ドラマ|明日の約束の動画を無料で見れる動画配信まとめ

2017年10月〜12月まで井上真央主演で放送のドラマ「明日の約束」

本作は、学校で起きた一人の生徒の死にまつわるヒューマン・ミステリードラマ。

井上真央が主演でスクールカウンセラー役となり、公私共に悩める女性を演じ切りました。

ドラマ「明日の約束」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムの無料期間を利用すると、ドラマ「明日の約束」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「明日の約束」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「明日の約束」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムは通常月額888円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:FODプレミアム)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「明日の約束」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「明日の約束」に出演している井上真央の出演作品

  • ファースト・キス
  • 白ゆき姫殺人事件
  • 八日目の蝉

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「明日の約束」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「明日の約束」の動画まとめ

ドラマ「明日の約束」は、FODプレミアムで全話無料視聴できます

(画像引用元:FODプレミアム)

FODプレミアムは2週間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「生徒が謎残す死…真相探るカウンセラーが想う、母との明日」
ある日、日向は学年主任の霧島(及川光博)と不登校児・吉岡圭吾(遠藤健慎)の自宅を訪問。圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)から「息子はいじめに遭っている」と告げられる。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「明日の約束」1話のネタバレ
藍沢日向(井上真央)は学生の相談員で、学生たちの困りごとを分ちあえるように毎日努力しているが、自分の母親である尚子(手塚理美)のことは誰にも相談できないでいる。

ある時、日向は欠席が続いている学生である吉岡圭吾(遠藤健慎)を気にして、担当教諭の霧島直樹(及川光博)と自宅に赴く。

圭吾の母である真紀子(仲間由紀恵)は圭吾は校内で酷い目に遭っていると主張し、学校側にやめさせてほしいと話すが、日向は真紀子と圭吾の様子に不自然さを感じ、欠席の原因は真紀子も関係していると察する。

それから、日向は盗みをした増田希美香(山口まゆ)の話を聞いてみると、母親である麗美(青山倫子)が自分の記念日を祝ってくれなかったことに腹を立て、盗みをしたらしい。

そして、希美香は戻ってきた麗美に、希美香のせいで恋人に捨てられたと言われたので、カッとなって、麗美を死なせてしまい、日向に連絡する。

幸い、麗美は死んでいなかったけれど、日向は希美香に母親としっかり自分の気持ちを伝えるべきだが、麗美と別に暮らす方法もあると話す。

すると、真紀子から電話があり、日向たちが家に来たから、圭吾がいなくなったと言われる。

日向が圭吾を探していたら、學校に圭吾がいて、日向が話をすると、圭吾は明日になるのが嫌だと言い、明日が変更されないからだと言う。

そして、翌日、圭吾は自室で自害してしまう。

ドラマ「明日の約束」1話の感想
青春真っ盛りの学生たちが登場しますが、結構、シリアスなストーリーです。現実にこんな親いるかな?と思うけれど、子供のことになるとヒステリックになりがちなのは理解できます。そして、早くも1話で圭吾が死んでしまい、このドラマはなぜ圭吾が死を選んだのか真相を突きとめる話になるのかな?その中で、日向もいろんな気づきがあり、自分の母親との関係を修復できるかもしれないですね。いろんな悩めるエピソードが詰まっていて、毎回、見ごたえたっぷりになりそうです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「吉岡君を死なせたのは誰か…牙をむく母」
圭吾(遠藤健慎)の死を受け、日向(井上真央)と霧島(及川光博)は圭吾の自宅を訪れるが追い返されてしまう。その頃、学校でも圭吾の死に関するうわさが広まり・・・(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「明日の約束」2話のネタバレ
学校をずっと欠席していた吉岡圭吾(遠藤健慎)が家で自害してしまい、学生の相談員の藍沢日向(井上真央)と担当教諭の霧島(及川光博)は急いで向かうが、圭吾の父親である吉岡正孝(近江谷太朗)に冷たくされる。

