ドラマ|忘却のサチコの動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2018年10月〜12月まで高畑充希主演で放送のドラマ「忘却のサチコ」

ドラマ「忘却のサチコ」は、阿部潤による日本のグルメ漫画をドラマ化した作品。

豪快に食べて、忘れるグルメコメディードラマとなっていますよ。

ドラマ「忘却のサチコ」の動画は、Paraviで見放題配信中です。

Paraviの無料期間を利用すると、ドラマ「忘却のサチコ」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「忘却のサチコ」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「忘却のサチコ」の動画は、Paraviで見放題配信中です。

Paraviは通常月額1017円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:Paravi)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「忘却のサチコ」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「忘却のサチコ」のシリーズ作品の

の動画も見放題配信されているため、全話無料視聴可能です。

さらに、ドラマ「忘却のサチコ」に出演している主演・高畑充希の出演作品

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能となります。

是非この機会にドラマ「忘却のサチコ」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「忘却のサチコ」の動画まとめ

ドラマ「忘却のサチコ」は、Paraviで全話無料視聴できます

(画像引用元:Paravi)

Paraviは2週間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「食べて! 忘れる!ごほうビーフ」
中学館文芸編集部で月刊「さらら」を担当する編集者・佐々木幸子(高畑充希)が結婚式当日に新郎・俊吾(早乙女太一)に逃げられてから数か月―。幸子はすっかり、元の仕事も完璧にこなす“鉄の女”に戻ったかのように見えていたが…。引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「忘却のサチコ」1話のネタバレ
出版社で働く、素直なサチコこと佐々木幸子は、三十路を前に、ウェディングパーティーの最中にフィアンセである俊吾(早乙女太一)がいなくなってしまい、懸命に俊吾のことを記憶から抹消しようとしている。

同僚たちも不安げに見守っていたが、サチコはミスをしてしまい、普段はプライベートを持ち込まない主義だったが、今回ばかりは落ち込んでいる。

そんなサチコに仕事上のボスである白井智昭(吹越満)は家でゆっくりするようにと話しかける。

サチコの母である和代(ふせえり)も、サチコを見守る。

サチコは仕事をやめて、外に出ると、こんなに落ち込んでいる時でも空腹でたまらず、偶然見つけた飲食店で、魚料理を注文する。

そして、魚の素晴らしい味付けにすっかり魅了され、気づくと、俊吾のことや、凹む出来事が頭の中から消えている。

素晴らしい味付けを堪能すれば、どんな凹む出来事も頭の中から消し去ってくれると考えたサチコは料理を味わうことを極めたくなる。

それからというもの、俊吾のことを思い出し、苦しくなってくると、ご馳走を味わうようになったサチコだった。

ドラマ「忘却のサチコ」1話の感想
主演の高畑充希のコミカルな演技が面白いです。原作が漫画ということも影響されているかもしれませんが、現実的ではないけれど、心から笑えて、楽しいドラマです。美味しいものを食べるひと時が本当に幸せそうで、こちらもグーグーお腹が減ってしまうほど!やっぱり、美味しいものは人生に欠かせないものですね。いろんな料理が紹介され、このドラマを見ると、マネして同じものが食べたくなります。サチコはどれだけ食べれば、俊吾のことを忘れられるのでしょうか?もしかして、復縁もあるのかな?最終回まで楽しくなりそうです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「踊れ! おにぎり!飯(め)ッションインポッシブル!」
あ幸子(高畑充希)は、月刊「さらら」に新しい風を吹き込むべく、ライトノベル作家・ジーニアス黒田(池田鉄洋)に恋愛小説の執筆依頼を試みる。ジーニアスは人間嫌いで絶対に顔を見せない“引きこもり”。(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「忘却のサチコ」2話のネタバレ
サチコ(高畑充希)は担当雑誌に自分が気に入っている小説家・ジーニアス黒田(池田鉄洋)の作品を掲載したいと考える。

