ドラマ|青と僕の動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2018年7月から井之脇海主演で放送のドラマ「青と僕」

FODで「colors」のタイトルで配信された後、再編集して「青と僕」に改題し地上波で放送された作品。

ある日、社会人の”ぼく”のTwitterが炎上し、日常でも酷い嫌がらせを受けるようになってしまいます。

犯人の痕跡が高校時代に死んだ”あいつ”を匂わせるものであることから、同級生の紫織とともに、事件の真相を探る青春ミステリー。

ドラマ「青と僕」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムの無料期間を利用すると、ドラマ「青と僕」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「青と僕」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「青と僕」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムは通常月額888円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:FODプレミアム)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「青と僕」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「青と僕」に出演している井之脇海の出演作品

  • 教場
  • アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋
  • アンサング・シンデレラ ANOTHER STORY ~新人薬剤師 相原くるみ~

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「青と僕」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
1ヶ月間無料で動画視聴

ドラマ「青と僕」の動画まとめ

ドラマ「青と僕」は、FODプレミアムで全話無料視聴できます

(画像引用元:FODプレミアム)

FODプレミアムは2週間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐ動画を無料視聴する/
1ヶ月間無料で動画視聴
第1話「あいつからのメール」   
死んだはずの親友から届いたメール。その日を境にぼくの周りに様々な事件が起き始める。ぼくは犯人を探すために、あいつの死の真相を探り始める(引用元:FOD)

ドラマ「青と僕」1話のネタバレ
ある時、「ぼく」(井之脇海)の元へ一通のメッセージが届く。

メッセージの差出人は、5年前に死んだはずの親友の「あいつ」(寛一郎)からだった。

それをきっかけに「ぼく」は親友の「あいつ」のことを次第に思い出していく。

「あいつ」は絵を描くことが好きなお調子者で、クラスメイトだったことや、「あいつ」は、同級生・紫織(池田エライザ)のことが好きで何度フラれても諦めなかった・・・そんな高校時代の記憶がよみがえってくるのだった。

そんな「ぼく」は、社会人になり、都内にあるITベンダーで働き、とても忙しい日々を送っていた。

「ぼく」は、ある朝痴漢を捕まえる。

そのことをSNSに書き込むと、心当たりがない非難のメッセージ大量をだくさん受けたのだった。

その後、「ぼく」の周りでは不可解な事件が起き始める。

ある日の帰り道、「ぼく」は、車にひかれそうになってしまう。

「ぼく」は、背中を誰かに押されて車の前に出てしまったのだった。

しかし、誰が「ぼく」の背中を押したのか見当もつかない。

「ぼく」は焦って「あいつ」にメッセージを送った。

お前じゃないよな?と。

すると「あいつ」から”許さない”というメッセージが送られてきてしまう。

「ぼく」は、5年前「あいつ」がなぜ死んだのか、その本当の理由を調べることにしたのだった。

ドラマ「青と僕」1話の感想
死んだはずの高校時代の友人から突然メッセージが来るという、不可解な出来事が起きていく様子は少し怖くドキドキします。サスペンスドラマを見ているような感じです。
今起こっている事件と主人公の「ぼく」の過去にあった出来事がどんなふうに絡み合っていくのか見どころですね。
死んだ友人からのメッセージも5年も経ってなぜ今・・・というところも気になります。
まだまだこれからという感じで、わからないことだらけですが続きが楽しみです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「塗りつぶされた自画像」   
エスカレーションする嫌がらせ。いったい誰が犯人なのか?塗りつぶされた自画像との共通点は、高校時代にあったある事件と類似していて・・・(引用元:FOD)

