ドラマ|コールドケース 真実の扉の動画を無料で見れる動画配信まとめ

2016年10月〜12月まで吉田羊主演で放送のドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」

アメリカCBSの人気ドラマ「コールドケース」を日本版にリメイク。

「コールドケース」こと未解決事件の真相究明に奔走する刑事たちの活躍を描いたクライムサスペンスです。

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」の動画は、U-NEXTで見放題配信中です。

U-NEXTの無料期間を利用すると、ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」の動画は、U-NEXTで見放題配信中です。

U-NEXTは通常月額2189円かかる動画配信サービスですが、初回登録から31日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:U-NEXT)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」のシリーズ作品の

の動画も見放題配信されているため、全話無料視聴可能です。

さらに、ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」に出演している吉田羊の出演作品

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」の動画まとめ

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」は、U-NEXTで全話無料視聴できます

(画像引用元:U-NEXT)

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「閉ざされた声」
1996年、19歳の工藤順一が「お父さん、僕は自由です」と記された手紙を胸にして自宅前で絶命。これは未解決事件となった。現在、神奈川県警の刑事・石川百合の元を外国人女性が訪ねてきて、ある告白をする。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」1話のネタバレ
1996年に痛ましい事件がありました。

19歳の青年・工藤順一(吉沢亮)が亡くなっていたのです。

彼が胸に抱いていたのは「お父さん、僕は自由です」と書かれた手紙、自宅前で絶命していました。

その事件の捜査は難航を極め、結局未解決となったのです。

それから何年もの時が、現在のある日「1996年に殺人を見た」という女性が現れたのでした。

主人公は神奈川県警捜査一課の刑事である石川百合(吉田羊)、彼女の元にやってきた外国人女性が告白します。

これでようやく解決に導かれるのかもしれない、課長代理である本木(三浦友和)や立川(滝藤賢一)、金子(光石研)に異動してきて間もない高木(永山絢斗)と捜査一課のメンバーらと共に、百合は捜査に乗り出すのでした。

ですがこの奇妙な事件、本当に解決するのでしょうか。

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」1話の感想
「僕は自由です」という手紙は遺書という気もして自殺かと思いました。他殺であるということはどういった方法で亡くなっていたのでしょう。自宅の中ではなく前ですからきっと夜中の犯行か、そのあとすぐに目撃者も現れたはずです。吉沢亮さんですから、死体姿も絵になっている気がして見てみたかったです。そして何年もたって現れた目撃者、外国人女性ですからずっと自国に戻っていてそれからようやくまた日本にやってきたということなのか、それにしても殺人を見たのであれば少しでも早く通報してほしかったです。謎の多い事件という気がします。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「記憶」
2015年、鶴見区のアパートの窓から母子が転落し、6歳の娘は即死、母親の比嘉ひとみは一命を取り留めたが、昏睡状態に陥った。現場の状況や目撃者の証言から、強盗による犯行の線で捜査が進められる。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」2話のネタバレ
2015年に起きた未解決事件があります。

場所は鶴見区のあるアパート、一つの部屋の窓から母子が転落したのです。

6歳の娘の方は即死してしまいました。 母親の比嘉ひとみは幸いなことに一命を取り留めて、とはいえ昏睡状態に陥ってしまっているのです。

母親が借金が重なって無理心中を測ったといった単純な事件ではありません。

何しろその日の事件直後の時間、そのアパートから駆け出していく南米系男性の姿が目撃されていたのです。

つまりは強盗に入られて切羽詰まって母子は逃げ出そうと窓から飛び出し、亡くなってしまったという不幸な事故なのでは?

警察はその方向性で捜査を進めたものの結局は未解決のままに終わってしまったのでした。

娘は死亡、母親は昏睡状態でとても話せる状況では無いので当時の状況は分からず。

でも1年経ったある日、母親は奇跡的に目を覚ましたのです。

それをきっかけにして事件は再び動き出すのでした。

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」2話の感想
南米系の男性、特徴的ですからすぐにでも捕まえられて状況を調べることが出来そうです。でも結局解決しなかったということは彼の行方も見失ってしまったということで、誰かかくまった協力者でもいるのでしょうか。それにしても1年の間ずっと昏睡状態だった母親、よくぞ蘇ったものです。ただすでに娘は死んで骨になり埋葬されているはずで、そこにあるのは地獄でしかありません。せめて事件が解決すれば良いのですが、何しろ一番の目撃者が目覚めた以上はすぐに犯人は見つかるものと期待しています。娘を連れてアパートの窓から飛び出すなら娘は母に守られて無事なはずで、少し怪しくもあります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「冤罪」
1995年8月、神戸地方検察庁の検事・西尾智人が、横浜で刺殺された。事件から21年が経過。西尾の妻は、今になって亡き夫に横領の容疑が掛けられたことに疑問を抱き、本木の元を訪れるが…。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」3話のネタバレ
時は1995年の8月のことです。

