ドラマ|BOSS第1シリーズの動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2011年3月〜4月まで天海祐希主演で放送のドラマ「BOSS第1シリーズ」

警視庁に新設された“捜査一課特別犯罪対策室”を舞台に、癖だらけのメンバーで送る本格刑事ドラマ。

主演の天海祐希は、アメリカ帰りの元キャリア刑事を演じます。

ドラマ「BOSS第1シリーズ」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムの無料期間を利用すると、ドラマ「BOSS第1シリーズ」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「BOSS第1シリーズ」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「BOSS第1シリーズ」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムは通常月額888円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:FODプレミアム)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「BOSS第1シリーズ」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「BOSS第1シリーズ」のシリーズ作品の

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「BOSS第1シリーズ」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「BOSS第1シリーズ」の動画まとめ

ドラマ「BOSS第1シリーズ」は、FODプレミアムで全話無料視聴できます

(画像引用元:FODプレミアム)

FODプレミアムは2週間無料お試し期間があります。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴
第1話「最強アラフォー女刑事、ボスになる!」   
40歳独身、アメリカ帰りの元キャリア・大澤絵里子(天海祐希)は、警視庁捜査一課に新設された「特別犯罪対策室」の室長に抜擢される。(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS第1シリーズ」1話のネタバレ
警部の大澤絵里子(天海祐希)は、アメリカで5年間FBIを学び帰国したあと警視庁捜査一課の特別犯罪対策室の室長となる。

特別犯罪対策室とは専門的捜査で事件を解決するチームで、プロファイリングなど専門的な分野に長けたメンバーが招集された。

絵里子は期待した面持ちで特別犯罪対策室を訪れるも、そこにいたのは花形一平(溝端淳平)という刑事1人。

その後、片桐琢磨(玉山鉄二)や木元真実(戸田恵梨香)などちょっと変わったメンバーが次々と特別犯罪対策室にやって来た。

絵里子はその風変わりなメンバーに野立(竹野内豊)から聞いていた話とは違うと、ガックリするのであった。

ある時、身元の分からない焼死体が発見され、特別犯罪対策室メンバーは現場に向かう。

焼死体は上半身のみ丸こげに焼けていて、片腕が折れた状態だった。

科学捜査研究所の鑑識官で監察医でもある奈良橋玲子(吉瀬美智子)によると死因はなんと心臓麻痺であることが分かる。

絵里子たちが捜査を進めていくと、凶器が爆弾が使われたことが明らかになった。

そんな時、容疑者として化学薬品を扱う工場を営む野垣泰造(武田鉄矢)が浮かび上がってくる。

ドラマ「BOSS第1シリーズ」1話の感想
天海祐希主演のドラマは面白いものが多く、見る前から期待大なドラマだった。大澤絵里子のキャラクターもサバサバとした仕事のできる女上司という感じで、まさに天海祐希のはまり役といった印象だった。そして竹野内豊演じる野立は大人の男の魅力があってかっこよかった。特別犯罪対策室のメンバーは1人1人が個性的だし、温水洋一やケンドーコバヤシ演じる刑事たちは一体どんな技術を買われてこの対策室のメンバーに選ばれてのかなと少し疑問に思った。犯人の武田鉄矢の演技も良かったし、最後に捨て台詞で貧乳と言い捨てるところは少し笑えた。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「知りたい…好奇心という罪」   
大澤絵里子(天海祐希)は、部下の花形一平(溝端淳平)から犯罪系のサイトに、人を殺したと書き込む人物がいると聞く。(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS第1シリーズ」2話のネタバレ
ネットに「殺人をした」とアピールする投稿があった。

投稿者は、殺した人物の個人情報や遺体の写真まで公開している。

そしてその中には大澤絵里子(天海祐希)たちが担当している事件の、刺し殺された女子大生までいた。

しかしこれは警察関係者だけが知っている事件。投稿者が犯人ではないかと推測される。

また、女子大生以外の遺体も未解決の事件に関係していると発覚。”神”と名乗るこのネット上の人物は、既に信者が誕生していた。

絵里子は部署内のメンバーと遺体発見現場に急ぎ、女子大生の外傷を分析。

彼女は人を殺す知識を持っている者に刃物で殺されたようだが、傷跡をよく見ると自分でしたとしか考えられない角度で切り込みが入っている。

その頃、別件を調べていた部下たちからそれぞれ事件は”事故”の可能性が高いと報告を受ける。

神が話す事件はどれも自殺か事故…。当初の読みは間違えていたが、犯人は逮捕。

一連の事件は解決したかと思われるもが矢先に殺人事件が発生。刑務所にいるのに何故か?それは神に憧れた信者の犯行ではないか?