圭吾の母親である真紀子(仲間由紀恵)は意気消沈してしまい、学校が圭吾を追い込んだと考える。

圭吾の訃報に学生達は驚き、前の晩、圭吾に気持ちを打ち明けられたにもかかわらず、日向は即座に拒否したことを気にする。

そんな時、日向は圭吾のクラスメートである田所那美(井頭愛海)から、圭吾が教室で問題になっていたと教えてもらう。

日向達が圭吾の通夜に行くと、真紀子に拒まれるが、学校をやめていた白井香澄(佐久間由衣)に会い、アドレスを教え合う。

学校側は教室内で小競り合いをしたらしいと公表するだけで、真紀子は絶対に仕返しするからと息子に誓う。

日向は増田希美香(山口まゆ)から、圭吾の死にバスケットボールクラブが関係しているかもと言われる。

ドラマ「明日の約束」2話の感想
母の異常すぎる愛情から逃れたくて、圭吾は日向に告白したのでしょうか?日向はまだその背景を知らなかったから、断ってしまったけれど。この母から逃れられないから、明日が来るのを恐れていた?それとも、学校での友人関係が原因?まだ、圭吾の死の理由は全然分かりません。ところで、主演の井上真央は2年ぶりのドラマらしいけれど、こんな厳しい表情を見るのは珍しいのではないでしょうか。彼女と言えば、花より男子とか、朝ドラとか元気いっぱい明るい役が印象的でしたが、全然違う雰囲気で、こんなに別人になれるものかと驚いています。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「新たな学校の疑惑…優しさで支配する母」
日向(井上真央)は、真紀子(仲間由紀恵)がテレビで圭吾(遠藤健慎)の自殺について言及する映像を見る。「学校側にきっかけがある」と語った真紀子の発言に、教員たちも動揺。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「明日の約束」3話のネタバレ
藍沢日向(井上真央)は増田希美香(山口まゆ)から、バスケットボールクラブの長谷部大翔(金子大地)と澤井勝(渡邉剣)が吉岡圭吾(遠藤健慎)のことに詳しいと言われるが、クラブ担当の辻哲哉(神尾佑)はメンバーに話を聞くのを嫌がる。

次の日、メディアのインタビューを受けた圭吾の母である真紀子(仲間由紀恵)が、圭吾の死はクラブでの揉め事が関係していると打ち明ける様子が報道される。

メディアは学校のやり取りも十分でなかったとし、このことにより学校側にも責任があると、批判されるようになる。

日向は白井香澄(佐久間由衣)から、辻が前の学校で学生に暴力を振るっていたことがネットで話題になっていると教えてもらう。

日向は担当教諭の霧島直樹(及川光博)と一緒にバスケットボールクラブのメンバーから話を聞くことにし、勝は以前は圭吾と仲良くしていたけれど、次第に避けられるようになったと話し、大翔は圭吾を死に追いやったと周りから言われて困っていると言う。」

霧島には2人はまだ話してないことがありそうと感じる。

日向は霧島と学校責任者の轟木正雄(羽場裕一)と一緒に圭吾の家に行き、真紀子から聞き取り調査の結果を求められるが、今はまだ何も分からないと答える霧島。

そんな時、辻が帰宅途中に、イベントの衣装を着た人物に襲撃される。

ドラマ「明日の約束」3話の感想
バスケットボールクラブもかなりの闇がありました。辻は早々に学校を辞めるのは、また、トラブルに巻き込まれたくないと考えたからかと思っていましたが、最後、何者かに襲われました。これは、辻に恨みを持つ者か、口封じの脅しと思いますが、一体、どういうことなのでしょうか?まだまだ、圭吾が置かれていた状況がよく分かりません。一つ、思うのは色々な出来事があったようですが、もっと早くにSOSを出し、誰かに救出されていれば、死ぬことを選択しないで済んだのではないでしょうか?
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「愛情という母の攻撃…悪者を裁くのは誰」
尚子(手塚理美)と本庄(工藤阿須加)が接触したことを受け、日向(井上真央)は尚子から過干渉されていた過去を本庄に打ち明ける。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「明日の約束」4話のネタバレ
藍沢日向(井上真央)は母親である尚子(手塚理美)と小さい時から上手くいっていないことを彼氏である本庄和彦(工藤阿須加)に説明し、もう仲良くしないでほしいと話す。

