ドラマ|BOSS第2シリーズの動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2011年4月〜6月まで天海祐希主演で放送のドラマ「BOSS 第2シリーズ」

捜査一課特別犯罪対策室を舞台に、癖がありすぎるメンバーで送る本格刑事ドラマが帰ってきました。

主演の天海祐希は、癖だらけのメンバーをまとめるボスを演じます。

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムの無料期間を利用すると、ドラマ「BOSS 第2シリーズ」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムは通常月額888円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:FODプレミアム)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「BOSS 第2シリーズ」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「BOSS 第2シリーズ」のシリーズ作品の

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「BOSS 第2シリーズ」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」の動画まとめ

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」は、FODプレミアムで全話無料視聴できます

(画像引用元:FODプレミアム)

FODプレミアムは2週間無料お試し期間があります。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴
第1話「最強女刑事が帰ってきた」   
  2年前。警視庁の裏金汚職問題に巻き込まれ、大澤絵里子(天海祐希)が室長を務めた警視庁捜査一課「特別犯罪対策室」は解散、絵里子は責任を取ってアメリカへ渡ることに・・・。(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」1話のネタバレ
警視庁捜査一課の特別犯罪対策室は2年前の警視庁の裏金汚職問題をきっかけに解散、室長であった絵里子(天海祐希)は責任を取ってアメリカへと渡ることが決まっていました。

空港にきた絵里子、その時対策室生みの親の参事官補佐・野立(竹野内豊)より連絡が入ります。

それは新たな事件の依頼でした。反政府組織の黒い月が国家公安委員長の黒原(西田敏行)をターゲットに、今日のイベントこそ狙われる可能性が高いのでどうにかしろとの指示でした。

そのころ、以前絵里子たちが逮捕したはずの黒い月のトップ・高倉(反町隆史)が護送途中で脱走を図っていたのです。

イベント会場に行った絵里子、狙われることは分かっているのだから今回は避難してほしいと黒原に告げるも、警察トップが尻をまいて逃げるのは出来ないと否定します。

ただ一般の人々を巻き込むわけにはいかず、人々を非難させたり不審者・不審物の捜査を行うことにします。

そこで見つけた怪しいもの、でもそれは偽物の爆弾でした。

そちらにかかりっきりだった彼らを前に犯人が発射、絵里子がかばうも黒原は重傷となってしまいます。

その責任を取り結局アメリカに渡った絵里子でした。

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」1話の感想
特別犯罪対策室室長の絵里子、せっかくアメリカ行きが消えたと思いきや最後にまた行かなければならなくなり可哀そうでした。ただその2年後に出世したメンバーらはもう一度特別犯罪対策室を復活させることに、今度こそ黒原のようなこともなく犯罪を防ぐことが出来ると信じています。とはいえ、偽爆弾に翻弄されながらも銃のスコープの反射を感知し黒原に覆いかぶさっていたのです。あともう一歩で守り切れなかったのは絵里子としても悔やまれることでしょう。アメリカで更に技術や知識を身に付けて帰ってきているはずです。警察トップとして逃げるわけにはいかないと毅然と立ち向かった黒原も立派でした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「絶対死なせない!」   
大澤絵里子(天海祐希)は、野立信次郎(竹野内豊)に、連続殺人犯は沼田良美(釈由美子)だと告げた。良美は、絵里子が憎んでいると思う人物を殺したというのだ。(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」2話のネタバレ
大澤絵里子(天海祐希)は、今回の連続殺人事件の真犯人は沼田良美(釈由美子)だ、という考えを野立信次郎(竹野内豊)に伝える。

絵里子の過激なストーカーである良美は絵里子になりきって、絵里子が憎んでいると良美が思っている人物を殺しているのだと、絵里子は説明する。

良美が木元真実(戸田恵梨香)と共に被害者の家へ行こうとしていることを知った絵里子は、真実が危ないのではないかと気づく。

絵里子に届いたメールに添付された画像には、倉庫に寝かされた真実が写っていた。

良美から電話がかかってきて、「2年前絵里子が処分を受けた元凶は、たっぷり苦しめなきゃ」と彼女は言う。

その後、良美は「絵里子が邪魔に思うものはすべて処分するから、絵里子に本当の自分を取り戻してほしい」という。

良美の経歴を調べておいた絵里子は、とにかくそれらを褒めながら話を続ける。

岩井と山村の2人が倉庫に到着し、花形と片桐の2人も車を見つけたので、野立は4人に対して突入を命令するが、その瞬間、絵里子の頭には、それが罠だという考えがひらめく。

