ドラマ|神様もう少しだけの動画を1話から無料で見れる動画配信まとめ

1998年7月〜9月まで金城武・深田恭子主演で放送のドラマ「神様、もう少しだけ」

HIV感染をテーマにし、一人の女子高生と音楽プロデューサーとの恋を描いた衝撃作。

このドラマにより、主演の金城武と深田恭子が大ブレイクしました。

恋人を亡くし、空っぽの心で生きてきた石川啓吾(金城武)は、彼のファンである叶野真生(深田恭子)と出会い、惹かれていきますが、彼女はHIVに感染していて・・・?

ドラマ「神様、もう少しだけ」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムの無料期間を利用すると、ドラマ「神様、もう少しだけ」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「神様、もう少しだけ」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「神様、もう少しだけ」の動画は、FODプレミアムで見放題配信中です。

FODプレミアムは通常月額888円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:FODプレミアム)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「神様、もう少しだけ」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「神様、もう少しだけ」に出演している深田恭子の出演作品

  • 山おんな壁おんな
  • TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~
  • 隣の家族は青く見える

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「神様、もう少しだけ」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「神様、もう少しだけ」の動画まとめ

ドラマ「神様、もう少しだけ」は、FODプレミアムで全話無料視聴できます

(画像引用元:FODプレミアム)

FODプレミアムは2週間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「命を懸けた恋が今始まる・・・エイズウイルス感染の告知」
「啓吾!啓吾!」。熱狂的なコールを浴びても、人生に満たされないものを感じる啓吾(金城武)は無感動だった。サラリーマンや若者、ルーズソックスの女子高生らが行き交う東京・渋谷の街。トイレで着替え、化粧する女子高生らのなかに真生(深田恭子)がいた。真生は、そんな周囲に最近ついて行けなさを感じてもいた。(引用元:FOD)

ドラマ「神様、もう少しだけ」1話のネタバレ
カリスマ音楽プロデューサー石川啓吾(金城武)は常に虚無感に苛まれていた。

トイレを更衣室がわりにしてメイクするJK達の中にいる叶野真生(深田恭子)はそんな毎日に辟易としていた。

そんな真生が夢中になっているのが啓吾の曲。しかし啓吾のライブチケットを真生は無くしてしまう。

チケットはダフ屋から高額で買うしかなく、真生は援助交際で金を作ることにした。

しかし相手にしたテレクラ男(永堀剛敏)は約束を守ろうとせず激しく憤る真生だったが『俺も啓吾が好きだ』との言葉に心が動き2人は関係を持つ。

次の日、ライブが終わり真生が乗るTAXIが啓吾の車と遭遇。真生はTAXIから飛び出す。

そして歩道橋の上から”I LOVE KEIGO”の布をかざす。啓吾の視線と必死に訴えかける真生の視線が交錯する。

その後1人寂しく帰る真生の前に突如現る啓吾。何が起こったか分からない真生。

二人の間に言葉はいらなかった。2人は啓吾の部屋に入る。

無邪気な真生に啓吾は目を逸らす。真生はそんな啓吾を優しく抱きしめる。

啓吾にとって真生は心の中で大きな存在となった。

しかし3ヶ月後、2人はHIV感染という重く大きな現実と向き合うことになる。

ドラマ「神様、もう少しだけ」1話の感想
絡みつくような河村隆一の声で歌われる主題歌がインパクト大です。決して楽しさや明るさはないが、テーマにそったヘヴィな曲なのであまりリピートして聴きたくはないがこのドラマには最高にマッチしていました。啓吾の部屋で逆立ちしている深田恭子が可愛くてファンになった人は当時多かったです。またチケット手に入れるために援助交際したりタクシーから降りて走り出す姿には、我を忘れて突き進めるパワーを感じ少し羨ましさを感じました。テレクラ男役の永堀剛敏さんは申し訳ないですが当時は最高に気持ち悪いと思ってしまいました。それだけ演技力や役作りがすごいということなのだろうと思いますが。きれいな顔されているキャストが多い中で永堀さんはちょっと異質で衝撃的でしたが、しかしそこが現実的な気がして妙なリアリティがあって怖かったです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「好き・・・貴方が命を奪ったとしても」
「HIV感染」、「エイズ」。真生(深田恭子)の頭の中は、医師・平塚(伊佐山ひろ子)の言葉が巡っていた。「まさか!」「死ぬ!」。真生は虚ろな足取りで病院を出てきた。その頃啓吾(金城武)は、約束の時間が過ぎても現れない真生にがっかりしていた。(引用元:FOD)

