ドラマ|ビーチボーイズの動画を全話無料で見れる動画配信まとめ

1997年7月〜9月まで反町隆史・竹野内豊主演で放送のドラマ「ビーチボーイズ」

性格も境遇も全く異なる桜井広海(反町隆史)と鈴木海都(竹野内豊)が、海辺の民宿「ダイヤモンド・ヘッド」で出会い・・・

真夏のビーチを舞台に、男2人の友情と彼らを取り巻く人々の人間模様を描いた、ヒューマンストーリーの名作です!

ドラマ「ビーチボーイズ」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムの無料期間を利用すると、ドラマ「ビーチボーイズ」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「ビーチボーイズ」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「ビーチボーイズ」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムは通常月額888円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:FODプレミアム)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「ビーチボーイズ」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「ビーチボーイズ」のシリーズ作品の

の動画も見放題配信されているため、全話無料視聴可能です。

さらに、ドラマ「ビーチボーイズ」に出演している反町隆史の出演作品

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能となります。

是非この機会にドラマ「ビーチボーイズ」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「ビーチボーイズ」の動画まとめ

ドラマ「ビーチボーイズ」は、FODプレミアムで全話無料視聴できます

(画像引用元:FODプレミアム)

FODプレミアムは2週間無料お試し期間があります。

第1話「 夏、変な奴がやって来た・・・同時に二人も」
女に捨てられ、行き場を失った桜井広海。仕事のミスからエリートコースを外れた鈴木海都(竹野内豊)。出会うはずもないようなこの男二人が、しばしの休息を求めて海の見える地へと向かった。(引用元:FOD)

ドラマ「ビーチボーイズ」1話のネタバレ
桜井広海(反町隆史)は、現在は車で暮らしていました。

恋人の富士子のヒモとして暮らしていましたが追い出されてしまったためです。

そのころ、鈴木海都(竹野内豊)はあてのない旅の途中でした。

もともと大手商社に勤めていましたが、大きなプロジェクトに失敗したことが原因で外されてしまったためです。

海都は、旅行中に広海がガス欠になっているのを見かけ、助けました。

また、同じ頃、民宿「ダイヤモンドヘッド」では、和泉真琴が下校して、ケガした祖父の和泉勝が帰宅したところを迎えていました。

その場を広海と海都がガス欠したクルマを押しながら通りかかりました。

その時、クルマのハンドル操作を誤りってしまい、広海と海都は海に転落してしまいました。

この時に海都は財布を無くしてしまいました。

そのため、広海と海都は民宿で、従業員の部屋しか与えられないことになってしまいました。

ドラマ「ビーチボーイズ」1話の感想
反町隆史と竹野内豊という、二人のアイドルがダブル主演したドラマ。反町隆史の絶大な人気を受けて、みんなが見ているから見るという、勢いもあったと思いました。反町隆史は演技もそれほど上手くはないと思いましたし、歌声もいまいちという印象でした。今思えば、世間の注目が高いから、周りが見ているから、という理由で見ていた感は否めないと思っています。でも、このドラマは、恋愛がなかったと思います。男の友情を描いた珍しい展開だったので、印象に残っています。自由に行きようよ、というメッセージを送ってくれていると思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「私、ここにいたい」
再び、“ダイヤモンド・ヘッド”に戻ってきた広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)。広海は、民宿を盛りたてようと友達に電話をしまくり客として呼ぼうと思いつく。そこにまずやって来たのが、元恋人の富士子(辻香緒里)。そして、海都のことを心配して会社の後輩であり恋人の桜(秋本祐希)も民宿を訪れる。(引用元:FOD)