早速、同僚の橋本玲奈(逢沢りな)に相談してみると、黒田は引きこもりで、かなり偏ったタイプの人間で、人見知りもすると言われたので、電子レターを出してみると、即座にレスがある。

だけど、レスの内容は最低で、絶対に承諾してほしいと思うサチコは直談判に向かう。

そして、黒田は家から出ないことが分かったサチコは、宅配便のスタッフに変装して行ってみると、すぐに見破られる。

すると、黒田から変装のリクエストがあり、その通りにサチコはして、再び、黒田の家の前に立つが、黒田は会ってくれず、周囲の人が不審者と思って、通報してしまう。

やっぱり、黒田のことは無理なのかと落ち込んでいるサチコはふと、鶏料理の香ばしい香りに気づき、いいアイデアが浮かぶ。

黒田がお気に入りの米料理を家の前まで持っていき、そこから美味しそうな香りをさせると、見事、黒田はドアを開ける。

黒田は米料理にかぶりつき、大満足。

そして、サチコにも勧めてくれて、一度は遠慮するけれど、やはり食欲が勝ってしまい、黒田と一緒に食べる。

それで、お互いに意気投合し、黒田はサチコの依頼を受ける。

サチコのボスである白井智昭(吹越満)は黒田が承知したことに驚き、早速、作品を確認してみると、内容が期待していたラブストーリーではなかった。

ドラマ「忘却のサチコ」2話の感想
このドラマで紹介されるグルメは実在するそうですから、本当に食べに行こうと思えば、行かれるというリアルさがいいですね!後半、おにぎりを食べながら高畑充希はミュージカル風に歌っていましたが、さすが、元ピーターパンを演じていただけあって、声量は抜群です。実際に食べながら歌ってしまうのは変ですが、味わった時の感動を歌にすると、より分かりやすいですね。偏屈の黒田もすっかりサチコと打ち解けて、仕事を引き受けてもらえます。やっぱり、どんな人も食欲にはかなわないものですね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「火を噴く熱さ!カレー&激辛刀削麺!」
月刊「さらら」編集部に新人編集部員・小林心一(葉山奨之)が配属されるが、ズバズバと空気の読めない発言を連発するモンスター新人で教育係の大野(重岡獏)ら編集部員たちは手を焼いていた。ついには“妖怪悪気ナシ”という異名が…。(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「忘却のサチコ」3話のネタバレ
サチコ(高畑充希)の職場に、新入りの小林心一(葉山奨之)が配属される。

小林は、新入りが毎年担当している当番をしないし、言い訳をして、さりげなく失言を重ねるので、失言くんと呼ばれている。

小林は言われた仕事に対して、選り好みをし、自分の意に介さないものは全然やらないので、サチコが具体的に仕事の意味合いを説明すると、小林はようやく働き出す。

そして、小林はラブストーリーを担当する場合は恋愛経験が豊富であるべきかと質問するので、サチコはそれは関係ないと返事をすると、経験無さそうですよねと、さらりと言われてしまう。