ドラマ「神様、もう少しだけ」2話のネタバレ
HIV感染。平塚医師(伊佐山ひろ子)の言葉がこだまする。

重い足取りで病院を後にする真生(深田恭子)。

帰宅した真生。誰もいない。麻美(矢沢心)に呼ばれクラブに行くも真生は沈んだまま。

啓吾がエイズ撲滅イベントに出る話題が聞こえる。

『1番危ないのは啓吾では?』の誰かの一言にその場から啓吾の収録現場へ急ぐ真生。

出待ちのファンに囲まれる啓吾に近づけない真生。

真生がいたことを知った啓吾はしばらくして真生の元に。

啓吾の部屋に入るも涙み『明日死んでも恨まない』とその場を去る真生。

学校も休んだ真生はイサム(加藤晴彦)に検査を強く勧める。

忘れられない女性と真生がダブって見えていた啓吾は悶々とし真生に電話。

『死ぬなら勝手に死ね』と投げ槍な啓吾。

それに対し『啓吾のおかげで人生が変わった』と真生。啓吾の頭はますます混乱する。

イサムの検査結果はシロだった。しかし二度目の自身の結果はクロ。

落胆し部屋に引き籠もっていると啓吾がスポーツカーで現れる。HIVのことを尋ねると啓吾は『シロ』。

その瞬間あの時1度の援助交際で感染したと気付く真生。

優しく接してくれる啓吾に真生はHIV感染をカミングアウトする。

ドラマ「神様、もう少しだけ」2話の感想
イサムとの関係が不思議ですが励ましてくれたりしてくれてちゃらそうだけどいいヤツです。できれば真生がシロであってくれとテレビの前で願ってました。平田満さん演じる真生のお父さんが無関心というか人生に無気力というか。お母さん不倫しているし叶野家は崩壊寸前だなと感じましたが、大小あるけどこんな家庭は意外と多い気はします。どんどんかわいそうな展開にするので苦しくなりますね。でも深田恭子は可愛いなって見てしまう。でもスポーツカーで家まで来るなんてかっこいいななんて思っちゃいましたが実際そんなことされたらどうなのでしょう?迷惑?それとも素直に嬉しいのかな。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「タイトル」
真生(深田恭子)は二度目のHIV検査もクロだった。一方、ある女性の死からいつ死んでもいいと思う啓吾(金城武)だったが、真生からHIVに感染していると聞かされ、死に対して真正面に向き合うことになった。イサム(加藤晴彦)に二度目もクロだったと知らせに行ったことから、真生がHIVに感染していることをイサムの今の恋人・香奈(田中有紀美)が知る。(引用元:FOD)

ドラマ「神様、もう少しだけ」3話のネタバレ
二度目のHIV検査も陽性だった真生(深田恭子)は親友のイサム(加藤晴彦)にその事を知らせに行き、それでも自分に対する態度が変わらないイサムにホッとするのだった。

だが偶然イサムの彼女の香奈(田中有紀美)にも知られてしまう。

一方、啓吾(金城武)は真生からHIVに感染していたと聞かされ、死に対し真正面に向き合うことになり、苛立ちを覚え自暴自棄になる。

検査を受けたか尋ねる真生に対しても「どっちでもいいだろう。

人は死ぬ時が来たら死ぬんだ」と言ってしまう。

そんな啓吾に真生は「生きていたい!死にたくない!」と強く答えるのだった。

真生は誕生日が近付き、母・弥栄子(田中好子)から「本当に困ったことがあったらなんでも話して」と優しく言われるが、どうしても言えずにいた。

学校では香奈のせいでいじめられて一人ぼっちの真生。

孤独の中で啓吾に電話し「疲れちゃった、仲間が欲しいよ」と初めて弱音を吐く真生を愛おしく思う啓吾。

誕生日、いつの間にか留守の啓吾のマンションに来てしまう真生。

帰ってきた啓吾は自分がHIV検査は陰性だった事を言えずにいたが、結果を知った真生は「啓吾がシロで嬉しい」と言い、その場を立ち去ってしまう。

ドラマ「神様、もう少しだけ」3話の感想
HIV感染がテーマのショッキングなドラマでしたが、女子高生の真生の生きる姿に心打たれるドラマでした。大人の啓吾ですら感染の恐怖に苛まれ、死と向き合う事が出来なかった中で、強がりかもしれないけど、必死にその事を受け入れて、それでも生きたい!死にたくない!と訴える真生の強さに胸が痛くなりました。学校でもいじめられて、家族にも真実を訴える事が出来ず、ひとりぼっちで戦う真生の「仲間が欲しいよ」と言う言葉、陰性だった啓吾に対して「啓吾がシロで嬉しい」という一言にはどんな思いが込められていたのかと思うと涙が止まりませんでした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「最後の愛を失った時少女は・・・」
啓吾(金城武)がHIVに感染していないことを真生(深田恭子)は知り、安心すると同時に、啓吾は健康な“別世界の人”と、気持ちを吹っ切るように啓吾の部屋を出てきた。その帰り道、HIVを移した青年を真生は偶然街で見つけ、後を追った。(引用元:FOD)

