ドラマ|かすていらの動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2013年7月〜8月まで遠藤憲一主演で放送のドラマ「かすていら」

本作は、さだまさしが父に捧げた同名小説を基にドラマ化された作品。

昭和30年代の日本の暖かい世界の中、遠藤扮する破天荒な父親が贈る痛快・ハートフルドラマです!

ドラマ「かすていら」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「かすていら」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「かすていら」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「かすていら」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「かすていら」のDVD(全2枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みで、ドラマ「かすていら」のDVD全2枚は注文すると在庫があれば全て同時に発送されます。

また、ドラマ「かすていら」に出演している遠藤憲一の出演作品

  • 民王(全4枚)
  • バイプレイヤーズ ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~(全4枚)
  • 湯けむりスナイパー(全4枚)

も取り扱いされているので、一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「かすていら」に出演している遠藤憲一の出演作品がたくさん揃っています。

  • お義父さんと呼ばせて
  • HOPE~期待ゼロの新入社員~
  • ストロベリーナイト アフター・ザ・インビジブルレイン
  • ドクターX ~外科医・大門未知子~5
  • 民王スペシャル~新たなる陰謀~

etc…

著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがない作品は多くあります

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われているのです。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「かすていら」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「かすていら」の動画まとめ

ドラマ「かすていら」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「お引越し」
佐野雅志は小学5年生。材木仲介業の父・雅人と母・喜代子の長男。弟・繁理、妹・玲子、祖母・エンと5人家族。佐野家は長崎の一等地の大きな家に住んでいた。今年の雅志の誕生日、雅人は初めて誕生会を開いてよいと言い出す。(引用元:NHK)

ドラマ「かすていら」1話のネタバレ
長崎県に住んでいる佐野雅志(大八木凱斗)は、大きな家に生まれました。

両親と祖母、弟と妹の5人で仲良く暮らしています。はじめて”お誕生日会”を許可して貰い、雅志は大喜びです。

一方で、そんな息子の姿を見ている母親・喜代子(西田尚美)と祖母・エン(佐々木すみ江)の内心は複雑でした。

一家の大黒柱である雅人(遠藤憲一)が、多額の借金を背負っていたのです。

困っている人を放っておけない性格のため、借金の保証人になり、佐野家は今の生活を手放すことになりました。

しかしそれを子供たちに伝える日はまだ決めていません…。

雅志の誕生日が訪れました。友達を招待し、盛大なパーティーが開かれます。

楽しそうな雅志ですが、祖母がくれた贈り物は「おにぎり」でした。

例年、豪華なプレゼントを用意してくれるのに、いつでも食べられるものを受け取り、雅志は怒ってしまいます。

ドラマ「かすていら」1話の感想
さだまさしさんの小説を原作にしたドラマですが、こんな経験をされていたんですね!意外です。雅人が借金をしても、喜代子とエンが前を向いていることに胸を打たれました。最後のごちそうが美味しそうでした!雅志と同じようにおにぎりが食べたくなりましたね。タイトルにもなっているカステラは、今でも品のあるお菓子のイメージです。当時からすると、より特別なものだったのかなーと思います。裕福な生活は、これにて終了となります…。お誕生日会の華やかさが印象深いですが…。ザ・昭和といった雰囲気の作風で、エンケンさんが役柄にぴったりだなと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「バトンタッチ」
貧しい長屋生活。雅人は職が無く、福岡の炭鉱に出稼ぎに出ることに...父の不在に家族を守ると雅志は父と約束する。雅人の留守に内職を始めた喜代子...雅志はバイオリンを続けることを疑問に思い始め、夜なべ仕事の喜代子を気遣うが、喜代子は貧乏でも自分には大きな「夢」があると打ち明ける。(引用元:NHK)