内心、ムカッとしたサチコは職場を離れ、ランチの印度料理屋でストレス解消し、午後は小林と小説家の重鎮である有村忠雄(大和田伸也)に原稿を頼みに赴く。

小林は有村の本は理解しにくいとズバッと言ってしまうが、サチコは熟読することで、深みが増すと褒め称える。

すると、有村は作品の内容に窮していて、理解されないものを書いても仕方がないと思うと言うので、小林はネットでファンと触れ合うことを思い付き、サチコも賛同する。

それから、また、小林に失礼なことを言われてしまうサチコだったが、帰りに一人、激辛中華麺を堪能する。

職場に帰ると、サチコの席に小林から差し入れの和菓子が置かれていた。

ドラマ「忘却のサチコ」3話の感想
新入りの小林の失言、あるあるですね。本人は率直に言っているだけと思っていますが、やはり、言葉の暴力です。さりげなく言われたセリフこそ、相手を傷つけることもあるのです。これはサチコにだけでなく、重鎮の有村にも率直に意見を言ってしまっていましたね。有村は怒ることがなく、懐が深い人だったからよかったですけれど、一般的に年配者にあんな失礼なことを言ったら、すぐに契約破棄になってしまうでしょう。小林の失言は周囲で注意すべきと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「マグロと愛と幻と」
幸子(高畑充希)と編集長(吹越満)は葬儀のため港町・三崎を訪れた。編集長と漁港を歩いていると漁師姿の俊吾が…!?俊吾を追いかける幸子だったが見失ってしまう。幸子は「きっと幻…」と俊吾を忘却するために漁港のご当地グルメを食べる。(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「忘却のサチコ」4話のネタバレ
サチコ(高畑充希)とボスの白井智昭(吹越満)は仕事の付き合いで海沿いくの街に赴く。

すると、この街の人らしき人物が捨てられた恋人である俊吾(早乙女太一)によく似ていて、慌ててサチコは後をついて行くが、どこに行ったか分からなくなってしまう。

サチコは亡霊を見たのかもと思い、俊吾を記憶から消すために魚料理を味わう。

そして、また、俊吾に似ている人に会い、その人は俊吾ではなく、石井和男と名前を言うけれど、サチコは自分の名前を忘れたのかもと訝しがる。

そこで、石井は自分の嫁である愛美(木下あゆ美)のもとに連れていく。

サチコは愛美もいるのに、俊吾に本当の居場所に連れ戻していいものか迷う。

そんな時、魚の刺身料理を味わい、食材同士のコンビがぴったりと感心する。

そして、もう一度、石井のことを確認しに行ってみると、俊吾に似ても似つかなかった。

どうやら、俊吾のことを考えすぎて、思い違いをしたらしいサチコは気を取り直し、仕事にやる気を見せる。

ドラマ「忘却のサチコ」4話の感想
恋人の亡霊を見てしまうなんて、嘘っぽいと思う人もいるかもしれないけれど、失恋の痛手というのはそういうものですよね。自分の思い込みで、気持ちがおかしくなってしまうことがあります。そんな時こそ、美味しいもので心を癒すしかありません。マグロ丼とあら汁のコンビネーションに感動したサチコは正気を戻して、仕事に集中するところはちょっと涙が出てきました。痛々しいサチコだけど、しっかりと前向きに失恋を受け入れようとしている最中です。しっかりと見守り、最後まで見届けたいと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「嗚呼! 懐かしの昭和グルメ」
姿を消した婚約者・俊吾(早乙女太一)を忘れられない幸子(高畑充希)を見かねた後輩・橋本(逢沢りな)は「過去の恋愛を忘却するには新たな恋!」と合コンに誘われる。幸子は橋本の熱心な誘いに、俊吾を忘れるために合コンに初参戦することに!(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「忘却のサチコ」5話のネタバレ
行方不明のフィアンセである俊吾(早乙女太一)の記憶に苦しむサチコ(高畑充希)。