この推理が合っているとするなら、信者を野放しにしておけない。解決のために、自らおとりになると宣言する絵里子…。

ドラマ「BOSS第1シリーズ」2話の感想
ネットの書き込みの雰囲気に、時代を感じました。最初に降臨した神は、殺人はしておらずただ写真を撮って投稿していただけと判明。チヤホヤされたのが嬉しかったらしいです。虚しい。逮捕されても正当化してましたが、言い訳が見苦しかったです。そしておとりになる絵里子。天海祐希さん、こういう役がぴったりです。ネットに「殺して」と挑発した文章を載せた結果、実際に訪れた神の信者の人数と書き込み数との差もしょぼかった。今みたいにネットに誰でも触れている状態じゃないという前提のおかげで、新鮮に視聴できた気がします。絵里子によって少しずつ、部署メンバーの足並みが揃ってきたような…?
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「女の敵は絶対に許さない!」   
澤絵里子(天海祐希)は、女性誌『エピソード』の読者モデルが連続して暴行された事件を担当。野立信次郎(竹野内豊)は、新たな被害者を出さないため、ほかのモデルに刑事を付けて警戒。(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS第1シリーズ」3話のネタバレ
ファッション誌の読者モデルが2人連続で暴行を受けた。

野立信次郎(竹野内豊)はモデルに警護を付けていると言っていたが、3人目・樋口ゆかり(酒井若菜)が被害に遭う。

事件の担当になった大澤絵里子(天海祐希)が、ゆかりの入院する病院へ行くも、事件の後遺症で精神面が不安定だ。

そこで木元真実(戸田恵梨香)を警護として置いていく。人見知りな真美は困惑…。

一方で、絵里子は事件について部署メンバーに説明。人気のある読モ5人の内、既に3人が襲われている。

しかし、現場の証拠とモデルたちがメンタル的な問題で話が出来ないため、犯人が上手く掴めない…。

そんな時、野立から情報が入る。最初の被害者である女性に好意を寄せていたが、フラれたというバー店員の男・三上弘明(七枝実)だ。

モデルたちの行きつけの店で働く彼には薬に手を出した過去がある。

早速絵里子は捜査に向かうが、彼の部屋には犯人と確証を得れるものはなかった。

翌日、三上が遺体となって見つかる。現場に向かうと、状況的に自殺だと判断されそうになる。

そこを絵里子と鑑識・奈良橋玲子(吉瀬美智子)が否定。実際に三上の死亡推定時刻は、2人目の犯行前だ。他に犯人がいる…!

ドラマ「BOSS第1シリーズ」3話の感想
連続レイプ魔が登場します。今回の事件を聞いた際、絵里子が「許さない」と断言していて恰好良かったです。被害者たちに面会に行った時の対応も、とても心強い刑事さん!という感じでした。そして事件の犯人ですが、複雑です。被害者たちのショックを受けている姿が痛々しかったのですが、その中に嘘をついている女性がいました。完全に私も騙され、最後まで分からなかったです。”読者”モデルという不安定な立ち位置が、あのように恐ろしいことを企ててしまう原因なのかなと思いました。可愛い上に自己プロデュース力が上手な子たちが周りにいたら、いくら人気でも不安になりますよね…。しかしやり方がエグい。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「悲しみの復讐者」   
大澤絵里子(天海祐希)ら「特別犯罪対策室」のメンバーは、小学生を対象にした防犯キャンペーンを任され、その一環として、防犯をテーマにした寸劇を上演する。(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS第1シリーズ」4話のネタバレ
小学校向けの警察による防犯訓練を、今回は大澤絵里子(天海祐希)たちが担当することになった。