すると、霧島直樹(及川光博)から、辻哲哉(神尾佑)が誰かに襲撃されて大怪我をしたと聞かされる。

クラブの世話係である増田希美香(山口まゆ)は、ものすごく熱心に練習するリーダーである長谷部大翔(金子大地)の様子に異常さを感じる。

そんな時、大翔がメンバーに手を挙げる画像がネットニュースで取り上げられ、大翔が辻を襲撃したと報道がされる。

日向達はレポーターである小嶋修平(青柳翔)元に行き、画像の消去を要求するが、辻の真犯人を教えてくれれば、それをニュースで流すと取り合ってもらえに。

そして、吉岡圭吾(遠藤健慎)の母親である真紀子(仲間由紀恵)が法律家と一緒に学校に来て、大翔は圭吾の家で喫煙していて、素行が悪いと話し出す。

大翔は学生服で外出し、警察官の前で喫煙し、辻を襲撃したのも、圭吾を死に追い込んだのも自分だから逮捕してほしいと言う。

けれども、大翔は偽証していて、辻の襲撃時刻には広場で練習していた画像を警察に提出し、大翔は解放される。

日向が大翔と向き合うと、大翔は圭吾の家で喫煙したことをバラされたくないなら、クラブで優遇してほしいと脅迫してきたと打ち明ける。

ドラマ「明日の約束」4話の感想
このドラマ、社会的問題がいろいろ散りばめられているようで、現代の若者たちの問題が少しずつ浮き彫りになってきています。毒親の存在、体育会系クラブの体罰、学生同士の揉め事など、昔からある問題だけでなく、今の時代だからこその問題もあるので、大人たちにも未経験ですから、本当に手探りで一つ一つの問題を解決していかなければなりません。ようやく、大翔が一つ、打ち明けてくれたので、これをきっかけに一気に真相が分かってくるのでしょうか?続きが気になります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「少年の不穏な過去に母の影…遂に核心へ」
警察に連行された大翔(金子大地)の無実が証明される。相談室で日向(井上真央)と二人きりになった大翔は、自身の喫煙について圭吾(遠藤健慎)から脅されていたと告白。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「明日の約束」5話のネタバレ
学生の相談員である藍沢日向(井上真央)は長谷部大翔(金子大地)から吉岡圭吾(遠藤健慎)を避けるようになったわけを教えてもらう。

圭吾の態度が一変したことに、日向は圭吾の母親である真紀子(仲間由紀恵)の影響が与えていた可能性を感じるが、担当教諭の霧島直樹(及川光博)達にそれを裏付けるものがないと指摘される。

そんな時、日向は彼氏の本庄和彦(工藤阿須加)からプロポーズされ、日向の母親である尚子(手塚理美)の反応が心配だが、受け入れることにする。

学生達は大翔を追い詰めた人物の予測しあい始め、日向と霧島は昔、真紀子が問題の保護者だったので、圭吾は非難されていたと、澤井勝(渡邉剣)から教えてもらう。

真紀子は法律家と一緒に情報公開をするというので、日向と霧島が向かうと、レポーター達に大翔がタバコを吸った時の録音を聴かせる。

その後、日向は真紀子にこの録音は圭吾がしているのか?と質問し、真紀子は当然でしょと答えるが、リポーターの小嶋修平(青柳翔)がその指摘に賛同すると言ってくる。

そして、小嶋の話では圭吾は真夜中に死んでいたことが分かり、日向は大翔が圭吾から届いた連絡の受信時刻が早朝だったので、その連絡は圭吾に見せかけられていたと判明する。