ドラマ「ビーチボーイズ」2話のネタバレ
勝は真琴にとって、この民宿がとても重要な居場所となっていることを知っていた。

自分にとって、たまらなく溺愛していることも自覚していた。

しかしそれを真琴に悟られたことはなかった。

そして、その大切な孫娘の将来を考え、民宿をたたむことを決意した。

真琴を東京に住む自分の一人娘である真琴の実の母親と暮らすことを選択させようとしていたのだ。

そのような勝の心の葛藤を知る由もない広海は、勝が大切な民宿を手放す理由を伸び悩む客足による経営難によるものだと思い込んでいた。

そしてその時、広海(反町隆史)にとって大切な居場所となっていたことに気づき、この民宿を守るために動き出す。しかし、客を呼び込むための知恵もアイデアも出てこない。

そこで、甲斐性のない自分に見切りをつけ、追い出した元恋人の富士子に助けを請う。

いつものように彼女は自分のために力を貸してくれると思い込んでいたのだが。

ドラマ「ビーチボーイズ」2話の感想
当時、真琴役の広末涼子の可愛さにとてもハマっていました。この回の話題は、母親との確執のある真琴、そして実の娘と溺愛する孫娘との確執に葛藤する勝。しかも、昔ながらの男であり、その両方に素直になれないまま大切な民宿を閉じることを決意する勝。そのシリアスな設定に、反町隆史演じる広海の明るくがむしゃらなキャラクターがより一層映え、それぞれのドラマが動き出すという全話を通しても、重要な回です。広海のキャラクターが、暑苦しくも、爽やかで、まさにビーチボーイズ!とても爽快です。しかし、海都の重要なシーンはまだ出てきません。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「彼が残した忘れ物」
会社からプロジェクト続行のため呼び戻された海都(竹野内豊)は、民宿“ダイヤモンド・ヘッド”を後にする。「せっかくいいコンビだったのに」真琴(広末涼子)はほろ苦い想いを抱きつつ、ビーチバレーに惜敗し、くやしがる広海(反町隆史)と海都の二人を見てつぶやいた。(引用元:FOD)

ドラマ「ビーチボーイズ」3話のネタバレ
休暇を終えた海都(竹野内豊)は、プロジェクトチームに戻るため東京に戻った。

プロジェクトは順調に進み上司からの評価も高かったが、彼の表情は何故か冴えなかった。

彼の心は既に決まっていたのだ。

同じ頃、海都が去った民宿の部屋の掃除をしていた真琴(広末涼子)は、1枚の紙が落ちているのを見つける。

それを見てほほ笑む真琴。それは海都の「忘れ物」だった。

もう一度海都に会いたい真琴は、彼の「忘れ物」を届けることを口実に、勝からお使いを頼まれ東京へ向かう広海の車にこっそり忍び込み、

半ば強引に東京へついて行く。

田舎者丸出しの二人が海都の会社へ到着すると、スーツ姿の海都がやってくる。

真琴は、無事、海都に「忘れ物」を渡すことができた。

一方、広海(反町隆史)からの電話で真琴が東京へ向かったことを知った勝は、広海に母親の住所を教え、真琴を母親に会わせようと試みるが・・。

ドラマ「ビーチボーイズ」3話の感想
相変わらずさわやかな二人・・(照)。全国の女性陣が同じ討論をしているのは重々承知しております、広海派?海都派?問題。第3話では、海都のスーツ姿という強力なキュンポイントが出てくるのですが、はやり今回は、広海のさりげない優しさに軍配が上がりました。露店で見つけたアクセサリーを眺めていた真琴が買わずに立ち去ろうとすると、欲しそうな真琴の表情に気づいた広海が買ってくれるんですよね!普段はお調子者でガサツなのにこういうとこよ!ギャップ萌えでございます。母親の住所を託された時のフォローも優しかったですね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「優しさのある場所」
民宿“ダイヤモンド・ヘッド”は、広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)が来てからというもの活気を取り戻しはじめているように見える。この日も、東京から四人の家族客を迎えることになったが、海都はその客の顔を見て、“エッ”という表情になった。それは、海都の元上司・大崎(平泉成)だったのだ。(引用元:FOD)

