ドラマ|恋ノチカラの動画を1話から無料で見れる動画配信まとめ

2002年1月〜3月まで深津絵里主演で放送のドラマ「恋ノチカラ」

本作は、迷える30代OLが仕事に恋に奮闘していく成長ストーリー。

深津絵里演じる30歳の主人公が、転職をきっかけに自分の人生に前向きになっていく痛快な展開です。

ドラマ「恋ノチカラ」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムの無料期間を利用すると、ドラマ「恋ノチカラ」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「恋ノチカラ」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「恋ノチカラ」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムは通常月額888円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:FODプレミアム)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「恋ノチカラ」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「恋ノチカラ」に出演している深津絵里の出演作品

  • 彼女たちの時代
  • スローダンス
  • CHANGE

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「恋ノチカラ」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「恋ノチカラ」の動画まとめ

ドラマ「恋ノチカラ」は、FODプレミアムで全話無料視聴できます

(画像引用元:FODプレミアム)

FODプレミアムは2週間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「女30歳さようなら終身雇用!!これはあなたの物語」
本宮籐子(深津絵里)は大手広告会社ユニバーサル広告社に勤める30才のOL。今は恋人もいないし、仕事もクリエイティブから庶務課に移り、何ごともなく平穏に過ぎていく日々を送っている。後輩たちが噂するクリエイティブのやり手・貫井功太郎(堤真一)も、ひどく遠い存在のように感じる。 (引用元:FODプレミアム)

ドラマ「恋ノチカラ」1話のネタバレ
ユニバーサル広告社に勤務する本宮籐子(深津絵里)は30歳のOL。恋人もいなければ、クリエイティブとして入った会社も今は庶務課に移動して、毎日が安泰で穏やかに過ぎていた。

貫井功太郎(堤真一)はクリエイティブの中でもやり手の存在で、自分とは大きな距離を感じていた。

そんな貫井が広告業界で注目を集める若手のクリエイター木村壮吾(坂口憲二)と一緒に独立し、起業することになったことを聞く。

しかし、なぜかその一員に加わってもらいたいと籐子に声がかかったのだ。戸惑いが隠せない藤子だったが、覚悟を決め、新たな一歩を踏み出そうと決める。

しかし新会社に出社したその日に人違いだと貫井からいわれてしまい・・・。

この会社に来るために会社も辞めて全てを捨てて来た藤子は唖然とするが、この責任は何としても取ってもらおうと貫井に迫る。

ドラマ「恋ノチカラ」1話の感想
30才という年齢は私生活においても仕事においてもこのままでいいのかなと考える頃でもありますね。
クリエイティブとして入社した藤子は今は庶務課にいて、そこそこ平和な毎日は送れていてもどこかに物足りなさがあったのかもしれません。元々は藤子もクリエイティブとして入社したのですから、クリエイティブで輝く貫井が会社を起こすなら自分も一歩踏み出してみようと決断できたのではないでしょうか。それにしても入社初日に人違いだと普通言うでしょうか?もう既に会社も辞めて来ているというのに、藤子が怒る気持ちもよく分かりますね。こんな関係で始まった会社、人間関係ですがこれからどうなっていくのか楽しみです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「30歳OL そして恋が始まる!!」
意気揚々と独立したものの、貫井(堤真一)の新会社は元上司の吉武(西村雅彦)の妨害にあい、早くも頓挫してしまう。だが籐子(深津絵里)の「まだ何もはじまってない!」の一言もあり、貫井と木村(坂口憲二)は再び得意先回りなどをはじめた。(引用元:FODプレミアム)

ドラマ「恋ノチカラ」2話のネタバレ
誇らしげに独立した貫井(堤真一)だったが、以前の会社の上司の吉武(西村雅彦)の妨げにあい、新会社は暗礁に乗り上げていた。

しかし、何も始まっていないうちに諦めている貫井達に、藤子(深津絵里)はゲキを入れると、二人は改めて得意先を回り始めるのだった。

努力の甲斐あって、製薬会社とのコネクションをつけるチャンスを作ってきた木村(坂口憲二)だが、貫井はそれがその会社の宣伝部長の娘とデートすることだと聞くとドン引きする。

