ドラマ|あの子が生まれる…の動画を1話から無料で見れる動画配信まとめ

2020年7月〜9月まで森田望智主演で放送のドラマ「あの子が生まれる…」

本作は、著名なホラーシリーズを手掛ける小説家によるオリジナル脚本のホラードラマ

森田望智が、おぞましい雰囲気に包まれた病院で献身的に働く看護師を好演しています!

ドラマ「あの子が生まれる…」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムの無料期間を利用すると、ドラマ「あの子が生まれる…」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「あの子が生まれる…」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「あの子が生まれる…」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムは通常月額888円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:FODプレミアム)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「あの子が生まれる…」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「あの子が生まれる…」に出演している芦名星の出演作品

  • スワンの馬鹿!~こづかい3万円の恋~
  • イノセント・デイズ
  • 救命病棟24時(第5シリーズ)

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「あの子が生まれる…」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「あの子が生まれる…」の動画まとめ

ドラマ「あの子が生まれる…」は、FODプレミアムで全話無料視聴できます

(画像引用元:FODプレミアム)

FODプレミアムは2週間無料お試し期間があます。

第1話「謎の妊婦」
2015年のある冬の夜、今泉菜央(森田望智)が勤務する新生病院に、所持品も何も無い身元不明の妊婦(小倉優香)が救急搬送される。この妊婦は臨月間近で、しかも自殺未遂を試みた形跡があり、この事で病院内は得も言われぬ不穏な空気が流れ始めるー。(引用元:FOD公式)

ドラマ「あの子が生まれる…」1話のネタバレ
2015年のある寒い冬の夜のことである。

今泉菜央(森田望智)が勤務している新生病院に、所持品も何も無く、一切の身元が不明の妊婦(小倉優香)が救急搬送されてくる。

ここからこの不気味な出来事は始まった。

この妊婦は臨月間近でありながら、自殺未遂を試みた形跡があったのだ。

この事で病院内は得も言われぬような不穏な空気が流れ始めるのである———。

その後、医師たちのおかげで、なんとか一命を取り留めたこの謎の妊婦を、菜央は献身的に看護していたのだが、妊婦は一切、自分の身の上を語ろうとしない。

新生病院の看護師長で、現院長(羽場裕一)の一人娘である美恵(芦名星)は、ふとした瞬間に不吉な笑みをうかべる謎の妊婦に対し不快感を抱いていた。

美恵はその妊婦のことがだんだんと不気味になり、病院から追い出そうとするのだが・・・。

ドラマ「あの子が生まれる…」1話の感想
私はホラー作品に興味はあるけど怖いのが苦手で、見たいけれど見たくない…という面倒臭い性分なのですが、夜一人で寝るのが怖い!と思うほどの怖さは今のところありませんでした。ただ、この妊婦が謎に包まれすぎているので、今後急に叫び出したり暴れ出したり、想像できない行動を起こしそうだなと思いました。どんな行動をするのか予測できないというのは、怖いものです。
鈴木光司さんの新作という事なので、きっと視聴者を裏切らない展開が待っていて、どんどん話が面白くなってくると思います。次週からの展開にもさらに期待しています!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「私は幽霊なのに・・・」
現院長の潤一郎(羽場裕一)と、謎の妊婦(小倉優香)の間には、隠された関係があった。それは約20年前に、当時の愛人の芙美子(泉はる)が生んだ女の子だったのだ。芙美子は潤一郎に認知を求めるが・・・(引用元:FOD公式)

