ドラマ|14才の母の動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2006年10月〜12月まで志田未来主演で放送のドラマ「14才の母」

志田未来の出世作といっても過言ではないこの作品は、14才という幼い主人公・未希が思いもかけずに妊娠し、出産するまでのストーリーです。

未希の彼氏である、三浦春馬演じる智志も、同じく「父親」になるために悩み、自分の答えを出していきます。

ドラマ「14才の母」の動画は、huluで見放題配信中です。

huluの無料期間を利用すると、ドラマ「14才の母」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「14才の母」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「14才の母」の動画は、huluで見放題配信中です。

huluは通常月額1026円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:hulu)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「14才の母」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「14才の母」に出演している主演・志田未来の出演作品

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「14才の母」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「14才の母」の動画まとめ

ドラマ「14才の母」は、huluで全話無料視聴できます

(画像引用元:hulu)

huluは2週間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「中学生の妊娠…ごめんね、お母さん」   
名門といわれる私立の女子中高一貫校に通う中学2年生の一ノ瀬未希(志田未来)は、ファミレスでパートをしている母・加奈子(田中美佐子)、住宅販売会社に勤務する父・忠彦(生瀬勝久)、小学生の弟・健太(小清水一揮)の4人家族。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「14才の母」1話のネタバレ
中学2年生の一ノ瀬未希(志田未来)。

性格は活発でいたって普通の女子中高一貫校に通う中学生だ。

同じ塾に通い、別の男子校の中学3年生の桐野智志(三浦春馬)とよく会っていた。

未希は母親と父親と弟の4人暮らしで、母の加奈子は未希に娘の幸せな将来を夢見ていた。

常日頃から自分行動に責任を持ちつよう言いつけていた加奈子は娘の高い学費を補うためにパートで働き始めた。

一方、智志は母親の静香と2人暮らし。

シングルマザーながらも起業して会社持ついわゆる成功者であった。

ある日の夕方。

ガラの悪い不良たちに絡まれ追いかけられた未希と智志は何とか夜の公園に逃げ込む。

そこで2人はしばらく話し込み、智志が実は孤独を抱いていることに気づいた未希は智志を抱きしめる。

その後生理がこないことに不安に思う未希。

そんな時、保健体育の教科書に「妊娠」の文字を見つけ、焦り始めるのだった。

ドラマ「14才の母」1話の感想
過去に自分がしてきた中学時代の恋愛とはかけ離れすぎた内容で刺激的だなと感じる内容が盛りだくさんです。中学生で子供が出来たかもしれないという不安から家族にあたってしまう未希の気持ちを考えたらとってもじゃないけど私だったら死にたくなるほど怖いし不安だしどうしたらいいのかわからないという思いを持っているだろうなと感じました。浅はかに体の関係を持つことはよくないしそもそも責任を取ることが出来ない年齢ならなおさらで、好き同士であっても孤独さを相手が持っていたとしてもそこは変わらないことだなと再認識をしたドラマです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「お前なんかもう娘じゃない」   
妊娠していることに気づいた未希(志田未来)は、勇気を出して一人で産婦人科を訪れるが、戸惑いのあまり逃げ出してしまう。お腹の子の父親である智志(三浦春馬)にはその事実を打ち明けられず、カラ元気で普通のフリをする。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「14才の母」2話のネタバレ
未希(志田未来)は、妊娠していることに気づき、一人で産婦人科へ行きますが、逃げ出してしまいます。

智志(三浦春馬)には妊娠したことを告げる事ができず、至って普通であるように振る舞います。

母である加奈子(田中美佐子)は、未希が妊娠しているのではないかと疑い始めます。

学校でも恵(北野きい)たちが、未希の様子が変だと気づきますが、未希は誰にも話すことができずにいました。

そんな中、真由那(谷村美月)と些細なことから喧嘩をしてしまいます。

担任教師(山口紗弥加)から喧嘩について知らされた加奈子は、普段喧嘩など無縁の未希が明らかにおかしいと察し、妊娠しているのではないかと問いただします。

未希は母に事実を告げ、未希のある決意は母に衝撃を与えるのでした。加奈子は未希を、自分が未希を出産したクリニックに連れて行き、産婦人科医の春子(高畑淳子)から14歳で出産することの大変さ、中絶とはどういうことなのか、事実を次々と突きつけるのでした。

