ドラマ|さくらの親子丼2の動画を無料で見れる動画配信まとめ

2018年12月〜2019年1月まで真矢みき主演で放送のドラマ「さくらの親子丼2」

子供シェルターを舞台に、九十九さくらが大人を信じない子供たちと、ご飯を通じて向き合うヒューマンストーリー。

主演の真矢ミキは、シェルターでご飯を作る強靭なおばちゃんを演じます。

ドラマ「さくらの親子丼2」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムの無料期間を利用すると、ドラマ「さくらの親子丼2」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「さくらの親子丼2」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「さくらの親子丼2」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムは通常月額888円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:FODプレミアム)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「さくらの親子丼2」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「さくらの親子丼2」に出演している真矢みきの出演作品

  • ライフ
  • 絶対彼氏~完全無欠の恋人ロボット~
  • シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「さくらの親子丼2」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「さくらの親子丼2」の動画まとめ

ドラマ「さくらの親子丼2」は、FODプレミアムで全話無料視聴できます

(画像引用元:FODプレミアム)

FODプレミアムは2週間無料お試し期間があります。

第1話「親子丼なんていらない」
九十九さくら(真矢ミキ)は弁護士の三谷桃子(名取裕子)を訪ねる。16年前、高校生の息子が17歳の少女に刺され、命を落とした事件のことが自分の中でやっと整理がついたと報告するためだった。(引用元:東海テレビ公式)

ドラマ「さくらの親子丼2」1話のネタバレ
主人公の九十九さくら(真矢みき)は、16年前に、当時高校生だった息子が1歳年上の女子高生に刃物で刺され、死亡した事件の被害者でした。

しかし、その事件のことで自分の気持ちに整理がついて、その報告をするために、弁護士の桃子(名取裕子)の元を訪れたのです。

元々桃子は加害者側の弁護士だったのですが、そんな立場も関係なくなるほどの信頼関係が出来上がっていたのです。

桃子は、子供シェルターの運営をしていました。

虐待などによって、住む場所を無くした子供・親からの暴力に耐えられずに逃げてきた子供たちが少しでも安らかに暮らせる場所を作っていたのです。

ここは、限られた人物しか内容を知らない秘密の場所でした。

調理師が、仕事をやめてしまい、ご飯を作る人がいなくなってしまった、と桃子はさくらに告げます。

私はできない!と拒否するさくらでしたが、桃子の粘り勝ち。

その日の夕食と、翌日の朝食のみ作るという契約をしたのです。

そして、シェルター・ハチドリの家へ到着したさくら。

ホーム長の鍋島(相島一之)のもと、6人の男女がここで生活をしていました。

さくらは、気軽に話しかけますが、大人を信用していない彼らは、心を開いた会話をしません。

さくらが調理をしていると、また1人、父親からの暴力で逃げてきた春菜(日比美思)がやって来ます。

大人など信用しないこのシェルターでさくらは、彼らの心を打つ美味しい食事を作ります。

ドラマ「さくらの親子丼2」1話の感想
前回からの続編ということで、とても楽しみにしていました。
さくらの作る親子丼は、どんなに荒れた心を持つ非行少女でも、暴言を吐きまくるヤンキーのような男子でも、虜にしてしまうから不思議です。
でも、この親子丼が本当に美味しそうで一度食べてみたいと思いました。
今作では、子供シェルターで調理をすることになるさくら。
様々な悩みや葛藤を抱えた年ごろの男女が暮らすシェルターで、色々な問題が起こるのですが、それを一緒に解決していきながら、美味しいご飯を食べさせてあげるのです。
ここに住む少年・少女たちの心が変わっていくところも注目ポイントです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「『おいしい』を取り戻せ!」
シェルターの子どもたちにも、親子の絆がきっとあるはず・・・。そのことを確かめるため、“子どもシェルター”「ハチドリの家」に残ることにしたさくら(真矢ミキ)は、食事を作るだけでなく、子どもたちの日々の生活にもあれこれと口を挟むようになる。(引用元:東海テレビ公式)