木村が予想外のハプニングで行けなくなってしまい、デートには代わりに貫井が向かうのだった。

貫井の代理のデートの支度を手伝いながら、嬉しいのか悲しいのか分からないような複雑な思いでいた藤子だった。

しかし心配した通り、デートにきた長谷川郁子(菅原禄弥)は、相手が木村ではなかったこと気落ちして帰ってしまう。

結局、デートに失敗した貫井だったが、意外にも郁子の友達と楽しい時間を過ごすのだった。

しかしその女性・春菜(矢田亜希子)はなんと藤子のルームメイトだった。

ドラマ「恋ノチカラ」2話の感想
藤子は中々、この会社の中でムードメーカーになってますね。ちょっとした貫井と藤子の掛け合いが事務所の雰囲気を良くしているように見えます。以前の会社の上司が邪魔しても、藤子の言葉に貫井も木村も気持ちを切り替えて頑張れてよかったです。しかしせっかくコネを作った会社なのに、木村が行けずに女性に不器用そうな貫井が代わりに行って、藤子が心配した通りうまくいきませんでしたね。その場を任された女性と良い時間を過ごせた貫井ですが、その女性は藤子のルームメイトの春菜でした。まだそのことはお互い知らないようですが、これから3人の関係性もどんな展開を見せるのか楽しみです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「女が嘘をつくとき」
貫井(堤真一)と偶然にもまた食事ができて、春菜(矢田亜希子)は大喜び。籐子(深津絵里)は、製薬会社の宣伝部長である父親とコネを作るためだったとは言いだせず、またしても、4人での食事会をセッテングする。(引用元:FODプレミアム)

ドラマ「恋ノチカラ」3話のネタバレ
春菜との食事会は製薬会社の宣伝部長をしてる父親とのコネづくりの為だとは言えなかった藤子(深津絵里)だったが、春菜(矢田亜希子)は貫井(堤真一)と思いがけず食事が出来たことを喜んでいた。

今日、貫井達と食事をすると春菜から聞いていた郁子(菅原禄弥)がその場にやってきて、壮吾(坂口憲二)達の考えをその場で明かしてしまい春菜はショックを受ける。

その思惑を知っても、貫井に好意を持っていた春菜は食事のお礼として企画書を父に持っていくと約束してくれた。

それから貫井たちは3人の意見を反映した企画書を作成して春菜に託す。

しかし、春菜の父の堅(児玉清)は、貫井の力を知っているだけにこうした方法を取った事を嫌い、その企画書を受け取らなかった。

今のままでは貫井、そして壮吾の努力が無駄になってしまうと考えた藤子は、堅に会いに行くことを決める。

ドラマ「恋ノチカラ」3話の感想
純粋な春菜を騙す形になってしまう藤子も辛い立場ですね。藤子にとって春菜は友達であり、自分の会社の仕事相手にもなろうという相手の娘という、微妙な立場なのでどちらともバランスを取りながら接しなくてはいけない感じになってしまっています。春菜を利用して企画書を上手く自分の手に渡そうとした目論みは、春菜の父親には受け入れられませんでしたね。春菜の父親は宣伝部長ですから、貫井の活躍も仕事ぶりもきっと知っていたと思いますので、まっすぐ勝負せずに姑息な手を使ったと感じたかも知れません。ただ、良い企画を作るために努力した事は事実なので、藤子が春菜の父親に会いに行くという思いも分からなくはないですが、それを堅がどう思うかですね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「クレームの嵐!!求む営業マン」
「貫井企画」初の大仕事、広小路製薬との仕事が動きはじめた。貫井(堤真一)と壮吾(坂口憲二)は、大張り切りで打ち合わせなどに動いている。籐子(深津絵里)は、そんな様子を春菜(矢田亜希子)に話しながら、落ち着いたら四人で祝賀会をやろう!というのだった。(引用元:FODプレミアム)

ドラマ「恋ノチカラ」4話のネタバレ
広小路製薬との仕事は貫井企画にとって初めての大仕事だった。活発に打ち合わせに動き回る貫井(堤真一)や壮吾(坂口憲二)の様子を春菜(矢田亜希子)に話す籐子(深津絵里)は、この仕事が落ち着いたら皆で祝賀会をしようといった。