ドラマ「神様、もう少しだけ」4話のネタバレ
啓吾(金城武)がHIV陰性だった事を知った真生(深田恭子)は安心する。

しかし、自分とは違う別世界の人間だと感じ、気持ちを吹っ切ろうとする。

その時街で偶然、HIVを移した男野口(永堀剛敏)を見つけた真生はあとを追いかけて問い詰める。

感染して体力が低下している野口は入院すると言い、故郷の両親にも言えず、仕事も辞めて貯金を切り崩しながら生活していた。

孤独な野口の生き方を見ていたたまれなくなる真生。

その頃母弥栄子(田中好子)は、娘がいじめられている事に気付き真生を問い詰めるが、逆に不倫の事を言われてしまう。

孤独感が募る真生を見ていた啓吾はほっとけず真生を励まし携帯番号を教える。

啓吾の励ましに少し元気を取り戻す真生だったが、イジメはエスカレートするばかりだった。

一方啓吾は死んだ恋人リサ(宮沢りえ)のことが頭から離れず、新曲も作れず悩んでいた。

リサの墓の前で思いを馳せているとリサの妹カヲル(仲間由紀恵)が現れる。

啓吾に思いを寄せ始めたカオルは啓吾のマンションの近くまで送ってもらい、突然啓吾にキスをする。

何も知らない真生は逃げるようにその場を後にする。啓吾は真生を必死に追いかけるが…

ドラマ「神様、もう少しだけ」4話の感想
啓吾が陰性だった事にホッとする反面、また孤独を感じてしまう真生が本当に可哀想で可哀想でたまりませんでした。しかも自分に移した相手を偶然見かけて問い詰めても、同じように孤独の中で生活している姿を見て、責めることも出来ない辛さが胸を締め付けられました。こんな時にお母さんも不倫なんかしてる場合じゃないよ!と思いましたが、仕事ばかりのお父さんに疲れてしまったのかなぁと思います。でも、もう少し娘をちゃんと見てあげて欲しいと思っちゃいました。啓吾も真生の事は気になりつつも昔の恋人の事が忘れられず、仕事にも行き詰まり苦しんでいる姿は辛すぎます。キスを目撃した真生の心はどれだけ傷付きどれだけ孤独だったろうと思うと胸が張り裂けそうになりました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「こころ開いてご覧・・・君は一人じゃない」
啓吾(金城武)がカヲル(仲間由紀恵)とキス。母、弥栄子(田中好子)の不倫。再び孤独の中に突き落とされた真生(深田恭子)は、轟音を立て走る電車に、ふらふらと向かっていった。その真生を、間一髪イサム(加藤晴彦)が救った。リサ(宮沢りえ)への思いが残る啓吾は新曲ができず窮地に立っていた。(引用元:FOD)

ドラマ「神様、もう少しだけ」5話のネタバレ
何もかも嫌になった真生(深田恭子)は、降りた遮断機をくぐるところを間一髪でイサム(加藤晴彦)に助けられる。

真生の事故が自殺未遂だと知りショックを受ける家族。

病院のベッドで目覚めた真生はそんな両親に自分はエイズだと告げる。

セックスが原因で感染したと言い放つ真生に怒りをぶつける父・義郎(平田満)。

その頃リサ(宮沢りえ)への思いと新曲が書けない苦しみに苛まれながら、どこか冷めている自分に気付く啓吾。

そんな中、啓吾とカヲルの関係がスキャンダルされ、気にする真生にイサムから入院の事を聞いた啓吾が見舞いに来る。

「人に期待して愛されない腹いせに死ぬなんて最低だ!死ぬならもっと本気で生きろ!」と諭す啓吾に、真生も啓吾は本気で生きているのか?

