ドラマ|TAROの塔の動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2011年2月〜4月まで松尾スズキ主演で放送のドラマ「TAROの塔」

本作は、「芸術は爆発だ!」という名言や太陽の塔で有名な芸術家・岡本太郎の生涯をドラマ化した意欲作。

岡本太郎・生誕100周年を記念し制作、波乱万丈な彼の生き様を、松尾スズキが熱演しています。

ドラマ「TAROの塔」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「TAROの塔」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「TAROの塔」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「TAROの塔」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「TAROの塔」のDVD(全2枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みで、ドラマ「TAROの塔」のDVD全2枚は注文すると在庫があれば全て同時に発送されます。

また、ドラマ「TAROの塔」に出演している松尾スズキの出演作品

  • 連続ドラマW 北斗-ある殺人者の回心-(全3枚)
  • ちかえもん(全4枚)
  • 演歌なアイツは夜ごと不条理(パンク)な夢を見る(全1枚)

も取り扱いされているので、一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「TAROの塔」に出演している松尾スズキの出演作品がたくさん揃っています。

  • 姑獲鳥の夏
  • 変身インタビュアーの憂鬱
  • 推定有罪
  • フルーツ宅配便
  • 図鑑に載ってない虫

etc…

著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがない作品は多くあります

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われているのです。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「TAROの塔」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「TAROの塔」の動画まとめ

ドラマ「TAROの塔」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「太陽の子」
「人類の進歩なんかくそくらえ!」。昭和42年、「大阪万博」のプロデューサーに就任した岡本太郎(松尾スズキ)は真っ向からテーマに異を唱え、一大国家イベントと戦う決意を表明。(引用元:NHK公式)

ドラマ「TAROの塔」1話のネタバレ
いよいよ万博の開催が近づき、どんどん追い込まれていく岡本太郎(松尾スズキ)。

予算はすでに底をつき発表した塔の評判も良くない。

交渉に駆け回る日々だが、もし万博が失敗した時には「何も残らないお前が不憫だ」と敏子(常盤貴子)に思いやりの気持ちを見せて気弱になる岡本。

「岡本太郎を殺させやしませんよ」と胸ぐらを掴んで啖呵を切る敏子。

岡本は、そんな敏子のために塔の模型に黒い太陽を描き入れた。

「影だって燃えているんだ!」という岡本。

黒い太陽はかの子を象徴しているのではないかという弟子の考えを聞く敏子の表情は、女性らしい生身の感情が垣間見える。

敏子は、反権力を訴える学生たちに岡本の芸術について、敏子の考える岡本太郎の本質を語っていく。

岡本がパーキンソン病に罹り、敏子と岡本は壮絶な病との戦いと、また世間との戦いを最後まで続けるのだった。

ドラマ「TAROの塔」1話の感想
岡本と共に「岡本太郎」を創ると覚悟を決めた敏子の情熱が痛いくらいに伝わる回だった。岡本の命尽きるまで、さらには岡本亡き後も、岡本の思い、神聖な戦いの火を消さぬように1人戦い続ける敏子の強さ。妻という立場ではなく養女という立場でもなお岡本を愛し続ける敏子の女性としての生き様。ピープルが岡本の芸術を理解するためには、自分を生贄にしても構わないという岡本の考えは、パーキンソン病に罹った後も戦い続ける姿勢に表れている。「あんな姿、見せないでくれよ。岡本太郎はもっと尊敬されていいはずだ」という丹下(小日向文世)の言葉は、胸に迫るものがある。素晴らしドラマだった。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「青春のパリ」
「大阪万博」のプロデューサーに就任した岡本太郎(松尾スズキ)は、丹下健三(小日向文世)設計の大屋根を突き破る「ベラボーな塔」の建築を提案。(引用元:NHK公式)

ドラマ「TAROの塔」2話のネタバレ
松尾スズキ演じる岡本太郎は大阪万博のプロデューサーに就任。

戦後を代表する世界的建築家の丹下健三(小日向文世)が万博のメイン会場に設計した大屋根を突き破って、「ベラボーな塔」を建てるという驚くべき提案をする。

当然丹下と太郎は真っ向から対立することに。

時代はさかのぼって1930年代初めのパリ。

画家をめざし渡仏するも壁にぶつかっていた若き日の太郎(濱田岳)のもとを、父・一平(田辺誠一)とともに2年間ヨーロッパを旅していた芸術家の母・かの子(寺島しのぶ)が訪れる。