野立信次郎(竹野内豊)たちも見ている中で、絵里子たちはそれぞれが変装をして舞台に上がる。

しかし、明らかにやる気のない人物が1人いた。木元真実(戸田恵梨香)だ。

練習中も嫌々していた彼女は、途中離脱。本番だと言うのに、そのまま行ってしまった。

絵里子が怒鳴り声をあげても、聞く耳は持たない…。翌日、真美はメールで全員に欠勤をすると送り、こちらからの連絡は無視だ。

メンバーの花形一平(溝端淳平)が電話をかけてもメールをしても、返事が来ない。昨日よりも怒りが増した絵里子。

そんな中で、男性が銃殺されるという事件が発生した。遺体には頭とお腹に銃弾が残っている。

現場に行くと、流れる血が記号のように見えた。次の日も、同様の事件が起こり、現場には「4」と血で書かれていた。

部署に戻ると、最初の現場にも「4」があったことを確認。絵里子は推測をし始める。

4=4人殺害するという予告ではないか?では後2人残っているのではないか?と…。

メンバーたちはリーダーの言葉に唾を飲んだ。

ドラマ「BOSS第1シリーズ」4話の感想
真美が舞台で演じた役は小学生でした。ちゃんとコスプレしていました。服も着替えて舞台に上がって、もう少しでしたね~。惜しい~。冒頭の寸劇が可愛くて面白かったです。そして、今回の事件は前後に分かれているタイプでした。4話は前編です。これまでは1話完結だったので、少しびっくりです。また、真美は自ら欠勤した訳ではないと明らかに…。ご両親が話していた内容によると、昔は元気のある子だったそうです。何かがあって今のやる気のない感じになったのでしょうか。真美の過去と、事件の行方が気になります。5話に続くお話でした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「対決!悲しい復讐の結末…」   
大澤絵里子(天海祐希)は、救出に向かった先に木元真実(戸田恵梨香)がいなかったこと、犯人が現場に残した数字が「4」から「5」に変わっていたことにとまどいを隠せない。(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS第1シリーズ」5話のネタバレ
現場に駆けつけても、木元真実(戸田恵梨香)はもういなかった。

そして犯人が現場に残す数字は「4」から「5」に変化している。

大澤絵里子(天海祐希)は混乱している状態だ。部署に訪ねにきた野立信次郎(竹野内豊)に、ある映像をパソコンで見せられる。

そこには真美が両手両足を縛られ、身動きの取れない状況に置かれていた。監禁された真美を見たメンバーたち。

ネットで配信されているこの映像は、誰でも視聴可能だ。警察には、この件について問い合わせが殺到中。

世の中に拡散されているのだ。そして絵里子の携帯に真美の誘拐犯(山田孝之)の男から電話が…。

彼はバカにした口調で警察をこき下ろし、身代金を要求。残された時間は3時間。

対話を続けたことで、真美の無事や身代金の金額も変わった。しかし聞こえてくる真美の声は、絵里子には耐えがたいものだった。

辛そうな部下をパソコンを通して目にしながら、捜査に取り掛かる。場所は大まかにしか特定できない。

一方で、川野昭夫(長谷川博己)が指定場所に現金を持ってきた。

ここで起こした犯人の行動は、配信中の映像に川野を映し視聴者を煽ることだった。

絵里子は、真美の代わりに自分が人質になると告げる。

ドラマ「BOSS第1シリーズ」5話の感想
警察に深い恨みを持つ者による犯行でした。犯人と真美の会話が印象的です。自分が警察という職に就いているのに警察が嫌いと話す真美。また、犯人はいじめられっ子だったということ。そんな中で自分の味方をしてくれた唯一の存在が命の危機に遭っているのを目撃し、警察に知らせたのに何もしてくれなかった…。この辛さを警察に分からせたかったみたいです。共感してほしい、という本音が見えているのが辛い部分でした。彼がこのような犯罪を起こすほど歪んでしまったのは、過去の傷が大きいのは明らかですし、最悪な対応をした警察はちゃんと反省しなくてはいけませんね…。こういう不幸が重なったとき、犯人のような人にはどうすれば良いのでしょうか。最後に分かった「5」の数字の意味が、悲しかったです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「天使?悪魔?天才少女の罠」   
大澤絵里子(天海祐希)は、英明女子学院の教師殺害事件を担当する。死亡したのは体育教師・増岡剛で、頭部に打撃を受けていた。(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS第1シリーズ」6話のネタバレ
名門女子高で殺人事件が起きた。被害者は体育教師の増岡剛。