ドラマ「あの子が生まれる…」2話のネタバレ
現院長である潤一郎(羽場裕一)には秘密があった。

それは謎の妊婦(小倉優香)との関係だ。

実は彼女は、約20年前に潤一郎と、その愛人である芙美子(泉はる)との間の子供だったのだ。

子を授かった芙美子は、潤一郎に自分の子供だと認めるよう、認知を求めた。

しかし潤一郎は、新生病院初代院長の一人娘である和代(山下容莉枝)の婿養子だ。

自分の身を案じた潤一郎は、芙美子の要求を飲むつもりはなく、そのまま誤魔化し続け関係を続けていた。

そんな潤一郎の態度に我慢の限界を迎えた芙美子は突如、潤一郎の前から姿を消すのだった。

しかし、その年の冬。

芙美子は計画的に自殺未遂を企て、狙い通り新生病院に救急搬送される。

そこで搬送された芙美子が潤一郎の愛人であるという事実を、妻の和代が知ってしまった。

嫉妬に狂った和代は芙美子を手に掛けるのだが・・・。

ドラマ「あの子が生まれる…」2話の感想
とりあえずホラー以前にこの院長が最低すぎる、というのが最初の感想です。ちょっと賢くてお金があるからって勝手なことばかりして…世の医者はみんなこんな感じなのだろうか?と、とても見ていて腹ただしい男だと思いました。そして怖いのはこの妻…。人間の、というか女の怖さがもろに出ていて不気味で怖すぎました。嫉妬するのはわかるけど、子供の誕生に喜ぶのはなぜ…?なにか秘密があるのか、それとも単純に変な女なのか…登場人物の関係性、背景がわかってきたことで、今後ますますおもしろくなりそうだと思いました。次週に期待です!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「憎しみの膨張」
現院長(羽場裕一)のかつての愛人が生んだ女の子である、謎の妊婦の英子(小倉優香)は、一向に心を閉ざしたままで、以前にも増して病室には不穏な空気が漂っていた。(引用元:FOD公式)

ドラマ「あの子が生まれる…」3話のネタバレ
この病室には不穏な空気が漂っている。

この病院の院長(羽場裕一)は愛人との関係があり、女の子が生まれていた。

その女の子が謎めいた雰囲気を持つ妊婦の英子(小倉優香)である。

菜央(森田望智)は英子に献身的に接していた。

一方憎悪を抑えきれない美恵(芦名星)は、自分の夫である産婦人科医の秀明(市川九團次)と英子が関係を結んでいるのではないかと疑心暗鬼になっていた。

秀明はそんな事はないと説明するが、その説明も虚しく美恵にある現場を見られてしまう。

病院の廊下で美恵が憎む英子と秀明のただ事ではない関係性を目の当たりにしてしまったのだ。

艶のある声の英子と、美恵には聞かせた事の無い言葉を投げかける秀明。

ずっと疑っていたがまさかかつての夫と憎むべき相手が関係を持っているなんて思いもせず・・・。

ドラマ「あの子が生まれる…」3話の感想
見ていてドキドキハラハラしてしまいました。鈴木光司さんと言えばリングや貞子、らせんなど多くのホラー映画を手掛けている方ですがこのドラマに関してはそこまでホラー色が強くないかな?と思いました。そして芦名星さんが出ていて元の奥さんは憎んでいるのに市川九團次さん演じる秀明はなぜ惹かれてしまったのか?と思う所もあります。もっと奥さんとのことを大事にするべきかと思うのに…。そしてそういうことを病院の廊下でするのが正直考えられない!あえて奥さんに見つかりたかったのか…という疑問も残ります。今後も楽しみですね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「代理出産」
英子(小倉優香)に対し、疑心暗鬼な気持ちを増していく美恵(芦名星)には、人には言えない苦悩があった。美恵は、子宮に先天的な病気があり、子供が出来にくい身体であるという事だった。(引用元:FOD公式)