しかし、この仕事が藤子の尽力で取れた事を知っているだけに春菜は心から喜ぶ心境ではなかった。

しかも本当のことを貫井にも話してはいなかった。

そんなある日、どう見ても不合理と思われるクレームが貫井企画に持ち込まれる。

その相手を半ば強引に追い返した貫井は、こういう時のために営業が必要だと考えていた。

それを聞いた藤子は、吉武(西村雅彦)をユニバーサルから引き抜いてはどうかと話し、吉武の説得に向けて動きはじめる。

ある日、春菜は貫井との久々のデートの場で、本当は藤子のおかげで広小路製薬の仕事を取ることが出来たことを打ち明けて・・・。

ドラマ「恋ノチカラ」4話の感想
藤子は自分が直談判して春菜の父親に企画書を見てもらった事でこの仕事を取れたということを貫井達に言っていなかったのですね。自分たちの力で仕事が取れたと思っている貫井がこの事を知ったらどう思うでしょうか。自分の力で仕事が取れたというプライドがあると思うので、怒ってしまうのかも知れませんが、藤子が二人に言わなかった気持ちをわかってあげてほしいです。貫井企画の営業に吉武を引き抜こうとしてますね。確かに営業がいれば、今回の広小路製薬の件も堂々と会社に持ち込んで正当に企画を勝ち取れた可能性もありますし、藤子の負担が少し軽くなるのかなとも感じます。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「キス!キス!キス」
籐子(深津絵里)の引き抜き話にのってくれたのか、「貫井企画」に吉武(西村雅彦)がやってきた。壮吾(坂口憲二)は、以前は「貫井企画」の妨害をしていたのに・・・と吉武のことを認めようとしないが、貫井(堤真一)は、今は仕事に集中する時とばかりに、とりあえず様子を見守ろうとする。(引用元:FODプレミアム)

ドラマ「恋ノチカラ」5話のネタバレ
吉武(西村雅彦)は籐子(深津絵里)の引き抜きの話に応じてくれたのか、貫井企画にやってくる。

以前、仕事の妨害をされたことがあり吉武の事を認められない壮吾(坂口憲二)に対して、仕事に注力するべきとばかりに貫井(堤真一)の方は見守る姿勢でいた。

しばらくして貫井達は抱えていた案件を無事に終えて打ち上げをしていると、藤子が春菜(矢田亜希子)に対する思いを貫井に問いかける。

そして、春菜(矢田亜希子)の事をデートに誘い、お詫びにキスでもするようにといい出すと、壮吾とともにムード作りなどを貫井に授けるのだった。

しかし、その後に思いがけずにはずみでキスしてしまった貫井と藤子。

二人はこの事は無かったことにしようとその出来事を収めようとするが・・・。

数日後、久々に会った春菜から突然告白された貫井は、言葉をなくしていた。

ドラマ「恋ノチカラ」5話の感想
吉武が営業として来てくれそうなのは良かったですが、以前仕事のじゃまをされた事が壮吾には引っかかっているんですね。ただ、営業がいれば貫井も壮吾も企画に集中できるので貫井企画としてはやはり必要かもしれないですが・・・。藤子と貫井はいつも些細なことで小競り合いばかりしていてお互い、恋愛対象ではなさそうでしたが、物の弾みでキスしてしまったことからお互いを少し意識するようになってしまったのかなという感じです。そんな時、春菜から告白されてしまう貫井。まっすぐに好きですと貫井にいえる春菜が清々しくてかわいいですね。
もし藤子が貫井を好きになってしまった場合、春菜と藤子、二人の関係はどうなってしまうのでしょう。ちょっと心配ですね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「大問題発生!!会社が倒産する」
壮吾(坂口憲二)が担当していた広小路製薬のパンフレットにミスが見つかった。貫井(堤真一)は、「安心して仕事を任せることもできない!」と責めるが、籐子(深津絵里)は最近仕事に集中できていない壮吾の様子が気にかかっていた。(引用元:FODプレミアム)

ドラマ「恋ノチカラ」6話のネタバレ
広小路製薬のパンフレットにミスが見つかり、貫井(堤真一)から仕事を安心して任せられないと責められた壮吾(坂口憲二)。

この頃、仕事中に気が散っている壮吾の様子を感じていた藤子(深津絵里)は、コソコソ誰かに電話している壮吾の様子をみて、引き抜きの話でもきているのではと半ば冗談を言う吉武(西村雅彦)の言葉に不安を感じていた。