ドラマ「14才の母」2話の感想
誰から見てもまだ子どもである14歳の未希が、誰にも相談することもできず一人で不安を抱えながら、一つの命を守っていることを考えるとこれほど辛いことはありません。誰か一人にでも自分から話せていれば、何かが変わっていたのではないかと思ってしまいます。そして、未希の変化にもしっかり気づいた加奈子は、やはり母親だなと感じさせられます。子どもを持つ家庭なら、どこにでも起こりうる可能性のある、10代での妊娠。とても衝撃的な内容ですが、今一度自分の子どもへの向き合い方、性教育とは、といろいろなことを考えさせてくれるドラマです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「さよなら…わたしの赤ちゃん」   
未希(志田未来)は、智志(三浦春馬)に勇気を出して妊娠したことを打ち明ける。思いもよらない未希の告白に動揺を隠せない智志。一方、加奈子(田中美佐子)と忠彦(生瀬勝久)は智志の母・静香(室井滋)のもとを訪れ…(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「14才の母」3話のネタバレ
未希(志田未来)は、智志(三浦春馬)に妊娠したことを告げることにします。

勇気を出して妊娠したと伝える未希。

その告白を聞いた智志は驚愕し、動揺を見せるのでした。

一方、加奈子(田中美佐子)と忠彦(生瀬勝久)は一緒に智志の母親である静香(室井滋)のもとにやってきました。

静香に未希が妊娠したこと、お腹の子の父親が智志だということを告げるのです。

加奈子と忠彦は、未希が出産することには反対でした。

まだ中学生という未熟な年齢であり、今後の学校のことなど不安があったからです。

もし子どもを産んでも育てていくお金など問題は山積みであったため、出産することは考えられないと未希に話すのでした。

早く中絶手術をした方がいいと未希を説得する両親。

学校では恵(北乃きい)が未希の様子に違和感を抱き、何があったのかと話を聞きます。

未希は恵に自分が妊娠したことを伝えようと心に決めます。

ドラマ「14才の母」3話の感想
覚悟を決め、智志に妊娠したことを伝える未希の気持ちを思うといたたまれなくなりました。未希はまだ中学生です。妊娠をするということの重みを考えることはなかなか難しいと思います。そして智志も同じく、そんな事実を突きつけられてもどう返していいのか分からないのは当たり前だなと感じました。また、加奈子と忠彦の気持ちを考えても胸が苦しくなりました。自分たちの娘が妊娠してしまうなんて、考えもしなかったことだと思います。見ている方は何故反対をするのかと思ってしまいがちですが、愛する子を思う親なら当たり前の判断だと感じました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「約束…私は、もう泣かない」   
手術の直前、産婦人科病院から逃げ出した未希(志田未来)を捜し出した加奈子(田中美佐子)は、出産に絶対反対だと告げる。出産で直面する厳しい現実を突きつけられた未希は、何も反論できずただ涙を浮かべるばかり。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「14才の母」4話のネタバレ
加奈子(田中美佐子)は、手術の直前に産婦人科病院から姿を消した娘の未希(志田未来)を見つけ、出産にはどうしても賛成できないと告げる。

未希は、出産すれば直面することになる厳しい現実を突きつけられ、何も言えずにただ涙を浮かべるのだった。

一方、お腹の子どもの父親である智志(三浦春馬)は、未希の父・忠彦(生瀬勝久)に強く叱られ、罪悪感に苛まれていた。そんな中、母である静香(室井滋)からは海外へ留学するよう言われてしまう。

未希が手術から逃げ出した翌日、加奈子は学校に呼び出されてしまう。

教師たちが学生の妊娠を知り、次から次へと加奈子を質問攻めにする。

中絶手術をするので退学にだけはしないで欲しい、と加奈子は必死に訴えるのだった。

しかし、智志が残した伝言を聞いた未希は勇気をもらい、決意を固めていくのであった……

ドラマ「14才の母」4話の感想
中学生の妊娠という衝撃的な内容が題材のドラマで、当時中学生だった私の周りでも話題でした。まだ13歳だった志田未来さんが演じているというのも話題のひとつでした。経済的なことや自分の将来を考えれば中絶するのが妥当という風潮があるなか、家族の同意をきちんと得たうえで、出産するという結論にいたったのは新鮮でした。若い世代の妊娠というと、どうしても中絶するお金がなくてといった理由や、中絶できる期間を過ぎてしまったから仕方なくという後ろ向きな理由で出産に至るケースも多いように感じますが、このドラマは前向きな理由で産むことを選んだ家族が描かれていて、新たな発見になりました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「バイバイ…初恋が死んだ日」   
未希(志田未来)の 「産みたい」 という強い意志を聞いた恵(北乃きい)や真由那(谷村美月)たちクラスメイトは動揺を隠せず、職員会議では香子(山口紗弥加)たちが未希の退学へ向けて話を進めていた。(引用元:日本テレビ公式)
 