ドラマ「青と僕」2話のネタバレ
ぼく」(井之脇海)への嫌がらせがますますエスカレートし、酷くなっていた。

一緒に「あいつ」(寛一郎)の死について調べることになった紫織(池田エライザ)は、高校時代クラスメイトだった紺野(中島広稀)に疑いの目を向ける。

「ぼく」は、ずっと忘れてしまっていた高校時代の紺野のことを少しずつ思い出していた。

「あいつ」が描いた「ぼく」の肖像画が絵画のコンクールで入選したこと、そしてその絵の「ぼく」の顔を誰かが真っ黒に塗りつぶすという事件が起きたというものだ。

「ぼく」が家に帰ると、部屋が荒らされるという事件が起きていた。

荒らされた「ぼく」の部屋のPCには、「あいつ」が死んだ転落事故のネット記事が表示されていた。

「ぼく」は、次々と起こる嫌がらせは高校時代のことと何かつながりがあると感じ、手がかりを探そうと「あいつ」の実家へ足を運ぶことにする。

数年ぶりに来た「あいつ」の実家で、「あいつ」の母親のルリ子に歓迎される。

「あいつ」の部屋は、当時のままになっていた。

悪いと思いながらも「あいつ」の部屋を物色すると、ホストクラブの名刺を引き出しから見つける。
他にも「あいつ」の携帯電話を見つけ、着信履歴を調べる。

すると着信履歴の最後には紺野の名前が表示されていた。

「ぼく」が「あいつ」になんで死んだのか?とLINEでメッセージを送る。

すると「あいつ」から自分は殺されたんだと返信がくるのだった。

ドラマ「青と僕」2話の感想
紺野という同級生と「あいつ」の母親のルリコという登場人物が出てきましたね。
一体誰が、「ぼく」に嫌がらせをしている犯人なのでしょうか?
また現在の「ぼく」以外の嫌がらせ以外に、「あいつ」が描いた「ぼく」の絵の顔が塗りつぶされるという事件も起きていたことがわかりました!
個人的には紺野かなぁと予想。
「ぼく」が死んだ「あいつ」から受け取っているメッセージはルリコでしょうか?
まだまだ伏線だらけという感じですね。
今後の展開を楽しみにしてします。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「透明な同級生」   
ホストクラブで働いていた、あいつの意外な一面と、あいつと交流のあった紺野を探すことに。そして明かされるあいつが抱えていた、ある疾患のことが明かされる・・・そしてついに嫌がらせ犯人の姿が。(引用元:FOD)

ドラマ「青と僕」3話のネタバレ
「ぼく」(井之脇海)は、「あいつ」(寛一郎)の部屋からホストクラブの名刺を持ち出していた。

それを紫織(池田エライザ)に渡す。

紫織はその名刺を持ってホストクラブへ行くと意外な人物と出会う。

なんと、ホストクラブにいたのは高校時代の同級生の紺野だった。

紫織は紺野から「あいつ」の高校時代について話を聞く。

紺野は「あいつ」に憧れていた。

憧れていたからこそ、話しかけることもできず、友達になることができなかったという。

それなのに、簡単に「あいつ」と仲良くなった「ぼく」に嫉妬をしていたというのだった。

嫉妬した紺野は「ぼく」の本を塗りつぶしたこともあるという。

そして紺野は「あいつ」が危険そうな男ウンノに金を渡していたことを紫織に伝えた。

一方、「ぼく」は大学時代の恩師であるキクチ(八十田勇一)と会っていた。

キクチの話から「あいつ」が色覚異常を患っていたことを知りショックを受ける。

その後「ぼく」が帰宅をして家につくと、ドアには嫌がらせの張り紙が貼ってあり、驚いていると「ぼく」は後ろから男に襲われてしまう。

ドラマ「青と僕」3話の感想
「あいつ」に憧れていたという紺野くん、とても可愛く思えます。
「あいつ」と仲の良い「ぼく」に嫉妬して嫌がらせをしたことも、共感できます。
紺野くんは嫌なやつではなく、どちらかというといい人なのかなぁと思いました。
そして、「あいつ」がお金を渡していたというウンノという男は一体何者なのでしょうか?
「あいつ」との関係は・・・?
そして、「ぼく」と嫌がらせをしていた犯人との直接対決の行方はどうなるのでしょうか?
次回も楽しみですね!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「正義と悪」   
嫌がらせの真相と間違った正義。黒岩という謎の青年から明かされる事故の真相。そして紫織の抱える闇とは。(引用元:FOD)

ドラマ「青と僕」4話のネタバレ
「ぼく」(井之脇海)は家のドアに張られた嫌がらせの張り紙に驚いていると、後ろから男に襲われ、部屋へ、逆らえないまま部屋へと引きずられていく。