現場に証拠が一切なかったことから、賢くて執着心が強い人物ではないか?と大澤絵里子(天海祐希)は犯人像を推測する。

部署のメンバーに捜査の指示を出したあと、教師のいた高校へ1人で向かう絵里子。

彼女を出迎えてくれたのは、生徒の石原由貴(志田未来)だった。偶然通りかかり、土足OKだと教えてくれたのだ。

ついでに職員室の場所を聞く。案内してもらいながら会話をしていると職業を当てられ、由貴の能力の高さに驚く。

先ほどからの対応もそうだが、高校生とは思えないのだ。

一方で片桐琢磨(玉山鉄二)の捜査から、由貴と増岡が恋仲にあったという情報を手に入れた。

絵里子は、由貴への取り調べを行うが、そこで二宮奈津子(西山繭子)という同僚教師の疑いが出てくる。

奈津子の自宅付近には犯行に使った凶器などが見つかり、本人も増岡と交際関係にあったこと、事件の日に彼の家に行ったことを認める。

しかし殺人は否定。更に監察医・奈良橋玲子(吉瀬美智子)は、入手困難なマニキュアの成分が遺体から検出されたという。

そのマニキュアを使っているのは奈津子だ。けれども絵里子は納得できない…。

ドラマ「BOSS第1シリーズ」6話の感想
志田未来さんが出演しています!かわいい~。賢いことを隠したりしない役でしたね。頭の良い女子高に通うちょっと理屈っぽい生徒、すごく志田さんに合います。犯人は由貴ではないと最初から明らかになっているパターンでスタートします。ただ友達が殺したのを目撃し、相談を受けて協力していましたね。最後まで観ると、誰が犯人だったのか、お~ってなりました!増岡は被害者だけどキモイ。事件うんぬんは置いといて、由貴は良いキャラでした。刑事たちとの掛け合いも面白い。彼女のおかげで絵里子に彼氏がいることがメンバーに知られることになりました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「女vs女の心理戦!」   
大澤絵里子は、ニュース番組に生出演、キャスターの高峰仁美と対談する。番組終了後、絵里子と話す仁美のところへスタッフが1枚の紙を持ってくる。(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS第1シリーズ」7話のネタバレ
大澤絵里子(天海祐希)はテレビに出演することになった。警察の新設された部署のリーダーである彼女に、部署について色々聞きたいそうだ。

キャスターの高峰仁美(富田靖子)とカメラの前で様々なやり取りをする。

そして収録が終わり、仁美に脅迫文が送られてきたとスタッフが説明。

しかし、送られてきた張本人は初めてではないからか、平気だと言う。絵里子は仁美の右手に包帯が巻かれているのを見ていた…。

そして、安田博文が遺体となり発見。彼は芸能人のゴシップ記者をしていた。

故に恨んでいる人もいるだろうと思われる人物だ。既に事故死と判断されたが、マスコミが騒ぐので再捜査を行うことに。

木元真実(戸田恵梨香)と遺体があったマンションへ向かうも、怪しさが無さ過ぎて、逆に怪しく見える。

部屋にあったポジフィルムを調べておくように真美に指示する。ポジは安田のカメラマン人生15年分が刻まれていた。

真美は分析の結果、1か月間だけ極端にポジが少ない月があると告げる。

ではその月に都内で起こった有名な事件は何か?と調べると、女子高生ストーカー殺人事件のみ。

報道局の人間が報じたことで犯人が捕まったのだが、それを報じたのは仁美だった…。

ドラマ「BOSS第1シリーズ」7話の感想
仁美は肝が据わっています。有名ニュース番組のキャスターを務めるとなると、これくらいの度胸の良さは必要なのかなと思ったり…。ただ美人でニコニコしていれば良い役割ではないですから、大変ですね…。一般社会で生きていけば、周りからチヤホヤされ放題なのに、ここまでしてテレビ界隈にしがみつくのか不思議です。絵里子並みの情熱は持ってたのに…。芸能界に飲み込まれてしまったんですかね?勿体ないです。優秀で見た目も良くって、それなのにこんな結果になって。マスコミはどのドラマでも悪人扱いで、誰も庇いません。今回も悪でした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「悲しき銃声…消せない過去」   
大澤絵里子は、暴力団幹部の射殺事件を担当する。被害者の頭部に残った銃弾から、犯人は別の暴力団幹部の谷本隆だと推測された。(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS第1シリーズ」8話のネタバレ
暴力団・大堂組幹部の古葉治(江藤純)が銃殺された。