ドラマ「14才の母」5話のネタバレ
未希の妊娠と同時に赤ちゃんを産みたいという気持ちの強さに、クラスメイト達は驚きを隠せずにいた頃、職員室では未希を退学について議論が行われており、過半数が未希の退学を望んでいました。

未希は両親と共に的場クリニックを受診し、14才での出産は通常よりもかなりリスクが高いため、このクリニックでは出産できない可能性が高いと告げられます。

後日、智志の母静香が家にやって来て未希が出産するつもりだと聞いて驚きます。

静香は未希の妊娠で息子が週刊誌に載ってしまうので、未希が出産することだけはどうしても避けたいと思っていたのでした。

未希は静香と会った後、マコトの店で智志に会います。

そして、自分はこの子を出産するが、育てていく上で智志の手も静香の手も借りないし、子供には智志が父親だと伝える気もないと告げるのでした。

ドラマ「14才の母」5話の感想
14才という年齢でも妊娠すれば、自然と母性が溢れて産みたいという気持ちになるんだなと思いました。14才で妊娠することを想定していない両家の親やクラスメイト、学校の先生は衝撃を隠せないのも無理はないと思います。それに若すぎる妊娠と出産にはリスクが高いのも事実で、未希自身にも危険がある可能性もあるのに産みたいと思えるのが不思議だなと思いました。智志の母静香は息子の心配よりも自分の会社の方が心配という印象が強かったです。だからこそ未希は智志には父親になってもらおうとは思わないと言ったのかなと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「私にも母子手帳くれますか」   
波多野(北村一輝)が書いた記事によって未希(志田未来)の妊娠が様々な所に広まった。静香(室井滋)は波多野と対決する覚悟を決め、智志(三浦春馬)にも学校を休むように言うが、 智志は未希との約束を果たす為、それでも学校へ行く。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「14才の母」6話のネタバレ
未希(志田未来)が妊娠したことは、波多野(北村一輝)の記事により広まってしまいました。

智志(三浦春馬)は学校を休むよう言われるも、未希との約束を果たさなければと学校へ行くのです。

静香(室井滋)も波多野と対決する覚悟を決めます。

もう少しすると手術できない時期に入ってしまう、改めて未希は産むことを決意するのでした。

学校側はというととにかく一刻も早く退学させることで名誉が傷つかないようにと、教師たちは大忙しです。

静香はもう一度未希を説得するために一ノ瀬家を訪ねてきました。

それでも産みたいという気持ちが強くなった未希、でもここでいたら健太(小清水一輝)が学校でいじめられてしまいます。

それに加奈子(田中美佐子)や忠彦(生瀬勝久)にも迷惑がかかるでしょう。

なので誰からも離れて一人家を出ることを決意したのでした。

ドラマ「14才の母」6話の感想
まだ14歳の少女が母親に、さぞやセンセーショナルに書かれたことでしょう。もちろんただ一人で妊娠することなど出来ないのですから相手の男性だって噂の元に、それでも学校に行き続ける彼はすごいです。母となる決意をする未希も一足飛びに大人になった感があります。大人になりきれていないのは学校側、生徒の気持ちとかよりも大切なのは学校の名誉・現実世界でもそんなものなのでしょうか。確かにいじめとかも起こるでしょうし迷惑もかけるはず、しかしながら初産で不安定な時期に家を出てしまうのは良いとは言えません。皆が覚悟を決めた以上は最高のコンディションで臨んで欲しいです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「お金で未来は買えますか?」   
3ヵ月後、母子手帳を手に取る一ノ瀬未希(志田未来)は 「認知」 という重大な問題に直面していた。静香(室井滋)が一ノ瀬家に送りつけた誓約書には、智志(三浦春馬)が父親であるという認知の請求をしないならば…(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「14才の母」7話のネタバレ
母子手帳を手にした一ノ瀬未希(志田未来)、本来であれば赤ちゃんを産む実感の出来る幸せな時期ですがまだ14歳の未婚の母となろうとしている彼女は「認知」という重大な問題に直面していたのです。

