ドラマ|火の粉の動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2016年4月〜5月までユースケ・サンタマリア主演で放送のドラマ「火の粉」

雫井脩介の同名小説を実写化。

元裁判官の隣家に、殺人疑惑のある男が引っ越してきたことから巻き起こる恐怖を描いたサスペンスドラマです。

ドラマ「火の粉」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムの無料期間を利用すると、ドラマ「火の粉」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「火の粉」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「火の粉」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムは通常月額888円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:FODプレミアム)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「火の粉」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「火の粉」で主演を務めたユースケ・サンタマリアが出演している

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「火の粉」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「火の粉」の動画まとめ

ドラマ「火の粉」は、FODプレミアムで全話無料視聴できます

(画像引用元:FODプレミアム)

FODプレミアムは2週間無料お試し期間があります。

第1話「隣家に来た善意の殺人者!?」
『無罪判決』東京地裁の法廷。被告⼈席に⽴つ武内真伍(ユースケ・サンタマリア)。武内は⼀家3⼈殺害事件の被疑者として裁判にかけられた。凶悪な事件、有罪になれば死刑は免れない。しかし、武内に下された判決は――――『無罪』だった・・・(引用元:FOD)

ドラマ「火の粉」1話のネタバレ
舞台は東京地裁の法廷。

武内真伍(ユースケ・サンタマリア)は被告人席に立っていた。

一家3人殺害事件の被疑者として裁判にかけられた武内…有罪になれば死刑は避けられない。

だが、武内に下された運命の判決は”無罪”だったのだ!

2年後、武内はある住宅街に引っ越した。

そこで、隣人の梶間雪見(優香)と出会う。

雪見は、夫の俊朗(大倉孝二)と娘のまどか(庄野凛)の他に、義理の父・勲(伊武雅刀)と義理の母・尋恵(朝加真由美)、それに尋恵が介護している勲の母親と暮らしている。

夫の俊朗が失業中だがそれ以外は、一般的な家庭。

武内が引っ越してきた夜、武内は梶間家に挨拶に向かった。

豪華な手土産を渡し、満面の笑みを風間家に向ける武内。

雪見や尋恵は呆然としていた。

そこに仕事を終えた勲が帰宅する。

お互いの顔を見つめ固まる2人。

実は勲は武内に無罪判決を告げた当時の裁判長、つまり命の恩人だった。

その後武内は、頻繁に梶間家へ通うように。

尋恵や俊郎はすぐ心を開いたが、雪見は武内を怪しんでいた。

そんなある日、新聞記者と名乗る怪しい男(佐藤隆太)が「武内は有罪だ」と雪見に言った。

その発言に雪見は驚愕する。

その頃武内は、義母の介護に追われる入院した尋恵に対し、援助を申し出るのだった。

ドラマ「火の粉」1話の感想
かなり警戒している雪見ですが、確かに殺人の疑いがかかった人が身近にいたら心配にもなりますよね。家族もいるし。
頻繁に出入りするようになる武内はこれからどのような行動を取るのか…かなり気になります!
偶然のめぐり合わせなのか、それとも故意的なのか、以前の恩人とまた接触できる機会に触れられた武内ですが、親切さや笑顔が少し怖く感じました。タダより高いものはないって言いますしね。ただ、介護の援助で追い詰められているときに、こんなに親身になられたらそりゃあ懐柔されてしまうなとも思います。これからどのように進んでいくのか楽しみです!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「家族に亀裂 次に狙われるのは!?」
『拒絶された男』武内(ユースケ・サンタマリア)が、勲(伊武雅⼑)の⺟・曜⼦(星野晶⼦)の介護を始めてすぐ、曜⼦が不慮の事故で亡くなった。これまで熱⼼に介護をしていた尋恵(朝加真由美)は喪失感に襲われるが、⾃分の現状を理解してくれ・・・(引用元:FOD)