ドラマ「さくらの親子丼2」2話のネタバレ
7人になったハチドリの家に、また新たな訪問者が。

白い服に身を包み、長い黒髪の隙間からこちらを睨む少女(井頭愛海)は、記憶喪失で言葉を話せないでいました。

そして驚くことに妊娠していたのです。

さくら(真矢みき)は、この少女には一体何があったのだろうと心底心配になります。

自分の名前も分からない少女は、シェルターのみんなからその見た目通り、貞子とあだ名をつけられてしまうのでした。

さくらは、この子たちをもう少し見てあげたい、とシェルターで調理を作り続けることを決めます。

さくらは、子供たちが食に対してあまり興味を示していないことを不思議に思います。

もう少し、楽しんで食べてほしい、とみんなからリクエストを受け、それを夕食にすると決めたのでした。

無投票が続く中、おでんと書かれた1票がありました。

さくらは、腕を振るい美味しいおでんを振る舞います。

初めは、大きな鍋に入ったおでんをみんなで突く、という食べ方を拒絶した子供たちでしたが、その美味しさに負け、完食したのです。

一体感が生まれたハチドリの家。

しかし、翌日、入居している玲奈(尾崎真花)の、彼氏で風俗店に勤務している男が玲奈の跡をつけ、ハチドリの家へ屋やって来たのです。

ドラマ「さくらの親子丼2」2話の感想
さくらのおでんをみんなで囲むシーンが、ほっこりして凄く楽しいひとときでした。
わいわいしている時は、普通の高校生や中学生の少年・少女なのに、幼少期に育った環境によって大人のことを信じられなくなっていることが悲しくなりました。
今回の主となる話の主人公は、風俗店で働いていた玲奈。
繰り返される日常と、彼氏に嫌気がさして、ハチドリの家へ逃げてきたのです。
ショッピングモールで、玲奈の居場所を探る元カレに会ってしまい、ドキドキの逃走劇が始まります!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「湯気の向こうに幸せの記憶」
さくら(真矢ミキ)が通うようになってから、「ハチドリの家」の雰囲気に変化が訪れる。香(塩野瑛久)はチンピラたちを手玉に取って追い返したさくらを見て、すっかり心酔したようだった。女子たちも全員で食卓を囲むことが増えて以来…(引用元:東海テレビ公式)

ドラマ「さくらの親子丼2」3話のネタバレ
さくら(真矢みき)が、ご飯を作りに来てくれるようになってから、シェルターの雰囲気は、いい意味で変わってきました。

玲奈(尾崎真花)の元カレという男性がハチドリの家へやって来て、お騒ぎになったときも、さくらが一喝。

その男性らを追い出して、子供たちのさくらを見る目が変わったのです。

特に、香(塩野瑛久)は、さくらに興味津々。

手伝いまでしてくれるようになりました。

女子メンバーたちも、ずっと個々で生活していましたが、女子会のようなものを開くことも。

女子会では、恋愛トークも繰り広げられ、甘く酸っぱい悩みを打ち明けたり、楽しいひとときを過ごしたのでした。

勉強熱心で、物静かな性格の詩(祷キララ)は、好きな人がいて、どう話しかければいいのかわからないと、由夏(岡本夏美)に相談します。

茜(柴田杏花)は、今まで誰かに心配された過去がなく、自分のことを心配してくれる川端(柄本時生)の優しさが愛情と思い込んでしまいます。

男性にトラウマを持っている子供もいたのですが、それでも前へ進む気持ちに胸を打たれる会でした。

ドラマ「さくらの親子丼2」3話の感想
いつも静かで、何を考えているかわからない雰囲気の詩が、恋をしているところがすごく可愛かったです。
ただ、夏美にありのままの自分をさらけ出せばいいよ、と言われて、自分のつらかった過去まで全て気になる男性に打ち明けてしまい、少し引かれてしまうのです。
どう接すればいいか分からないからなのですが、詩には幸せになってほしいと思いました。
父親への復讐のために、勉強に励む詩・・・。
さくらは、そんな詩に、リクエストのあった鍋焼きうどんを作ってあげます。
そのうどんを食べた詩が、色々な思いが入交り泣いてしまうところがとても感動します!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「サンタが俺にやってきた!?」
クリスマス間近、さくら(真矢ミキ)は香(塩野瑛久)の今後について桃子(名取裕子)から悲しい事実を知らされる。暴力団の幹部だった父親が8歳の時に死亡し、母子家庭で育った香だったが、近々母親が再婚することになった。(引用元:東海テレビ公式)