ドラマ「ビーチボーイズ」4話のネタバレ
一流企業で働いていた頃の海都(竹野内豊)は、自分が民宿で働くことになるとは想像もしていなかった。

いつの間にか、オーナーである勝、自称看板娘の真琴、ひょんなことから出会った広海とともに働くことに、少しだけやりがいを感じていた。

企業をあげた一大プロジェクトに失敗をし、プロジェクトからも外され、自分自身のやってきたことを自答していた海都にとって居心地の良い環境となっていた。

そんなある日、1組の家族連れを接客することとなった。

海都は戸惑いを隠せなかった。

その家族連れというのも、会社での上司、大崎だったのだ。

戸惑いながらも接客をする海都。

その接客を受ける大崎は、海都の能力を買い、企業への復帰について話をしに来たのだという。

説得を受けさらに戸惑う海都。

企業への未練、大切に思えている現在の環境。

その間で葛藤を続ける海都が出した答えとは。

ドラマ「ビーチボーイズ」4話の感想
勝と真琴、そして広海のキャラクターが引き立ってきたところで、クールで少しプライドの高い海都の過去と葛藤が描かれている回です。都会と田舎、一流企業と民宿という、環境の対比が、海都のキャラクターをさらに際立たせています。また、当時の企業で働くということがステータスでった男性の多くが、海斗の決断に憧れを抱くことでしょう。また、彼のクールで情熱的な一面が、広海をはじめ、他のキャラクターも引き立たせています。最後にはクールな海斗が出した答えに鳥肌が立ちます。この回で、ビーチボーイズが完成すると言っても過言ではないと思います。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「やって来た渚のライバル」
民宿“ダイヤモンド・ヘッド”での、広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)の住み込みバイト生活は明るく元気に展開している。 ある日のこと、春子(稲森いずみ)が一人の酔っぱらった男を案内しにやってきた。「清水!」実はこの男(山本太郎)、広海が行けなかった五輪に、広海の代わりに行ったと言われ続けている元五輪代表選手だった。(引用元:FOD)

ドラマ「ビーチボーイズ」5話のネタバレ
ダイヤモンドヘッドに、酒に酔った男が訪ねてきました。

広海(反町隆史)はその男のことを、清水と呼び介抱をします。

酔いが醒め、起きた清水は広海に対し勝負を申し込んできました。

そして、対決をするまで民宿に居座ると言いだします。

清水の話によると、彼は競泳の元オリンピック選手で、広海は代表候補でした。

ただ、代表として出場した彼が広海を敵対視しているには理由があったのです。当時、活躍を期待されていたのは清水ではなく広海でした。

そのため、清水は広海がケガをしたおかげで出場できたと言われる続けることになってしまいました。

清水は、すべての決着をつけるためここに来たようです。

広海は清水との対決を避けようとしますが、数日で町中の人間がこの対決のことをし知っていました。

どうやら、話をしていた時に裕子が盗み聞きをしてみんなに広めたようです。

そして、2人の対決は真琴たちが通う学校のプールで行われることになりました。

対決の当日になっても対決を嫌がる広海でしたが、勝の一言によって対決に向かう覚悟を決めました。

ドラマ「ビーチボーイズ」5話の感想
海都とは違い、広海はずっと何者なのかを明かさずに来ました。まさか、オリンピック候補選手だったとは想像できませんでした。思い返すと民宿で働き始めた頃、今回対決したプールで泳いでいる場面があったと思います。それが伏線だとしても、この展開を予想はできる人いないと思います。ただし、今回の主役は広海ではなく清水でした。彼の博美に対する感情はとても理解ができます。あの感情は、オリンピックに行ったからこそ抱いたものでしょう。世界と戦うためにすべてを競技に捧げたからこそ許せなかったのだと思います。勝負を終えた時に広海に掛けた言葉は、スポーツマンらしい素晴らしいものでした。。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「それは花火で始まった」
一年に一度、みんなが待ちわびた花火大会の日が近づいてきた。広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)は、ここに来て初めて迎える大イベントだ。海都は、東京から桜(秋本祐希)と、その友達を呼ぶが、結局来たのは友人達だけだった。自分ひとりで決めて、ここに来たことが桜を不安にさせていたと気づく海都。(引用元:FOD)