ドラマ「火の粉」2話のネタバレ
武内が介護を始めてすぐに勲の母・曜子が思いがけず事故で亡くなった。

尋恵は虚しさに襲われるが、自分の現状を理解してくれる武内に対する信頼は深まる。

しかし勲は、元裁判官と元被告が隣人同士という事実が知られると周囲に誤解が生じると説明し、武内が通夜へ列席することを断る。

その説明に武内は悲しそうな表情で納得する。

武内が家に出入りし始めた直後に事故が起きたことが気になっていた雪見の所に寺西と名乗る新聞記者が訪ねてくる。

寺西は、武内が曜子を殺害したと疑っていたのだ。

雪見は戸惑いながらも寺西の推理に耳を傾ける。

家路を急ぐ雪見の脳裏から寺西に言われた「あいつは善人面で人を惹きつける悪魔のような奴なんです!」という言葉が離れない。

帰宅すると、出迎えたのは満面の笑みを浮かべる武内だった。

失業し、再就職を目指している雪見の夫・俊郎のために高級スーツを用意していたのだ。

武内は遠慮なく受け取るよう勧める。

雪見はあまりいい気がしなかったが、俊郎や尋恵は乗り気だ。

そのおかげか、敏郎の就職活動は順調に進む。だが、彼は重大な秘密があったのだ。

そのことを打ち明けられる武内。

そして、武内がとる行動とは…?

ドラマ「火の粉」2話の感想
2話では武内の善悪両面がますます際立っていたと思います。善人なのか、悪人なのか、いったいどちらの武内を信じればよいのか分からなくなってしまいます。介護から解放されて自由になれた尋恵に歌舞伎のチケットを取ってプレゼントする武内は悪人には見えません。でも、俊郎が以前勤めていた会社の社長を訪ねて交渉を断られたことや、過去の殺人の動機について俊郎に話す武内を見ると犯人なのではないかと疑ってしまいます。殺人の動機は刑事のでっち上げだと言いますが、社長も過去に殺された主人も武内からのプレゼントをけなしていました。怪しさ満載ですが、殺害シーンは出てこないので憶測でしかなくとってももどかしいです。武内が母に宛てて語るビデオレターなど気になるところが増えてきて今後も楽しみです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「衝撃告白!?いよいよ明かされる…善人の笑顔の裏側!!」
『異変』武内(ユースケ・サンタマリア)は雪⾒(優⾹)の娘・まどか(庄野凛)に、特製の⼿作りジュースをふるまう。美味しそうに飲むまどかだが、それを⾒かけた雪⾒が⾎相を変えて⾶び込んでくる。「勝⼿なことしないでもらえませんか・・・」(引用元:FOD)