自らの芸術の道を究めるために太郎と離れ旅に出たかの子は、苦悩する太郎を諭した。

両親の帰国後も一人パリに残った太郎は、ピカソの絵やジョルジュ・バタイユの思想と出会い、10年をかけて孤独の中にも徐々に自らの芸術をつかんでいく。

帰国後精力的に小説を書いたのちに亡くなった芸術家の母・かの子との関係と、パリでの10年とが、大阪万博という大きな舞台で世界的建築家・丹下と芸術を認め合うことになる太郎の、「芸術精神」を育んだのである。

ドラマ「TAROの塔」2話の感想
大阪万博での丹下健三と岡本太郎の対立については知っていました。でも岡本太郎の芸術的バックボーンについては全く知らなかったので、驚きました。あの岡本太郎さんでも若いころは「自分探し」をして、もがいていたんですね。青春だなあ。
そしてやっぱりお母さんのかの子さんの存在はすごい。女性が自分の道を突き進んで男性がそれを支える、というのは現代でも稀なことなのに、当時は相当気骨がなきゃ無理だったでしょう。一平さんという人と巡り会ったのも幸運でしょうね。このお母さんでなければ「芸術家・岡本太郎」は成立しなかったんだなあ、としみじみ感じました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「戦友」
「絵画の石器時代は終わった!」。戦後の焼け野原に立った岡本太郎(松尾スズキ)は、先鋭的な芸術運動に乗りだし、日本の画壇に戦いを挑んでゆく。(引用元:NHK公式)

ドラマ「TAROの塔」3話のネタバレ
時は戦後間もない時代、絵画という芸術分野にも復興の兆しが見え始める中、松尾スズキ演じる岡本太郎はその才能を花開かせます。

まだ、戦後の爪跡残る日本において、先鋭的な表現で生き生きとした作品を次々に産み出したのでした。

常盤貴子演じる平野敏子も、そんな岡本太郎の才能に魅了された1人です。

敏子は、岡本太郎の秘書として、岡本太郎を愛する者として、岡本太郎に寄り添います。

芸術活動に全身全霊を注ぐ岡本太郎を愛するということは、世俗的な恋愛では考えられない苦しみも伴います。

愛する者が、自分以上に芸術を愛すること、そしてそんな岡本太郎の芸術を誰よりも愛しているのも敏子自身なのでした。

そんな苦しみと、岡本太郎への愛との間で葛藤を繰り広げながら、敏子は岡本太郎の芸術を共に作りあげることに新たな愛の方向性を見いだすのでした。

ドラマ「TAROの塔」3話の感想
岡本太郎という誰しも名前は知っている著名な芸術家について、その人生を最愛の人である平野敏子の視点から描いたのが本作品です。岡本太郎について、その作品が生まれた経緯についても深く知ることができると共に、岡本太郎がどれだけの情熱を傾けながら作品を作り上げていたのかを知ることができ、それだけでもとても印象深いです。また、それだけではないのが本作品で、平野敏子が岡本太郎への愛と、岡本太郎の作品への愛の中で葛藤しながらも、岡本太郎と平野敏子ならではの愛について気づいていく様子は、見ていて引き込まれてしまいます。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「芸術は爆発だ!」
万博の開催が近づき、岡本太郎(松尾スズキ)は追い込まれていた。発表した塔の評判が芳しくなく、予算も不足していた。(引用元:NHK公式)