ドラマ「あの子が生まれる…」4話のネタバレ
美恵(芦名星)は、英子(小倉優香)に対して、疑心暗鬼な気持ちを増していくとともに、人には言えない苦悩があった。

それは、美恵は子供が出来にくい身体であるという先天的な病気を患っているという事だった。

美恵は不妊治療をしていた。

すでに亡くなっている母親の和代(山下容莉枝)だけが唯一、日々の不妊治療で辛い思いをしている美恵にとって、心の拠り所になっていた。

そんなある日のこと、美恵は思いがけない提案を、父親である今の院長の潤一郎(羽場裕一)と夫の秀明(市川九團次)から受ける。

なんとそれは、病院の跡取りを、代理母によって誕生させる計画だった。

つまり、美恵の代わりに母を作り、その母が産んだ子が跡取りになるということだ。

悩んだあげく、承諾する美恵であったが、疑心暗鬼の気持ちを増していった相手の英子こそが、その代理母だったのだ・・・。

ドラマ「あの子が生まれる…」4話の感想
妖艶で、どこか影のある演技をする小倉優香さんが本当にすごいと思いました。また、人には言えない苦悩は誰にでもあると思いますが、子供が出来にくい身体というのは本当にショックだと思います。美恵がかわいそうだと思いました。すでに亡くなっている人を拠り所にしなければいけないほど、孤独な状況なんだというのが伝わってきました。また、疑心暗鬼の相手が自分の代理母なんて、とんでもないと思っただろうな、と思います。承諾してしまってからそれを知るなんて、あまりにもひどいと思いました。美恵には、なんとか幸せになってほしいなと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「私を忘れないで」
出産間近だった英子(小倉優香)のお腹の中の胎児が、突如として死亡する。ショックを隠せない英子に対し、天罰が下ったと罵る美恵(芦名星)。英子の身を案じる菜央(森田望智)は、早くお腹の赤ちゃんを生んであげてお別れをするように促す。(引用元:FOD公式)

ドラマ「あの子が生まれる…」5話のネタバレ
もうすぐ出産を控えていた英子(小倉優香)の胎児がお腹の中で亡くなった。

とても辛い思いをしている英子に罰が当たったと美恵(芦名星)が悪口を言う。

英子のことを気遣う菜央(森田望智)は英子のお腹にいる胎児を出して胎児にさよならを言うように説明する。

これから子供と生きるという希望を失くした英子は菜央に「私のことを忘れないでほしい」と死期がもうすぐ近づくかのように話す。

英子が菜央に必死の思いで告げると英子はすぐ倒れてしまう。

英子が倒れた後病院では英子のお腹の中から亡くなった胎児を取り出す手術を行うが、手術のときに出血が多くて急に輸血が必要だと告げられた。

英子の輸血に困っていたとき突然手術室へ美恵が出てきた。

美恵はラベルも何もつけられていない輸血パックを持っていて、これから何か行動を起こそうとしていた。

ドラマ「あの子が生まれる…」5話の感想
お腹の中に子供がいても誰もが幸せになるわけではないのが分かります。これから子供と一緒に生きるために子供を産みたいのに子供がお腹の中で亡くなるのは母親にとっても残念だと思います。さらに英子にも輸血が必要なため英子も周りもとても大変な思いをしているのが分かります。英子だけではなく菜央にとっても辛いと思います。これからの英子の周りの人間関係も気になります。英子がこれから一人で生きていくのは辛いと判断します。また美恵の行動も少し気になります。英子のことを本当はどう思っているのか見どころです。一歩間違えれば英子も胎児と同じように亡くなります。心配になる場面が多いです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「動き出した悪夢」
あれから5年の月日が経った2020年。以前から付き合っていた菜央(森田望智)と勇馬(松本大志)は結婚し、ささやかながらも、幸せな新婚生活を送っていた。菜央のお腹の中には、新しい命が宿っている。しかし・・・(引用元:FOD公式)