被害に遭ったのは神戸地方検察庁検事の西尾智人、なぜか300キロ以上離れた横浜の地で刺殺されたのでした。

彼はある事件を担当していました。

その事件の被害者は、あの阪神淡路大震災後に復興ボランティアとして被災地を訪れていた女子大生です。

不幸なことに、避難所で暮らしているまだ17歳だった不良少年によって殺害されたのです。

その事件の担当をしていた彼が次の事件の被害者に、何か関連はあるのでしょうか。

あれから21年経ちました。 今になって西尾智人に横領の容疑が掛けられて、そのことで疑問を抱いた彼の妻が本木の元を訪れたのです。

どうして横浜にいたのか・誰に刺されたのか、今明らかになろうとしています。

本木は調査を改めて二つの事件の調査を行うことにしたのでした。

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」3話の感想
大震災のボランティアで神戸の人たちを救おうとした女子大生が被災者に殺される、痛ましいとしか言いようのない事件です。不良少年に殺されたことは明らかなようですが、そのあと事件を担当していた西尾が殺されたということはそんな単純な話では無かったのでしょうか。全く関係ない横浜でというのも不思議です。そこから20年以上も経ってかけられた横領の容疑、妻としては夫を殺されただけでも辛いのに名誉を汚されて、なんとか事件が解決してもらいたいものです。ただかなり昔のことですから目撃者などを探るのも大変、難航しそうです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「オリオン」
2004年6月、小川理紗は神奈川県郊外にあるコンビニに勤めていた。夫からのDVに苦しんでいた彼女は、娘にパパが来たらカウンターに隠れなさいと言ったまま失踪。12年後、ある森で、首なし死体が見つかる。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」4話のネタバレ
2004年の6月、小川理沙は夫からのDVに苦しんでいました。

神奈川県の郊外のとあるコンビニで勤めている彼女、その程度の給与では夫から逃れたとしても娘まで育て上げることは難しいです。

ただ妻が何も言えないのを良いことにどんどんエスカレートしていく夫、理沙は娘に「もしパパがやってきたときはカウンターに隠れなさい」と言い、そしてそのまま失踪してしまったのでした。

それから12年、2016年のことです。 首無しの死体が、鳥獣保護区の森にて発見されたのです。

その死体こそが小川理沙、捜索願が出されていたがゆえに身元はすぐに分かりました。

なぜかそこにはその他に8体もの首なし死体が、いったいそれは誰なのでしょうか。

前代未聞の猟奇的殺人、百合たち捜査陣にも緊張は高まります。

DVをしていた夫につかまり殺されてしまったのか、それなら後の8体も彼の心を癒すために殺された通りすがりの人というわけなのでしょうか。

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」4話の感想
DV夫でも子供にとっては父親、それに普段は優しかったり暴力をふるった後に強く謝られるからなかなか切ることが出来ないのです。でもそのまま夫婦関係を続けていたからこそ最悪の事態が起こりました。失踪したと思われていた彼女、本当は夫に捕まってそのまま物言わぬ状態になってしまったのでしょうか。それだと悲しすぎる人生です。更には他にも8体も、彼の歴代の彼女たちというなら恐ろしすぎる夫です。こんな家庭にいて娘がどうなったのかも心配、カウンターに隠れるのは一時の手段であり小さな子供が母親がいなくなりあの父と二人きりなんて恐ろしすぎます。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「プール」
捜査一課に「プラン」と書かれた紙が届き、「開央学院」「2012年7月16日内藤貴一」などと記されていた。同校の教師・内藤貴一は泥酔状態で溺死。百合たちは「プラン」の情報を基に捜査を始めるが…。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」5話のネタバレ
「プラン」と書かれた紙が、捜査一課宛てで届きました。