ドラマ「火の粉」3話のネタバレ
雪見(優香)の娘であるまどか(庄野凛)は、武内(ユースケ・サンタマリア)に特製の手作りジュースをもらっていた。

まどかはそれを美味しそうに飲んでいたが、そこへ雪見が目つきを変えてやってきた。

「勝手なことをしないでください…」といい、雪見はまどかを連れ武内の元を離れる。

しかし家に着いたとき、まどかの腕に謎の痣があることに気づく。

新聞記者の寺西は、雪見に武内の脅威を伝えるべく、何度も武内について警告していた。

なぜ寺西は、武内の警告をしていたかというと、実は彼は、以前武内が殺害したとされる的場一家の遺族である池本であった。

雪見は以前から武内の異常な親切心に疑いを持っていたため、池本から武内の本当の姿を聞く。

「裁判は誤審、武内が次に狙っているのは、あなたの家族です!」と告げられた雪見は動揺を隠せず、ますます武内への疑いが高まる。

さらに、それ以来まどかがなかなか寝付けなくなり、寝不足な日々が続く。

たまった怒りを琴音(木南晴夏)に話した帰りに、梶間家に想像もしていなかった人物が現れる。

やがて、雪見が絶対に明かしたくない、過去の秘密が明らかに…。

ドラマ「火の粉」3話の感想
今回の第三話では、結末に影響を与えそうな情報が現れました。その情報は、勲の裁判官の早期退職です。勲は裁判官として順調に歩んでいたと思いますが、武内の裁判後早期退職をしています。池本にもその理由を問いただされていましたが、その理由が結末に響いてきそうで楽しみです。また、まどかが異様に武内になついているように感じます。なにか親切心以外のなつく理由があるのでしょうか。また、雪見たちのパート先に置いていった時計にも、何かあるような伏線的な要素を感じました。まだ謎の多い第三話ですが、第四話以降、どのような謎が明かされていくのか楽しみです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「全面対決 本当に悪いのは誰か…誰もが試される」
『家出』知られたくない過去を暴かれ、⾝に覚えのない疑いをかけられてしまった雪⾒(優⾹)。梶間家を出て、親友の琴⾳(⽊南晴夏)のもとに⾝を寄せる。ますます武内(ユースケ・サンタマリア)への疑念は強まるが、なんと琴⾳はそんな武内に・・・(引用元:FOD)

ドラマ「火の粉」4話のネタバレ
雪見(優香)は誰にも知られたくない過去を調べられ、無実なのに容疑をかけられてしまい、梶間家を去り親友の琴音(木南晴夏)の家に行くことに。

今まで以上に、武内(ユースケ・サンタマリア)を疑っていたが琴音はそんな武内を好きになっていた。

一方、武内家では、勲(伊武雅刀)や尋恵(朝加真由美)たち梶間家の家族を招待し武内が豪華な料理で持てなしており、この場で武内は琴音への気持ちを語り出した。

雪見は、的場一家殺害事件の遺族である池本(佐藤隆太)に現在の状況を相談した。

すると、池内は「武内の仕業に違いない」と言い切り、雪見の味方になると言った。

勲も雪見の事を心配しており、家に戻ってくるよう言われ、雪見は揺れ動いていた。

だが、勲のちょっとした一言で雪見は固まった。

雪見は「本当は武内さんの事を怪しんでいるのではないか」と問いただしてみたら、勲は懸命に否定していたが、焦っているように見えた。

勲を信じられなくなり、落ち込んでいる雪見のもとに池本が武内の正体を暴ける証拠を見つけたと連絡が入った。

雪見と池本の2人は、梶間家へ向かい家族を説得しようとするが、事態は思いもよらないことに…。

ドラマ「火の粉」4話の感想
武内と琴音のことや、タロット占いや、池内への相談を途中でやめる雪見とか、中盤くらいまではストーリーを伸ばしているのかなと、たるんだイメージでしたが雪見が池内と一緒に家に戻るあたりから面白くなってきました。
家族なのに、何を言っても信じてもらえず今までの状況から全く変わってしまう恐ろしさや、信じていたものが崩れ去っていく悲しさなど、見ているこっちが少しへこんでしまうようだったけど、面白い展開でした。
雪見は敵地に乗り込むのに武器もなく手薄な状態で戦っても勝てないよ、とは思いましたが戦いを挑んでいる姿はなんか痛快に感じました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「そして、また一人消える…。」
『失踪』武内(ユースケ・サンタマリア)の罪を暴こうとし、失敗した池本(佐藤隆太)が失踪した。彼の妻・杏⼦(酒井若菜)は、池本は武内に殺され、遺体が武内家の中にあると主張。深夜に武内が⼤きなスーツケースを運び⼊れるのを⽬撃していた・・・(引用元:FOD)