ドラマ「あの子が生まれる…」6話のネタバレ
5年前から付き合っている新生病院のナース菜央(森田望智)と勇馬(松本大志)は2020年、ついに結婚する。

小さな幸せの中ではあるが、2人は新婚生活を送り、ついに菜央のお腹の中には新たな命が宿った。

しかし菜央は徐々に謎の人形が現れるという不思議な悪夢を見るようになり、夢の中でその人形に語りかけられるようになる。

菜央は気が付けば、毎晩その悪夢に悩まされるようになった。

その上、お腹の中の胎児の生長も悪しく、菜央の心と身体は疲弊し、不安によって心が押しつぶされてしまう。

そして菜央はそのことを勇馬に相談する。

勇馬はいつも穏やかだった菜央が感情的になり、いつもと違う様子を非常に心配し、勇馬は原因を究明するために動き出す。

しかし元ナースに事情を話してもなかなか取り合ってもらえず、原因の究明は難航してしまうが…

ドラマ「あの子が生まれる…」6話の感想
菜央と勇馬がついに結婚し、赤ちゃんができますが、前回の英子の件もあり、何かつながりがあるのではないかと見ていました。菜央が人形の夢を見て、その中で語りかけられていたりしますが、もしかしたらその語り掛ける声は英子に関することではないかと思いました!もしかしたら、菜央の赤ちゃんも…と思うとドキドキです。
穏やかだった菜央が異常に怒り出すのも、何が原因なのかが非常に気になります。そして6話にしてやっと幽霊のようなものが出てきたのも、いよいよクライマックスに近づいている感じがわくわくしています。これからの展開とさらなるホラー演出を期待しています!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「事の真相」
相変わらず悪夢に悩まされ続けている菜央(森田望智)。心身とも、日々衰弱して行くのが目に見えて明らかな状態となっている。悪夢の原因を究明する為に、勇馬(松本大志)は、当時の病院関係者だけでなく、様々な人に聞き込みをしていく。(引用元:FOD公式)

ドラマ「あの子が生まれる…」7話のネタバレ
このところ、ずっと悪夢に悩まされている菜央(森田望智)。

もう身も心も限界にきていることは誰の目にも明らかで、一見して分かるくらいに衰弱していた。

その様子を見かねて、松本大志演じる勇馬は、菜央を苦しめている辛い悪夢の原因を明らかにしようと、聞き込みを行う。

手当たり次第に情報を集めて回ったのだった。

そしてそれは、かねてから付き合いのある病院の関係者に限らなかった。

佐和子(おぞねせいこ)は、看護部長をしている傍らで、新生病院に関するとある証言を知るのだった。

一方、週刊誌記者(西洋亮)は、英子の葬儀に市川九團次演じる秀明が参列していることを記者の仕事の傍らで知ることとなる。

このことは広まることとなり、菜央の見ていた悪夢から、秀明の存在まで、物語が動き始めていくのだった。

ドラマ「あの子が生まれる…」7話の感想
菜央の衰弱する様子は、見ていて痛々しく、それを助けようとする松本大志演じる勇馬に自然と感情移入してしまいます。謎がいまだに多いところでしたが、この話をきっかけにして、物語が動き出すような、そんな印象を受ける話になっています。菜央の見ていた悪夢から、明るみになった秀明の存在まで、見所がたくさんあるので注目度が高い話になると言えるのではないでしょうか。新生病院に関する証言とは何なのかも気になるところで、そのあたりの話はこれから語られるのが非常に楽しみな展開になっています。佐和子、勇馬と言った病院関係者の動向からも目が離せません。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「幼き日の英子」
新生病院の産婦人科医であった秀明(市川九團次)から、英子(小倉優香)の秘密を聞き出した勇馬(松本大志)は、幼少期に英子が過ごしていた群馬の輝子(赤座美代子)のもとへとやってくる。(引用元:FOD公式)