問いただし、「啓吾には人にはできない音楽があるのに、贅沢だ!何も無い自分は誰のために何のために生きればいいかわからない!」と訴える。

そんな真生の言葉に心打たれた啓吾は曲を書き始める。

退院した真生を囲み久しぶりの家族団欒の時、弥栄子の不倫相手から電話が鳴る。

再び傷付いて家を飛び出し街を彷徨く真生の耳に飛び込んできたのは啓吾の優しい声と彼女の為に作った曲だった…

ドラマ「神様、もう少しだけ」5話の感想
とうとう家族に話した真生…辛かったでしょうね。どんな思いで伝えたのか想像を絶します。母親だけは自分の事を守ってくれると信じていたのに不倫していて、啓吾のキスシーンも見てしまい絶望して死にたくなる気持ちも少しわかる気がします。啓吾もまた自分の生き方に虚しさを覚え、ただ生きているだけの生活を送る中で、再び音楽と向き合わせてくれた真生の魂の叫びのような言葉にまた曲を作り始めて、ラジオから真生に語りかけます。「もし一人ぼっちでで戦っていると思っているなら、早く気付いて欲しい。愛されていない人間なんかこの世には一人もいない。少なくともここに一人いる」と。この言葉にどれだけ真生が救われたか…本当に心が通じ合ったこのシーンはとても印象に残っています。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「生きるための闘い・・・勇気を下さい」
啓吾(金城武)の新曲をリリースしてくれる会社はなかなか見つからなかった。真生(深田恭子)との付き合いを嗅ぎ回るマスコミも気になる啓吾。一方、真生は治療を受ける気になり病院へ。「生きる目標を持つことは、感染とは関係ないはず」。医師・平塚(伊佐山ひろ子)の言葉が心に突き刺さり、苦悩してきた真生に生きる力が湧いてきた。(引用元:FOD)

ドラマ「神様、もう少しだけ」6話のネタバレ
啓吾(金城武)の書いた新曲をリリースしてくれる会社が見つからず、真生との関係を嗅ぎ回るマスコミも出てくる。

啓吾の曲で元気を貰った真生は治療を受ける覚悟を決めて病院へ。

そこで自分は人と違う普通じゃないという真生に医師の平塚(伊佐山ひろ子)は生きる目標がないのは感染の有無とは関係ないと言い、少し気持ちが楽になる。

病院の帰りばったり会った親友麻美(矢沢心)に謝りたかった、学校に来なよと言われ、再び学校に行く事を決意する。

エイズじゃないと庇う麻美のおかげで友達との関係も元に戻ったが、嘘をついて隠す事に違和感を覚えた真生はありのままの自分をわかってほしいと公表しようとする。

それを聞いた啓吾は反対するが、がっかりしたと真生に言われてしまう。

啓吾がレコード会社から契約を切られたと知った真生は啓吾に会いに行く。

「自分らしく生きたい」と話す真生に「自分の人生の責任は、自分でしか取れない」と背中を押す啓吾。

学校へ送り、啓吾が見守る中壇上に上がりHIV感染を告白する。

自分らしく生きていきたいと、感染して初めて生きている事は全然当たり前の事じゃないと気付いたと涙を流し訴えた。

そんな真生に勇気付けられた啓吾は…

ドラマ「神様、もう少しだけ」6話の感想
病気と向き合い生きる決断をする真生はまだ若いのに本当に強い子だなぁと思います。病院の先生の言葉も響いたんでしょうね。今まで悩み苦しんでいた事、エイズになって見失った自分の未来、生きる目標がないとかは感染とは関係無い、みんなが抱えている悩みだと教えられて少し救われたんですよね。そして、ありのままの自分を隠しながら生きることに疑問を持つ彼女は色々な葛藤に打ち勝ち公表する事を選びます。本当にカッコいいですよね。命と向き合い、大切なものに気付いて、前向きに進む姿、あの告白シーンは本当に胸に迫るものがあり、涙が止まりませんでした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「好きじゃなきゃ、生きていけない」
薬の副作用が、真生(深田恭子)に出始めた。一方啓吾(金城武)は、真生との関係がマスコミに取り沙汰され、新曲発売が頓挫、その上、真生が受けた取材がもとで、週刊誌に2人の関係が興味本位に取り上げられ、所属事務所にもいられなくなる。(引用元:FOD)