実際、それぞれの場所で時限爆弾が爆発してしまう。その報告を受けた絵里子は、良美に面会を申し出たのだが…。

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」2話の感想
「絵里子のストーカーである良美が、絵里子に成り代わって復讐しているつもりである」というストーリーにはびっくりしました。なぜ、そんな心境に良美はなってしまったのかとても気になりました。「真美が、絵里子の受けた処分の元凶である」というのはどういう意味なのか、更にそれを絵里子が否定するのがなぜなのか、分からないことがたくさんあるので、興味がそそられました。まずは、真美が無事であるように祈っています(笑)最後、絵里子と良美の直接対決は実現するのか、そしてどちらが勝つのか、見どころ満載の回だと感じました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「悲しき暴力の連鎖」   
男性4人が殺される連続殺人が起き、大澤絵里子(天海祐希)は、片桐琢磨(玉山鉄二)と、4番目の犠牲者・蒼井(圷真樹)が社長を務めていた出版社を訪ねる。(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」3話のネタバレ
特別対策室のメンバーたちはある連続殺人事件の真相を追うことに。それは中年男性が四人も殺された事件だ。

絵里子(天海祐希)と片桐(玉山鉄二)は、最後にターゲットとなった蒼井雄介(圷真樹)が代表であった出版社に向かうことに。

代表が亡くなり事務所は騒然としていた。しかし唯一佐神公一(山本耕史)という男だけは平然を保っていた。

佐神は亡くなった蒼井と会社内で対立していた人物だ。その時、片桐はある本に書かれた「ヘンリー・ルーカス」という文字に目をとめる。

ヘンリー・ルーカスはアメリカの連続殺人犯で、死の腕という組織に属する人物だ。

今回の事件の犯人の犯行声明に死の腕とあったことから、片桐は何か関係があるのかと気にかかる。

その本の担当者は小堀慶介(野間口徹)であった。その後、対策室ではメンバーたちが集まり犯人を絞りこもうとするが、なかなか考えがまとまらない。

そんな時、野口(ムロツヨシ)という男が自ら連続殺人をしたという自供により逮捕される。

無事事件解決に思えたが、野口が犯した殺人は3人目までであった。4人目の殺人を犯した犯人を探すべく絵里子たちはまた捜査を開始する。

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」3話の感想
最後のシーンは少し切なくなりました。物語にのめり込んで見てみると絵里子がどこから犯人を疑ってかかってるかや、動機にいつ気づくのかがわかりました。ドラマとして今回のストーリーは犯人の動機が少し弱いかなと思えなくもなかったです。1話2話よりかも少し迫力的な部分がなかったので、少し物足りなさも感じました。でも話の展開としては二転三転していて飽きず見れましたし、この展開の仕方がまさにBOSSらしいなと思います。3話まで見てきて、新たな対策室のメンバーである長谷川京子や成海璃子も溶け込んできたなという印象です。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「羊たちの反撃!」   
大澤絵里子(天海祐希)が、病気で通院することに。野立信次郎(竹野内豊)は、片桐琢磨(玉山鉄二)ら対策室のメンバーに、捜査の出来がよければ絵里子に代わりボスの座につける可能性があると煽り・・・(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」4話のネタバレ
大澤絵里子(天海祐希)は通院治療中。部署を留守にすることも多い。