ドラマ「ビーチボーイズ」6話のネタバレ
毎年恒例、潮音海岸で行われる1年に1度の大イベントである、花火大会が近づいてきた。

桜井広海(反町隆史)鈴木海都(竹野内豊)にとっては、この海岸に来て初めての大きなイベントであり、広海はウキウキ気分が止まらず、とても楽しみにしていた。

真下裕子(佐藤仁美)たちも花火大会を楽しみにしているが、和泉真琴(広末涼子)は民宿の手伝いがあるから行けないと諦めていた。

そんな、真琴たちのやり取りを見ていた前田春子(稲森いずみ)は、昔、自分が着ていた浴衣を真琴に着せてあげたいと仕立て直し始める。

一方、海都は東京から桜(秋元祐希)とその友達を呼んだが、友達だけしかおらず、桜の姿はなかった。

その時、友達から桜が来られなかったのは、楽しい時間を過ごすと離れるのが辛いからという理由からだった。

その理由を聞き、海都は桜に不安な思いをさせていたことに気付く。

ドラマ「ビーチボーイズ」6話の感想
広海は、デリカシーのない、いわゆるモテなそうなキャラクターが初めからありましたが、海都も桜の気持ちが全然わかっていなくて、モテそうな海都も意外と恋愛において不器用なんだなと感じたところでもあります。裕子が、「女の子なら、浴衣着て、彼氏と一緒に行きたいよね。」と、言ったセリフがすごく懐かしく感じて、自分の学生時代を思い出して、そんな時期も私にもあったなぁと、20年以上前のドラマでも、青春時代って変わらないんだなぁと感じたし、夏の花火大会ってやっぱりワクワクするし、すごくテンションが上がって、夏の風情を感じられるのが日本の夏のいいところですよね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「海がくれた勇気」
盛夏!忙しくなった“ダイヤモンド・ヘッド”と海の店「渚2号」を一人できりもり、キリキリ舞いの真琴(広末涼子)。頼りにならない広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)に怒り爆発寸前。しかし、勝(マイク眞木)が連れてきた客を見て、いっぺんに機嫌が直った。(引用元:FOD)