そんなサチコを心配する年下の同僚・橋本玲奈(逢沢りな)は、昔の男の記憶を消すには新しい男が必要!と言い、カップリング飲み会に連れて行く。

橋本は飲み会で好かれるテクニックをサチコに教えるものの、思わぬ展開になってしまう。

そんな時、サチコが子供の時の友達である梶幸聖(清原翔)に久しぶりに会い、梶はサチコのことを昔、好きだったと告白し、サチコと2人で外出しようと誘う。

梶と一緒の間、サチコは橋本直伝のテクニックを試すけれど、結局、自分の心は俊吾にあることを気づく。

そして、2人で洋食を食べることにすると、小さい時の印象が違い、コクのある味がし、さらに辛味を足すと絶品の味に変わり、サチコは感動する。

最後に梶はサチコに、俊吾の記憶が消せたら、すぐに教えてほしいと話して、去る。

職場で、サチコは新入りの小林心一(葉山奨之)に彼女と出かけないのかと質問してみると、小林は狙っている女性がいると話し、その視線の先はサチコ。

しかし、サチコは全く気付かず、仕事で外出してしまう。

ドラマ「忘却のサチコ」5話の感想
無理して俊吾のことを忘れなくても、これだけ温かく周囲に見守られていれば、サチコは自然と立ち直れると思います。けれども、本人も周囲も、つい、何か対策をしたくなってしまうものですよね。今回はふとしたことから幼馴染と再開し、2人で外出するけれど、やっぱりまだ無理ということに気づいてしまうサチコでした。梶も無理強いしないところが優しいですよね。その昔懐かしさとマッチしていたのが、今回の洋食!懐かしい味に、さらに大人の香りをプラスしているところが絶妙な組み合わせ!今回もとっても美味しそうでした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「けごんす!試練の宮崎グルメ旅!」
ある日、幸子(高畑充希)の元に宮崎で暮らす従姉妹から結婚式の招待状が届くが、結婚式当日に婚約者・俊吾(早乙女太一)に逃げられた幸子を気にかけ、母・初代(ふせえり)は幸子を引き留めようとする。(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「忘却のサチコ」6話のネタバレ
親戚からウェディングパーティーのお知らせが来たサチコだったけれど、母親の初代(ふせえり)は失恋の痛手が深いサチコを思い、無理しないでいいと話す。

しかし、サチコは出席すべきと考え、日向の国に赴くが、入籍の2文字を口にすることはできないことを自覚し、ドライバーの日高善(温水洋一)に地元グルメを紹介してもらうことにする。

サチコとしては、しっかりとグルメを堪能して、入籍おめでとうと親戚に言えるようになりたいと考える。

そこで、日高はまず、地元の鶏料理と汁物の飲食店に連れて行く。

サチコは出会ったことのない食材のコラボレーションに舌鼓を打つ。

けれども、まだ立ち直りきれないサチコを日高はフルーツのショップに案内するが、俊吾とそのフルーツにまつわる思い出が蘇る。

日高はサチコをパワースポットに連れていったり、希望通りになると言われる物を海辺で探したりする。

そして、海の物をふんだんに注文すると、米との相性が抜群で、さらに、地元ならではの調味料をプラスすると、もう、口の中は感動の嵐。

そこで、ようやく、サチコは心を入れ替えることができ、入籍を言葉に出来る。

旅館に戻ってきたサチコはそこで働く俊吾を見かけ、目を丸くする。

ドラマ「忘却のサチコ」6話の感想
ゲストの温水洋一がすっかりハマっていましたね。こんな親切なドライバーに会えて、サチコはラッキーでした。失恋の後遺症で、頭では親戚を祝福したい気持ちがあるけれど、気持ちはそこまで切り替えられない時があります。ウェディングパーティーに無理して出席しなくてもいいと、サチコの母も言っていましたが、サチコもよく頑張ったと思います。こうやって、少しずつ、立ち直れるといいと思ってしたら、最後に俊吾に会ってしまいました。この俊吾は亡霊ではなく、本物っぽいですね。続きが気になります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「決戦!?宮崎鶏とうどんとアナタ」
宮崎県を訪れた幸子(高畑充希)は宿泊しているホテルで、結婚式当日に失踪した婚約者・俊吾(早乙女太一)を見かけたような気がしてホテル中を探し回ることに。しかし、幸子は以前にも別人と俊吾を見間違えていることから、確信が持てずにいた。(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「忘却のサチコ」7話のネタバレ
日向の国に行ったサチコ(高畑充希)は旅館の中で、行方不明のフィアンセである俊吾(早乙女太一)がいたように思えて、あちこち動いて、見つけようとする。

けれども、先日も、他人を俊吾と勘違いしていたことをサチコは思い出し、ドライバーの日高善(温水洋一)に教えてもらった日向料理を味わうことにする。

伝統的な日向料理を堪能するサチコ。

そして、旅館に戻ると、サチコは俊吾と遭遇し、どうしていなくなったのか問い詰めると、後で説明すると言い、サチコはずっと待っているが、俊吾は現れず、自室に帰ると、俊吾のメモが貼ってある。