ドラマ「火の粉」5話のネタバレ
池本(佐藤隆太)は武内(ユースケ・サンタマリア)の罪を公にしようとして失踪してしまう。

池本は武内に殺害され武内の家に遺体もあると池本の妻・杏子(酒井若菜)は主張する。勲(伊武雅刀)は夜中に大きなスーツケースを運ぶ武内の姿を見ており言葉をなくす。

雪見(優香)は梶間家に戻り気まずいながらも以前の様な生活に戻りつつあった。

武内と雪見との距離が気になっていた琴音(木南晴夏)は、武内と今まで以上に親密になるが、雪見は琴音の顔に痣かと思われる跡を見つけて…。

一方で俊郎(大倉孝二)はすっかり傾倒している武内に勲が裁判官だった頃、死刑判決を言い渡した経験がありその重圧で体調を崩し休職した事があるという話をした。

俊郎は武内を信じたと言うよりも誰かを死刑にしたくなかったのかも知れないという憶測に、笑顔で応えた武内だったが目は笑っていなかった。

ある日、梶間家を訪れ今日は記念日だといいながら一本のネクタイを取り出した武内にうろたえる勲。

その日は2年前、武内に無罪を言い渡した日だった。

かつて武内がネクタイがきっかけで殺害事件を起こした事を知る勲は追い込まれ、問題のスーツケースを開ける為、武内の家に忍び込むが…。

ドラマ「火の粉」5話の感想
夫の俊郎は武内に取り込まれ、雪見は武内に追い込まれていましたが梶間家に戻ってきます。心のなかでは武内への疑念は持ったままだと思いますが、武内の策略で、武内に助けてもらった様な形になっていますし、夫や義母が武内を信じている以上、あからさまに武内を疑って不振な動きをすることは雪見には出来ませんね。そうなることが分かっていて計画的iに陥れた武内は本当に恐いと思います。
ずっといい隣人としてやってきた武内が徐々に勲に対しても本性を見せ始めたこの回は、武内の行動に動揺し、怖くなった勲がこれからどんな行動に出るのか見どころですね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「悪魔の恋?邪魔者はアディオス!!」
『消えた弁護⼠』かつて武内(ユースケ・サンタマリア)の無罪を勝ち取った弁護⼠・関(迫⽥孝也)が⾏⽅不明に。彼の事務所には⾎痕が残っていた。勲(伊武雅⼑)は武内が殺めたに違いないと疑う。しかし、完全に武内に取り込まれている妻・・・(引用元:FOD)

ドラマ「火の粉」6話のネタバレ
関(迫田孝也)は、以前武内(ユースケ・サンタマリア)の無罪を勝ち得た弁護士だったが行方不明になっていた。

勲(伊武雅刀)は事務所に血痕が残っていることを知り、武内が殺したことを疑っていた。

しかし妻の尋恵(朝加真由美)は武内に取り込まれていたため、武内をかばい、警察に嘘の証言をしてしまう。

雪見(優香)は様子のおかしい勲に、武内の件で何か家族に隠しているのではないかと問い詰めた。

勲は雪見からの追求に、自分が武内に下した判決は間違っていて、無実ではないと不利な事実を認めるのだった。

勲が黙っていたことに憤るが、他の家族に絶対に言わないように懇願されてしまい、雪見は困惑する。

一方、琴音(木南晴夏)は武内に対して突然別れを告げていた。冷たい目で武内は理由を問う。

翌日、琴音は元夫だった稲葉(渋江譲二)を訪ねる。琴音に出来ていた痣は稲葉が暴力をふるったものだった。

琴音の置かれた状況を複雑な気持ちで見守る雪見だったが、武内の優しさに琴音は惹かれていく。

そして稲葉に対して衝撃の計画を立てる2人は…。

ドラマ「火の粉」6話の感想
武内のサイコパスぶりが徐々に見えてきて、今、一番恐怖を感じているのは勲だと思います。
勲は自分が本当は有罪が濃厚だった武内を無罪にしてしまった事を確信しても口に出せずに来ましたが、ここに来て武内の様子に恐れを抱き、雪見には自分の気持ちを打ち明けますね。しかし妻の尋恵も息子の俊郎も武内に取り込まれているので、雪見以外には誰にも話せずにいるという状況になっています。尋恵と俊郎の2人を信じさせ、勲が孤立してしまうように追い詰める武内のやり方や用意周到に動く所に怖さを感じます。
琴美も武内に操られないといいですが、都合よく使われてしまうのではないかと心配です。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「説教部屋!?私が教育します」
『恐怖のマッサージチェア』梶間家では、尋恵(朝加真由美)が新品のマッサージチェアに満⾜そうな様⼦で座っていた。それは武内(ユースケ・サンタマリア)からのプレゼント。居間に鎮座する⼤きなマッサージチェアを俊郎(⼤倉孝⼆)が邪魔扱い・・・(引用元:FOD)