大翔は広場で後ろから何者かに襲われ、日向は真紀子に個別に呼び出される。

ドラマ「明日の約束」5話の感想
圭吾は間違いなく被害者だけど、大翔もまた、被害者だと感じました。そして、生きているからこそ、余計に苦しい。だから、死ねばラクになれるわけではなく、生きているのは苦しいけれど、やがて、苦しみから解き放たれる時がくるから、どうか、大翔には耐えてほしいと思いました。日向も仕事の状況が厳しく、だからこそ、本城はプロポーズして協力したいと考えたのだろうが、新たな揉め事を生む可能性もあり、絶対に日向の母親には当分内緒にしておきたいですね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「疑惑の母に問う真実…結婚で変える未来」
日向(井上真央)は、自身が抱いている真紀子(仲間由紀恵)への疑問をぶつける。一方の真紀子も、圭吾(遠藤健慎)が家出をした日に体育館で何があったのか日向を問い詰める。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「明日の約束」6話のネタバレ
学生の相談員である藍沢日向(井上真央)は吉岡圭吾(遠藤健慎)の母親である真紀子(仲間由紀恵)と2人だけで話し、圭吾が失踪した日に彼と交わした会話の中身を質問されるが、それは個人的なものと言って、はぐらかす。

真紀子は執拗に圭吾の死について糾弾し、裁判の準備をしていると伝える。

そんな時、長谷部大翔(金子大地)が襲われたと連絡があり、日向は身長が高い女性を見かけたと増田希美香(山口まゆ)から教えてもらう。

そして、田所那美(井頭愛海)は圭吾が動物を死なせたのは思いもよらなかったが、昨年秋頃、圭吾が自分を穢れていると話していたと、日向に伝える。

日向は改めて過去のことについて調べ始める。

日向は宮崎麻子(馬渕英里何)から白井香澄(佐久間由衣)が心配と言われ、調べてみると、去年、香澄を非難していた学生が事故に遭い、香澄はアリバイがあったけれど、圭吾によって、こっちは落ち着いていると話していたことを頭に蘇る。

日向が香澄に何度も連絡をするが、繋がらないので、香澄を探し出すと、去年の事故は圭吾の仕業と確認する。

圭吾は香澄を助けるために、事故を起こしていた。

香澄は自分で復讐しようと考えていたが、圭吾が自分がやった方が言われ、今度は自分の順番と話し、香澄が辻哲哉(神尾佑)と大翔を襲っていた。

日向が香澄を出頭させようとすると、まだ一人残っていると言い残して、逃げてしまう。

ドラマ「明日の約束」6話の感想
香澄が少し話してくれたので、圭吾はもう自分は穢れているから、香澄の復讐も自分がやるから、香澄の手を汚したくなかったようなことは分かりました。あと一人というのは、一体誰なのでしょうか?まさか、香澄は圭吾の母である真紀子を襲うのでしょうか?誰か早く、香澄を止めてほしいです。真紀子と対峙するのは学生では無理、大人だって一人では無理です。恐ろしい展開になりそうで、とても怖くなってきました。次を見るのが、すごくドキドキします。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「悲しき復讐…本当の悪者は誰 歪んだ母子」
日向(井上真央)は、バスケ部の顧問・辻(神尾佑)とキャプテンの大翔(金子大地)を襲ったのが、香澄(佐久間由衣)であることを突き止める。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「明日の約束」7話のネタバレ
藍沢日向(井上真央)は白井香澄(佐久間由衣)のことを霧島直樹(及川光博)と宮崎麻子(馬渕英里何)に話すと、霧島は警察にアドバイスをもらうべきと意見する。

増田希美香(山口まゆ)は吉岡圭吾(遠藤健慎)の妹である英美里(竹内愛紗)が年上男性と小遣い稼ぎのデートをしているのを見かけ、日向に教える。

ついでに、日向は長谷部大翔(金子大地)の画像をネット上にバラまいたのは、霧島か日向だと、学生たちが噂していることも教えてもらうが、動機がないと霧島は言う。

日向は、圭吾から付き合ってほしいと言われたことを霧島に伝えるが、霧島からは、フラれて自害する可能性もあるが、学生と交際した方が非難されることになるから、日向の行動に問題は無かったと話す。