「ぼく」を襲った男の名前は、黒岩(金子大地)という。

「ぼく」は、黒岩に人殺し!罪を償え!と強く要求される。

聞けば、黒岩は「ぼく」が以前痴漢として捕まえた男は黒岩にとって大切な人物であり、痴漢は冤罪だったという。

それなのに、「ぼく」に投げ飛ばされたことで、頭を強くうってしまい、死んでしまったというのだった。

黒岩は「ぼく」に復讐をするために、「ぼく」のことを調べていたという。

「ぼく」の部屋が荒らされていたのも、黒岩の仕業だった。

そして、「ぼく」を調べた結果「あいつ」の死を知り、利用して嫌がらせをしていたというのだ。

黒岩は、ギターで「ぼく」を殴り殺そうとする。

しかし、そこに紺野(中島広稀)が現れ、助けられるのだった。

一方、紫織(池田エライザ)は大学時代の犯した自分の罪を思い出すのだった。

ドラマ「青と僕」4話の感想
驚きの展開でした。
第一話で「ぼく」が捕まえた痴漢の犯人は冤罪でしかも「ぼく」の責任で死んでいた。
まさか第一話からこんな伏線がはられていたなんて結構びっくりしました!
そして、「あいつ」が描いた「ぼく」の絵を塗りつぶしたのは紺野ではなく詩織だったことも判明しましたね。
嫌がらせの犯人は黒岩、絵を塗りつぶしたのは紫織、本を塗りつぶしたのは紺野と判明しました。
あとは、「あいつ」からのメッセージが誰からなのか?
次回も楽しみですね!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「憎しみと愛」   
あいつの母親から、誕生日を祝って欲しいと連絡が。向き合うことをさけてきたぼくは、初めてあいつの死の真相を母親に尋ねる。そして告白される罪とは(引用元:FOD)

ドラマ「青と僕」5話のネタバレ
「ぼく」(井之脇海)と紫織(池田エライザ)に「あいつ」(寛一郎)の母親であるルリコ(霧島れいか)から連絡が入る。

「あいつ」の誕生日を自分たちも一緒に祝ってもらいたいと家に来てほしいという連絡だった。

「ぼく」と紫織は、「あいつ」の死に向き合おうと決意をする。

「ぼく」は、紫織と一緒に「あいつ」の家へと向かった。

「ぼく」は、「あいつ」が死んだ理由について知るため、これまで調べた「あいつ」に関することを隠さずルリコに話す。

「あいつ」が色覚異常だったことや怪しい男に金を恐喝されていたことをルリコに話すと、ルリコは「あいつ」とウンノについて語りだす。

ウンノは「あいつ」の父親だった。

その父親のウンノに会う目的で「あいつ」は、大学を受験したという。

そして、「あいつ」を恐喝していたのはウンノだという。

ルリコは、「ぼく」にも問いかけるのだった。

「あいつ」がなぜ「ぼく」に死にゆく姿を見せようとした理由はなんだったのかと。

ドラマ「青と僕」5話の感想
「あいつ」と「あいつ」を脅迫して金を渡していた男ウンノは親子関係だったんですね。
高校時代の「あいつ」は才能豊かで輝いているように周りは思っていましたが、実はたくさんの悩みを抱えて過ごしていたのだということがわかりました。
ところで「ぼく」は「あいつ」が自殺をした理由を自分の責任だと思っているようですが、私はそんなふうに思えません。
「あいつ」は自殺を選ぶことはないのではないかと思っています。
次回は最終回なので、全てが明らかになるはずですね!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「絶望と希望」   
全ての真相がわかり、絶望するぼくは、あいつの後を追うように自殺した屋上へと向かう。紫織もまた告白する過去の罪。絶望を抱えたそれぞれが迎える結末とは?(引用元:FOD)

ドラマ「青と僕」6話のネタバレ
今までの嫌がらせの真相、そして過去に犯した罪に「ぼく」(井之脇海)は絶望する。

間違って痴漢だと決めつけた人を殺してしまったことや、「あいつ」に酷いことを言いた言葉が「あいつ」を自殺へと追いつめてしまったことに。

「ぼく」は、悪気なく知らず知らずに周りの人を傷つけてしまっていたことに苛まれる。

そして、自分に絶望した「ぼく」は「あいつ」にメッセージを送る。

そっちへ行きたいと。

「ぼく」は、「あいつ」が死んだ屋上へと向かう。

「あいつ」が飛び降りたであろう、屋上の金網を「ぼく」はのぼっていく。

雨が降り出す中、屋上の床を見ると、床一面に絵が描いてあることに気づく。

それは、「あいつ」が描いたでクジラの絵だった。

「あいつ」が「ぼく」に見せたいと言っていたものが、「あいつ」が死んでいくところではなく、このクジラの絵をみせたかったのだとわかると、ようやく「ぼく」は「あいつ」は自殺をしたのではなく、事故だったことを理解するのだった。