もしも智志(三浦春馬)が父であると認知の請求をしないのならば慰謝料を払う、静香(室井滋)は一ノ瀬家に誓約書としてこのような文言を送りつけてきています。

加奈子(田中美佐子)・忠彦(生瀬勝久)としては憤りを感じずにはいられません。

一方で未希は的場クリニックでの母親学級に参加し始めました。

そこで「子供を産み育てていくうえでお金は必要である」と教えられます。

なんとなくわかっていたとは言え改めて言われたら今一度考えないでもありません。

でも年齢的にはまだ自分自身が親の援助を受けている身、どうすればよいのか考えるのでした。

そんなある日、バスに乗っていた未希は智志が歩いているのを見つけました。

窓から身を乗り出し声をかけたその時突然の腹痛に襲われました。

ドラマ「14才の母」7話の感想
赤ちゃんは可愛い、でも一人の人間を育てていくには責任がのしかかってきます。お金とか現実的なことを教えてくれる母親学級っていいと思います。愛情なども必要ですがやはりお金がないと意味はなし、14歳だとまだ働くわけにもいかずどうするのでしょう。産むだけでも体力を使うのですから無理は禁物、初めは親に頼ってある程度の年齢になって返していくしかないのではないでしょうか。雪の日に窓から身を乗り出して、妊婦として危険な行為です。腹痛に苦しめられることとなった未希、おなかの赤ちゃんが大丈夫なのかととても心配です。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「二つの命…どちらを選ぶ?」   
突然の腹痛に見舞われた未希(志田未来)は的場クリニックに搬送され、体に“問題”があることを春子(高畑淳子)に知らされ、入院することになった。静香(室井滋)の会社が倒産すると書かれた新聞記事を見て…(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「14才の母」8話のネタバレ
14歳にしてすでに妊婦となっている未希(志田未来)、社会的な問題はともかく妊娠生活自体は順調だったはずでした。

しかしながら突然に腹痛が、どうやら身体の問題があるようなのです。

すぐにでも入院することとなってしまいました。

一方で静香(室井滋)の会社が倒産してしまうよう、新聞記事に書かれているのをみて加奈子(田中美佐子)と忠彦(生瀬勝久)は愕然としています。

でも余計な情報でストレスを抱えたら更に母体に良いとはいえず、取りあえずは未希には知らせずこっそりと波多野(北村一輝)に真相を聞くこととしました。

静香としては必死に会社を盛り返そうと頑張っています。

でもそんな中で智志(三浦春馬)はこっそり姿を消してしまうのです。

なんだかんだと問題が山積みの未希、相部屋となったあゆみ(戸田菜穂)は同じ妊婦ながらも夫や子供たちと幸せにしています。

それを見てため息をついてしまうのでした。

ドラマ「14才の母」8話の感想
若くしての妊娠だからといって100パーセント大丈夫なんて言えない、命に別条がないこと・無事赤ちゃんが生まれてくれることを願っています。そんな時に倒産記事などは見せない方が良いに決まっています。いつか無事に赤ちゃんが生まれて「こんなことがあったけれどなんとか持ち直せたよ」と明るい話題となってくれないものなのでしょうか。智志もメモを残して去ってしまうし、若くして生むだけでも大変なのにとにかくいろいろとありすぎます。それに比べると隣の芝生は本当に青々としていて美しいのです。自身が招いたことだったりもするものの見ているのはつらいでしょう。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「出産・命をかけた24時間」   
突然の陣痛に襲われた未希(志田未来)は、波多野(北村一輝)に助けられ的場クリニックへたどり着く。予定日よりも2週間以上早いが、春子(高畑淳子)の判断でそのまま自然分娩することになった。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「14才の母」9話のネタバレ
出産間際、未希(志田未来)は突然の陣痛に襲われ的場クリニックへと向かっていました。