しかし、好きな女性がいて悩んでいる事を壮吾から打ち明けられた藤子は少し安心していた。

そんな時、明日、広小路製薬のイベントで使用するハーブの種がフェンネルではなく、違うものが届いてしまうというミスが生じる。

藤子は、春菜(矢田亜希子)とデート中だと知っていた貫井には知らせずに、二人でどうにかしようと心当たりがある店にフェンネルの種を探して片っ端から連絡を取っていた。

しかし、たまたま事務所に立ち寄った貫井は、そのフェンネルに思い入れがあってこだわっていた壮吾の気持ちも聞かずに代わりのもので最悪の事態を乗り切ろうとする。

ドラマ「恋ノチカラ」6話の感想
壮吾のミスが色々な所で出てしまっていますね。元とはいえばやはり仕事に集中できなかった壮吾が悪いのですが、このイベントが失敗すれば貫井にも当然責任がありますから、そのミスを穴埋めするためにデート中だから貫井に報告しなかったというのはどうなのかなと思います。ただこのイベントを企画した壮吾は、ハーブの種なら何でもいいわけではなくて、フェンネルにしたかった理由や思いがありましたが、貫井はどうせ風船でとばしてしまうんだからどんな種でもいいと行って代用品の種で済まそうとしましたね。藤子は貫井が前に話していた「お金や評価をもらえても、自分が楽しくなかったら意味がない」という言葉をそこで貫井に伝えます。貫井と壮吾の関係性をさり気なくフォロー出来る藤子の存在は結構大きいですね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「悲しいとき近くにいてほしい人」
その日、貫井(堤真一)、籐子(深津絵里)、壮吾(坂口憲二)らは大幅ダウンの給料に、あらためて『貫井企画』の危機を感じた。吉武(西村雅彦)は、このままでは会社の存続そのものも危ういという。そんな、なんとなく重いムードに包まれていた『貫井企画』に香里(久我陽子)がやってきた。(引用元:FODプレミアム)

ドラマ「恋ノチカラ」7話のネタバレ
大幅に下がった給料に、貫井(堤真一)を始め、藤子(深津絵里)や壮吾(坂口憲二)も危機感を持つ中、貫井企画を続けられるかどうかというぐらいの状況だと吉武(西村雅彦)から言われてその場は重い雰囲気に包まれた。

そんな中、壮吾の同郷の女性・香里(久我陽子)が貫井企画にやってくる。吉武も貫井も香里の事を興味深く見ていたが、藤子が香里に対して気遣う様子に、吉武は壮吾と香里の関係を察していた。

人妻の香里を好きな壮吾の気持ちを貫井は理解出来ずにいた。

数日後、吉武の働きによって大手リゾート会社と年間の契約にようやく結びついた貫井企画だったが、その会社は貫井の腕やセンスを無視するような要求を次々してくる。

クライアントの要望が大事で、今の会社の状況を考えるようにと吉武にたしなめられた貫井は、仕方なしにその要求に応じようとしていた。

しかし貫井の作品を見た藤子は、どうも納得がいかない。一方で香里と暮らそうと決めていた壮吾に待ち受けていたのは辛い現実で・・・。

ドラマ「恋ノチカラ」7話の感想
貫井の良さやスキルを発揮できる仕事ではないけれど、今の貫井企画を考えるとこれを引き受けなければ会社が危ういという中、自分の思いを度外視してでもやるしかないという状況ですね。仕事なのでクライアントの要望を満たすことが大事という吉武の言うこともよく分かりますし仕方がない部分もあると思いますが、貫井には貫井らしい仕事をして欲しいという藤子の思いも分かります。会社がなくては仕事が出来ないし、クリエイターとしては自分の納得の行く作品を作るべきという難しい問題ですね。壮吾も香里との関係に結論が出そうで、どうなるのか気になります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「急展開!?元カレ突然の帰国!!」
籐子(深津絵里)は、「貫井企画」スタート当初から付き合いのあった楠木文具の新たな依頼も一手に任されることになり内心大喜び。ようやくこの事務所に自分の居場所を作れたような気分になった。そんな中、籐子は春菜(矢田亜希子)から兄・勇祐(谷原章介)が一時帰国していることを聞く。(引用元:FODプレミアム)