ドラマ「かすていら」2話のネタバレ
豊かな暮らしが一変し、貧乏になった佐野家は、長屋で生活することになります。

父・雅人(遠藤憲一)は新しい職を周りでは見つけられず、長崎から福岡に出稼ぎに。

出発前、息子・雅志(大八木凱斗)に家族を任せると言い残します。

夫の雅人がいない間は、内職に勤しむことにした妻の喜代子(西田尚美)は夜遅くまで仕事を続けるのでした。

その様子を見ていた雅志は、自身がバイオリンを習い続けている状況に後ろめたさを感じます。

母親にお金の心配を伝えると、雅志の夢は自分の夢だと伝えられるのです。

そんな頃、年老いた祖母のエン(佐々木すみ江)が倒れてしまいます。

この間まで元気だったエンですが、肺炎を患い入院することに…。更に雅人の留守を狙って、佐野家にやって来た借金取りの赤嶋組。

雅志のヴァイオリンを見つけ持ち去ろうとするので、喜代子は刃物を手に握るしかありませんでした…。

ドラマ「かすていら」2話の感想
借金の肩代わりをすることになった雅人によって、佐野家は大変な状況に陥りました。それでも前を向いて頑張ろうとする健気な姿には涙が出ます。雅人は今回、家族を養っていくために炭鉱に行きました。炭鉱は、沢山の人が命を落とす場所です。戦争を耐え抜いた男性でも、なかなか手を出そうとは思わない仕事です。また、喜代子は内職に励むことに…。両親が苦労しているのを目の前にした雅志の気持ちと、それに対する母親の暖かい言葉が印象的でした。また、押しかけてきた借金取りへの抵抗の仕方が、夫婦揃って迫力がありましたね。生き抜いていくには、強くなきゃダメなんだとよく分かりました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「バラの花」
相変わらず定職の無い雅人。隠れて内職をする喜代子に、雅志と繁理は学校の給食費の納金を言い出せないでいた。そんな子供たちの気遣いに喜代子は涙を流す。日雇いの仕事を続ける雅人と内職の喜代子、爪に火をともすような生活の中で雅志は喜代子に「幸せ」なのかを問う...(引用元:NHK)

ドラマ「かすていら」3話のネタバレ
職に困っている一家の大黒柱である雅人(遠藤憲一)。そして旦那の陰に隠れ、こっそりと内職をしている喜代子(西田尚美)。

家庭の事情を分かっている子供の雅志(大八木凱斗)と繁理(坂口湧久)は、学校の給食費について黙ることしかできませんでした。

2人が給食を食べない代わりに学校を休むと、先生が佐野家までやって来ます。

こうして子供たちの思いを知った喜代子は、涙を流しながら謝るのです。

そんな母を見て、雅志は思わず「ヴァイオリンを辞める」と言いますが、そこに父が帰宅し怒られました。

喜代子の内職もバレてしまいます。

まだ幼い雅志は、父の言動が理解できず、母親は幸せなのだろうか…と疑問に思います。

そんな中で、お祭りが行われます。

子供たちがお金に困っている様子を見て、雅人は大事な時計を売ってまでして、どうにかまとまったお小遣いを用意しました。

家族で参加すると、風船屋があります。

繁理に協力して貰い、玲子(新井美羽)は風船を手にすることが出来たのですが…。

ドラマ「かすていら」3話の感想
給食費、風船屋と子供たちが家族を気遣う姿が印象的な3話でした。子供ならではのアイデアでその場をどうにかしようとするも、やはり大人の手が必要で…。子供たちの想いを知った後に、感情を露わにする喜代子と雅人の切なさが強く伝わってきました。惨めな気持ちにはさせたくないのに、状況が許しません。子供たちも親の手を煩いたくないから、ああいった行動に出ている訳で…。とても仲の良い家族だからこその物語だなーと感じました。全員が他人を思いやることのできる、素敵な家庭です。雅志が雅人の苦労と優しさに気付いた、ちょっと大人になった回でした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「父のしごと」
バイオリンコンクールで雅志は準優勝。1位になれなかった雅志は自分の実力に疑問を抱き、家計を圧迫するバイオリンをやめたいと言いだすのだが、喜代子に「雅志の才能」を信じていると諭される。(引用元:NHK)

ドラマ「かすていら」4話のネタバレ
バイオリンの大会で見事準優勝した雅志(大八木凱斗)。

しかし厳しい家計の中習わせて貰っていたのに1位を獲れない自分に納得がいきません。

母の喜代子(西田尚美)に辞めると話すのですが、咎められます。

そんな中、友達に誘われて港に行った雅志は、アメリカ兵に「ギブミー」と話しかけチョコを手渡されます。

雅人(遠藤憲一)はこれに大激怒。長崎原爆を経験したが故、苦労をしてきた父親のことなどを知らない雅志は、前々から抱えていた父親の不満を口に出してしまいます。

「働かない」、息子に言われた雅人…。それから「銀行に就職した」と告げられ、佐野家は少し豊かな生活を送れるようになっていました。

けれども、雅人が本当に毎日足を運んでいたのは「血液銀行」だったのです。

自分の血を売って、それをお金にしていました。この事実を知った雅志は、食卓に並ぶご飯に罪悪感を感じます。

そして母に尋ねるのです。人はどのくらい血を失ったら死ぬのか、と…。

ドラマ「かすていら」4話の感想
今回は長崎を舞台にしたドラマだというのが、よく表れているなと思いました。原爆の恐怖を実体験してきた雅人だからこそ、あれだけ怒ったわけですが、まだ子供たちに話していないことは沢山あるのですね。雅志がこれから沢山のことを学んでいく子供だと、分かりました。自分の苦労を子供に簡単に口にしたくないですもんね…。難しい衝突です。また、血を売ってお金にしていた部分は胸が痛くなりました。「血液銀行」という単語を初めて知りましたし、これは食欲が失せる。雅志は心配になったとき、いつも喜代子に伝えますね。雅人とは、やっぱりちょっと距離があるみたいでもどかしくもありますが、成長していけばいずれ分かる!と思わせてくれる親子だと感じます。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「旅立ち」
6年生になった雅志。雅人も得意の木材の仕事に付き、佐野家の家計も少々持ちなおした。今年のバイオリンコンクール、家族全員で応援してきた雅志に大きな期待がかかる中、再び雅志の前に最大のライバルが立ちはだかる...(引用元:NHK)