ドラマ「火の粉」7話のネタバレ
梶間家では武内(ユースケ・サンタマリア)からプレゼントされたマッサージチェアに満足げに座る尋恵(朝加真由美)がいた。

どっしりと居間に置かれたそのマッサージチェアを邪魔にする俊郎(大倉孝二)だったが、勲(伊武雅刀)は、武内の仕返しを恐れて逆上した。

しかし、尋恵と俊郎は勲の心配をよそにチェアを空き部屋へと移動させてしまう。

その様子を武内に見られてしまい、気に入らなかったか聞かれた勲は懸命に弁明するが、武内から向けられた目におののく。

武内が出張に行くという間を狙って尋恵と俊郎に武内の本性を告げ、武内の好意を台無しにすれば的場一家同様に殺されると告げる勲と雪見(優香)。

それを聞いた尋恵は自分達を騙していた事に怒り、出ていってしまう。

そんな梶間家に武内が現れ、家族1人1人の思いを聞くと言って奥の部屋へと1人ずつ呼び出した。果たして武内の本当の目的は…。

ドラマ「火の粉」7話の感想
武内からもらったマッサージチェアをぞんざいに扱う事を、以前、武内が起こした事件のネクタイを重ねて恐ろしくなる勲の気持ちが良く分かります。
自分の親切心を無下にする事は武内にとって許せない事でしょう。
武内が留守の間に、家族に本性を伝えたい勲と雪見ですが、上手く行かず、そんな梶間家の行動は武内に見透かされているのか、1人ずつ話を聞かれるという事になってしまいます。お互いが話の辻褄を合わせないようにする為だとしたら怖いですね。
とにかく普通じゃない武内の行動の異常さが浮き彫りになるような場面です。
ここまで来たらさすがに俊郎も尋恵も武内のおかしさに気づくかなと思いますが、気づいた時にはどうなってしまうのか、この先の展開が心配です。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「反撃開始 切り札は“あの男”」
「偽・幸せな家族」⾷卓は笑顔に満ちていた。雪⾒(優⾹)、勲(伊武雅⼑)、尋恵(朝加真由美)、俊郎(⼤倉俊郎)、まどか(庄野凛)、そして、武内(ユースケ・サンタマリア)・・・。事情を知らぬ⼈から⾒れば、⼀家は⾮の打ち所がない幸福な・・・(引用元:FOD)

ドラマ「火の粉」8話のネタバレ
勲(伊武雅刀)や尋恵(朝加真由美)、そして雪見(優香)、俊郎(大倉孝二)、まどか(庄野凛)に武内(ユースケ・サンタマリア)を加え、梶間家は笑顔で食卓を囲んでいた。