遺体の頭には銃弾の線がついており、そこから分析した結果、3年前にも同様の事件を起こしていた龍千会幹部の谷本隆(工藤俊作)が犯人だと推測される。

またその事件が発生してから今までの3年間、谷本を調べていた人物が警察にいた。

小野田忠(塩見三省)だ。彼には、谷本が居る場所を教える連絡がきていた。

大澤絵里子(天海祐希)たちは小野田の情報を手に、谷本を追う。しかし谷本は直前で逃げ、捕まえようとする絵里子たちを銃で脅してくる。

そんな時、谷本が上からライフル銃で撃たれた。片桐琢磨(玉山鉄二)は狙撃犯を探す中、電話を受け取る。

「今後も片桐が原因で人が死ぬ」と忠告をして話を終わらせる電話相手。

実は部署に何日か前に、谷本が撃たれた場所と同じ位置に赤のインクでマークされる人形が届いていた。

これは予告だったのかもしれない。その矢先、また人形が届き、中には谷本がやられた銃弾と同じものが入っていた。

一方で、片桐は1人でとある場所に向かった帰りに、小野田たちと遭遇。

川野昭夫(長谷川博己)がライフル銃で撃たれるも、片桐は反撃に失敗し、犯人はそのまま逃げて行った…。

ドラマ「BOSS第1シリーズ」8話の感想
片桐がメインとなる回でした。銃の扱いが上手いことが判明しました。そして過去について、詳しく描かれましたね。その傷を癒そうとする絵里子、格好いい。ただ慰める訳じゃなくて、真剣に向き合って本音を伝えてくれるのが良い。事件を通して、片桐は謝りたい人に謝れたんじゃないかなと思います。今回も復讐のための犯行でしたね。このドラマは、警察の間違った行動を指摘するような場面が多いな~と感じます。絵里子たちは良い人ポジですが、周りの警察は何とも言えないところがあります。強く恨まれても仕方ないようなことをしている人も中には…。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「誰にも言えない…秘密の顔」   
大澤絵里子は、トラック運転手・柏原が惨殺された事件を担当する。 木元真実、花形一平とともに現場に入った絵里子は・・・(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS第1シリーズ」9話のネタバレ
柏原秀雄(植松洋)は、銃殺された後、数十箇所を刺されている状態で発見された。