ドラマ「神様、もう少しだけ」7話のネタバレ
啓吾(金城武)は真生(深田恭子)との関係がマスコミに取り沙汰された事により事務所にもいられなくなってしまう。

真生もまた、自分がHIV感染を宣言したことで弟がイジメられたり、家族に迷惑をかけている事に心を痛めていた。

好きな人にまで迷惑をかけていると泣く真生に母・弥栄子(田中好子)は「好きな人が出来て良かった。

その気持ちで乗り越えられる」と抱きしめる。少しでも啓吾の役に立とうと出版社へ誤解を解きに行くが薬の副作用で倒れる真生。

アメリカで出直す事を決めて、最後のコンサートのリハーサル中だった啓吾はカヲル(仲間由紀恵)の制止を振り切り真生の家へ向かう。

真生はイサム(加藤晴彦)に手伝ってもらいラジオ局に出す啓吾のリクエスト葉書を何枚も何枚も書いていた。

疲れて眠る真生に啓吾は最後のコンサートのチケットを置いて帰る。

追いかけてきた真生に啓吾はアメリカ行きを告げ、迷惑だと突き放すのだった。

真生の存在が大きくなっていることにハッキリと気付いていた啓吾。

だが追い討ちをかけるように最後のコンサートが中止になってしまう。

一人、誰もいないコンサート会場のステージに立ち、ピアノを弾き始める。すると真生の声がして…

ドラマ「神様、もう少しだけ」7話の感想
真生とのスキャンダルで仕事も全て無くしアメリカへ行く決意をする啓吾でしたが、真生の事がほっとけなくなってきましたね。あんなに一途で一生懸命生きる彼女を愛おしく思うのは当たり前ですよね。お母さんの言葉に真生もずいぶん救われたと思います。人を好きになる事の尊さを優しく諭すお母さんも不倫とはいえ相手を本当に好きだったんでしょうね。ラストのコンサート会場のシーンは本当にキレイで、悲しくて、儚くて、見ている私まで胸が締め付けられるような気持ちになりました。こんなに試練だらけの二人には絶対に幸せになって欲しいなぁと心から願わずにはいられませんでした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「お前を死なせない」
中止になったコンサート会場に、一人いた真生(深田恭子)を強く抱き締める啓吾(金城武)。2人だけの時間が流れ、真生に力が蘇ってきた。しかし、やはり真生は高校生。家に帰りつくと死の恐怖から逃れようと母・弥栄子(田中好子)に抱きつくのだった。(引用元:FOD)

ドラマ「神様、もう少しだけ」8話のネタバレ
コンサート会場にたった一人で応援に駆けつけた真生(深田恭子)を啓吾は思わず強く抱きしめる。

真生を送り届けて部屋に戻ると、死別したリサ(宮沢リエ)の事を思い出していた。

そんな中啓吾にニューヨークでの仕事の話が舞い込む。

急な決断を迫られる啓吾だったが、真生の事を考えると躊躇ってしまう。

一方真生は、発病を遅らせる薬がなかなか見つからず、試せる薬も残りわずかとなっていた。

そんな中、真生はHIVを感染させた野口(永堀剛敏)に会いに行く。

同じ病と戦う野口をいつしか励ましていた。啓吾への愛が真生に力を与えていたのだった。

最後の薬を祈るような気持ちで試す。

渡米が近づく啓吾に会いに行くと、そこにはカヲル(仲間由紀恵)の姿が…カヲルは啓吾と姉リサの関係を真生に話して聞かせる。

ショックで部屋を飛び出す真生を啓吾が追いかけるが、途中で倒れてしまう。

家に送り届けて眠る真生。母・弥栄子(田中好子)に好きな人を失う辛さを話す啓吾。

真生はそれを偶然聞いてしまう。最後の薬も副作用が出てしまいショックを隠せない真生。

渡米を決意し会いに来た啓吾にも優しくされると辛いと言ってしまう。啓吾の渡米の日真生は一人橋の欄干に立ち…

ドラマ「神様、もう少しだけ」8話の感想
真生の一途な思いが啓吾を少しずつ変えていき、真生もまた啓吾への思いがより一層真生を強くして、愛の力ってホントすごいなぁと思いました。でも啓吾の気持ち、本当によくわかります。愛する人がいなくなってしまう…真生も病と戦いながらまた啓吾の前からいなくなるかもしれない、すごく怖いと思います。二度とあんな辛い思いしたくないと思うんだろうけど、でも啓吾は真生と共に生きる決意をするんですよね。並大抵な決意ではないと思います。でも二人で乗り越えて欲しい、そう願わずにはいられない回でした。それにしてもキスシーンが美しいですね。キュンとせずにはいられません。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「運命が愛を踏みにじる」
成田から引き返してた啓吾(金城武)は、真生(深田恭子)を追って「アメリカに一緒に行こう」と告げた。啓吾の言葉は真生をこの上ない幸せにした。自宅に帰り弥栄子(田中好子)に、話すと「真生の幸せは私の幸せ」と弥栄子は真生を応援してくれた。(引用元:FOD)