ドラマ「ビーチボーイズ」7話のネタバレ
広海(反町隆史)たちが信用金庫に出かけている間に、民宿と渚2号の対応が大忙しとなり、真琴は怒っていました。

しかし、ある人物が来客したことで彼女の機嫌はすぐに治ります。

その客とは美智恵という名の女性で、毎年必ずこの日にやってくるそうです。

そして、彼女は到着するとすぐに、広海や海都に掃除などの作業を次々と命じていきます。

真琴によると毎年この調子のようですが、美智恵がどんな人かは詳しくは知らないそうです。

翌日、広海たちは、美智恵の仕切りで海岸の清掃をさせられていました。

すると、彼女が被っている帽子が風で飛ばされ、海の中に落ちてしまいます。

しかし、美智恵は取りに行きません。波打ち際に立ったまま動けずにいました。

そして、彼女の叫び声を聞いた勝が海の中に入り、帽子を持って帰ってきます。

ミチルが部屋で休む中、広海たちは海に入れない彼女が毎年海に来ることを不思議がっていると、勝が事情を語りだします。

ミチルは、海で息子を亡くしていました。

そして、生きていれば広海や海都と同じくらいだそうです。

美智恵が目を覚まし、海都たちがいるリビングにやって来ました。

ドラマ「ビーチボーイズ」7話の感想
人にはそれぞれ事情があり、美智恵にも話しにくい事情がありました。本当は憎んでいる海という場所に毎年欠かさず来てしまう彼女の辛さは、簡単に共感できると言えるような生易しいものではないでしょう。どんなに辛い思いをしても、息子さんを感じられなくなること以上の辛いことはないということかもしれません。しかし、今年の民宿には広海と海都がいました。2人との時間を彼女はどんな気分で味わっていたのでしょうか。広海と息子のことを話した後、真琴に向けた彼女の表情を見る限りでは幸せな時間だと感じていたはずです。そして、息子さんが母親のために、彼らをこの民宿に呼んだのかもしれません。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「彼らとともに夏が去る」
長かった夏休みもあと1週間で終わる。広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)も夏の終わりをそれぞれに感じはじめているようだった。真琴(広末涼子)は、夏が終われば二人がいなくなってしまうのでは・・・と不安で仕方ない。そんな時、試験勉強を海都に見てもらうために、佑介(川岡大次郎)が“ダイヤモンド・ヘッド”にやってきた。(引用元:FOD)

ドラマ「ビーチボーイズ」8話のネタバレ
夏休みの終わりが近づき、民宿「ダイヤモンド・ヘッド」も「渚」も大賑わいで皆大忙し。

仕事を終え、一息ついていた時、夏の終わりはいつなのか、ロマンティックな話をしようとした鈴木海都(竹野内豊)だったが、皆にはその雰囲気は伝わらず、いつもの大賑わいに。

和泉真琴(広末涼子)は、夏の終わりとともに、桜井広海(反町隆史)と海都がいなくなってしまうのではないかと不安になり寂しさを覚えていたが、前田春子(稲森いずみ)には素直に寂しいと認めない真琴。

そんな時、海都に試験勉強を教えてもらおうと、内藤佑介(川岡大次郎)が民宿へやって来る。

以前、広海に対してひどいことを言ってしまった佑介は、夜食を作ってくれた広海に対してバツが悪い表情をする。

そんな佑介に、海都は優しく、将来に不安を抱くのは誰しもあることで、その気持ちは広海も知っていることだと、声を掛けた。

ドラマ「ビーチボーイズ」8話の感想
仕事を終えた後の、海を目の前にして皆で飲むビールが最高に美味しそうで、勝のBGMもマッチして最高なシーンですごく楽しくて思い出に残る夏が終わるのはすごく切ない気持ちになりました。ひと夏のずっと続くことが難しい限定された時間だからこそ楽しい。夏というのがすごく儚くてだからこそ輝いていて、思い出に残るものだと感じたし、充実した夏を過ごせることは贅沢で幸せなこと。どの時間を誰とどこでどうやって過ごすのかすべては自分次第。夏の終わりを決めるのも自分次第。すべては自分が決めること。改めて広海と海都が語るシーンを見て考えさせられました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「この想い、君に届けたい」
真琴(広末涼子)は、高校生活へ戻り、広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)は、まだしばらくは“ダイヤモンド・ヘッド”の従業員としてここにいるらしい。ある日のこと、春子(稲森いずみ)の元に、一通の手紙が届いた。しかし、それは待ちわびていた息子・春樹(大高力也)からではなく、その父、つまり春子を捨てた吉永一樹(入江雅人)からのものだった。(引用元:FOD)