ドラマ「恋ノチカラ」8話のネタバレ
貫井企画の会社設立の当初から付き合いのある楠木文具の新しい依頼を一手に担う事になり、藤子(深津絵里)はとても喜んでいた。

自分の居場所をようやくこの事務所の中に作れた、そんな気分だった。ある日、兄の勇祐(谷原章介)が一時帰国したと春菜(矢田亜希子)から聞いた藤子は、3年ぶりに再会をすることになる。

2人はかつて付き合っていたのだ。藤子と勇祐の様子を間近で見ていた春菜から、まだ2人の中に好きという思いがあるようだと聞いて、貫井(堤真一)の心中は複雑だった。

春菜が感じていた通り、勇祐は藤子に再びプロポーズしやり直したいと告白する。心の中には貫井への思いのある藤子は思い悩むが、貫井から、「明日にでもミラノへ行けばいい」と言われてしまい・・。

壮吾(坂口憲二)はそんな藤子の思いを察していたが、壮吾が感じている以上に藤子は大きなショックを受けていた。

ドラマ「恋ノチカラ」8話の感想
貫井と藤子、2人の関係が微妙な雰囲気になってきましたね。そして展開によっては春菜との関係も気まずくなりそうで、藤子にとってはつらい状況が続きます。藤子は春菜の思いを知っているので貫井が好きだとは言えないし、思っていても自分の気持ちを押さえるつもりでしょうね。ともすれば、勇祐とやり直したら貫井の事が吹っ切れると心のどこかで思っているような気がします。貫井がどっちつかずでいるのが大きな要因じゃないかと…。貫井さえはっきり自分の気持ちを示してくれたら、こんなに迷ったり悩んだりすることもないのですけどね。これからどうなってしまうのでしょうか。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「二人きりの夜」
ある雑誌に、ユニバーサルで貫井(堤真一)の後輩だった中沢(東根作寿英)が貫井を中傷する記事が掲載された。籐子(深津絵里)と壮吾(坂口憲二)は貫井が傷つくことを心配するが、貫井の全く気にも止めていない様子を見て一安心。(引用元:FODプレミアム)

ドラマ「恋ノチカラ」9話のネタバレ
貫井(堤真一)は、ある雑誌の中で自分の後輩であるユニバーサルの中沢(東根作寿英)の記事を目にする。

それは貫井のプライドを傷つけるような内容で、壮吾(坂口憲二)や藤子(深津絵里)は心配するが、当の本人はそれを気に留めている様子もなかったので安心していた。

しかし、この後から過去に携わった仕事が評価をうけて新しい仕事のオファーが来たり、吉武(西村雅彦)が取ってくる仕事の指名を受けたり、次々と仕事が舞い込む壮吾の様子に、貫井は苛立ちを隠せずにいた。

雑誌に載っていた中沢の記事を思い出し、その時に抱いたそこはかとなく感じた不安が現実になったような感じで…。

そこには壮吾が仕事に追われ、貫井も藤子とともに雑務を片付ける以前とは全く異なる貫井企画の光景があった。

一方で、貫井と藤子の距離がどんどん近づいているようにみえる春菜(矢田亜希子)は胸を痛めていた。

そんな時、あるパーティーの席で貫井は偶然、中沢と顔をあわせる。

中沢から聞かされたショッキングな事実は貫井のプライドや自信を大きく傷つけ、貫井は 茫然自失となり泥酔してしまう。藤子は心配でそんな貫井に付き添うが…。

ドラマ「恋ノチカラ」9話の感想
クリエイターという仕事柄、どうしてもいい時と悪い時はあるのかもしれませんが、仕事の流れが自分に向いていない時、後ろ向きな事を書かれた記事を見てしまったら複雑な気分ですよね。壮吾にばかり仕事が行ってしまう状況で、自分には本当は実力がなかったのでは、才能がなかったのではと思い込んでしまう貫井の気持ちもわかるような気がします。皆が貫井のことを気遣って振る舞うほど、返って傷ついてしまうということってあると思います。貫井が自暴自棄になって、もう事務所を抜けると口にすると、藤子は貫井に思いっきり活を入れますね。こんな時に貫井に活を入れられる人はやはり藤子だけなのかなと思います。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「さようなら」
貫井(堤真一)は、辛い状況ではあるが共に頑張っていきたいといい、籐子(深津絵里)たちを安心させる。そんな時、籐子が楠木文具の社長(志賀廣太郎)から百周年企画に関する広告の件を打診されてきた。何とか社長の力になりたいと思う籐子に、貫井が協力を申し出てきた。(引用元:FODプレミアム)