そこには、やっぱり説明できないことを詫びる内容が書かれていて、サチコは涙する。

翌日、サチコに日高が紹介したのは麺料理で、寝不足のサチコにピッタリ。

最後に、サチコは和菓子を大量に購入し、日向の国を後にする。

帰る道中、サチコは日高がくれた小麦料理をほおばる。

家に戻り、母親の初代(ふせえり)に俊吾と会ったことを伝え、自室に飾る俊吾の画像の前に和菓子を置いた。

ドラマ「忘却のサチコ」7話の感想
日高は、さすが、地元のドライバーだけあって、ネタ切れすることなく、次々と地元グルメを紹介してくれました。鶏料理はとにかく味わい深いですから、焼いても、茹でても、美味しいものですよね。でも、俊吾と再会したのに、またしても、いなくなられてしまうサチコ。せっかく、立ち直りつつあったのに、辛い結果になってしまいました。俊吾がサチコに説明できないこととは一体、なんなのでしょうか?このことは、最終回まで引っ張られそうです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「バトルのあとに!ほっこりピロシキ&ボルシチ」
幸子(高畑充希)から大物作家・有村忠雄(大和田伸也)の担当を引き継いでいた新人編集部員・小林心一(葉山奨之)だったが、月刊「さらら」で掲載するはずの新作がなぜかライバル誌で発表されてしまう。(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「忘却のサチコ」8話のネタバレ
サチコ(高畑充希)は小説家の重鎮・有村忠雄(大和田伸也)との連絡役を、新入りの小林心一(葉山奨之)と交代する。

すると、自分の雑誌に使うはずだった有村の小説が、どういうわけか、他社の雑誌に使われているので、サチコは小林を連れて、有村のところに赴く。

有村は外出中だったが、サチコはネット上の情報から、有村の行きつけの店を確認して、行ってみると、ようやく、有村を見つけるサチコと小林。

そこに、他社の尾野真由美(佐藤めぐみ)が登場し、サチコに向かって、あらわに対抗心を見せる。

尾野は有村に継続の契約を依頼するが、サチコは有村の小説が大好きで、小説をより良くするのも仕事のうちと話す。

すると、有村は席を外した隙に、尾野はサチコを陥れようと仕掛けをするが、有村が予想外の行動に出て、尾野はとばっちりを食らう。

そして、有村はサチコの雑誌で今までにない自信作を執筆したいと伝える。

職場に帰ろうとするサチコだったが、小林に外国レストランに誘われ、初めての外国グルメにビックリし、感動していると、小林が食事の時はサチコが生き生きしていると指摘する。

その頃、尾野はアルコールで憂さ晴らしをし、サチコへのリベンジを決意する。

帰り際、小林は有村に冷たくされたが、サチコのフォローで助かったと感謝し、サチコは小林が有村と上手く仕事が出来るのを期待していると話す。

ドラマ「忘却のサチコ」8話の感想
サチコは小林を責めないで、一緒に有村のところに行くなんて、後輩思いですね。そこへ、尾野がやって来て、サチコをハメようとするけれど、結局、自分がハマってしまうなんて、笑えました。気づくと、小林とサチコがいいムード!?このまま、小林のアプローチで、サチコは昔の彼氏を忘れることができるのでしょうか?続きがすごく楽しみになってきました。小林はちょっと頼りないけれど、急成長ですし、きっといい彼氏になれそうです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「がっつり! ヘルシー!癒しのジンギスカン」
文芸誌編集者・佐々木幸子(高畑充希)から引きこもりのライトノベル作家・ジーニアス黒田(池田鉄洋)の担当を引き継いだ新人編集部員・小林心一(葉山奨之)は、ジーニアスからのあるお願いをされて頭を抱えていた。(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「忘却のサチコ」9話のネタバレ
出版社に勤めるサチコ(高畑充希)は、人嫌いの小説家であるジーニアス黒田(池田鉄洋)の連絡役を新入りの小林心一(葉山奨一)に交代する。