大澤絵里子(天海祐希)は、強い恨んでいる人間の犯行だと推測。

現場は、一時の勢いで殺した雰囲気もするが、冷静さも感じる。

犯人は複数人いるのだろうか?柏原について調べると、離婚歴があると分かる。

妻にDVをしていたようだ。また2人の間には子供の直人(原田健二)がいるが、父親とはもう何十年も関わっていない。

しかし既婚者である直人は、現在自分が子に虐待をしてた。本人にも自覚がありネットで相談をしていたことも明らかになる。

その相談所サイトは、大学教授の西名亘(生瀬勝久)が運営していた。

花形一平(溝端淳平)は、過去に西名を頼った経験があり信用している。虐待に関して著名な人物だ。

絵里子は大学に出向き、西名に会った。直人の虐待行為に父親は関係ないだろうと話してくれた。

そんな中で、直人が父の元に事件の日、訪ねようとしていたことが発覚。

ただ他の人物が部屋に入っていくのを見て車内で待機をしていたが、長いので帰ったそうだ。

同じ頃、同様の方法での殺人事件が起こる。連続殺人だとメディアに取り上げられ、捜査の遅さを上から叱られる絵里子…。

ドラマ「BOSS第1シリーズ」9話の感想
今回の遺体はこれまでで一番メチャメチャになっています…。メディアに取り上げられる前に、犯人を見つけなきゃいけないんですね。私が普段目にしているニュースの中で、まだ捕まっていない場合、警察内で絵里子のように誰かが理不尽な怒りをぶつけられているのでしょうか。西名役を務めた生瀬勝久さんの演技が上手で恐ろしかったです。さすが名脇役俳優さんだなー感じました。西名はすごく悲しい過去を持っていて、悲しかったです。自分と同じような経験をしている誰かの相談に乗ることで、心が癒されるのと同時に怒りも生まれてしまっていたのかな…。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「容疑者はボス?!最後の事件」   
大澤絵里子らは、謹慎処分を受け、生活安全課を補佐する仕事をしていた。花形一平とともに、あるキャンペーンに参加していた片桐琢磨は・・・(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS第1シリーズ」10話のネタバレ
謹慎と命じられた大澤絵里子(天海祐希)たちの部署。他部署の手伝い等をして過ごしていた。

この処分に不服な絵里子は、野立信次郎(竹野内豊)に八つ当たりをしていた。

その頃、片桐琢磨(玉山鉄二)と花形一平(溝端淳平)は「振り込め詐欺」についてのキャンペーン活動に参加中。

すると新聞記者の鈴木(小須田康人)が片桐に、警察の汚職事件と謹慎は関係あるのか尋ねてくる。

同じ頃、山村啓輔(温水洋一)と木元真実(戸田恵梨香)はゴミ箱が燃える連続事件を調べている内に出てきた品々を、監察医の奈良橋玲子(吉瀬美智子)に見て貰っていた。

分析の結果、タイマーには絵里子の指紋が検出される。想像していなかったこの知らせにメンバーたちは皆驚くも、早速捜査に出向く。

そして片桐は、鈴木の話していたことについて野立に聞くが、否定され終わる。

その矢先、また鈴木は現れた…。鈴木の大学の後輩である小野田忠(塩見三省)によると、デマとは言い切れない信憑性があるらしい。

そんな時に、大規模な爆発事件が起こる。

絵里子は爆発の成分について知った瞬間に、衝撃を受ける。あの爆発に付いていたタイマーは、彼氏の池上浩(丸山智己)への贈り物だったのだ…。

ドラマ「BOSS第1シリーズ」10話の感想
絵里子本人も驚きの、証拠物に指紋がついているという展開…。ここでやっと彼氏・浩の存在が活きてきました。最終回を目前にしている感じがします。そして野立。竹野内豊さんをこういう役にキャスティングするなんて、本当に豪華なドラマだな~と思っていたのですが、そういうことなのでしょうか?誰を信じていいのか、分からなくなります。絵里子に彼氏問題だけではなくて、同僚問題まで発生してしまいました。絵里子なら耐えられそうですが、他のメンバーは衝撃的だろうな~と思います。どんな最終回になるのか予想不可です。気持ちよく終わると良いのですが…。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話「衝撃の最終回拡大SP…裏切りの果て」  
大澤絵里子は、刑事たちに野立信次郎、警視総監・大山源蔵を乗せた車の追尾を指示すると、自身も木元真実、山村啓輔、花形一平とともに車を追いかける。(引用元:FOD公式)

ドラマ「BOSS第1シリーズ」11話のネタバレ
大澤絵里子(天海祐希)は、野立信次郎(竹野内豊)と警視総監・大山源蔵(津川雅彦)を乗せて走る車を追いかけるよう刑事に指示。