ドラマ「ビーチボーイズ」9話のネタバレ
届かないと思いながら待ち続けていた手紙が、春子のもとに届きました。

内容は、元夫の海外赴任が決まり向こうに行く前に1日だけ預かって欲しいというものでした。

ただし、彼には新しい妻がいるため、春子に母親であることは言わないで欲しいという条件が付きます。

辛いですが、春子は息子と最後の一日を過ごすことを選択し、民宿のみんなも協力することになりました。

当日の夜、息子の春樹を寝かしつけるため春子が席を外した間に、広海と海斗が母親であると名乗るべきかどうかで口論を始めてしまいます。

しかし、春樹のことを第一に考える春子の想いを聞き、2人とも彼女の考えを尊重することにしました。

そして、翌日を春樹にとって一生忘れられない一日にしようと気合を入れます。

翌日になり、全員で砂浜に作り始めたのは砂でつくる大きな船です。

広海たちだけでなく祐介たちも駆り出され、約束の時間に間に合うように急ピッチで作っていきます。

そして、春樹が昼寝から目覚めると、砂浜に完成した大きな船がありました。

ドラマ「ビーチボーイズ」9話の感想
春子の言葉は、母親としての重みを感じさせる一言でした。ほとんど一緒に暮らしたことがなくても、女性には産んだだけで十分な親としての自覚が備わっているようです。確かに、どうしたら自分が幸せかを考えるのではなく、第一に子供の幸せを考えるのが母親です。だから、彼女がした選択は、誰が何と言おうと正しいのです。ただ、広海と海都が自分のことを思ってケンカをしてくれたことは、彼女が伝えたお礼以上に嬉しい出来事だったはずです。1人でいる春子にとって、今までは勝や真琴が家族のような存在でした。しかし、今は2人のことも同じように思っているでしょう。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「彼らの夏が終わるとき」
夏も終わり、秋の気配もし始めたビーチ。盛況だった渚2号も今日を限りの店じまいとなった。広海(反町隆史)も海都(竹野内豊)も春子(稲森いずみ)も寂しさは隠せない。勝(マイク眞木)は、すっかり店じまいを終えた広海、海都をテントと食料持参であるところへ連れ出す。(引用元:FOD)

ドラマ「ビーチボーイズ」10話のネタバレ
夏休みも終わり、秋の気配も感じ始めた海岸。大盛況だった民宿や渚も客足がまばらになり、店じまいを始め、桜井広海(反町隆史)、鈴木海都(竹野内豊)、前田春子(稲森いずみ)も寂しさを隠せずにいた。

そんな時、和泉勝(マイク真木)は、「これからだよ…。」と、三人にぽつりと話始める。

そして、勝は、広海と海都を誘い、普段は誰も連れて行かないと言う、勝の大切な場所である秘密基地へと案内し、今夜は男だけで語り明かそうと言う。

一方、置いてけぼりにされた和泉真琴(広末涼子)は、進路相談のことで悩み、春子に相談し、親との三者面談は東京に住む母、和泉慶子(田中好子)に来てもらえばいいとアドバイスをする。

その言葉に後押しされ、慶子に連絡し、一緒に三者面談をすることになった。なにも知らず、ダイヤモンド・ヘッドに戻った勝は、そこにいる慶子の姿に驚く。

そして、慶子が東京に行った理由が明かされる。

ドラマ「ビーチボーイズ」10話の感想
勝の生き方に対して憧れを持って、人生について語り合う男の姿がすごく格好よく見える回でした。強いこだわりを持って、それを貫き通し、生きている人に対して羨ましく思える気持ちに共感したし、生きて行く上でいろいろなしがらみに縛られてしまい、やりたいことを諦めがちですが、それにとらわれず、自分の生きたい様に生きられる強い気持ちが格好良く見せるのだと思います。それでも、すべてが上手くいくわけではなく、全部に折り合いをつけていかなければいけないのが人生。それぞれが、悩んで悩み抜いて決めたことは後悔が少ないと教えてもらいました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話「海への想い、永遠の別れ」
秋の気配がただよう海を見つめながら勝(マイク眞木)は広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)に言った。「そろそろ、そんな時期かもしれない・・・」と思う二人。翌日、勝は、周囲を驚かす行動に出た。忘れていた波乗りをもう一度やってみるというのだ。(引用元:FOD)