ドラマ「さくらの親子丼2」4話のネタバレ
ハチドリの家には、もうすぐクリスマスが訪れようとしていました。

桃子(名取裕子)は、香(塩野瑛久)の親と連絡が取れたのですが、母親がもうすぐ新しい男性と再婚をするというのです。

そして、その相手の男性は、問題ばかり起こしてきた香を引き取ることを拒否している、母親ももう香の面倒は見れないというのです。

桃子は、香にとってとても悲しい現実があるのだ、とさくら(真矢みき)に告げました。

ハチドリの家では、川端(柄本時生)が、クリスマスパーティーを開こうと提案します。

みんなでパーティーに向けて、飾りつけなど準備を進めていたのですが、香だけはクリスマスに対して異常に憎しみを見せたのです。

香の過去には何があったのでしょう。

さらに、ハチドリの家に新たな問題が出てきます。

ホーム長の鍋島(相島一之)の父である希輔が、ハチドリの家へ乗り込んできたのでした。

認知症を患っている希輔は、自宅を追い出されてしまったのです。

ただ、考え方も古風なので、子供たちが何かをするたびに、口出しをし、その都度子供たちから白い目で見られてしまうのでした。

ドラマ「さくらの親子丼2」4話の感想
さくらのことを心底尊敬していて、手伝いもよくしてくれる香。
とってもいい人で、ハチドリの家の中ではいちばんまともな人だと思っていました。
しかし、両親から見捨てられた香は、なぜかクリスマスというイベントのことをものすごく嫌っていたのです。
香をここまでクリスマス嫌いにさせたのには、ある理由がありました。
その解決のカギは、希輔が持っていて・・・!?
香のトラウマを克服して、ハチドリの家で楽しくクリスマスパーティーを開くことはできるのでしょうか!?
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「出雲に消えた想い」
年が明けてすぐ、さくら(真矢ミキ)は出雲に出向いていた。話はさかのぼり正月のこと。貞子(井頭愛海)が「ハチドリの家」のリビングでテレビを見ていると、突然呻きだしたのだ。画面には初詣の参拝客でにぎわう出雲大社の様子が映っていた。(引用元:東海テレビ公式)

ドラマ「さくらの親子丼2」5話のネタバレ
クリスマスパーティーは無事に終わり、年明けを迎えました。

貞子(井頭愛海)が、正月にテレビを見ていた時に、突然パニックを起こし、喚きだしたのです。

突然の出来事に、びっくりする子供たち。

テレビ画面には、出雲大社が映っていたのでした。

これまでも、クリスマスパーティーのときに出雲大社に関わる絵を描いたり、ミサンガをつけていた貞子。

さくら(真矢みき)は、伊豆神社で何かが起きていたのではないか?と睨み、出雲大社へと向かいます。

何か手がかりがないか・・・探すさくらでしたが、見つかりません。

しかし、ホテルに着いて、そのロビーでさくらは貞子を見つけたのでした。

そこに飾られていた写真に貞子が写っていたのです。

一方、ハチドリの家にいる貞子は、頭を抱えて何かを思い出そうと必死なのでした。

頭の中で、自分のいつかの記憶がぐるぐると渦を巻き貞子のことをかき乱します。

頭を壁に激しく叩きつけ、長いその髪の毛をはさみで切ったのです。

さくらは、写真を手掛かりに、貞子の本当の名前や正体を思い出させることはできるのでしょうか?

また、貞子とお腹の子供を守ってあげることはできるのでしょうか?

ドラマ「さくらの親子丼2」5話の感想
貞子が、出雲大社と何か関わりがあったということが分かりました。
それが分かっただけでも、なんだかすっきりした気持ちになったのですが、貞子はまだまだ思い出すことが出来ず、葛藤します。
頭を打ち付けたり、髪の毛を切り裂いている姿を見て、本当になにか辛い出来事があったのだと、苦しくなりました。
貞子を救うために、さくらが出雲大社まで足を運び、手がかりを見つけようとしてくれる、その行動力に感動しました!!
どうにかして、貞子が救われてほしいと願います。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「親が子を抱くとき」
気持ちの晴れないまま出雲から「ハチドリの家」に帰ってきたさくら(真矢ミキ)を、貞子(井頭愛海)の出産が待ち受けていた。これまで一切言葉を発しなかった貞子が激痛に耐えられず、「痛い! 死ぬッ! 助けて‼」と大声で叫んでいる姿に驚くさくらだが…(引用元:東海テレビ公式)

ドラマ「さくらの親子丼2」6話のネタバレ
出雲大社に行ったものの、貞子(井頭愛海)が写っている写真を見たさくら(真矢みき)は、それ以上の手がかりを得ることが出来ず、悔しい気持ちのまま、ハチドリの家へ戻ってきました。

すると、そこで貞子が出産の瞬間を迎えていたのです。

ハチドリの家に来てから、一言も言葉を発さなかった貞子でしたが、出産の痛みに耐えられず、「居たい!助けて!!」と、盛大に大きな声を上げていたのでした。

助産師がインフルエンザになり、立ち会えないというハプニングが発生し、さくらは赤ちゃんを取り上げることを決意します。

川端(柄本時生)は、不安でいっぱいいっぱいなのでしたが、さくらは、女子たちに手伝いをお願いし、万全に準備をし始めました。
出産の痛みの中、貞子は、自身の記憶も呼び覚まします。