ドラマ「恋ノチカラ」10話のネタバレ
藤子(深津絵里)達は辛くても一緒に頑張りたいと言ってくれた貫井(堤真一)の言葉に安心していた。

そんな時、楠木文具の社長(志賀廣太郎)から会社の百周年企画の為の広告の打診が藤子に入る。

藤子はどんな形にしろ社長に協力出来たらと考えていたが、貫井が手掛けている大手の化粧品メーカーの仕事を断ってまでも楠木文具の広告の件をサポートをすると申し出てくれた。

情熱を持って楠木文具の仕事に没頭する貫井の姿は、昔の貫井と全く変わらないことに藤子は嬉しさを感じていた。

一方で藤子と貫井、2人のことが気になって仕方のない春菜(矢田亜希子)は、思い悩んでいた。

藤子のことも何気なく避けてしまうのだった。又、このような状態が続くのはお互い良いことではないと藤子自身も思うようになっていた。

貫井に会った春菜は、貫井にとって自分は何なのかと投げかけるが・・・。

ドラマ「恋ノチカラ」10話の感想
なんとなくはっきりさせないでここまで来た3人の関係ですが、お互い苦しくなってきましたね。春菜は、仕事で毎日顔をあわせる藤子と貫井の事が気になって仕方がなく、藤子も又、貫井と一緒に仕事をしている時は感じさせないようにしていますが、仕事仲間でいる事が次第に辛くなっているなと感じます。春菜にもはっきりせず何となく付き合い続け、藤子に対しても好きなような様子は見せるものの、ハッキリと思いを伝えることはしていない貫井の態度が一番の問題のような気がします。それとも貫井が鈍感すぎるのか・・・。このままでは春菜と藤子、どちらも傷つけてしまう上、春菜と藤子の2人の関係にもヒビが入ってしまいそうです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話「幸せはかならずやってくる!!今夜あなたの上にも」
楠木文具の仕事をやり遂げた籐子(深津絵里)は、『貫井企画』を辞めた。呆然とする貫井(堤真一)と壮吾(坂口憲二)に、「すでに決まっていたこと」と吉武(西村雅彦)はいう。真季(猫背椿)のところに転がりこんだ籐子は、就職活動をするもなかなか職は決まらず…(引用元:FODプレミアム)

ドラマ「恋ノチカラ」11話のネタバレ
藤子(深津絵里)は楠木文具の仕事を最後に貫井企画を辞めてしまう。

吉武(西村雅彦)は既に決まっていた事だと説明するが、貫井(堤真一)も壮吾(坂口憲二)も唖然とする。

藤子は 真季(猫背椿)の家に転がり込んでいたが、次の就職先も全く決まらず、真季の姉を頼ると冴えない男を紹介されて永久就職を進められる始末だった。

数日後、企画した商品の反響があまり良くないことを詫びる為にやってきた楠木文具で貫井は藤子に偶然再会する。

例の冴えない男とのデートがなくなり、藤子は最後の思い出を作るつもりでその一日を貫井と楽しく過ごした。

そしてその翌日、貫井企画をたたむ事を決めたと言う貫井に、壮吾は貫井の力になって欲しいと頼まれるが、藤子はそれは自分ではなく、春菜(矢田亜希子)のやることだと答えるのだった。