ドラマ「ビーチボーイズ」11話のネタバレ
勝からここは俺の海だと言われ、自分たちの旅立ちの時期が近いことを広海と海都は感じ始めます。

そして、2人より先に勝が行動を起こします。

特注のスーツとロングボードを準備し、もう一度サーフィンを始めると言い出したのです。

勝は、広海たちに笑われながらも久しぶりの波乗りに挑戦しますが、周囲が心配した通り酷い結果に終わります。

しかし、意気消沈したかに見えた彼の心には、逆に闘志がみなぎっていました。

広海たちは勝から海への想いを聞かされ、再挑戦に協力することにします。

広海たちとのトレーニングが始まり、想像以上に動かなくなっていた勝の体も諦めることなく続けたおかげで徐々に動けるようになっていきました。

そして、広海たちだけでなく協力したすべての人が見守る中、勝は再び波に乗ることに成功します。

翌朝、真琴が起きるとどこにも勝の姿がありません。彼は、早朝に一人で海に入っていました。

しかし、砂浜から彼を見つけることができず、広海たちの勝を呼ぶ声だけが響いていました。

ドラマ「ビーチボーイズ」11話の感想
勝がこの海を選んだのは、民宿を開きたかったのではなく大好きなサーフィンをするためでした。しかし、家族ができ生活のために民宿を始めたのだと思います。生活に追われてしまうと、本当は時間があっても最初の気持ちは薄れていき、どんどん目的だったことをしなくなってしまいます。勝もその状態に陥っていたのだと思います。しかし、やってきた2人の姿が勝の中に眠っていた新鮮な気持ちを呼び起こさせたようです。彼の年齢で挑戦することは辛く恥ずかしい思いをたくさんするでしょうが、冷やかす声を無視し本気でやれば必ず見ている人は感動してくれるはずです。だから、勝のように何かをしたいと思ったら、その気持ちのまま始めることが一番大事だと思います。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第12話「さよなら夏の日・・・」
主をなくした“ダイヤモンド・ヘッド”に「CLOSED」の札がかけられた。広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)は、勝との思い出を語りながら、いよいよ自分たちの海を探す時がきたことに気づく。真琴(広末涼子)は、ここにいられなくなることや、二人との別れが近づいた事を思うと、寂しくて仕方がない。(引用元:FOD)

ドラマ「ビーチボーイズ」12話のネタバレ
勝は、海に出たまま帰ることはありませんでした。民宿に真琴の母の慶子が来て、葬儀が執り行われます。

そして、勝がいなくなったことで民宿を今後どうするのかが問題になりました。

それは同時に、真琴の居場所がなくなるかもしれないという事です。

しかし、春子が慶子に民宿の運営を任せて欲しいと頼みに来たことで事態が急転します。

彼女が民宿をする理由は、息子が将来やって来た時になかったら困るというものでした。

春子の申し出を真琴が賛成し一緒にやると答えたため、慶子は反対せず任せることにします。

春子の決断により民宿の継続が決まり、広海たちも接客など従業員としての生活が戻りつつありました。

しかし、2人がもうすぐここを出て行くことは変わらないようです。

しかも、海都の方はすでに決心がついています。彼は、広海の心が決まるのを待っていたのです。

そして、別れの日がやって来ました。

ドラマ「ビーチボーイズ」12話の感想
なぜ、勝は一人でしかも早朝に海に入ってしまったのでしょうか。彼自身は好きな海で亡くなったのですから満足かもしれませんが、これでは彼のトレーニングに協力したことが悪いことだったと悔やんでしまうことになりかねません。そして、真琴の居場所が春子のおかげで今まで通りでいられるようになったことは本当に良かったです。いつか彼女もここを出て行く時が来るかもしれませんが、できることなら自分の意志で決めた方が良いに決まっています。作品を放送してから20年以上が経ちました。そろそろ広海たちが見つけた場所がどんな海なのか、見られる機会が来ることを期待しましょう。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、FODプレミアムなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「ビーチボーイズ」の概要