出雲での出来事が、頭の中をループして、出産の痛みと重なり、貞子は呼吸困難になってしまいます。

ずっと、手伝いを拒否していた由夏(岡本夏美)でしたが、貞子の叫び声を聞くと、部屋へ行き、手を握って貞子を励ますのでした。
そして、出産を終えた貞子は、完全に自分の記憶を取り戻したのでした。

ドラマ「さくらの親子丼2」6話の感想
ついに貞子のお腹が本格的に痛くなり、出産が始まったのでした。
それと同時に、貞子は自分の名前や本性を取り戻したのでした。
本来は関西弁で喋ってた貞子、可愛い笑顔が愛くるしい、ごく普通の少女だったのです。
みんなが自分のことを貞子と呼ぶことに、とても腹を立てていて、貞子ってなんやねん、うざいな!と一喝していたところが面白いです。
貞子の変わりように、驚くみんなの表情もまた面白いです!
母親となった貞子は、これからどのように生きていくのでしょうか!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「愛はあげなきゃもらえない」
「ハチドリの家」では、入居してから二か月位の間に次の進路を決める事になっている。桃子(名取裕子)は入居者一人ひとりと、今後の進路について面談する。さくら(真矢ミキ)も同席し見守る中…(引用元:東海テレビ公式)

ドラマ「さくらの親子丼2」7話のネタバレ
ハチドリの家で、安心安全に生活をしていた子供たち。

しかし、ここにはずっといられるわけでは無く、2か月をめどに、次の居場所を決めるというルールがありました。

桃子(名取裕子)は、入居する子供1人1人と、今後の生活について話し合いの場を設けます。

茜(柴田杏花)は、川端(柄本時生)のやさしさを愛情と間違えているため、川端と結婚をする!と豪語し、桃子やさくら(真矢みき)を困らせたのでした。

実は、女装をしてダンサーになることを夢見ている拓士(浦上晟周)は、新宿二丁目へ行き、ショーパブを見学させてもらうことになります。

そこでダンスショーを見せる、ゆっきーママのダンスの華やかさや、言うことはずばりと言う性格に、惹かれていった拓士。

ゆっきーママから、課題を課せられた拓士は、シェルターへ戻ると、さくらに懸命に愛とは何かを聞き、ゆっきーママの心をなんとか動かそうと努力します。

そんな拓士の姿を見たさくらは、拓士に親子丼を作ってあげたのでした。

その味を噛み締め、拓士がとった行動とは!?

さらに、茜の結婚発言を受けた桃子に、子供たちとの距離感を気を付けるよう叱責された川端にも気持ちの変化が訪れます。

ドラマ「さくらの親子丼2」7話の感想
茜の、川端と結婚したいという気持ちが強すぎて、本来なら恋をするという行為はとても素晴らしいもののはずなのに、ここではそうはいかず、なんだか悔しくなりました。
それがキッカケで、川端も、転職をしようかと悩みだしてしまいます。
2人の運命はいかに!?
拓士は、新たな生活の場所を決めるため、新宿二丁目に行き、ゆっきーママというショーパブの先輩に出会います。
この出会いから、拓士の気持ちは大きく動かされるのでした。
ハチドリの家から、新たな旅立ちが訪れようとしています。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「ハチドリの巣立つ時に」
さくら(真矢ミキ)は香(塩野瑛久)が窃盗団の一員として捕まったと知らされ、衝撃を受ける。香が無断外出を繰り返していたのを知っていただけに、自分を責めるさくらだった。その矢先「ハチドリの家」に新たな少女が保護される。少女の顔を見て驚くさくら。(引用元:東海テレビ公式)

ドラマ「さくらの親子丼2」8話のネタバレ
ここのところ無断外泊が多かった香(塩野瑛久)が、窃盗を起こし、警察に捕まったと聞いたさくらは驚きます。

しかし、無断外泊を知っていたのに、止められなかった自分のことも責めたのでした。

桃子(名取裕子)や川端(柄本時生)の好意により、ハチドリの家へ戻ってこられた香でしたが、まだ保護観察の身。

保健所の判断によっては、少年院へ行かなければならなくなるかもしれないという現実と立ち向かっていたのでした。

過去の、不祥事からなかなか企業などに受け入れてもらえない由夏(岡本夏美)は、もう1年以上ハチドリの家で生活をしています。

同じ生活の繰り返しで、未来が見据えない・・・そんな日々に由夏は諦めを持っていました。

しかし、ある美容室から、由夏を採用してもいいと声が掛かったのです。

ようやく見え始めた一筋の光に、由夏は必死でしがみ付いたのですが・・・。

詩(祷キララ)は大学の入試の猛勉強、マリア(日比美思)は、高校の復学など、ハチドリの家の面々も新たな生活に向けて、それぞれの道を歩み始めます。

この子供たちに明るい未来と、安心な生活は訪れるのでしょうか?