また、自分も部署のメンバーと野立を車で追うが、バイクが車から攻撃を受けて転んだ。

それを助けるため絵里子たちは追尾に失敗するも、転倒したのは池上浩(丸山智己)の弟・健吾(石垣佑磨)だった。

そして、警察の上層部には大山と野立が誘拐されたと知らせが入る。企てたのは”黒い月”という反政府組織のメンバーだ。

一方で、片桐琢磨(玉山鉄二)は急いで小野田忠(塩見三省)が誰かに刺されたと報告。

小野田は、警察の裏情報を掴んだせいで殺されそうになった…

つまり”黒い月”と裏金問題には関連性があると分かり、全員が混乱状態に。

しかし休んでもいられず、絵里子が屋田健三(相島一之)を外部からの情報通として連れてくる。

屋田は、野立は汚職事件の関係者であり、総監である大山を殺すことが”黒の月”と同じ目的だった故に手を組んだと告げる。

絵里子は、作戦にのせられているフリをしなければ、野立は大山をすぐに殺し”黒の月”と逃げるから、今は泳がせておこうと提案…。

その後、”黒の月”メンバーから警察に電話がくる。

ドラマ「BOSS第1シリーズ」11話の感想
最終回らしい最終回でした。絵里子は、事件解決ためならば囚人に話を聞きたいと頭を下げるのも大丈夫だと言っており、刑事として恰好良すぎだし頼りがいありすぎ!と思いました。また、最後の豪華ゲストとして反町隆史さんが出演しています。”黒の月”重要人物役です。漫画みたいなセリフを言います。竹野内豊さんと並んでいる図には、濃いな~!と感じさせられました。薄めの顔が流行る前のドラマなので、イケメンポジションの人々は皆ハッキリした顔立ちですね。物語には終わりまで騙されました。展開が丁度よく裏切ってくれます。面白いドラマでした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、FODプレミアムなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「BOSS第1シリーズ」の概要

40歳独身、アメリカ帰りの元キャリア・大澤絵里子(天海祐希)は、警視庁捜査一課に新設された「特別犯罪対策室」の室長に抜擢される。絵里子は将来を嘱望されたキャリアだったが、ある不祥事を起こして降格させられ、研修のためという名目でアメリカへ留学、5年ほどFBIなどで学び、帰国したばかりだった。(引用元:FOD)

ドラマ「BOSS第1シリーズ」の出演者、放送情報

大澤 絵里子:天海祐希
木元 真実:戸田恵梨香
片桐 琢磨:玉山鉄二
花形 一平:溝端淳平
岩井 善治:ケンドーコバヤシ
山村 啓輔:温水洋一
野立 信次郎:竹野内豊
奈良橋 玲子:吉瀬美智子
西名亘(第9話):生瀬勝久

主題歌: Superfly「My Best Of My Life」

制作:フジテレビ

放送:2009年

ドラマ「BOSS第1シリーズ」の見どころ

警視庁捜査一課に新設された「特別犯罪対策室」の室長に任命されたアメリカ帰りの元キャリア刑事・大澤絵里子が、癖だらけのメンバーをまとめながら事件を解決していく『BOSS』。

刑事らしからぬキャッチーなやり取りと、華麗に事件を解決する様子が見どころです。

特別犯罪対策室のボスを演じるのは天海祐希、癖の強いメンバーには戸田恵梨香、溝端淳平、吉瀬美智子、ケンドーコバヤシ、温水洋一、玉山鉄二と実に豪華です。

果たして彼らがどのような手を使って事件を解決していくのか、最後まで目が離せません。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「BOSS第1シリーズ」の感想

40代男性
すごい面白いドラマでした。天海祐希と竹野内豊のコンビが最高ですね。この二人のキャストだと結構シリアスな刑事ドラマになるかと思いきや、意外とコメディタッチでストーリーが描かれていたのでギャップもあってより楽しめました。ストーリーの本筋でもある刑事事件も毎回見所があって、あっという間にドラマの魅力に魅了されてしまいました。
20代女性
改めてみるとすごいキャスト!こんな豪華なメンバーでチームを組んで出てくるなんて贅沢すぎる。天海祐希、竹野内豊、戸田恵梨香、玉山鉄二、溝端淳平、吉瀬美智子、成海璃子などなど、主役クラスばっかり。座長である天海祐希さんのプレッシャーすごそうですけど、視聴率が良かったのは、やはりまとめきったからですね!天海祐希ファンになってしまいました。
50代男性
けっこうガッツリとした刑事事件を扱うのに、ところどころコメディも入っていて、非常に見やすいドラマでした。しかも天海祐希と竹野内豊はタッグを組んで進めているのに、最終回にきてまさかの竹野内豊が黒幕疑惑が出てきました。そして最後の展開に、やられたー!と思いました。その内容をバラしてしまうのはもったいないので、ぜひ皆様にも見ていだきたいドラマでした。

まとめ

以上、天海祐希主演のドラマ「BOSS第1シリーズ」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

「BOSS(第1シリーズ)」は、個性的な「精鋭」達の活躍を描く刑事ドラマ 。

多様化する犯罪のために新設した、「特別犯罪対策室」の活躍に目が離せない作品となっていますよ。

FODプレミアムでBOSS第1シリーズの動画は全て無料視聴できます。

2週間の無料お試し期間があるので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