そこには「開央学院」とあり、「1無視・2ご褒美・3秘密・4テスト・5エスカレート・6破壊」とあったのです。

意味が分かりません。 書いた本人の名前でしょうか、最後に「2012年7月16日内藤貴一」と記されていたのです。

さっそく調べてみるも、開央学院なる学校はありました。 全寮制のエリート男子校です。

ただこちらでは、創立してから今まで殺人事件など全く起きたことは無かったのです。

ですが、その紙の日付・2012年7月16日に溺死事故は起きていました。

被害者は教師・内藤貴一という名前です。 その紙は調べてほしいという何者かからのメッセージなのでしょうか。

さっそく百合たちは紙に描かれていた情報をもとにして、捜査を始めるのでした。

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」5話の感想
無視とあるのはいじめを示唆する気はしますが、そのあとにはご褒美や秘密・エスカレートといった謎のキーワードが続きます。このプランは何を示すものなのでしょう。全寮制ゆえに学校でもプライベートでも皆に監視されている状態です。そんな中で必死で訴えてきたメッセージという気がしてなりません。内藤貴一の溺死は事故なのか事件なのか、不思議で不気味なストーリーです。プランの情報を元に捜査をということですが、無視されたりといったいじめが実際にあったのか・それはどの人物なのかを調べるのでしょうか。無視されている子の担任が内藤という気がします。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「恋文」
1950年8月、横浜本牧のチャブ屋で米兵相手の売春宿で働いていた韓国人女性、コ・スジョンの死体が発見された。犯人は特定できず未解決となった。それから66年、彼女の孫・金井美紀が祖母の手紙を見つける。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」6話のネタバレ
1950年8月、ある事件が起こりました。

横浜の本牧というところのチャブ屋で死体が発見されたのです。

被害者はコ・スジョン、韓国人の女性でした。 彼女は暴行されたうえで首を絞められたのか、窒息死していました。

アメリカ占領軍の兵士を相手にする売春宿で働いていた彼女、だからこそ行きずりの客に殺害されたと推測されます。

でも敢えて身分証明書を提示して利用するようなお店でも無し、結局犯人は特定できないままだったのです。

それから66年の時が過ぎました。 金井美紀は母親の遺品を整理していて、祖母の手紙を発見します。

祖母とはコ・スジョン、そこには「ミルクマンが私を壊さなければ良いのに」という謎の文章が記されていたのです。

行きずりの客ではなくミルクマンというのが犯人なのでしょうか。

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」6話の感想
韓国人女性のスジョン、低下層の商売をしていた可哀そうな彼女・暴行されての窒息死と死も哀れなものでした。それでも犯人が見つかり罪を償わせることが出来たならまだいい、未解決とは家族も可哀そうです。そんな彼女の孫が発見した手紙、母親の遺品の中にあったということは母もまた真相を知っており口をつぐんでいたのでしょうか。66年前にいったい何があったのか気になります。それを子から孫にと伝えなかったのは、伝える暇がなく死んでしまったのであればまだいいです。自分の代で終わりにしようと口をつぐんだのを暴き立てるのであれば、良い事とは思えません。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「同窓会」
1997年、名門女子中学校に通う少女が、池で体中にばつ印を書かれた状態で遺体となって発見された。19年後、同所で同様の状態の女性の遺体が発見された。その矢先、女性を殺害したと供述する男が逮捕される。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」7話のネタバレ
1997年、遺体が発見されました。 被害者は中学生、名門女子校に通う少女です。

彼女は郊外の池で発見されましたが、なぜか体中にバツ印が書かれた状態だったのです。

それから19年の年月が経ちました。 少女の遺体が発見された同じ場所で、また女性の遺体が上がったのです。

彼女もまた体中にバツ印が書かれてありました。 時を超えての連続殺人なのでしょうか。

そんな折、女性を殺害したとの供述をする男性が逮捕されました。

彼は19年前の少女・瀬谷聖の兄で、その当時は同じ中学校に通っていたのです。

そんな彼が妹を殺したわけではないと否定していますが、それとは別にある秘密を語り始めたのでした。

19年前の殺人事件の真相とはどういったものだったのでしょうか。

兄が殺害したのは復讐のいみがあるのですか。

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」7話の感想
まだ中学生と幼い年齢で無残に殺されてしまって可哀そうです。しかも体中にバツ印が、遺体になってまで否定されているようで成仏できていないのではないでしょうか。それから19年、同じ中学で通っていた兄も大人になりました。今更ながら同じ方法で女性が殺されたのは兄の復讐という気がしてならないのですが、真相はどうなのでしょう。本当に彼が殺したのでしょうか。今回発見された女性、19年前は中学校に行っている年齢なのであれば通り魔とかではなく学校内でのトラブルで起きた出来事なのかもしれません。彼が語る秘密が気になります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「ミレニアム」
1999年大みそかの夜、ミレニアムを祝う花火が打ち上がる中、妻と親友らとのパーティーを後にした柏原隆介がひき逃げ事故で死亡。16年後、断酒会に通う女性がミレニアムの夜、飲酒運転で人をはねたと告白する。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」8話のネタバレ
1999年の大みそかの夜、世界中の誰もが浮かれていました。