人からは幸せな家庭そのものに見えるが全て演技の偽りの家族を演じていた。

そのうち、我慢の限界に達し、バウムコーヘンを叩きつけてしまう雪見。

その一方で、武内に傾倒していた尋恵だけはこの生活を楽しんで何が悪いのとつぶやき、勲達は何も言えずにいた。

一方、武内に対して思いを寄せる琴音は、家族にはなれないと武内から拒絶され、梶間家の皆が家族のように武内と過ごしている様子に憎しみを募らせる。

そんな琴音に戸惑いを隠せなかった雪見だが、視線の先に池本亨(佐藤隆太)と思われる人影を見つける。

雪見はためらいながらも池本の事を勲に伝えるが、勲からは武内のみならず自分たちの事も池本は恨んでいるはずだと行って後悔の念にかられていた。

雪見と勲が家に戻ると、尋恵と俊郎が捕らえられそこには池本と武内が怒りの表情を浮かべていた。

4人の間に何が起こったのか…。

ドラマ「火の粉」8話の感想
武内は梶間家を自分の家族のように振る舞わせて考えていることが全く理解できませんが、自分の支配下に置くことでそれが偽りのものでも満足なのでしょうか。
こんな状況になり、雪見もやっと悪くなかったということが夫に理解されてよかったですが、自分に逆らう人間には容赦しない武内の残酷さがエスカレートしていますね。
しかしこの様なおかしい家族関係が続き、梶間家の家族一人一人も武内に支配されていた状態から、自分の意思を出し始めてきました。
又、武内によって殺害されたと思われていた池本もこの回で再び登場します。全てを理解した俊郎が池本と協力し一芝居うちますが、武内に見抜かれ、それに反抗したことで、階段から突き落とされてしまいます。琴音の様子も明らかにおかしく何か問題を起こしそうな感じで最後に向けて怒涛の展開が続き、目が離せません。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「最後の晩餐 悪の隣人vs幸せな家族 ついに悪魔が決断する!?」
『⼼のこもった贈り物』武内(ユースケ・サンタマリア)と雪⾒(優⾹)の⽬の前で、池本(佐藤隆太)が琴⾳(⽊南晴夏)に刺し殺された。武内は、⾃分のために邪魔者を消してやったのだと打ち明ける琴⾳を冷たくあしらう。⼀⽅、事件を⽬撃した雪・・・(引用元:FOD)

ドラマ「火の粉」9話のネタバレ
池本(佐藤隆太)が武内(ユースケ・サンタマリア)と雪見(優香)の目の前で琴音(木南晴夏)に刺し殺される。

武内の為に邪魔な人間を消したという琴音を冷ややかに突き放す武内。

一方、雪見は事件の目撃者として警察から事件の状況を聞かれる事になる。

そして武内はまるで引っ越してきた最初の時と同様に「相手の事を真剣に考えた心を込めた贈り物」と称して多くの品物を抱え梶間家を訪問するが、勲らは否定的な眼差しを向けた。

皆とやり直す最後のチャンスだという武内の叫びに怯えたまどか(庄野凛)は泣き出してしまい、まどかにすがる様に武内が近づくと俊郎がそれを遮る。

気がつくと梶間家の奥にある部屋で椅子に縛られた武内を、私的に裁こうと開廷の宣言をする勲がいた。

武内は希望のない自分を救ってくれた恩人は勲だとして、何をされたとしても後悔しないと心の内を明かす。

勲は被告人を死刑に処すると言い渡すと、武内は過去の罪を認め琴音と共に自首すると決意する。

その前に最後、梶間家で食事をしたいと頼み込む武内に、料理は雪見達が作るという事を条件にして受け入れる。

その日の夜、手作りのバウムクーヘンを持って梶間家に訪れる武内。

双方の思惑とは…。

ドラマ「火の粉」9話の感想
武内が自分の母親以外に愛してくれた人がいなかったという発言から、武内は人から愛されることを強く欲していたけれど、愛されるための考え方ややり方が決定的に間違っていたのだと最後に分かった気がしました。
自分がいいと思うことは相手も嬉しいに決まっている、そうでないのは相手がおかしいのだと、自分が変わるのでなく人に無理やり強制することで関係を成立させようとしてきた武内は、殺人を犯してまでも自分を正当化してきたような気がします。
梶間家にあれだけの事をしておきながら、最後の晩餐を一緒にしようとするのは、本来おかしいし、お互い殺されるかも知れないリスクのある中、そこで雪見は武内のバウムクーヘンを率先して食べます。
なんで食べるのか聞いた武内に、武内が作ったバウムクーヘンだからと雪見が言った言葉に、もしかしたら初めて愛情がどんなものなのか、武内は感じたのかも知れないなという気がしました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、FODプレミアムなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「火の粉」の概要