ドラマ「あの子が生まれる…」8話のネタバレ
勇馬(松本大志)は、秀明(市川九團次)から英子(小倉優香)の秘密を聞いた。

そして勇馬は英子が幼少期に過ごした群馬の輝子(赤座美代子)に会いに行くのだった。

輝子から英子の幼少時代の話を聞いた勇馬は、菜央(森田望智)の悪夢の原因が英子だということに気がついた。

そして英子と美恵(芦名星)が腹違いの姉妹であることが判明する。

幼少時代の英子(永野絵梨奈)は、和代(山下容莉枝)から新生病院の旧病棟に一時軟禁されていた。

さらに和代は、母親違いの姉妹である英子と美恵の関係を利用して、英子を美恵の代わりにしようとしていた。

逃げ出す方法を探していた幼少時代の英子は、旧病棟であるモノを発見したのだった。

ドラマ「あの子が生まれる…」8話の感想
物語はいよいよ佳境に入りましたね!幼少期の英子・・・おさげ頭に白いワンピースに無表情で、まさにホラーな感じが漂っていました。無言なのがまた怖かったです。軟禁というのが日常からかけはなれたことなので、不気味さが増していて気持ち悪かったです。舞台が病院ということもあり、見ているとかなりゾワゾワします。ストーリーは昼ドラ感あるのに、めっちゃホラーで怖い!でも秘密が気になって見てしまいますよね。最後までどうなるかわからないので、次回も楽しみです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「あの子を探して」
菜央(森田望智)は、悪夢や幻覚幻聴が日を追うごとに激しくなり、心身ともに限界を迎えようとしていた。それを何とかしようと勇馬(松本大志)は、懸命に英子(小倉優香)の呪いについて調べ続ける。(引用元:FOD公式)

ドラマ「あの子が生まれる…」9話のネタバレ
菜央(森田望智)は、心も身体も弱りきっていた。

呪いによって、悪夢や幻覚・幻聴を見る回数がどんどん増していったのだ。

日に日に苦しさを増す菜央。

夫の勇馬(松本大志)は、菜央の回復を願い、懸命に菜央にかけられた呪いに調べ続けていた。

呪いについて調べる中、勇馬は英子が最期を迎えた新生病院に目をつけた。

深夜、何かに引き寄せられるように車を走らせる勇馬。

向かった先は、廃墟となった新生病院。

そこになにか秘密があるのではないかと疑っていた。

勇馬は何かに取り憑かれたかのように、病院の中へ足を踏み入れるのだった。

一方、目を覚ました菜央は突然破水してしまう。

勇馬の姿はなく、なんとかタクシーで病院へ向かった菜央。

しかし、状況が悪化し危険な状態になっていた。

ドラマ「あの子が生まれる…」9話の感想
閉鎖された新生病院に入っていくところ、もうホラー映画そのものじゃないですか!カメラワーク切り替わるたびに、なにか出てくるんじゃないかとドキドキしながら見ていました。さすが全体的に暗いし、やっぱり突然出てきた英子も怖いし、もう本当に怖すぎます!英子の秘密に近づくにつれて、菜央さんが苦しんでしまうのは何に関係しているのか、いろいろと推測しながら見ていました。菜央さんは早く助かってほしいです。次回どうなるのか気になります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「あの子が生まれる」
危険な状態の菜央(森田望智)の目の前に現れたのは、かつての新生病院の先輩ナースで、菜央が慕っていた佐和子(おぞねせいこ)だった。現在、菜央が通院している産婦人科で助産師として働いていたのだった。(引用元:FOD公式)

ドラマ「あの子が生まれる…」10話のネタバレ
かつての新生病院で菜央(森田望智)の先輩だった佐和子(おぞねせいこ)。

そんな佐和子が危険な状態の後輩、菜央の元へ現れた。佐和子は、菜央が通院している産婦人科で助産師として勤務しているのであった。

佐和子は 「あなたの赤ちゃんは私が取り上げる!」と出産へと力を尽くすものの、菜央とお腹の胎児は、危険な状態は続くのであった…。

その頃、勇馬(松本大志)は、閉院した新生病院の中を探索していた。

勇馬は、英子に探しているモノを聞こうとすると、あるモノを差し出してくる。

そして勇馬は英子が我々に見つけて欲しいあるモノを探すことになる。

英子が我々に探して欲しいモノとは一体なんなのだろうか・・・?

果たして英子の呪いの秘密を勇馬は無事に見つけ出す事が出来るのか。

その先に待ち受けている未来とはいったい・・・?

