また、上白石さんと池田さんの身長差や、前田さんの赤いジャージ姿といいあまり見ない役柄で30分間で見やすいドラマだなと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「恋のかぼちゃクリームドリア」
ブンは、バレンタインの友チョコ代わりに落花生のお菓子を作るようジュンに頼まれる。デッサンの題材である野菜を調理しつつ、お菓子作りを開始する。(引用元:Netflix)

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」4話のネタバレ
ブン(上白石萌音)は授業中に眠気にあらがえず、居眠りをしてしまった。

そんなブンに教授は罰として課題を提出するように言う。

その課題はデッサンの課題であった。デッサンのモチーフにするためカボチャや玉ねぎなどの野菜を大量に持ち帰らなければならなくなってしまったブン。

そんなブンにさらに食料がやってくる。

ジュン(池田エライザ)がバレンタインの友チョコの代わりに何か甘いものを作ってほしいといわれたのだ。

ジュンはお菓子の材料としてブンに落花生を持たせる。

ブンはその二つの料理に早速取り掛かるが、二つ同時に料理をするなどという無茶をしてしまうため料理は失敗に終わる。

ホクサイと凪(桜田ひより)はブンを見守る。

そんな二人の視線を受けてブンはなんとかしようと頑張るが、さらなる試練がブンに襲い掛かる。

人見知りのブンの前に男子が現れたのだ!

その男子、幼馴染のろーちゃんはジュンに変わってお菓子をブンのところまで取りに来たのだ。

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」4話の感想
かぼちゃが大好きなのでブンが料理している間おいしそう~とのどを鳴らしながら眺めていました。なんておいしそうなかぼちゃっだったんでしょう。カボチャだけでなく、玉ねぎ、落花生もおいしそうでした。
私は料理が出来ないので失敗しつつも料理のできるブンがうらやましく思います。このドラマを見てなんとか料理スキルを高めたいと思っております。
そんな憧れのブンですが、今回の話では終始パニックで大変そうでした。人見知りに同時進行、そんな試練をブンがどのように乗り越えるのかとても楽しみです。
それにしても友達にブンがいるジュンがうらやましいです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「幸せのダブル親子丼」
母親と喧嘩し、モヤモヤした気持ちのブン。美味しい卵料理を妄想すると、いつもの調子を取り戻す。だが、凪のいたずらのせいで、気分は再びどん底に。(引用元:Netflix)

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」5話のネタバレ
ある日、ブン(上白石萌音)は小さなことで大好きな母親とけんかをしてしまう。

ブンと一緒に住むぬいぐるみのホクサイは、「早く仲直りをしたほうがいい」と助言するのだが、ブンは「謝りたくない」の一点張り。

ホクサイの話を聞こうともしない。

けんかのせいですっかり気分を害してしまったため、そんな気分を変えるべく、「そうだ、今が一番おいしい時期の玉子を買いに行こう!」と思い立つブン。

美味しそうな玉子料理を頭の中に思い浮かべることで、ブンはシアワセな気持ちに。

そしてやっといつもの穏やかな気持ちをとりもどしたのだった。

が、しかし!凪(桜田ひより)のあるいたずらによって、大事な大事な玉子が割れてしまったのだった!

再び激しく落ち込み、ふさぎ込んでしまったブン。

そんな異様なブンの姿を見た凪は初めてのことにとても慌てふためき、ブンのために急いで玉子を買いに行くのだが・・・。

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」5話の感想
わかる、わかるよ。母親と喧嘩しちゃって、イライラしちゃう気持ち。今回もブンに共感しまくりでした!でも怒ってるブンちゃんも可愛いんだよな~。なんていうか、上白石萌音ちゃんのブン役がハマりすぎです!今回も安定のほっこりさで、超超安心してみることができました。私はあんまりハラハラしながらドラマを見るのは苦手なので・・・。でもスッゴくおいしそうな親子丼・・・。見ているとおなかが空いて来ちゃったな・・・。(笑)うちにも凪君みたいな子がいてくれたらいいのに~!!なんて思いながら毎回見てます。これからもめっちゃ楽しみ~!!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「攻めの味噌煮込みうどん」
冬の景色を描いた課題にダメ出しされ、ブンは留年の危機に。再提出に向けて題材を探していると、母から送られて来た荷物の中に土鍋を発見する。(引用元:Netflix)

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」6話のネタバレ
大学内にあるカフェで、ジュン(池田エライザ)がなにやら編み物のようなことを必死でしているところを発見したブン(上白石萌音)。