そしてミレニアムの花火が打ちあがった時、一人の男性がひき逃げ事故で死亡したのです。

彼の名前は柏原隆介、妻や親友たちとカウントダウンパーティーをしてその場を立ち去った後の出来事でした。

ひき逃げ犯はそのまま逃走、そして捕まえることは出来なかったのです。

それから16年の月日がたち、今更ながらミレニアムの夜に飲酒運転で人をはねたと告白してくる女性が現れました。

その時の出来事がトラウマとなってしまったのか、彼女は断酒会に通っていたのです。

柏原の事件との関連性はあるのか、百合たちは捜査を行います。

さっそく柏原の妻だった女性・真由美の元を訪れた百合たち、すると彼女はすでに再婚していました。

相手は柏原の親友である三島武司です。

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」8話の感想
その年の終わり、皆が浮かれている中での痛ましい事故です。カウントダウンパーティーをして幸福の絶頂にあった彼が突然に奈落の底に落とされるのですから、人生はいつ何が起こるか分かりません。いつもと違った日だけに行動パターンも異なるもの、ひき逃げ犯を捕まえるのは難しかったみたいです。でもそれから16年経ってからようやく自首してきた犯人、彼女こそが柏原の命を奪ったものなのでしょうか。なぜ今更なのか、彼女の行動の不可思議さに目が行ってしまいます。断酒会に通う中で過去のトラウマが断ち切れず悩みに悩んでこれだけの期間が過ぎたのでしょうか。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「約束」
神奈川県内で3人の男女児童の箱詰め死体遺棄事件が発生。百合たちは本木の指示で、46年前の本件と類似した未解決事件を再捜査することになった。その頃、捜査一課に差出人不明のトランクが届く。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」9話のネタバレ
神奈川県内にて、3人の箱詰め遺体が見つかりました。

被害に遭ったのは男女の児童、似たケースの事件が46年前にも起こっており未解決のままです。

本木の指示を受けた百合たちは、こちらの事件を再調査することにしたのです。

ただ46年前の被害者は少年、身元不明の子供の箱詰め遺体が森の中で発見されたことで当時は世間を震撼させたものです。

捜査を続ける捜査一課の元に、差出人不明のトランクが届きます。

中にあったのは46年前の事件の情報提供願のビラと写真、誰が送ってきたものなのか・その意図とはどういうものなのでしょう。

写真には「聖母・子供の家」という文字も写っています。

今回の3人と46年前の少年、どちらもこの子供の家にいたものでこちらの施設が関係しているのかもしれません。

当時子供だった誰かが大人になって復讐しているのでしょうか。

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」9話の感想
箱詰めされた子供たちの遺体、発見してしまった方が気の毒でしょうがありません。恐ろしすぎる事件ですが、それが46年前にも起こっていて犯人が捕まらず解決しなかったというのも怖い話です。今回の件で蒸し返されたことで、捕まえることが出来るものと信じています。それにしても46年とは長い、子供が大人になってからというなら20年程度あれば十分です。それだけの年月が経っていると若者ではなく壮年と言える年齢となっている場合も、そうなると復讐しようにも体力も自信がないでしょう。子供の家という施設はどう関係するのでしょう。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「黒い森」
郊外にある屋敷の庭から9つの頭蓋骨が見つかる。百合は、頭蓋骨の眼窩にはめられたガラス玉を見て、連続殺人事件の容疑者でありながら証拠不十分との理由で釈放され、その後行方不明となった赤松を思い浮かべる。(引用元:U-NEXT)

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」10話のネタバレ
遺体が発見されました。 その数9つ、と言っても頭蓋骨のみです。

郊外にたたずむあるお屋敷の庭から見つかったのです。

頭蓋骨の眼窩にはガラス玉、それを見た百合は赤松の姿を思い浮かべます。

赤松は2か月前に連続殺人事件の容疑者とされたもの、ただ証拠不十分と釈放されてそのまま行方をくらませています。

この屋敷では30年前に赤松の母親である静子が射殺されています。

頭蓋骨達は皆、ちょうど母親が殺された部屋を見上げています。

そのことに百合は違和感を覚えるのでした。 9つもの頭蓋骨の主は皆、静子を殺した犯人たちなのでしょうか。

でもそれだと死んだ後も部屋を見上げられて成仏するわけがありません。

捜査を続ける百合、そんな時1本の電話がかかってきたのです。

それはいったい誰からだったのでしょう。

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」10話の感想
9人もの人物の頭蓋骨、連続殺人事件です。頭部だけ・それも骨になるまで放っておかれたのは郊外のお屋敷の中・プライベートな空間だったからでしょう。それが今発見されたのはどういった経緯からなのか、すでにそのお屋敷には人は住んでいないということかもしれません。アカマツの母が殺された場所ですから彼が住んでいた場所か、それなら容疑者として逮捕されたことがあるから行方をくらまして不在になっているのも分かります。でも本当にやっていないなら堂々ととどまれば良い、ガラス玉がはめ込まれた悪趣味な頭蓋骨といい彼が深く関わっているの違いありません。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、U-NEXTなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」の概要