野立信次郎(竹野内豊)によると、成績次第で絵里子の代わりにリーダーになれる人もいると言う。

皆がやる気を出したその時、真田幸雄という男性が撃ち殺される。すぐに捜査に出るメンバーたち。

一方で、絵里子は将棋をしている。相手は黒木泰平(古谷一行)。

しかし黒木に「仕事が気になるみたい」と図星を突かれ、職場に戻った絵里子は事件を把握しようとする。

真田は偽名で、身元も分かっていない。更に石田光彦という男も同様の事件に遭うが、偽名で身元は不明。

被害者の情報が足らず、大きな証拠が掴めない。けれども現場には”半分だけ”の足跡が残されていた…。

その後、凶器は改造されたボーガンだと発覚。目撃情報からは犯人の首にタトゥーがあったと聞く。

また黒原理香(成海璃子)は遺留品を調べに行き、生前の石田は変だったと証言を得る。

そんな中で、山村啓輔(温水洋一)に母親から連絡がきた。

大怪我をしたからお金がほしいと話す。母の助けを聞き、銀行に急ぐ山村だが周りに振り込め詐欺かも、と止められる。

山村の目先の壁紙には、振り込め詐欺の犯人として真田の顔が掲載されていた…。

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」4話の感想
被害者たちは、捕まっていない犯罪者という共通点がありました。被害者が悪い人の場合、犯人の気持ちも理解できなくはない。そういう塩梅が上手なドラマだなーと思います。振り込め詐欺を真っ先に疑わない山村、山村らしい。警察としてはダメだけど…。幸薄いのが山村のキャラとしての魅力ですね。可哀想なのにどこか面白く感じさせてくる。演じている温水洋一さんの力が凄いんだろうなー。そして絵里子は、今話も最後の決め台詞がキレッキレで恰好よかったです。”脳味噌半分”って言葉が重かったですね。最後に顔を忘れないって断言するところが好きです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「節約殺人レシピ」   
女性3人が失踪する事件が起こった。3人に共通点はないが、大澤絵里子(天海祐希)は、そのうちの青木洋子と接点がある、主婦でカリスマブロガーの山本香苗(松下由樹)を訪ねる。(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」5話のネタバレ
なぜか水曜日限定で女性が3人も失踪するという事件が起こります。

共通するのは曜日だけ、だからこそ今後も起こるのか・だとすれば次は誰がターゲットとなるのか分からない不気味さがあります。

取り合えず大澤絵里子(天海祐希)はその中の一人・青木洋子と接点を持つという主婦でありカリスマブロガーの山本香苗(松下由樹)のもとを訪ねました。

名門女子高で同級生、そのころから仲が良かったはずの相手なのに彼女はなぜか洋子の行方不明事件になんの動揺も見せないのです。

それは違和感でしかなく、絵里子は香苗こそがこの事件に深いかかわりを持つはずと考えるのです。

そうして彼女のブログを調べていった中で「ゆっくりできるのは水曜日くらい」との一文を見つけ出します。

例の水曜日に関する記述です。

更に広告代理店のKさんこそがもう一人行方不明になっている片柳沙織の可能性あり、ようやく共通点らしきものを見つけ出したのです。

洋子から香苗に向けて謝罪するメールも見つかり、このまま落ちると思いきや「証拠はあるのか」と香苗は平然と切り返すのです。

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」5話の感想
他の2人はともかく自身と関わりのある女性が行方不明となった、その件で調べを受けたら疑われまいと泣いているふりくらいするはずです。もう二人の人物とも関りが見えてきており魔の水曜日に関する記述も、それでも平然と対応できるのはそれだけ計算された犯行だということです。見事、絵里子は謎を解き明かすことができるのか楽しみです。それにしても、カリスマブロガーというからには定期的にブログを書き込んでいることでしょう。その中から「水曜日くらい」という言葉を見つけ出したり「広告代理店のKさん」こそがもう一人の行方不明者だと突き止めたり、すごいことです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「消えた銀行強盗」   
大澤絵里子(天海祐希)は、岩井善治(ケンドーコバヤシ)に連れられ、クラブにやってきた。そして、そこで2PMというグループのパフォーマンスに心を奪われる。(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」6話のネタバレ
クラブにやってきた大澤絵里子(天海祐希)、岩井(ケンドーコバヤシ)に連れられてきたのです。

そこで彼女は2PM(2PM)というグループのパフォーマンスのすごさについ心奪われるのでした。

そんな時、ある銀行にピンチが訪れていました。ライフルを持った男が行員や客たちを人質に制圧したのです。

その中には、田所幸子(長谷川京子)もいました。ちょうど客としてやってきていた時に巻き込まれてしまったのです。

さっそく銀行に急行した絵里子ら、幸子がそこにいることも突き止めます。犯人はソニーと名乗る男です。

身代金などを欲求してきたソニー、でも打開策を見つけるまでの時間稼ぎになかなかその準備は出来ません。

しかたなく1時間の延長・人質を落ち着かせるための食糧補給といった警察側の要求を受け入れるも盗聴器が仕込まれていたことに気づき、激昂してライフルを発射してしまうのです。