春菜が図書館司書の仕事が決まった報告を貫井にすると、貫井は急に真面目な顔で話があると春菜に切り出し…。

一方で倒産寸前の楠木文具にエンピツネズミの注文が次々と来たことで貫井企画は経営を持ち直す。

壮吾から誘われた藤子はそのお祝いに参加する。

事務所での2次会が行われ、気を利かせた吉武と壮吾が買い出しに出かけて…。

ドラマ「恋ノチカラ」11話の感想
藤子は貫井の事が好きで、でも貫井には春菜がいて…それでも会社で会えば無理をしてでも笑っていなくてはいけないという状況、かなりきついかもしれませんね。毎日、会社で会うことが当たり前、そこにいるのが当たり前だと思っていた貫井は、藤子がいなくなって初めて自分が藤子が好きだったということに気づきます。もっと早く藤子の気持ちに気づいてあげて欲しかったなと思いましたが・・・。春菜も貫井と藤子の関係に嫉妬していましたけど、お互いに躊躇なく言い合える関係は仲の良い証拠ですし、壮吾や吉武でさえ気がついていたようにも思いますが、貫井当人はそれが好きということだという自覚がなかったのでしょうね。ちょっと気づくのが遅すぎましたが・・・。色々遠回りしましたが、最後ハッピーエンドの結末で良かったです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、FODプレミアムなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「恋ノチカラ」の概要

冬の東京を舞台に都会で暮らす三十代の男女の、等身大のハートフル・ラブストーリー。

大手広告代理店に勤める30歳の本宮籐子(深津絵里)。

かつて同じ課だった貫井功太郎(堤真一)を遠い存在に感じていた。

そんな中、貫井が独立。会社を興し、籐子も加わって欲しいという依頼が舞い込む。(引用元:テレビドラマデータベース)

ドラマ「恋ノチカラ」の出演者、放送情報

本宮籐子:深津絵里
貫井功太郎:堤真一
倉持春菜:矢田亜希子
木村壮吾:坂口憲二
寺石香里:久我陽子
須田真季:猫背椿
長谷川郁子:菅原禄弥
楠木賢明:志賀廣太郎
吉武宣夫:西村雅彦

主題歌:小田和正「キラキラ」

制作:フジテレビ

放送:2002年

ドラマ「恋ノチカラ」の見どころ

本作は、30歳のシングルOLが、色褪せていた仕事・恋愛を取り戻していく物語。

30代の悩めるOL・本宮藤子役を深津絵里が熱演!

最終回視聴率は20%を叩き出した人気作です。

仕事に失敗、毎夜お酒をあおる生活を続けていた藤子。

憧れの先輩・貫井(堤真一)からヘッドハンティングがあり、結果それを受けましたが実は人違いだったと告げられ・・・!

この作品の面白い所は、多彩な登場人物・目の離せないストーリーに加え、

別ドラマ「やまとなでしこ」の伏線も大いに張っていること。

同ドラマを観たことある方は思わずクスッとする仕掛けが満載ですよ。 

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「恋ノチカラ」の感想

40代男性
30代に入ったことで、20代とは同じように気軽に恋ができないと思い始めた主人公藤子を演じるのは、深津絵里さん。仕事も頑張りたい!恋もしたい!そんな葛藤していてる女性を描くドラマでした。すごく悩みに共感できて、勇気がもらえるドラマでした。仕事を頑張っているだけなのに、なんで女ってだけで信頼されないのか、まだまだ男尊女卑を感じる世の中ですよね。
20代女性
深津絵里さん、堤真一さんの、ラブストーリーでした。本当に素敵すぎて、大好きなドラマです。ラブコメディだけではなく、30代の独身女性が働く姿をポジティブに描く、勇気がもらえるドラマでした。結婚も恋愛もうまく行かず、仕事も楽しくない日々を過ごす深津絵里演じる藤子。駆け抜けて生きていく堤真一演じる貫井に、仕事観・人生観の刺激を受けて、だんだんと変わっていく様子に、惹かれて見てました。
30代女性
堤真一さん演じる貫井さんが、めちゃくちゃかっこよかったです!会社で人気クリエイターという地位があったのに、それを脱ぎ捨てて独立。あっという間に人会社が軌道に乗るかと思いきや、そんなに世の中は甘くないんですよね。それでもぶつかっていく、仕事観や人生観に、とても勇気をもらいました。堤真一さんの優しさに、男気に惹かれて、ファンになっちゃいました。

まとめ

以上、深津絵里主演のドラマ「恋ノチカラ」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

30代になり、恋愛も仕事も諦めていた主人公。

ふとした人違いから一緒に会社を立ち上げていく仲間との人生挽回ストーリーに、ドキドキが止まりません。

FODプレミアムで恋ノチカラの動画は全て無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