ドラマ「神様、もう少しだけ」9話のネタバレ
啓吾(金城武)は真生(深田恭子)にアメリカへ一緒に行こうと告げる。

啓吾の言葉に喜ぶ真生。弥栄子(田中好子)に相談すると後悔しないよう精一杯生きなさいと背中を押される。

二人は露店でペンダントを見つけて、お互いのイニシャルのものを交換し合う。

幸せを噛みしめる真生。そして父・義郎(平田満)の会社を訪ね、アメリカに行く事を告げるが反対されてしまう。

一方啓吾はアメリカでの生活の為、感染者への偏見で部屋を貸し渋る不動産業者などを相手に真生の為、必死に戦っていた。

義郎が突然家に帰って来る。久しぶりに二人で河原に散歩に出掛けると、父親として自分は何もしてやれなかったと、自分の無力さに涙する父親に心を打たれる真生。

父の気持ちや周りの人達が自分らしく生きる姿に、真生自身も自分らしさを探そうと、アメリカには行かないと啓吾に告げる。

家族団欒の夜、義郎は弥栄子に離婚を切り出し、家族にそれぞれが正しいと思う道を進もうと、真生のアメリカ行きも体だけは大切にしてほしいと涙ながらに話すのだった。

そんな両親の励ましの言葉に再び啓吾と一緒にアメリカに行く決意をする真生。空港に向かうとそこにはカヲル(仲間由紀恵)がいて…

ドラマ「神様、もう少しだけ」9話の感想
真生のお父さんの本当の気持ちが初めてわかり、涙涙の回でした。父親は外で働き、家の中のことには無頓着に見えて、実は家族の為に、家族を思い一生懸命働いているんだなぁと。お父さんと真生の河原でのシーンで「お母さんのように相談にのってやることも出来ない、病気を変わってやることも出来ないと涙するお父さんの姿に号泣でした。そして病気の事とか心配でたまらないだろうに、娘の幸せを願い、送り出す姿にやっぱり家族の絆は強いんだなぁと改めて気付かされました。お父さん役の平田満さんとお母さん役の田中好子さんの演技が素晴らしいなぁと改めて思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話「二人、結ばれる夜」
啓吾(金城武)がアメリカに旅立ち3年。カヲル(仲間由紀恵)の嘘から、啓吾と真生(深田恭子)は、引き裂かれたのだが、啓吾に捨てられたと思う真生は、やっとその辛さを乗り越え、インテリアコーディネーターを目指し専門学校に通い、今、就職活動をしていた。(引用元:FOD)

ドラマ「神様、もう少しだけ」10話のネタバレ
啓吾(金城武)がアメリカに行ってから三年経った頃、真生(深田恭子)は専門学校に通い就職活動を頑張っていました。

それはカヲル(仲間由紀恵)の嘘で啓吾と別れることになったこと、失恋の傷が癒された証でもありましたが、HIV発病の可能性と隣り合わせの日々でした。

弥栄子(田中好子)と義郎(平田満)は真生のことを支え応援していました。

啓吾は凱旋公演のため帰国し、空港で記者の江崎(山西惇)から真生の結婚を知らされます。

でも、その情報はイサム(加藤晴彦)が江崎に聞かせた嘘でした。

真生の家を訪ねた啓吾はイサムから「真生は三年前アンタに捨てられて」と聞かされたことで、初めてカヲルの嘘だったと気付くのです。

そんな中、凱旋公演の会場で再会を果たす真生と啓吾。二人は想いを確かめ合うように話します。

その後、真生はやっともらえた内定がなかったことに。

理由は経営悪化とありますが、きっとHIV感染者なのが本当の原因だと傷つく真生。

その傷を癒したのは啓吾で、真生は啓吾に抱かれます。

ドラマ「神様、もう少しだけ」10話の感想
やっと啓吾がカヲルの嘘に気付いてくれたと安堵した放送回でした。視聴者としてはもっと早く気づけよ!といったもどかしさはありましたが、ようやくこれで2人が幸せになれるのかと喜びました。HIV感染者である真生を抱き、幸せにできるのは啓吾しかいないと思っているので、遠回りした気分ではありますが…お互いの誤解が解け、また2人の人生が交わったことに運命を感じました。こんな苦しくて激しくて、相手を本気で必要と思えるほどの恋愛をしてみたいなって改めて思わせる放送回でした。ただ本当にこんな恋愛をしたら疲れてしまうし、嫌かもしれませんが。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話「命を削る新しい命」
「神様、もう少しだけ」という啓吾(金城武)の祈りも虚しく、真生(深田恭子)はついにエイズを発症した。啓吾はアメリカに戻ることを迫られていたが、「俺がついている」と、死を意識し不安いっぱいの真生をつきっきりで励まし続けた。(引用元:FOD)