一方で、日向の結婚話は順調に進み、両家の顔合わせをすることになるが、当日、日向は希美香から連絡を受け、英美里がまたお小遣いをもらうデートをしそうと聞き、引き止め、家に連れ戻す。

喫茶店で作業する霧島の後ろに香澄が近づく。

そして、圭吾の電話にアクセスがあり、自分は母親のせいで死んだと表示される。

日向は顔合わせに間に合わず、母親である尚子(手塚理美)に叱られ、彼氏の本庄和彦(工藤阿須加)に詫びを言いに行き、尚子の悪口を言うと、和彦が激怒する。

ドラマ「明日の約束」7話の感想
この流れだと、完全に霧島がクロなんですけど…?!圭吾の電話にアクセスしたのが霧島なら、大翔の電話にアクセスしたのも霧島?何のために?霧島は日向を陥れようとしているのでしょうか?それとも、霧島が圭吾の死に関係しているので、調査を混乱させようとしているのか?味方と思っていた霧島が違う感じがしていて、さらに難しくなってきました。ところで、日向の彼氏である和彦も随分、母親の肩を持つようになってしまい、一体、どういうことなのでしょうか?
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「疑惑の母親に非難の声…届かない子の声」
本庄(工藤阿須加)から手を上げられた日向(井上真央)は、逃げるように本庄の部屋を出たところで霧島(及川光博)に出くわす。霧島に心配されるも事情を話せずにいた日向だったが・・・(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「明日の約束」8話のネタバレ
藍沢日向(井上真央)は彼氏の本庄和彦(工藤阿須加)から急に乱暴され、唖然としてしまい、和彦を別れても、家にも帰りづらく、たまたま霧島直樹(及川光博)と遭遇し、学校に来る。

そんな時、白井香澄(佐久間由衣)から連絡が来て、そばにいるらしいけれど、香澄の姿は見えず、部屋に戻ってくると、霧島のパソコンが無くなっている。

一方、吉岡圭吾(遠藤健慎)の母親である真紀子(仲間由紀恵)は、圭吾の電話に、自分は母親のせいで死んだと表示されたのを見て、ショックを受ける。

圭吾の妹である英美里(竹内愛紗)はリポーターの小嶋修平(青柳翔)に真紀子が保存していた圭吾の盗み聞きの記録を差し出す。

真紀子側の法律家が学校に来て、圭吾は盗み聞きされていたことが分かったから、裁判をしないと伝えに来る。

そして、香澄から指示されて、日向が向かうと、そこには望月朱里(立野沙紀)がいて、香澄から渡された霧島のパソコンを持っていて、日向に渡す。

そのパソコンにあるデータを確認した日向は、圭吾を教室で一人になるように仕向けたのは霧島だったところを把握する。

ドラマ「明日の約束」8話の感想
同じ家にいた妹である英美里だからこそ知り得た情報を公開してくれたのは、ナイスパスでした。英美里には真紀子の報復がないですからこそ、行動を起こせたのでしょう。しかし、真紀子の底力はこれで終わるとは思いません。次では恐ろしい反撃がありそうで、とても怖いです。そして、霧島が圭吾が孤立するようにそそのかしたようですが、これには一体、どんな理由があるのでしょうか。そして、香澄は霧島への復讐を果たしてしまうのでしょうか?
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「暴いた黒教師の罪…問えない母親の罪」
日向(井上真央)は香澄(佐久間由衣)と朱里(立野沙紀)からの訴えで、圭吾(遠藤健慎)がいじめられるきっかけを霧島(及川光博)がつくっていたことを知る。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「明日の約束」9話のネタバレ
藍沢日向(井上真央)は白石香澄(佐久間由衣)から渡されたデータを見せながら、霧島直樹(及川光博)と話をし、日向が質問すると、霧島は素直に認める。