梶間家の隣に武内真伍(ユースケ・サンタマリア)という男が引っ越してくる。手作りのバウムクーヘンや大量の各地の名産品を持って挨拶にきた武内は、自分は元裁判官の勲(伊武雅刀)が無罪判決を下した事件の元被告人でとても感謝していると打ち明ける。薄気味悪く思う雪見(優香)の気持ちとは裏腹に、武内は姑の介護に身も心も疲れ果てている尋恵(朝加真由美)に代わって梶間家で介護を手伝ったり、敏郎(大倉孝二)の就職活動の手助けをしたりして、次第に梶間家の日常に入り込んでいく。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「火の粉」の出演者、放送情報

武内真伍:ユースケ・サンタマリア
梶間雪見:優香
梶間勲:伊武雅刀
梶間尋恵:朝加真由美
梶間俊郎:大倉孝二
梶間まどか:庄野凛
梶間曜子:星野晶子
相田満喜子:大島蓉子
佐々木琴音:木南晴夏
佐々木陸:中野遥斗
池本亨:佐藤隆太
池本杏子:酒井若菜
関孝之助:迫田孝也

原作:雫井脩介「火の粉」

主題歌:鈴木雅之「Melancholia」

制作:東海テレビ(フジテレビ

放送:2016年

ドラマ「火の粉」の見どころ

「クローズド・ノート」「犯人に告ぐ」「検察側の罪人」など、珠玉のミステリーを世に送り出してきた雫井脩介の同名小説を実写化。

殺人罪で起訴されるも無罪を勝ち取った過去のある男が、自分を救ってくれた元裁判官に恩返しをしようと隣に引っ越してきたことから始まるサスペンスです。

一見「いい人」なのに、底知れぬ狂気と危うさを秘めた謎の男・武内をユースケ・サンタマリアが怪演しています。

また、木村佳乃がサイコな妻に扮した同クールのサスペンスドラマ「僕のヤバイ妻」とのコラボも話題に。

どっちがよりヤバイのかを問う公式投票では、「武内(ユースケ)25%・真理亜(木村)47%・両方・27%」と真理亜に軍配が上がりましたが、それでも十分恐ろしいです…。

訳アリな隣人の善行の裏には何があるのか、衝撃の結末をお見逃しなく!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「火の粉」の感想

20代男性
サイコパスなユースケ・サンタマリアが不気味すぎてトラウマレベル。「おいしくなあれ、おいしくなあれ」のシーンが思い出されるせいで、バウムクーヘンも怖くなってしまった。隣人の「人殺しさえしなけりゃ本当にいい人」というセリフもすげえな・・・と思った。確かにいい人なんだけど、善行も行き過ぎると恐怖を感じる。ユースケ・サンタマリアの怪演がまた恐怖をあおってくる。  
20代女性
無罪判決を受けた殺人犯が、自分を解放してくれた裁判官に恩返しをするというストーリー。優しい顔でどんどん家庭に入り込んでいく手口と、それが当然だと思いこんでいる狂気が本当に怖かった。ユースケ・サンタマリアさんはこういう裏のある役がよくはまりますね。油断ならない、気持ち悪い感じが上手く表現できていました。ゾクゾクするけど面白かったです。  
30代女性
ユースケ・サンタマリアが上手すぎて怖い。原作はじいさんに近いおじさんの役なので、ドラマ版はちょっと若返ってしまったけど、かえってキモさが増している。でも、武内の噂を知っていながら普通に接する梶間一家もはたから見るとなかなか常軌を逸していると思う。普通は殺人犯疑惑のある男と関わらないだろう。だんだん本性を現していく武内からも目が離せないし、最後までドキドキハラハラが止まらなかった。  

まとめ

以上、ユースケ・サンタマリア主演のドラマ「火の粉」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

得体の知れぬ隣人と交流を深めていくうちに忍び寄る恐怖を描いたサスペンスドラマ。

一見柔和な笑顔の裏には、どんな意図が秘められているのでしょうか…?

FODプレミアムで火の粉の動画は全て無料視聴できます。

FODプレミアムは2週間無料お試し期間があますので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