ドラマ「TAROの塔」4話のネタバレ
いよいよ万博の開催が近づき、どんどん追い込まれていく岡本太郎(松尾スズキ)。

予算はすでに底をつき発表した塔の評判も良くない。

交渉に駆け回る日々だが、もし万博が失敗した時には「何も残らないお前が不憫だ」と敏子(常盤貴子)に思いやりの気持ちを見せて気弱になる岡本。

「岡本太郎を殺させやしませんよ」と胸ぐらを掴んで啖呵を切る敏子。

岡本は、そんな敏子のために塔の模型に黒い太陽を描き入れた。

「影だって燃えているんだ!」という岡本。黒い太陽はかの子を象徴しているのではないかという弟子の考えを聞く敏子の表情は、女性らしい生身の感情が垣間見える。

敏子は、反権力を訴える学生たちに岡本の芸術について、敏子の考える岡本太郎の本質を語っていく。

岡本がパーキンソン病に罹り、敏子と岡本は壮絶な病との戦いと、また世間との戦いを最後まで続けるのだった。

ドラマ「TAROの塔」4話の感想
岡本と共に「岡本太郎」を創ると覚悟を決めた敏子の情熱が痛いくらいに伝わる回だった。岡本の命尽きるまで、さらには岡本亡き後も、岡本の思い、神聖な戦いの火を消さぬように1人戦い続ける敏子の強さ。妻という立場ではなく養女という立場でもなお岡本を愛し続ける敏子の女性としての生き様。ピープルが岡本の芸術を理解するためには、自分を生贄にしても構わないという岡本の考えは、パーキンソン病に罹った後も戦い続ける姿勢に表れている。「あんな姿、見せないでくれよ。岡本太郎はもっと尊敬されていいはずだ」という丹下(小日向文世)の言葉は、胸に迫るものがある。素晴らしドラマだった。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA TVなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「TAROの塔」の概要

―太陽の塔―は、太郎の作品の象徴的な存在であり、あらゆる困難を乗り越え6000万を超える人々を熱狂に包み込んだ、1970年「大阪万博」のシンボルでもある。

今もわたしたちを魅了してやまない「太陽の塔」に込めた、岡本太郎のメッセージとは何だったのか?(引用元:テレビドラマデータベース)

ドラマ「TAROの塔」の出演者、放送情報

岡本太郎:松尾スズキ
平野敏子:常盤貴子
岡本一平:田辺誠一
岡本かの子:寺島しのぶ
坂崎康造:西田敏行
藤川昇一:山崎一
栗原智也:正名僕蔵
小松左京:カンニング竹山
丹下健三:日向文世
倉田清作:近藤公園
東郷青児:中尾彬

主題歌:美輪 明宏「水に流して」

制作:NHK

放送:2011年

ドラマ「TAROの塔」の見どころ

本作は、太陽の塔で有名になった岡本太郎の生涯を、初の映像化に成功したNHK作品です。

何と言っても見どころは、日本有数の著名芸術家の一生を描くとあって、本気と見える豪華キャスト陣が勢揃いしている事。

主人公・太郎役の松尾スズキはもとより、太郎の養女役にはドラマの女王ともいえる常盤貴子。

田辺誠一から寺島しのぶ、濱田岳といった安定感のある演技派俳優がドラマを盛り上げています。

彼らの渾身の演技に加え、忠実に再現した太郎のアトリエを舞台にするなど、様々なクオリティの高さが絶賛され、放送文化基金賞などいくつも賞を受賞。

特別番組まで公開されるなど話題の一作であり、一見の価値ありですよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「TAROの塔」の感想

40代男性
TAROの塔って、あの太陽の塔を作った、岡本太郎先生のことだったんですね。芸術は爆発だ!といって、様々なことに挑戦してきた岡本太郎先生。あの太陽の塔がどのような経緯で作られて、込められた思いとかが知れて、とても良かったです。大阪万博で世界中に有名になった作品の背景を知ったことで、なんだか誇らしい気分にもなれたドラマでした。
20代女性
岡本太郎のことは太陽の塔を作ったくらいしか知らなかったですが、かなり破天荒な人だったんですね。このドラマでは、家族や秘書との交流も描かれていましたが、かなり振り回されていました。すごいですよね、芸術家の奥さんになるというのは、感性が違うからすごく大変なんだなと思いました。奥さんのおかげで現実世界の価値観に戻りつつ、芸術の世界にますます没頭できる。とてもいい関係なんだなと思いました。
30代女性
岡本太郎ヲ演じている松尾スズキの演技力がすごすぎました。破天荒な狂気を演じている松尾さんに、どんどんのめり込んでいきました。役作りもすごい、妙は体の動きも研究した上での演技。本当に岡本太郎が乗りうつったかのようで、はまり役でした。でも実際に近くにいたら近づき難い人なんだなとも理解しました、一般人の常識ではかれない人が、天才なんですね。

まとめ

以上、松尾スズキ主演のドラマ「TAROの塔」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

「TAROの塔」は、「太陽の塔」が出来るまでの万博の戦いを軸に、「岡本家の人びと」の破天荒な人間模様を描いたヒューマンドラマ。

時空を超え変化していくダイナミックな映像をベースに、伝説の芸術家・岡本太郎の全ぼうに目が離せません!

TSUTAYA DISCASでTAROの塔のDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