事情を聞くと、幼なじみのろーちゃんにひとめぼれの女性がいると知って、手編みのマフラーをプレゼントするのだという。

まるで恋する乙女のような悩めるジュンに、目を細め共感するブン。

悩みの種は違えど、実はブンもあることで悩んでいた。

「冬の景色」というテーマで提出した絵の課題を、教授から酷評されてしまい、このままでは留年のおそれもある。

再び課題を提出するべく、題材を探すブン。

しかしモチーフを発見するには残念ながら至らず、しょんぼりして帰宅。

母親がブンのために送ってくれた荷物にまじって、「土鍋」がは入っていた。

なにやらひらめいた様子のブン。

これで課題の冬が描ける、と期待に胸を膨らませたブンは、次の日の朝、さっそく早起きして料理に取りかかるのだった。

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」6話の感想
六食目は味噌煮込みうどん!ヤバイ、おいしそう!今回も30分、飯テロですね。ろーちゃんのためにけなげにマフラー編んでるジュンの姿にちょっとウルッときてしまった・・・。切ないよね、なんか。女心だよねぇ。でも一個だけいわせて。ブンのママさん、土鍋送るかね、娘に(笑)。結構な重量だよね(笑)普通、食材とか、軽めの日用品じゃね?とつっこみどころ満載だったけど、次回もまた見てしまうと思う・・・。いや絶対見るでしょう!ブンちゃん可愛すぎる!ホクサイもすごい好き。私的には今一番楽しみなドラマだったりします。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「愛のマジカルセルフロールキャベツ」
料理を教えてほしいと、ブンに頭を下げるジュン。その理由に心打たれたブンは、簡単なレシピを考えて指導開始。だが、ジュンの料理の腕前は壊滅的。(引用元:Netflix)

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」7話のネタバレ
ある日突然、ジュン(池田エライザ)が真剣な表情で「料理を教えてください!」と、ブン(上白石萌音)に頭を下げる。

あまりにも真剣な様子に身構えたブンだったが、聞けば、最近、幼なじみのろーちゃんが元気がなさそうだから、手料理を作って励ますのだという。

「食べる専門」だったジュンの健気な姿に心打たれ、ブンは不器用でも出来る愛情あふれる料理のレシピを考える。

ジュンを自宅へ呼んで早速指導を開始。

しかし、ジュンの料理の経験のなさは想像以上だった。

カップ麺くらいしかつくったことがなく、包丁とすら握ったことがないジュンの料理の腕は凄まじくひどい。

調味料も思いっきりいれるし、分量を量ることすらできないジュン。

そんなジュンを見て、ブンはついいろいろと手を出してしまい、結局ほとんどブンが作った形に。

手伝い過ぎたと反省するブンは今度こそ!と再びジュンに料理を教えることに。

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」7話の感想
大好きなドラマです!私も料理が好きなので、ブンの作る料理は毎回参考になりました。そして毎回ブンの作る料理は美味しそうだなと思いました。笑。今度時間があるときに、今回の料理も作ってみようと思います。一方のジュンは、こんなに料理出来ない子いるの?と見ていて思いましたが、こんなに料理経験ないのに、友人に教えてもらってまで誰かのために料理をつくろうとするのが健気で可愛いなと思いました。とジュンは本当にろーちゃんのことが好きなんだろうなとおもいました。幼なじみへの恋心。青春ですね。もうそんな年齢ではないので微笑ましくうらやましくなりました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「友情のモチモチ羽根付き餃子」
上京してくる家族と餃子大会を開くため、ご機嫌で準備するブン。ところが、ある原因でジュンと気まずくなってしまう。すると、ホクサイの身に異変が!(引用元:Netflix)

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」8話のネタバレ
今日行われるのは、山田家にはかかせない行事の一つ・餃子パーティー。