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」6話の感想
ライフルを持った男・ソニー、彼はそれほどまでにお金に困っていたのでしょうか。絵里子らが乗り出した以上は最終的には捕まえることが出来るはずですが、一人の犠牲もなく行えるかどうかは心配です。と思った先から盗聴器が見つかってライフルの発射、単に脅しのために天井に向けて行ったのならば良いのですが誰か犠牲となったのでしょうか。ライフルでやられたら命の危険さえあります。食料を配ったり1時間の延長をしたり、それらを承諾してくれたからこそ油断していましたがやはりあくどい犯人のようです。たまたま行内にいた幸子がどういった働きをするのかも気になります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「かなりヤバい事件」   
警視庁内で「都民交流会」というイベントが開かれる。忙しい時期に対策室のメンバーも庁内の案内係として借り出されたため、大澤絵里子(天海祐希)は不機嫌になる。(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」7話のネタバレ
警視庁内で行われたのは都民交流会なるイベント、一般市民らが見学しにやってきます。

対策室メンバーらも案内役として駆り出されました。忙しい時期なのにと室長である大澤絵里子(天海祐希)は不機嫌です。

そんな中、スキをついて取調室に男(田中圭)が立てこもったのです。

彼は手錠を持ってきており、それで片側は自身の手に・そしてもう一方を室内に固定した状態でなんと鍵を飲み込んでしまいます。

彼が要求しているのは「自分のことを思い出してくれ」ということ、そのために宿題を出した時計を巻き戻しに来たなどと不可思議なことを言い出します。

彼からと思われるバス停の写真が添付されたメールが届いたと思いきやそこが爆発し、一般市民が巻き込まれました。

彼が課したのは20分という制限時間、でも何の手がかりも見つからずただ絵里子らは焦るばかりです。

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」7話の感想
警視庁内での交流会、実際に行われているイベントなのでしょうか。廻れるところは限られているでしょうが、ぜひ内部を見てみたいものです。でも都民サービスのために本来の仕事がおろそかになるというのであれば、室長としては腹が立ってもしょうがありません。ただ、誰でも無関係に入れるとなると危険度も上がります。あえて取調室に入り込み手錠をかけて自分が動けなくした男、いったい誰なのでしょう。自分のことを思い出してほしいのであれば身分証明書などの偽造は止めてもらいたいです。彼のせいで病院に搬送された一般市民が可哀そうです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「美しすぎる死体・・・」   
大澤絵里子(天海祐希)は、野立信次郎(竹野内豊)に言われ、鑑識課の石川啓太(谷原章介)というイケメンと見合いをすることになった。(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」8話のネタバレ
上司からの紹介で仕方なくお見合いをすることとなった大澤絵里子(天海祐希)、相手は鑑識課に勤める石川啓太(谷原章介)という男でなかなかのイケメンでしかも仕事熱心でスマートな対応でと素敵な方のようです。

しぶしぶ行っていたはずのお見合い、ですが絵里子も次第に恋心を抱き始めるのでした。

そんな時、起こったのは猟奇殺人です。被害者は28歳の女性、なぜか花びらで覆われ額に母印のように血の跡があったのです。

現場に訪れた絵里子は、検視官として働く石川の姿を確認します。

この不思議な殺人、5年前に起きたエンジェルキラーなる犯人の起こしたものと手口が似ていたのです。

まだ捕まっておらず再び犯行を起こした可能性大、マスコミでも大々的に事件が取り上げられました。

そんな中、更なる事件が起こるのです。また現場で出会った二人、満面の笑みで石川を見つめる絵里子なのでした。

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」8話の感想
警察ともなると上下関係は厳しそう、お見合いまでお世話されるのは面倒です。でもそこで素敵な男性と出会えるなら別、ぜひともセッティングしてもらいたいものです。絵里子は完全に恋してしまったのでしょうか。こんなイケメンなのにずっと売れ残っているということ自体が怪しい、裏がありそうです。エンジェルキラーなる犯人の起こした犯行、それと似た手口となったこの殺人はやはり同一犯と見た方が良いのでしょうか。花びらで遺体を覆うとなるとそれなりの量の花が必要ですし、更に母印まで押しているのですから証拠となりそうなものが多数ある事件・早く解決してほしいです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「最強の殺人者現る」   
大澤絵里子(天海祐希)は、誰かと電話をしていた。こちらの準備はできている、と話す相手は、木元真実(戸田恵梨香)だった。(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」9話のネタバレ
この度の事件は中年夫婦が刺殺されたというもの、妻の方は一撃で・そして夫側は急所を外して殺されているその様子から絵里子(天海祐希)はこれがプロの犯行だと断定するのです。