しかし、早速、小林は黒田から無理な注文を言い渡されて、困ってしまう。

実は、黒田は大好きな芸能人である桃乃もぎか(岩田華怜)との公開インタビューが決まり、すごく嬉しかったけれど、外見で判断されるのが怖くて、小林が黒田になりきって、もぎかと話してほしいと依頼する。

小林はサチコを連れて、黒田の無理な注文を拒否しようとするが、結局、黒田は減量することを決意し、サチコも応援すると話す。

もぎかの歌に合わせて、運動しまくる黒田だったが、もぎかが宣伝するご飯をもりもり食べてしまい、減量は失敗に終わる。

そこで、サチコは黒田に変装させて、もぎかと会わせ、黒田はガチガチに固まっていたが、もぎかは黒田の小説で励まされていると言い、黒田は小説を書く時にもぎかを想像していると答え、2人は握手。

へとへとのサチコは肉料理をたっぷりと味わい、職場に戻ると、小林が欠席したことを詫び、ご飯に誘うが、サチコはもう食べたと答える。

けれども、サチコは今日の経緯は甘い物を味わいながら説明すると言い、小林は嬉しがる。

ドラマ「忘却のサチコ」9話の感想
ジーニアス黒田、面白いキャラクターですね。サチコは黒田の考えを否定せずに、一緒に寄り添ってくれるところが、小説家に愛される秘密なのでしょうか?今回も無事に仕事を勧めることができ、冷ややかな視線もなんのそので、肉料理を味わっていました。一生懸命頑張った自分への褒美ですから、誰にも邪魔されたくないですよね。欠席した小林を責めることなく、いい先輩です。甘い物ぐらいは後輩にご馳走してもらってもいいのではないでしょうか?2人の関係が進展しそうで、楽しみです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「老舗の味!お月見オムライス」
幸子(高畑充希)は、編集長(吹越満)から勧められ、文芸誌の編集者が“恋愛小説”について語り合うネット配信番組に参加。幸子の前に現れたのは、ライバル誌の編集者・尾野真由美(佐藤めぐみ)であった。(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「忘却のサチコ」10話のネタバレ
サチコ(高畑充希)は、職場のボスである白井智昭(吹越満)に言われて、出版社の従業員同士がラブストーリーについて話す企画に出席することになる。

企画の場所に行ってみると、そこにはサチコに対抗心を燃やす尾野真由美(佐藤めぐみ)がいて、ライブ中継の企画内で、サチコを陥れようと考える。

どんなラブストーリーを読者は求めているかという話題になり、重病になるシリーズは下火になりつつあり、これからは友達だったり、タッグを組んだり、不可解な事件に遭遇したりするのが人気になるだろうと話し合う。