ドラマ「あの子が生まれる…」10話の感想
英子が「あの人たちに私の存在を認知させる」と言っていた。だから赤ちゃんの骨よりも、英子は河本家と血のつながりを世間に認めさせたかったのではないか。英子が探している物が、赤ちゃんの骨では無いというのには驚かされました!なら何を探しているのか疑問が浮かびますが、もしかしたら河本家との繋がりを示す何か?!なのでしょうか?
白目で菜央を追い「開けてくれる?」とつぶやく所なんてとても怖かったですね…!私は夜中に1人で見ていたので、恐ろしく震え上がりました…同じ作者ということもありリングに似たようなものを感じ戦慄してしまいました…
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、FODプレミアムなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「あの子が生まれる…」の概要

郊外にそびえ立つ「新生病院」。

かつてその病院は、地域に根付いた医療を志し、人々から愛されていた病院だった。

順風満帆に見えた新生病院なのだが・・・。

2015年のある冬の夜、謎の妊婦が救急搬送される。

所持品も何も無い身元不明で、しかも自殺未遂を試みた形跡のある謎の妊婦の搬送により、病院内は得も言われぬ不穏な空気が流れ始める―――。(引用元:FOD公式)

ドラマ「あの子が生まれる…」の出演者、放送情報

今泉菜央:森田望智
英子:小倉優香
汐月勇馬:松本大志
河本秀明:市川九團次
河本和代:山下容莉枝
河本美恵:芦名星
河本潤一郎:羽場裕一

主題歌:eill「Night D」

制作:フジテレビ

放送:2020年

ドラマ「あの子が生まれる…」の見どころ

”リング”・”らせん”・”貞子”といった大ヒットホラー小説を次々輩出、映画やドラマ化をして話題になった鈴木光司。

彼がドラマ用にと特別に描き下ろした脚本で制作されたのが本作になります!

原作者いわく、”映像化される事を念頭にトリックを仕込んだ”と発言する程。意欲作だと分かるストーリーには期待大ですね。

また、本作の主人公には「全裸監督」ヒロイン役や「図書館戦争」など様々な役を演じる気鋭の女優・森田 望智。

彼女が、時を越えて翻弄されるヒロイン看護師・今泉菜央を熱演しています。

脇を固めるキャストとして、小倉優香や松本大志、芦名星と個性派俳優・女優陣を配し、一大ジャパニーズホラー作品を作り上げていますよ!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「あの子が生まれる…」の感想

30代女性
鈴木光司の脚本とか、”怖すぎる”は約束されたようなドラマですよね!(笑)
しかもリアルタイムの放送が深夜0時でしたから、びくびくしながら1人で見ましたよ~。いや~1話から怖かったですね。
映像に仕掛けをしたって原作者が言うだけあって、人形とか謎の影とか・・・気になってしょうがない!
観る前に、トイレとか済ませておいた方が良い、そんなホラードラマでした。
30代男性
脚本、様々な仕掛け、舞台、キャストの方の演技もあいまっての面白いホラー作品なんでしょうが、怖いと思ったのは「何を考えているのか分からない」不気味な人々の思惑。
例えば第2話の、医師・潤一郎の話ですけど、彼の愛人の子を妻が取り上げ、可愛がって名前まで付ける・・・。
伏線もあるんでしょうけど、幽霊というより人そのものにも恐怖を感じたドラマでした。
これぞ日本のホラードラマ!です。
40代女性
ザ・ジャパニーズホラーでしたね~!
後半のリアル極まりない”廃病院”とか、こっちも潜入している感じになってドキドキしました!
原作の鈴木さんの世界観で上手いのって、ぶっとんでなくて、日常でふとありそう!って思える世界観。だからこそリアルを感じて怖いんですよね。。
ジャパニーズホラー好きには堪らない作品だと思いますよ!

まとめ

以上、森田望智主演のドラマ「あの子が生まれる…」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

”リング”シリーズで有名な鈴木光司の新作・オリジナル・ホラードラマ。

主人公の菜央の運命は一体・・・怖いけれど目が離せなくなる展開目白押しのドラマですよ!

FODプレミアムであの子が生まれる…の動画は全て無料視聴できます。

FODプレミアムは2週間無料お試し期間があますので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