霧島のデータには吉岡圭吾(遠藤健慎)の親は構い過ぎなので、処刑するとあり、渡辺純也(堀家一希)に言って、圭吾と親しくしないように指示し、長谷部大翔(金子大地)の画像も、霧島がネット公開していた。

これが霧島流のしつけなのだと開き直り、圭吾の死は母親の真紀子(仲間由紀恵)のせいと言う。

日向は霧島になぜ圭吾を標的にしたのか質問すると、真紀子が霧島に前のような事件をしないように釘を刺されたことを説明する。

霧島は前の学校で、学生へのセクハラ疑惑があった。

すると、望月から香澄が霧島に復習しに行ったかもしれないと聞き、学校に日向が戻ろうとすると香澄がいて、やっぱりしないと話す。

香澄は圭吾を死に追いやったと報道されていた辻哲哉(神尾佑)や長谷部大翔(金子大地)を襲ったが、霧島は圭吾が死ぬ動機を作ってはいないと香澄は説明する。

圭吾の母親も、前々から異常なほど圭吾に固執していたから、死ぬ動機にはならないと言い、昔、圭吾が動物を死なせたと言われたけど、あれは檻から出したとも話す。

そして、真紀子が圭吾の部屋で、首を括ろうとしている。

ドラマ「明日の約束」9話の感想
真紀子も歪んだ人間だったけれど、霧島も歪んでいました。でも、少し、気持ちは分かります。自分が言われたくないことを言われて、腹が立ったのでしょう。でも、普通、それでもやり返そうとは考えません。まして、真紀子のようなモンスターペアレンツであれば、関わりたくなく、できるだけ穏便に過ごそうと考えるものです。ということは、全ての発端は、真紀子VS霧島の戦いに、圭吾は巻き込まれてしまったということでしょうか?次はついに最終回。どんなエンディングを迎えるのか、想像がつきません。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「辿り着いた死の意味…母に告げる決断」
日向(井上真央)は圭吾(遠藤健慎)の自宅を訪れると、亡き息子の気持ちが分からないと絶望する真紀子(仲間由紀恵)を発見する。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「明日の約束」10話のネタバレ
藍沢日向(井上真央)が吉岡宅に行くと、ふと、吉岡真紀子(仲間由紀恵)の手紙を見つけ、息子である圭吾(遠藤健慎)の部屋に行くと、真紀子は自害しようとしていた。

かけがえのない息子が死んだのは自分がいけなかったからかと後悔する真紀子。

そんな真紀子に、日向は自分の実体験を交えて、親からの厳しい言葉も自分のために言ってくれると子供は分かっている、だけど、一緒にいるのが苦しい時もあり、圭吾は自分からいなくなってしまったのではないかと語る。

日向は仕事を辞め、一人で暮らすことを母親である尚子(手塚理美)に言うと、激怒されるが、少し会わないでおいて、時間が経ったら、この意味を理解してほしいと話す。

そして、警察で取り調べ中の白井香澄(佐久間由衣)に話に行った日向は、圭吾が言っていた明日が来るのは嫌だとは、明日自害すると心に誓っていたからだと思うと話す。

学校を去る日、日向は圭吾には苦しい時は助けを求め、なんとか生き抜いてほしかったと、学生達に話しかける。

日向が出て行った部屋には表紙に「明日の約束」と書かれた、長年続けていた母親との交換ノートがおいてあり、小さい頃は注意されたことを明日は気を付けると言った内容でした。