ドラマ「神様、もう少しだけ」11話のネタバレ
アメリカでのコンサートが間近に迫る中、真生(深田恭子)への想いから出発をためらう啓吾(金城武)。

「神様、もう少しだけ」という啓吾の強い願いも叶わず、真生はエイズを発症してしまう。

啓吾からの愛に支えられ入院生活を過ごし退院が近づいた頃に真生の妊娠が発覚。

啓吾の子どもを授かった事に喜ぶ真生とは裏腹に、過去に恋人のリサ(宮沢りえ)を妊娠中毒症で失うという辛い経験をしている啓吾。

その心境は複雑で、妊娠を受け止めきれないでいる。

そんな中、啓吾のアメリカ行きが遅れている事で損害賠償を求められている事などをカヲル(仲間由紀恵)から知らされ、

アメリカ行きを勧めて欲しいと懇願される真生。

様々な状況から真生は子供を諦める決意をし、啓吾にふたりの子どもが存在した証として小さな星のついたMのペンダントを贈る。

が、病院の待合室で自分の名前が呼ばれた瞬間に子どもを産みたいという衝動がわき起こる。

そして、そこに現れた啓吾の言葉で出産の決意を固める真生。

その後、啓吾はアメリカに旅立つが、常に真生を励まし、真生も精一杯体に気をつけた生活を送っていた。

そんな二人がいよいよ再会する・・・。

ドラマ「神様、もう少しだけ」11話の感想
真生の純粋な思いを叶えたいという気持ちと、啓吾や周りの家族、友人たちの長く生きて欲しいという気持ちが伝わり複雑な思いで見ました。カヲルは、二人の仲を裂くような存在ですが、見方によっては二人のそれぞれの人生に希望を与える為に必要な存在だと思いました。母親役の田中さんの演技も印象的で娘を思う気持ちが伝わってきます。二人が笑顔で再会できるのか、無事に出産できるのか、子どもに感染はしていないのか、など次回の展開が気になります。悲しい結末が待っているんだろうなという予感がしますが、希望を持って立ち向っていく二人に幸せになって欲しいと思います。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第12話「I FOR YOU・・・愛と命の輝きのために」
帰国する啓吾(金城武)のため、夕食を作り、花を買いに出た真生(深田恭子)は、突然苦しみ出しそのまま病院に運ばれた。エイズを発症しての妊娠は、真生の体に大きな負担をかけていた。弥栄子(田中好子)と義郎(平田満)は、医師から子どもも真生も予断が許さない状態であると聞かされた。(引用元:FOD)

ドラマ「神様、もう少しだけ」12話のネタバレ
帰国する啓吾(金城武)を迎える為、花を買いに出た真生(深田恭子)は、突然倒れて病院に運ばれる。

弥栄子(田中好子)と義郎(平田満)は医師から母子共々予断を許さない状態だと告げられてしまう。

刻々と時間だけが過ぎる中、帰国した啓吾だったが真生の顔を見て死を覚悟する。だが啓吾が触れた瞬間、奇跡的に目を覚ます。

啓吾は真生の指に指輪をはめてあげるのだった。

体力も少しずつ回復し、二人だけの教会で永遠の愛を誓う。

その直後、真生は陣痛に襲われ分娩室へ向かう。自分はどうなっても子供だけは助けて欲しいと願う真生。

万が一の時は母体よりも子供を優先させる事を決める啓吾だった。

何とか産まれてきた赤ちゃんも真生も危険な状態だったが、赤ちゃんに会わせてほしいと願う真生。

保育器の我が子と対面し、子供は一命を取り留めるが真生は再び危篤状態に陥る。

祈る事しか出来ない啓吾にビデオテープを渡す弥栄子。

その中の真生は産まれてくる子供の為に必死で母親の姿を見せようとしていた。

奇跡は起きて真生は目を覚ます。それから子供と2人退院し、3人の幸せな時間が流れる。

家族や友人達に見守られて結婚式を挙げる2人…たくさんの愛に包まれた真生は…

ドラマ「神様、もう少しだけ」12話の感想
最終話は命がけのシーンだらけでそのたびにドキドキハラハラが止まりませんでした。母親になるとやはり女の人は強いですね。子供の為に命をかけて生きようとする真生の姿はとても感動的でした。真生が子供に当てたビデオレターの中で、生きてるって事は時間の長さだけじゃない、どれだけ心を燃やして生きれたか、命を燃やして人より早く燃え尽きたとしても後悔しないという真生の生き方、言葉が今も胸に響いています。今はコロナという伝染病に全世界が包まれて苦しい時間を過ごしていますが、改めてこのドラマを見て当たり前ではないかけがえのない時間を大切に生きていきたいと思います。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、FODプレミアムなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「神様、もう少しだけ」の概要