ドラマ「かすていら」5話のネタバレ
あれから月日が流れ、雅志(大八木凱斗)は6年生になっています。雅人(遠藤憲一)は定職に就くことができました。

前職と同じ”木”を扱う仕事です。佐野家も少し安定を取り戻します。

そして、雅志は去年惜しくも2位だったバイオリンの大会に出場。家族全員で応援に駆けつけます。

しかし、結果は同じでした。東京に通っている子が2連勝です。そこで雅志にチャンスが訪れます。

レッスンをさせてほしいと申し込んできた演奏家がいたのです。

場所は東京。この話を承諾するには、沢山のお金が掛かります。

家計のことしか心配にない雅志に、雅人は「臆病者」と言い放ち、息子を決心させます。

雅志は、父親の夢や生き方に対する「すべては自分の責任」という言葉を胸に抱き、上京する日を迎えました。

出発の日、雅人は仕事で最後を見送れません。それでも、雅志は列車に乗っても父の姿を探してしまいます…。

ドラマ「かすていら」5話の感想
家族に支えられ、東京行きが決まった雅志!すっきりする最終回でした。費用はどうにか工面して、息子の夢の邪魔をしないようにする雅人。そして夢の責任は自分で取れと、男らしい言葉を語られた雅志。だから関白宣言みたいな曲の歌詞を書いたのか~とちょっと納得しましたが、良い家族でしたね。ドラマ自体は、戦後の長崎を舞台にしたことに意味があるような内容で、原爆に対する当時の人々の想いが描かれていたのが、とても心に沁みました。今まで知らなかったことを知れて、良かったです。最後にはタイトルの「かすてら」も登場しました。食べたくなります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA TVなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「かすていら」の概要

昭和38年、長崎――

バイオリンの音色とカステラの香りに包まれた、あたたかい昭和の家族の物語――

戦後、大きく成長していく日本の中で、貧しくも、明るく、懸命に生きた、あの頃、どこにでもいた昭和の家族。

明るくて、ちょっと迷惑で、それでも皆から愛された型破りな父親に、振り回されながらも強く結びついた母親と子供たち。――” (引用元:NHK公式)

ドラマ「かすていら」の出演者、放送情報

佐野雅人:遠藤憲一
佐野喜代子:西田尚美
佐野雅志:大八木凱斗
佐野繁理:坂口湧久
佐野玲子:新井美羽
佐野エン:佐々木すみ江
岡崎満喜子:円城寺あや
山口美代子:筒井真理子
岡崎民夫:比留間由哲
佳子先生:小野ゆり子
タモツ:松本聖海
ケンタ:平田敬士

原作:さだまさし

制作:NHK

放送:2013年

ドラマ「かすていら」の見どころ

本作は、さだまさしが60歳還暦を記念して刊行した、家族の自伝小説がベースとなったヒューマンドラマです。

昭和30年代、当時の温かい昭和の空気を感じる、さだの出身である長崎が舞台。

そこのとある家族のストーリーですが、何と言っても見どころは、遠藤憲一が熱演する破天荒な父・雅人の武勇伝。

一度は対立した警官との友情から、悪徳不動産との壮絶なストーリー、ヤクザとの不思議な絆・・・

スゴい男がいた!と言わずにはいられない物語が、全5話でしっかりと描かれていますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「かすていら」の感想

40代男性
アーティストのさだまさしさんが原作だったんですね、それを知らずに最初はドラマ視聴してました。関白宣言を歌っていたような人が作ったとは思えない内容でした。主演は遠藤憲一さんなのですが、主演を食うくらいの子どもたちの活躍。めちゃくちゃ感動しました。「自分が始めたことには自分で責任を取れ」という父親の教えを胸に、悔しさをグッとこらえて立ち向かって行く姿は良かったです。父親も我慢して、簡単に手助けしない様のもどかしさもすごく感じました。
20代女性
さだまさしさんの自伝ドラマのようですが、すごくいい家族の中で子供時代を過ごしたんだなーと思いました。昔ながらの日本家庭といいますか、遠藤憲一演じる父親が大黒柱として、どんと構えている。人としての生き方を教えてくれるいい作品でした。また主演しているキャストの方々の演技が良すぎて、入り込めました。ちょっとうるさい小学生たちも、5話通じて成長していく姿を見ていくことで、途中から愛くるしくてたまらなくなってきました。
50代男性
かっこいい父親・遠藤憲一でした!口が悪いけど、照れ隠しなんですね。本当は情にもろくて、困っている人がいると助けずにいられない性格。だから周りからも愛されているんでしょう、芯が通った男ってかっこいいし、憧れます。今のご時世では、なかなかお目にかかれない人物像。時代の流れで、今は草食男子・優しい男が求められている感じがします。今の世の中を一喝してほしい、そんのかっこいい父親を演じる遠藤憲一さんが好きになりました。

まとめ

以上、遠藤憲一主演のドラマ「かすていら」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

バイオリンの音色と、カステラの香りに包まれた暖かな家庭を描く本作。

人気歌手であるさだまさしの書き下ろしストーリーは、彼独自の柔らかな世界観が見どころです。

TSUTAYA DISCASでかすていらのDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