けれども、尾野は生活困窮者など、ニュースになっていることをラブストーリーに反映させていくと、読者の為になると意見する。

サチコは読者がラブストーリーに求めるものは人によって違い、いろんなラブストーリーが求められていると語る。

そして、尾野がサチコに仕掛けようとした時、サチコが急に動いたので、尾野は失敗し、サチコは参加者全員から賛同を得る。

企画が終わり、色黒の店主が自分で料理を運ぶ飲食店に入ってみる。

最初に揚げ物を口にしたサチコはこの中身と調味料の相性がピッタリで、美味しさをしっかりと味わう。

それから、玉子料理にとりかかると、これまた絶妙な硬さで、緻密な料理法で生み出された一品に圧倒される。

その頃、尾野は企画のことが取り上げられている記事を確認し、サチコはしぶといと思い
、ほくそ笑む。

ドラマ「忘却のサチコ」10話の感想
勝手にサチコをライバル視する、尾野真由美がまた登場しましたね。自分で仕掛けて、自分でハマってしまうのが笑ってしまいます。もう、懲りないのでしょうか?最後、なぜか、ほくそ笑んでいたのが気になります。この記事を使って、サチコを陥れようとするのでしょうか?サチコは昔の恋人のことが頭にチラついていましたが、頑張って、自分の意見をはっきりと述べることが出来ました。熱意ある主張がみんなに認められてよかったですね。随分、立ち直ってきているのは、小林のおかげなのでしょうか?こちらの様子も気になります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話「YO! 夜明けのソルロンタン」
幸子(高畑充希)は、逃亡癖のある作家・姫村(長谷川朝晴)からの依頼で「結婚が突然破綻になる事情」を取材することに…幸子が結婚式当日に婚約者・俊吾(早乙女太一)を思い出してしまうのでは…?と心配した後輩・小林心一(葉山奨之)は…(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「忘却のサチコ」11話のネタバレ
サチコ(高畑充希)は困るといなくなる性格を持つ小説家・姫村光(長谷川朝晴)の注文で、入籍が急に破談になる理由について調べることになる。

サチコが消息不明になった俊吾(早乙女太一)のことを頭に蘇らせてしまうことを気にした新入りの小林心一(葉山奨之)は、サチコの仕事をサポートする。

けれども、知らべるうちに、俊吾のことが頭から離れず、苦しむサチコに、小林は俊吾をけなす。

居心地の悪い空気になった二人だったが、職場では一人ずつ何かネタをやらなければいけない集会が開かれることになる。

そんな時、同僚の橋本が、小林ごときに恋人をけなされたくないと話しているのを聞き、サチコは集会のアイデアが浮かぶ。

集会で、小林はネタの中でサチコに謝るが、サチコは全然気づかない。

サチコは職場を卑下する芸を披露する。

小林はサチコを朝食に誘い、コリアン料理の店に連れて行く。

寝起きでも食べやすい料理に笑みがこぼれ、サチコは小林を許す。

帰り際、小林は急にサチコを呼び捨てにして、愛を打ち明けるようとしていると、サチコに声をかけたのは、ニコニコしている俊吾だった。

ドラマ「忘却のサチコ」11話の感想
小林の気持ちも分かるけれど、やっぱり、サチコはまだ俊吾のことを決着つけてないので、けなされると怒ってしまいましたね。ようやく美味しいもので、気持ちをほぐすことが出来ました。小林がサチコが可愛いと思っていることは、画面からもとても伝わります。それで、気持ちが抑えられない小林だったけれど、ついに俊吾が登場!魚を持っていますが、これを料理して、サチコに謝ろうというのでしょうか?次はもう最終回。サチコは俊吾と復縁するのか、それとも、小林と?結末がすごく楽しみです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第12話「さらば!嵐を呼ぶ石狩鍋」
幸子(高畑充希)のもとに突然帰ってきた俊吾(早乙女太一)。幸子は俊吾が結婚式から逃亡した理由を聞こうとするが、以前と変わらず優しい俊吾に、ペースを乱されてしまう。サチコの様子に後輩の小林(葉山奨之)や編集部員たちは心配するが…(引用元:テレビ東京公式)

ドラマ「忘却のサチコ」12話のネタバレ
小林の気持ちも分かるけれど、やっぱり、サチコはまだ俊吾のことを決着つけてないので、けなされると怒ってしまいましたね。ようやく美味しいもので、気持ちをほぐすことが出来ました。小林がサチコが可愛いと思っていることは、画面からもとても伝わります。それで、気持ちが抑えられない小林だったけれど、ついに俊吾が登場!魚を持っていますが、これを料理して、サチコに謝ろうというのでしょうか?次はもう最終回。サチコは俊吾と復縁するのか、それとも、小林と?結末がすごく楽しみです。
ドラマ「忘却のサチコ」12話の感想
結局、俊吾がいなくなった理由は明かされないままでしたが、多分、いざ、入籍となったら、心が決まっていなかったという男の女々しさなのではないでしょうか?ようやく、魚を捌けるようになって、自信をつけて、サチコのところに戻ってきたけれど、サチコはグルメで立ち直ることを身につけてしまいました。サチコとしても、きちんと理由を言わない俊吾が嫌になってしまったのでしょう。続編があれば、まだまだ、サチコと俊吾が仲直りしそうな可能性もありそうです。毎回、紹介されるグルメは本当に美味しそうでたまりませんでした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、Paraviなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「忘却のサチコ」の概要