「ぼく」が送った「あいつ」へのメッセージを受け取った紫織(池田エライザ)も屋上へと現れ、雨上がりの中「あいつ」の描いた絵を二人で眺めるのだった。

ドラマ「青と僕」6話の感想
最終回ですべて解き明かされましたね!
それぞれの犯人がわかってスッキリしました。
最後の終わり方も、「ぼく」が絶望して自殺するではなく、「あいつ」が残した絵というメッセージに気が付いて、そこに何か明るさを感じる結末になっていると思います。
重苦しい結末の物語が好きではない私には、とても良い終わり方です。
独りよがりな正義感や偏った価値観がどれだけ多くの人を傷つけるのか、そんなことを考えされられるドラマでした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、FODプレミアムなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「青と僕」の概要

井之脇海演じる‘ぼく’は日々の仕事に追われている。

ある日、5年前に謎の死を遂げた親友のあいつ(寛一郎)からメールが届く。

それは自分のことを忘れるなんて許さないというメールだった。

それを皮切りにオフィスや自宅には嫌がらせが始まるなどぼくの周りで事件が起き始める。

親友の死と身の回りに起きている事件は関係があるのか、かつての高校時代の同級生の紫織(池田エライザ)と共に事件の真相と、かつての高校時代を思い返していく・・・(引用元:FOD)

ドラマ「青と僕」の出演者、放送情報

ぼく:井之脇海
あいつ:寛一郎
紫織:池田エライザ
紺野:中島広稀
黒岩:金子大地
キクチ:八十田勇一
ウンノ:マキタスポーツ
瑠璃子:霧島れいか

制作:フジテレビ

放送:2018年

ドラマ「青と僕」の見どころ

元のタイトルが「Colors」とあるように、色彩が大きな意味をもつ作品。

映像が美しく、独特の雰囲気を醸し出しています。

高校時代に”あいつ”の親友だった”ぼく”と、”あいつ”の恋人だった紫織。

社会人6年目になった”ぼく”が、Twitterの大炎上を皮切りに酷い嫌がらせを受けるようになったことで、過去の親友の死と向き合わざるを得なくなります。

メインキャストの井之脇海、寛一郎、池田エライザの演技が素晴らしく、音楽と映像美も相まって深く物語の世界に引き込まれてしまいますよ。

ミステリーでもあるのですが、ヒューマンドラマの要素が大きく、登場人物たちの絶望や喪失感、罪悪感などがひしひしと伝わってきます。

最後には温かい涙が流れ、日々を生きる勇気が湧いてくる傑作です!

\今すぐ動画を無料視聴する/
1ヶ月間無料で動画視聴

ドラマ「青と僕」の感想

20代男性
物語の設定がとても面白かったです。最初は死んだ親友からメールが届きます。それを境に不思議な事件が次々と発生していく、すでに親友は死んでいるので、一体どんな結末が訪れるのかワクワクしました。池田エライザさんが演じる役も、地味な女性なんだけどどことなくエロい雰囲気を出しているというのは、身近にいそうな存在です。それがますますリアリティさを増しており、ドラマの内容に強く共感できました。終わり方も納得のいく綺麗さだったので、心に突き刺さるようなメッセージも届きました
20代女性
青春ドラマのようで、ミステリアスでダークな感じが合わさって、特別な雰囲気を醸し出していました。自殺した後の親友から連絡がくるとか、その連絡が来たことでネット社の闇に巻き込まれていく様子など、すごく今の時代にマッチしたドラマだと思います。より現実味があり他人事ではないという危機感も感じますが、それでもこのドラマは非現実的なことであるという境界線を保ちながら、不思議な感覚で見ることができるドラマでした。人を傷つけているかもしれないという恐怖すら感じました。
30代女性
30分×6話と短めのドラマでしたが、それとは思えないくらい満足する内容でした。池田エライザさんの演技が良かったので、引き込まれていきました。最終的に(あいつ)の死が自殺じゃなくてよかったです。(あいつ)と(ぼく)と詩織の三角関係は、すごく引き込まれていきました。詩織が(あいつ)になりすまして送っていたLINEのところは、すごく心が痛くなりました。死んだことにかわりはないのだけど、きっと(あいつ)も浮かばれるような、納得できるような終わり方で安心しました。

まとめ

以上、井之脇海主演のドラマ「青と僕」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

大切な人の死の真相に残された者たちが、過去と現在を交差しながら近づいていくドラマ「青と僕」。

人間の闇の部分、謎に満ちた展開に興味がそそられます。

このドラマを見た後は、「明日も大切に過ごそう!生きよう!」という活力をもらえますよ!

FODプレミアムで青と僕の動画は全て無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
1ヶ月間無料で動画視聴