音楽プロデューサーとして成功はしているが、生きることに傍観的な石川啓吾(金城武)が、コンサートの帰り、一人の少女に出会った。

少女は女子高生の叶野真生 (深田恭子)。

真生は、ケータイを持ち街を徘徊、時には援助交際で小遣いを稼ぐ、今時の女子高校生。生きるということの意味を手探りしていた。

啓吾と一夜を共にしたことから真生は迷いが消え、一方啓吾も真生の天真で素直な気持ちに、心が満たされ、真生に魅かれる。

だが、真生はHIVに感染していた・・・。(引用元:FOD)

ドラマ「神様、もう少しだけ」の出演者、放送情報

石川 啓吾:金城武
叶野 真生:深田恭子
日比野 イサム:加藤晴彦
織田 麻美:矢沢心
野口 孝明:永堀剛敏
瀧村 カヲル:仲間由紀恵
瀧村 リサ:宮沢りえ
久保 隆:東根作寿英
叶野 義郎:平田満
叶野 弥栄子:田中好子
田村 香奈:田中有紀美
伊沢 浩之:竹下宏太郎
平塚医師:伊佐山ひろ子
有田 佳克:益岡徹
江崎文隆:山西惇

主題歌:LUNA SEA「I for You」

制作:フジテレビ

放送:1998年

ドラマ「神様、もう少しだけ」の見どころ

当時社会問題となっていた援助交際と、HIV感染という重いテーマを堂々とドラマ化した、衝撃的な作品。

国際的スターになりつつあった台湾出身の金城武と、新人同然の深田恭子が大ブレイクを果たしたドラマです。

特に深キョンの初々しくもエネルギーに溢れた演技は、不器用だけれど素直で芯の強い女子高生・真生役にマッチしていて、視聴者の心に深い印象を残しました。

金城演じる啓吾に横恋慕する歌手・瀧村カヲルを演じた仲間由紀恵も、このドラマで広く知られることに。

終始HIVについて正しい理解を求めた本作からは、夢に向かうのも諦めるのも、病気とは関係のないことだという強いメッセージが伝わります。

前を向いて強く生きるための勇気をもらえる感動作です!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「神様、もう少しだけ」の感想

40代女性
金城武の魅力が存分に味わえるドラマ。空虚な心に愛の灯がともり、真生がHIVを発症してしまっても変わらず愛し続ける石川啓吾という男の役を、真摯に丁寧に演じています。色気があって、ラブシーンが美しい!この作品で、深キョンは女優として一躍有名になりましたね。エイズという病気に対する啓蒙の意味も含め、社会的に大きな役割を果たしたドラマでした。
50代男性
全部を挙げきれないほど名シーンが数々あって、非常に心に残る名作です。脚本も演出も、役者さん達の演技も、何もかも文句なしに素晴らしい。真生が自分にも他人にもしっかりと向き合い、強く生き抜く様は胸に迫りますね。男でも泣けるドラマです。彼女に影響されて、少しずつ周囲が変わっていくのが良かった。いろんな立場の登場人物がいて、きっと誰かに共感できると思いますよ。
30代女性
放送当時高校生だった私は、友達と遊ぶのが大事で、まさに真生が病気になる前と同じような高校生活を送っていました。周りには実際援交している子もいました。だからこのドラマにはとてもリアリティを感じます。病気になってしまった事実は変えられないけれど、それでも前を向いて生きていこうとする真生が眩しいです。啓吾の彼女への愛はもちろん、両親や友人の理解や協力も泣けますね。真生が学校の皆の前で演説するシーンは忘れられません。

まとめ

以上、金城武・深田恭子主演のドラマ「神様、もう少しだけ」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

援助交際とHIV感染といった題材がら、当初は主演女優への出演交渉が難航したというこのドラマ。

そんな中、15歳でHIV感染者を演じた深田恭子や伝説となった70秒キスシーンなど、多くの賞賛や賞を受賞した作品です!

FODプレミアムで神様、もう少しだけの動画は全て無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