女に捨てられ、行き場を失った桜井広海(反町隆史)。

仕事のミスからエリートコースを外れた鈴木海都(竹野内豊)。

出会うはずもないようなこの男2人が、しばしの休息を求めて海の見える地へと向かった。

遭遇した2人がたどり着いたのは、同じ海の見えるさびれた民宿ダイヤモンドヘッド。(引用元:FOD)

ドラマ「ビーチボーイズ」の出演者、放送情報

桜井 広海:反町隆史
鈴木 海都:竹野内豊
和泉 真琴:広末涼子
和泉 勝:マイク眞木
前田 春子:稲森いずみ

主題歌: 反町隆史 with Richie Sambora「Forever」

制作:フジテレビ
放送:1997年

ドラマ「ビーチボーイズ」の見どころ

放送当時の月9枠としては異色の、男同士の友情を軸に描いた作品で、最高視聴率26.5%を叩き出した大ヒットドラマです。

脚本を手掛けたのは人間ドラマを得意とする岡田惠和

ひと夏の休息を求め、海辺の民宿「ダイヤモンドヘッド」を訪れた主人公2人を、反町隆史と竹野内豊がダブル主演として務めます。

お調子者で脳天気な桜井広海(反町)と、クールで論理的な鈴木海都(竹野内)の対比が面白く、真逆の2人が友情を深めていくストーリーに、ついつい惹き込まれていきます

イケメン2人と真夏の海、画的にも眼福すぎますね!

「ダイヤモンドヘッド」を経営する和泉勝(マイク眞木)や、その孫で民宿を手伝う高校生・真琴(広末涼子)、スナック「渚」のマドンナ・前田春子(稲森いずみ)らとの交流も、心温まりますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「ビーチボーイズ」の感想

50代男性
主役の2人も良かったけれど、自分にとっては女性陣が印象的でした。ちょうど少女から大人への過渡期の年頃だった広末涼子演じる真琴が、瑞々しく透明感に溢れていて、非常に魅力的。広末ファンでまだこのドラマを見たことのない方は必見です!稲森いずみや田中好子が演じる母親像もそれぞれ深みがあって素晴らしい。人生の節目でリピートしたくなる傑作です。
50代女性
放送当時もリアルタイムで見ていましたが、今見ても全く色褪せることのない名作です。広海と海都と真琴の絡みが楽しくて、ドラマが終わってしまうのが真琴同様寂しくて仕方なかった!一つの季節が終りを迎える物悲しさと、登場人物たちがそれぞれの道に再スタートする、始まりの希望のようなものが入り交ざって、珠玉の物語となっています。タイトルやキャストからチャラいラブストーリーだと思って敬遠している方に、ぜひ見ていただきたいですね。
40代男性
広海と海都の男同士の友情が熱く、意見をぶつけ合ったり、黙って見守ったり、人と人との関わり合いって素晴らしいなと思わせてくれます。主人公の若者2人と、マイク眞木演じる勝に、男の生き方ってものを教えられたような気がします。僕にとって人生のバイブル的なドラマ。年を重ねた後に見返すと、また違った視点で見ることができます。

ドラマ「ビーチボーイ」の関連動画

ドラマ「ビーチボーイ」は、1998年に放送された「ビーチボーイズスペシャル」の前作です。

「ビーチボーイ」と一緒に「ビーチボーイズスペシャル」を視聴すると、より物語を楽しめますよ。

▶「ビーチボーイズスペシャル」動画の詳細はこちら

まとめ

以上、反町隆史・竹野内豊主演のドラマ「ビーチボーイズ」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

夏になると毎年観たくなるドラマといえばこれです!!

夏の素晴らしい出会いや別れを描いていて、切なくなりますがやっぱり夏っていいな!と思えるドラマ。

大人や家族の青春を描いていて、どの世代が見ても共感や感動を覚えるでしょう。

FODプレミアムでビーチボーイズの動画は全て無料視聴できます。

2週間のお試し期間があるので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