1996年冬、19歳の青年・工藤順一が「お父さん。僕は自由です。さようなら」と書かれた紙を胸に、自宅前で絶命。その事件の資料は”未送致”として神奈川県警の倉庫にしまわれた―。
時は流れ、2015年春。横浜市街で起きた母子殺害事件の現場にいた神奈川県警・捜査一課の刑事、石川百合(吉田羊)に、来客の連絡が入る。県警に戻った百合を待っていた外国人女性は、「1996年1月に殺人を見た…」と語りだす。
それは19年前、工藤順一の遺体が捨てられたのを目撃したという新たな証言だった。
再捜査の価値があると判断した百合は、課長代理である本木秀俊(三浦友和)の指示のもと、立川大輔(滝藤賢一)、金子徹(光石研)と、異動してきたばかりの高木信次郎(永山絢斗)とともに再捜査を始める。
数々の未解決事件の閉ざされた真実を暴き出すため、最高のチームワークを見せる捜査一課が今、動き出す!(引用元:公式サイト)

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」の出演者、放送情報

石川 百合:吉田羊
高木 信次郎:永山絢斗
立川 大輔:滝藤賢一
金子 徹:光石研
本木 秀俊:三浦友和
比嘉ひとみ:仲里依紗

原作:『コールドケース 迷宮事件簿』(Warner Bros.)

制作:WOWOW

放送:2016年

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」の見どころ

アメリカCBSの人気クライムサスペンスドラマ「コールドケース」の初リメイクとなった本作。

主演を務めるのは、本作が連ドラ初主演となった吉田羊です。

オリジナル版の全156話から厳選したエピソードを、日本の社会的事情に合うように作り変えています。

また、オリジナル版に倣い、事件発生当時にヒットしていた曲を挿入歌やエンディングに使用する演出を踏襲。

さらに、全編4K・HDRと、最新技術を搭載したカメラやレンズを使い分け、過去と現在のシーンを対比鮮やかに描いています。

事件の物悲しさと、関係者たちの郷愁をかき立てる演出にも注目です!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

ドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」の感想

20代女性
WOWOWのドラマは本当にすごい!民放なんて目じゃないクオリティの高さで、文句なしに面白かったです。扱う事件が未解決のものなので、猟奇殺人など重いものが多く、映画なみの重厚なストーリーで、見ごたえがあります。メインキャストもしっかりしてるし、ゲストも豪華。個人的には滝藤賢一さんが素晴らしかったです!  
30代男性
本家のファンなので、日本版にも興味がありました。犯罪の性質や、社会的なバックグラウンドはアメリカと日本でかなり違うので、スケール的に少し見劣りするのは仕方ありませんが、十分見ごたえある作品になっています。ストーリーはもちろん、エピソードごとに違うエンディング、加害者と被害者遺族の過去と現在が交差する演出、事件当時の流行を再現…と、本家に忠実な演出をしてくれたのがうれしかったです。近年の海外ドラマのリメイクとしては成功している作品だと思います。   
30代女性
海外ドラマのリメイクです。オリジナルは何度か見たものの、私には殺伐としすぎていて合わなかったのですが、こちらは程よく人情や情緒があって楽しめました。デキる女を体現したような吉田羊さん、クールで仕事に全力を注ぐ刑事の役がぴったりです。日本版は合わなかったと言っていたオリジナルファンな友人も、この配役だけは褒めていました(笑)犯人役の人も有名な俳優さんたちばかりでしたが、ユースケ・サンタマリアさんは群を抜いた怪演でした。不気味な役をやらせたらこの方の右に出る人、いないんじゃないでしょうか。  

まとめ

以上、吉田羊主演のドラマ「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

WOWOW開局25周年を記念し、アメリカの人気ドラマをリメイク。

未解決事件の真相を暴くサスペンス感はもちろん、昔のヒット曲などノスタルジック要素も満載ですよ!

U-NEXTで連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~の動画は全て無料視聴できます。

31日間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