しかし最後のページには、今までは母親の言う通りにしてきたけれど、明日からは自分が思うがままに生きていくと記されていた。

ドラマ「明日の約束」10話の感想
最後はものすごく考えさせられる内容でした。親子だからこその絆がよじれてしまうことは、どんな人にも起こりそうな気がしました。子供への愛情が深すぎて、子供も反発できない苦しい親子、実はたくさん存在するのではないでしょうか。物が溢れ、生活に困らない時代、少子化で、核家族だからこそ、子供に大きな期待を寄せてしまう背景もあるのかもしれません。小さい頃はそれが当然でも、子供が大人になるにつれて、親も子供から卒業していかないといけないと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、FODプレミアムなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「明日の約束」の概要

藍沢日向は、高校のスクールカウンセラー。学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアに生活をささげる。背後に“毒親”とも言える過干渉な母親とのいびつな関係に悩んで育ってきた経験があったからだ。ある男子生徒から、好きです・・・と告白されるが、その翌日、彼は不可解な死を遂げてしまう。誰が彼を死なせたのか・・・。彼がいなくなった世界では“犯人探し”が始まる。すると、彼が抱えていた“闇”が次々と明らかになり、原因究明に動く日向を次第に追い込んでいく。
あらゆる問題に向き合っていく日向が見つけた「生きる上で大切なこと」とは?そこから導き出した「親子のカタチ」とは?(引用元:FOD公式)

ドラマ「明日の約束」の出演者、放送情報

藍沢日向:井上真央
霧島直樹:及川光博
本庄和彦:工藤阿須加
吉岡真紀子:仲間由紀恵
北見雄二郎:白洲迅
大宮奈緒:新川優愛

東方神起「Reboot」

制作:関西テレビ(フジテレビ)
放送:2017年

ドラマ「明日の約束」の見どころ

学校で起きた一人の男子生徒の謎の死の真相を追うと共に、自身の事を見つめ直すカウンセラーの物語。

井上真央が、高校のスクールカウンセラーであり、母に翻弄された過去を持つ藍沢日向役を熱演しています。

一人の不登校児が自殺をし、この不可解な死はなぜ起きたのかを追ううちに、当初はイジメかと思われましたが・・・。

衝撃の真相、それに至るまでの主人公のプライベートも巻き込んだ怒涛の展開は瞬きする暇はありません!

主人公を取り巻くキャストとして、

日向の恋人役に工藤阿須加、教師役に及川光博、キーマンとなる自殺した高校生の母役に仲間由紀恵など豪華キャストが揃っています!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「明日の約束」の感想

40代男性
久々に、かなりの見ごたえを感じて、心に余韻を残してくれた素敵なドラマでしたよ。
脚本の方もさすがだし、俳優の皆さんも、挿入歌も、演出もスタンディングオベーションを送りたい。
”自殺”とは何なのか、真の親の愛情表現って何なのか、重厚なテーマだけど色々気づきが多かった作品。
またこういう深いドラマが制作される事を期待しています。
50代女性
もっと視聴率高くても良かったのに、井上真央さんももっと高評価もらってもいいのに!と思えた名作ドラマでした。
受賞も受けてるドラマだし、内容も深くって見入ってしまったし、もっと表に出て有名になって欲しいなと。
ドラマの内容が骨太すぎたのでしょうか?
体当たりの演技をした主役の井上さんもですが、他の俳優さんたちの熱演も、リアルで良かったです!
30代男性
主人公の日向の最後、自殺者に放った”許せない”という言葉。これだけ聞くと不謹慎だけど、この言葉はかなり深くて意味がある。
日向自身、毒親に苦しめられた複雑な事情を持ち、呪縛から自分を解こうと生きる女性。
テーマも難しいし、役柄もなかなかの難役だったはずだけど、それを見事に演じ切った井上真央はすごいなと思いました。
近年まれに見る名作だと思いますよ!

まとめ

以上、井上真央主演のドラマ「明日の約束」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

「明日の約束」は、スクールカウンセラー・日向(井上真央)が、生徒の死の謎を追究するヒューマンミステリー。

生徒の不可解な死、学校でのいじめ、母による精神的虐待などの問題に立ち向かう主人公や教師たちに目が離せません。

FODプレミアムで明日の約束の動画は全て無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