『忘却』…旨いものをただひたすらに味わった瞬間に達する美食の境地。完璧な仕事ぶりから“鉄の女”と称される文芸誌編集者の佐々木幸子(高畑充希)。結婚式当日に新郎・俊吾(早乙女太一)が逃亡…なぜ?なぜ俊吾さんは私の前からいなくなったの…?そんな幸子は“旨いもの”食べる=俊吾さんを忘れられるという忘却の法則に気が付き、忘却の美食道を突き進むことに―。(引用元:公式サイト)

ドラマ「忘却のサチコ」の出演者、放送情報

佐々木幸子:高畑充希
俊吾:早乙女太一
小林心一:葉山奨之
橋本玲奈:逢沢りな
大野恭助:重岡漠
岡田友里奈:上地春奈
佐々木和代:ふせえり
白井智昭:吹越満

原作:阿部潤『忘却のサチコ』

主題歌:オープニング スカート「忘却のサチコ」/エンディング edda「ループ」

制作:テレビ東京

放送:2018年

ドラマ「忘却のサチコ」の見どころ

ドラマ「忘却のサチコ」は、食べて、そして忘れる異色のグルメコメディードラマ。

阿部潤による日本のグルメ漫画をドラマ化した作品です。

結婚式当日に婚約者に逃げられた幸子が、忘却のために美食道へ踏み出すまでを描いていますよ。

主演は、個性派女優の高畑充希。

主演を固める豪華キャスト陣にも注目です!

兵庫県神戸市を舞台としたストーリーで、食べて忘れるちょっぴり変わった内容となっています。

幸子の脳内で俊吾さんの思い出が大暴走!

笑いあり、涙あり、食あり、そして忘却あり。

新感覚のグルメコメディドラマ、ぜひおすすめです。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「忘却のサチコ」の感想

40代男性
高畑充希さんの演技力の高さがとても際立ちます。多分、原作マンガを読み込んで佐々木サチコというキャラクターを熟知しているんだろうなぁ。原作をベースに他人が色々な規制を考慮して原作を曲げて作るのがドラマやアニメといった二次作品(あえてそう呼びます。)だと思うので、原作のニュアンスを残しつつも別物になるのが当然です。とにかく素晴らしいです!
20代女性
高畑充希さんはマンガの中のサチコの喋り方、動き方を見事にトレースしているし、マンガから受ける雰囲気に加えて表情や仕草でのコミカルさや喜怒哀楽をシッカリ演じていますね。また、食べ物を食べた時の幸せそうな姿がハンパ無く可愛くて、サチコ=高畑充希という一体感の部分は原作のハードルを軽々と飛び越えていると思います!
50代男性
この作品は、お腹を空かせる為にランニングをしたり、サンタのコスプレ&SMでビンゴ大会を盛り上げたり、コメディ色も強いのですが、一人になった時のサチコの切なさや寂しさは十分に伝わります。食べることがドラマの一部ではありますが、それだけのドラマではありません。人生の「無駄な時間」の大切さが伝わる内容です。

ドラマ「忘却のサチコ」の関連動画

ドラマ「忘却のサチコ」は、2018年に放送された「忘却のサチコ スペシャル」の前作です。

「忘却のサチコ」と一緒に「忘却のサチコ スペシャル」を視聴すると、より物語を楽しめますよ。

▶「忘却のサチコ スペシャル」動画の詳細はこちら

まとめ

以上、高畑充希主演のドラマ「忘却のサチコ」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

結婚式当日、突如婚約者に逃げらた幸子は、婚約者を忘れられる「忘却の瞬間」を求めて、美食を追いかけます。

幸子を演じる高畑充希と一緒に、美食道が楽しめる新感覚のグルメコメディです。

忘却のサチコの動画はParaviで全て無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