この夫婦には6歳になる娘がいたのですが彼女は行方不明となっています。

でもキッチンには食べかけの料理が、探すと自宅の近くの公園に子供は見つかったのでした。

彼女が見つかった公園を調べようとやってきた絵里子、そこである男(坂口憲二)とぶつかりました。

一方で凶器となるナイフが希少性のある外国製のものだと判明します。

そして外国からの入国者を調べていく中で、公園でぶつかったあの男を見つけ出すのでした。

彼の名は真崎正吾、傭兵部隊にいた経験も持っています。

そんな折、また中年男性が同じ手口で刺殺されたのです。同一犯によるものと推定され、真崎の行方を調べ始めます。

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」9話の感想
一撃で妻を殺すのは分かりますが、わざと急所を外しながら夫を殺したことにどういった意味があるのでしょう。何か聞き出したいことでもあったのでしょうか。残されたまだ6歳の娘が可哀そう、生存能力を持たない年齢ですから早いうちに保護できてよかったです。その公園に行った時に真崎と出会ったということは、彼もまた娘がそこにいることを知っていたという事実に突き当たります。ごく普通の中年夫婦と傭兵部隊出身の男、どのような共通点があるのでしょう。更に中年男性が殺されてと連続殺人犯だけに、どこまで殺しを続けていくのか気になります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「動き出す陰謀・・・」   
大澤絵里子(天海祐希)ら、「対策室」のメンバーは、日本で開催される世界環境サミットの警備に参加することになった。(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」10話のネタバレ
日本にて世界環境サミットが開催されることとなり、対策室メンバーも警備に駆り出されることとなります。

そんな折、また事件が起こりました。有名商社に勤める男性部長が自宅マンションの屋上にて爆死したというのです。

爆弾が仕掛けられていたルームランナーは彼の持ち物ではありません。

その1週間前にもまた別の有名商社の男がこちらは講演にて爆死、これは2年前に起きた国家公安委員長狙撃事件と関連しているのではないかと、絵里子(天海祐希)は推理します。

でも調べていくうちに別組織だという可能性が高まっていきました。実は絵里子は万が一に備え、味方を派遣・捜査させていたのです。

そこでスパイとして入り込んでいた真実(戸田恵梨香)がこの度対策室に復帰、そしてある重要文書を入手したと言ってきます。絵里子は彼女に更なる解析を依頼したのでした。

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」10話の感想
自宅のマンションの屋上にルームランナー、さすがは有名商社部長・お高いところに住んでいたようです。でも最後は爆死とは身体は粉々になったでしょうし無残な死にざまです。有名商社勤務の男たちが次々と、貧乏な一般人としてはそこまで同情できない連続殺人事件です。これらもまたテロ組織の黒い月の犯行なのでしょうか。2年前の事件以降姿を潜めていた彼ら、また立ち上がったのかと思いきや今回は別の組織の犯行だったようです。真相を探ろうと真実を潜入捜査させていたとは知らなかったです。どこに裏切り者がいるか分からない怖い世界です。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話「ゆずれない正義」  
世界環境サミットを目前に、大澤絵里子(天海祐希)は全く身に覚えのない業務上横領の疑いで逮捕され、取り調べを受けていた。(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」11話のネタバレ
世界環境サミットを目前に迎える中、なぜか大澤絵里子(天海祐希)は業務上横領の疑いで逮捕されてしまうのです。

もちろんそんなこと全く身に覚え無し、他の対策室メンバーらもそれぞれにいろいろな容疑で逮捕されます。

更には参事官室も創作されて、2年前の時間に関する資料を押収されてしまいます。彼らは極秘に捜査を続けていたのでした。

単なる状況証拠で捕まえられていたメンバーたち、対策室の動きを妨害したい誰かの仕業のようです。

でも更に詰問しようとしようとした丹波(光石研)の携帯に連絡が、そして一斉に釈放されたのでした。

対策室に集まった彼ら、2年前の狙撃事件を引き起こした組織こそが彼らを妨害した犯人であり、日本版CIA計画のためにこの度の環境サミットに焦点を合わせていることを知るのです。