横には波多野(北村一輝)もいます。

予定日よりも1ヶ月以上早く、本人としても思ってもいない出産です。

とはいえすでに赤ちゃんは出たがっているしその準備は十分母体にも赤ちゃんにも出来ているようです。

春子(高畑淳子)の判断もあり自然分娩の運びとなりました。

不安でたまらない加奈子(田中美佐子)、でもその気持ちを押し隠して懸命に未希を励まします。

そのうち忠彦(生瀬勝久)も駆けつけました。

無事生まれてきてくれればいい、しかし思っていた以上に未希の顔色は悪く苦しんでいます。

春子が慌てて診察をすると早期胎盤剥離・赤ちゃんの胎動は停止していました。

母体も危険な状態に、そんな中で未希はただうわごとのように智志(三浦春馬)の名前を呼び続けます。

ドラマ「14才の母」9話の感想
緊迫した状況となっています。そんな時にやはり女は強い、不安を抱えながらも懸命に未希を励ます加奈子と違って忠彦はただうろたえるばかりです。とはいえ春子が自然分娩でと判断して行っているのだから大丈夫と思っていましたが、やっぱり出産というのは神の領域です。まさかの早期胎盤剥離となっていました。胎動が停止してしまっている赤ちゃん、このまま助からないのでしょうか。困難の中でも母になろうと本人も周りも頑張ってきました。無事出産できることを願っています。智志が来てくれたら100万馬力、父の声掛けも赤ちゃんの頑張りを引き出すはずです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「もう一度笑って…」   
帝王切開による出産を終えた未希(志田未来)は、出血が止まらず危険な状態に陥っていた。意識の戻らない未希の姿を見て、加奈子(田中美佐子)はただただ動揺するばかりだが、 医師たちは 「今は待つしかない」 と…(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「14才の母」10話のネタバレ
自然分娩で始まった出産、でも予想外の展開もあり結局は途中から帝王切開へと切り替わりました。

そうして出てきた赤ちゃん、出産を終えた未希(志田未来)は今もまだ出血が止まらず意識も戻りません。

ただ動揺する加奈子(田中美佐子)ですがただ待つしか無いのです。

出てきた赤ちゃんはというとこちらも危険な状態でした。

おじいちゃんおばあちゃんがゆっくりと孫の姿をめでるなんて暇もなし、あっという間に集中治療室へと搬送されていきます。

一方、忠彦はというとあるアパートの一室を訪れていました。

そこにいたのは静香(室井滋)と智志(三浦春馬)、荒廃したその部屋の様子に驚かされながらもせめて一目だけでも未希に会って欲しいとただ頭を下げるのです。

学校では香子(山口紗弥加)に真由那(谷村美月)・恵(北乃きい)たちも心配していて、ですがICUで未希はただ眠り続けるばかりです。

ドラマ「14才の母」10話の感想
自然分娩に更には帝王切開も、大変な出産となりました。それでも無事終わったならば若いのですから回復も早いはず、思い出話になるだけなのですが母子ともに生命の危機にさえさらされています。このまま眠り続けて赤ちゃんの姿を見えないままになってしまうなんてことにならないでほしいです。赤ちゃんもママのおっぱいを飲んだり触れ合うことは出来ないのでしょうか。誰もが心配している中、無事戻ってこられることを願っています。そして静香と智志、荒廃したアパートの一室でいた彼らはなにを思ったのでしょう。会いに行ってほしいものです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話「涙の最終回スペシャル…命ってなに?」  
14才で妊娠し、いくつもの障害を乗り越えて遂に出産した未希。緊急手術で意識不明に陥った未希と未熟児として生まれてきた赤ちゃん・・・ 幼い母子の運命は?そして、衝撃の物語はどのような結末を迎えるのか?(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「14才の母」11話のネタバレ
14歳、まだまだこれから勉強し友達との時間を楽しみ・そして恋をしなければならない年齢です。

ですが未希(志田未来)は母となりました。

妊娠し、学校に親たち・友人に近所の人と周り中に好奇の目で見られ反対されながらも数々の障害を乗り越えてついに出産したのです。

これから親子での生活をして苦しくも楽しい日々が待っているのかと思ったらなんと母となった未希は自然分娩から帝王切開と苦労を重ね大量の出血をし、今は意識不明の重体です。