ドラマ「さくらの親子丼2」8話の感想
香がついに警察に捕まってしまいました。
さくらは、何も悪くないのに、香の無断外泊を止めることが出来なかった自分のせいでもあると責めていました。
根はいい人の香なので、なんとか少年院は免れてほしいと思いました。
由夏は、もう1年以上もハチドリの家で生活をしていて、いわシェルターの主です。
美容室で採用してもらえるかもしれない、と一筋の光が見えたときは、今まで見たことが無いほど嬉しい顔をしていて、頑張ってほしいと思いました。
さくらも全力で後押しをしてあげます。
ハチドリの家に平和が訪れてほしい・・・そう願う最終回でした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、FODプレミアムなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「さくらの親子丼2」の概要

真矢ミキ主演で2017年に放送したドラマ「さくらの親子丼」の第2弾。

行き場を無くした子供たちに親子丼を振る舞い続けた九十九さくら(真矢)が、虐待を受けた子供たちを一時的に避難・保護する「子供シェルター」の食事スタッフに。

さくらは、大人に固く心を閉ざす子供たちに向き合い、手を差し伸べていく。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「さくらの親子丼2」の出演者、放送情報

九十九さくら:真矢ミキ
川端哲也:柄本時生
古井戸貞子:井頭愛海
新城由夏:岡本夏美
井口茜:柴田杏花
藤島玲奈:尾碕真花
小宮山詩:祷キララ
白鳥マリア:日比美思
中里拓士:浦上晟周
大豆生田香:塩野瑛久
鍋島真之介:相島一之
三谷桃子:名取裕子

原作:清水有生

主題歌:RINA「光」(South to North Records)

制作:東海テレビ(フジテレビ)

放送:2018年

ドラマ「さくらの親子丼2」の見どころ

虐待を受けた子供が一時的に保護される施設『ハチドリの家』で、食事を通じて子供たちと向き合う『さくらの親子丼2』

前回と異なり、今回は親子丼だけではない様々な料理と、食事を通じて変わっていく子供たちの姿が見どころです。

主演の九十九さくらを真矢ミキが、『ハチドリの家』の運営者を名取裕子、柄本時生、相島一之が演じています。

シーズン1で数々の親子たちを救ってきたさくらは、今回大人を信用できない子供たちに希望の光を見せることができるのか、最後までお見逃しなく!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「さくらの親子丼2」の感想

40代男性
「泣きたい時は泣けばいい。涙の粒だけ幸せの花が咲くんだから」この言葉に救われた人も多いと思います。シンプルだけど本当に響く言葉だなと。そして深い愛情があるなと私は感じました。私にも娘がいますが、この言葉はすごくわかります。ここまで理解してあげて助けてあげられるような親になりたいなと改めて思いました。
20代女性
真矢みきさんのおばちゃんっぷりがめちゃくちゃいい!こんな肝っ玉お母さんみたいな人が私も必要。でもとにかく闇の深い虐待。こんなことある?と疑ってしまう部分もありましたが、そんなところを見ると、私がいかに幸せに生活できているのかを気付かされた。親と子が一緒じゃなきゃいけない.意味が深い親子丼だな〜でも本当美味しそう。
50代男性
食事を通して家庭環境に問題のある子供達に立ち向かっていくさくらさん。見ているとほっこり温かい気持ちになれました。この問題は今でも社会問題とまでされていますが、こんな場所がこれからも必要とされるんだろうなと思いました。このドラマを見ていると、人は誰かと繋がることで未来に希望が持てるんだろうな〜と感じました。

まとめ

以上、真矢みき主演のドラマ「さくらの親子丼2」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

行き場を無くした子どもたちに無償で親子丼をふる舞い続けた古本屋の店主・九十九さくら(真矢ミキ)のハートウォーミングストーリーのパート2!

シェルターの食事スタッフとして、食を通じ子ども達と向き合います。

FODプレミアムでさくらの親子丼2の動画は全て無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