大切な家族たちが東京へやってくると思うと、楽しみでいてもたってもいられないブン(上白石萌音)。

そんなブンは家族のために朝早くから餃子作りにいそしむのだった。

ところが、大学内のカフェでジュン(池田エライザ)から衝撃的なブンは告白を受ける。

というのは、ブンが以前たまたま土手にいた男性に絵のモデルを頼んだのだが、それがなんとジュンが思いを寄せている、ろーちゃんだったのだ。

ブンとジュンの間に一気に気まずい空気が流れる。

どうしてそのことを秘密にしていたのか、とジュンに詰め寄られたが、ブンは何も言うことが出来なかった。

肩を落として自分の部屋へ帰るブン。

自分には、いわゆる”親友”をもつことなど出来はしないのだ・・・とあきらめのような気持ちでいっぱいだった。

餃子作りを再び始めるブンだったが、大事にしているぬいぐるみのホクサイが、今日はいつもと違っていた。

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」8話の感想
今日も30分あっという間だったーブンとジュンが気まずくなっちゃったときははらはらしたけど、それもこれもジュンのろーちゃんへの切ない片思いからきてるんだよね!って思うとキュンキュンしてしまいました。辛いことや悲しいことがあっても、おいしいものを作って食べることでまた元気になっていく・・・そういうのって、いいよね。人間の本来の回復機能っていうか(笑)今夜の献立ははねつきの手作り餃子にするかなー!ブンみたく上手には作れないけど、料理は愛情だよねぇ。頑張って家族においしいって言ってもらえるように作るぞ!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、Paraviなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」の概要

今年から一人暮らしを始めた大学生の山田文子(通称:ブン)(18)はウサギに似たしゃべるぬいぐるみ(?)ホクサイと一緒に暮らしている。人見知り&妄想癖もある彼女の1番のこだわりは、料理。どんなにお金がなくても、どんなに忙しくとも、ゴハンだけはきちんと作る…!
野菜・タンパク質・炭水化物をバランスよく、しかし面倒なので基本的には一品で。ホクサイと共に東京・北千住の町でアイディア満載のD.I.Y.レシピで美味しいご馳走を作ります。(引用元:公式サイト)

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」の出演者、放送情報

山田文子:上白石萌音
ホクサイ:梶裕貴 ※ 声の出演
有川絢子:池田エライザ
柑田川永太郎:前田公輝
凪:桜田ひより
ブンの母:斉藤由貴

原作: 鈴木小波

主題歌: HY「HAPPY」

制作:TBS

放送:2017年

 

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」の見どころ

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」は、東京・北千住が舞台のご馳走料理ストーリー。

人気漫画を上白石萌音主演で実写ドラマ化しました!

グルメドラマにしては珍しい、食べるシーンが一切ない作品で話題に。

ひとり暮らしを始めた大学生の山田文子「ブン」を上白石萌音が体当たりで演じています。

ぬいぐるみ「ホクサイ」が喋るシーンはかわいくて見どころですよ。

人見知りで貧乏、さらに妄想壁もあるブンにとって1番のこだわりは料理。

また、ブンと同じ大学に通うコミュ力高めの友人「絢子」を池田エライザが演じます。

とても楽しそうに料理をする上白石萌音と、可愛さ全開の池田エライザの演技が見どころです!

ふたりの掛け合いや、空気感がちょうど良く見ていて飽きません。

ほっこりとできるそんなドラマ、ぜひおすすめですよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」の感想

40代男性
台所も一昔前の“古風”な感じで、しかしその空気感が、イマドキらしさを感じさせない女優・上白石萌音の雰囲気に溶け込んでいます。特に第6話で味噌煮込みうどんを作るときの割烹着姿がとっても似合っています!いずれは料亭の女将役にトライしてもらいたいくらいですね。妄想タイムのエア料理シーンも愛らしいです。このドラマ、料理シーンにたっぷり時間をかけてるが、原作と同様、食べるシーンが一切ありません。でも作る過程は実に楽しそうで、微笑ましいです。
20代女性
毎回、台所から美味しそうな匂いがするのに、食べさせてくれないという複雑な心境に駆られます。それでいて無駄に食欲を煽ってくるからかわいいですよね。彼女を取り巻くサブキャラは、同じ大学に通うコミュ力高めだけど料理は超絶的にヘタなジュン、いつも勝手にブンの家に上がり込んでいる中学生の凪など個性的で面白いです!
50代男性
最終回では、突然ホクサイが喋らなくなり、ジュンと凪が自分から離れてしまったことで強烈な孤独に襲われるブンがかわいそうでしたね。これまで“孤独のグルメ”を好んでいた彼女が誰かを幸せにするための料理の大切さに気づくというちょっとシリアスめな展開が良かったです。最後まで好感度の高い作品で、飽きがこず見ることができました。続編があれば見てみたいです。

まとめ

以上、上白石萌音主演のドラマ「ホクサイと飯さえあれば」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

「ホクサイと飯さえあれば」は、料理を「作る楽しさ」を伝えるグルメ漫画をドラマ化した作品。

お守り代わりのぬいぐるみのホクサイとともに、「楽しく作れるレシピ」で自炊をしながら生活する何ともほっこりできますよ。

ホクサイと飯さえあればの動画はParaviで全て無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