赤ちゃんも本来ならば1ヶ月以上後が予定日です。

まだ未熟児でそのまま新生児の集中治療室に入らなければならなかったのです。

まだ母と子・お互い会うことも触れ合うことも出来ていません。

父親は不在のまま、一目会って欲しいと説得は続けているものの姿は現していないのです。

ドラマ「14才の母」11話の感想
なんとか出産したと思ったらまだ試練は残っていました。命がかかっているのですからこれまでで最大のもの、このまま母子のどちらが死んだとしても不幸でしかありません。ぜひとも二人とも生きのびて元気になり、そして父親もやってきて幸せな家庭が築けたらと思っています。まだ未婚ながら両親ともに揃っていて愛情をかけてもらえるのであれば、子供として不幸なことはありません。両親も応援してくれているのですし、どうにか生きていくことなど出来るのです。きっとこれ以上の不幸はなくどん底から次第に這い上がってくるラストとなるものと信じています。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、huluなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「14才の母」の概要

私立中学校2年生の一ノ瀬未希は、14歳にして、恋人との子供が出来てしまう。しかし、運命の相手と思えた私立中学校3年生・桐野智志は頼りにならず、家族との確執が芽生え、未希は絶望の淵に落とされる。それでも産む決心をするが、信じられないほどの困難が待ち受けていた。(引用元:ウィキペディア)

ドラマ「14才の母」の出演者、放送情報

一ノ瀬未希:志田未来
一ノ瀬加奈子:田中美佐子
一ノ瀬忠彦:生瀬勝久
一ノ瀬健太:小清水一揮
三井マコト:三浦春馬
桐野静香:室井滋
的場春子:高畑淳子
波多野卓:北村一輝
池山あゆみ:戸田菜穂
土田太郎:反町隆史

原作:井上由美子

主題歌:Mr.Children「しるし」(トイズファクトリー)

制作:日本テレビ

放送:2006年

ドラマ「14才の母」の見どころ

ドラマ「14才の母」は、日本テレビ系で放映されたヒューマンドラマ。

14才にしてもう1つの命を抱えることになった主人公・未希を志田未来が演じ話題となりました。

キャッチコピーは「愛するために生まれてきた」。

周りに産むことを反対されたり、中学校を退学処分になりそうになるなど、数々の波乱を乗り越えて出産へと挑みました。

中学生としての未希から、次第に「母」へと成長していく未希。

周りも次第に未希の出産に協力的になっていきます。

最終回では実際に出産となり、危険な状態に陥る未希が見どころに。

視聴者の注目も集まり、最高視聴率24.3%を記録する人気作となりました。

また、父親となる智志が迷いと決別するシーンや、母としての強さを見せた未希を応援しながら見たい、そんなドラマです。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「14才の母」の感想

40代男性
題名も内容も少し衝撃的ですが、御出演せれている俳優さんお1人お1人の心情の変化が丁寧に描かれていてとても感動しました。三浦春馬さんの当時のあどけなさの残る演技も観ていて涙しました。命の尊さとは、人生において本当に大切なものとは何か、家族とは何か、親子の愛とは何か、男女の愛とは何か、友情とは、色々なものを教えてくれるドラマです。
20代女性
可憐で可愛くて、何物にもブレない、悩み、迷いながらも頑固で強い少女である一ノ瀬未希を演じている志田未来さんの演技力がものすごいですね。おしんの小林綾子さんをも凌ぐ作品です。また若い三浦春馬さん、北乃きいさん、小池里奈さんなど今をときめく俳優さんも魅力。そして田中美佐子さんの語りが泣けます。志田さん田中さん生瀬さんの演技が上手すぎる作品でした。
50代男性
すごく素敵なドラマです。涙が止まらない。このドラマをきっかけに、志田未来さん三浦春馬さん田中美佐子さんの虜になりました。高校生の娘のいる自分としては、やはり親目線で読んでしまいました。まず 中学生で子供を産む事は綺麗事では済まされません。親がいなくては何も出来ないと思います。育児や経済面、さらに青春も全部犠牲にした上で成り立ちます。その覚悟があるのか、正直 考えてるよりもはるかに過酷だと思いますね。

まとめ

以上、志田未来主演のドラマ「14才の母」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

14歳で妊娠、運命の相手と思えた恋人は頼りにならず、それでも産む決心をするも数々の困難が待ち受けていた…

中学生の妊娠をあつかった、志田未来主演の話題作です!

huluで14才の母の動画は全て無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