どうやら警視庁の多くの刑事が関わっているようです。

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」11話の感想
2年前に国家公安委員長なる上層部の狙撃に成功した組織、しかも警視庁のたくさんの警察官らを味方に取り入れているのですから少人数の対策室メンバーは不利です。それにしても容疑者として逮捕されていた彼らが無事解放されて良かった。丹波に電話をかけてきたのはいったい誰だったのでしょう。戻ってこられたのは良かったですが、野立の持っていた機密文書の入ったディスクを押収されてしまったのは痛いです。今回の世界環境サミットで計画されている「日本版CIA計画」なるものも気になります。警察だけでなく、日本全体を含んだ大掛かりな事件のようです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、FODプレミアムなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」の概要

2年前―。警視庁の裏金汚職問題に巻き込まれ、大澤絵里子(天海祐希)が室長を務めた警視庁捜査一課「特別犯罪対策室」は解散、絵里子は責任を取ってアメリカへ渡ることが決まった。そして、絵里子が旅立とうと空港にいたとき、絵里子の同期にして上司、対策室の生みの親でもある参事官補佐・野立信次郎(竹野内豊)から連絡が入った。(引用元:FOD)

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」の出演者、放送情報

大澤 絵里子:天海祐希
木元 真実:戸田恵梨香
田所 幸子:長谷川京子
黒原 理香:成海璃子
黒原 健蔵:西田敏行
森岡 博:大森南朋
野口武生:ムロツヨシ

主題歌:Superfly「Rollin’ Days」

制作:フジテレビ

放送:2011年

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」の見どころ

警視庁捜査一課特別犯罪対策室の室長・大澤絵里子が、癖だらけのメンバーをまとめながら事件を解決していく『BOSS』。

前回よりパワーアップしたポップなやり取りとシリアスのバランスが絶妙です。

特別犯罪対策室のボスを演じるのは天海祐希、癖の強いメンバーには戸田恵梨香、溝端淳平、吉瀬美智子、ケンドーコバヤシ、温水洋一、玉山鉄二と実に豪華です。

果たして彼らがどのような手を使って事件を解決していくのか、最後まで目が離せません。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「BOSS 第2シリーズ」の感想

40代男性
シーズン2も最高でしたね!シーズン1の終わり方が、事件解決したように見えたのですが、最後にメッセージを残す感じでした。なのでシーズン2を期待していたらドラマ放映してました。シーズン1に劣らず豪華メンバーであり、キャラクターはもう理解しているので、より深みのある刑事事件や、人間模様が描かれていました。ぜひシーズン1から見るのがおすすめですが、内容はシーズン2がより濃くて、めちゃくちゃ面白かったです。
20代女性
視聴率がいいと、こんなにもキャストが揃うんだなと実感するドラマでした。シーズン1のメンバーだけでも、主役クラスが目白押しなのに、シーズン2には、さらに反町隆史・西田敏行まで出てきます。アドリブ合戦しているのかな?メイキング映像まで見たくなるようなメンバーでした。その中にいるケンドーコバヤシさん、お笑い芸人として上り詰めた感じですよね。こんなメンバーの中にいるって、並大抵のことじゃないです。ケンドーコバヤシさんのおかげでコメディタッチも出ていて、すごく良かったです。
50代男性
すごい展開のシーズン2でしたね。大森南明や長谷川京子とか、すごいメンバーが出てきて、どんな悪巧みしてるのかなと思っていたら、、、日本版CIAを設立するつもりだったというのです。壮大なストーリーで現実的にありえない話でも、演技のうまい人たちが本気で演じていれば、視聴者はどっぷり世界館に入れることを体験しました。本当にいいドラマでした。同じメンバー揃えるの大変そうだけど、続いてほしいドラマだなと感じました。

まとめ

以上、天海祐希主演のドラマ「BOSS 第2シリーズ」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

第1シリーズからの待望の「BOSS 第2シリーズ」。

各部署から不要と言われた個性的な「精鋭」達の活躍を描く刑事ドラマで、最後まで飽きのこない作品となっていますよ。

FODプレミアムでBOSS 第2シリーズの動画は全て無料視聴できます。

2週間の無料お試し期間がありますので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