ドラマ|ブラッディマンデイ Season2の動画を無料で見れる動画配信まとめ

2010年1月〜3月まで三浦春馬主演で放送のドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」

史上最悪のウイルステロ事件である「ブラッディ・マンデイ」から2年後。

新たなテロ計画が進められ、再び天才ハッカー・高木藤丸に声がかかるところから物語は始まります。

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」の動画は、Paraviで見放題配信中です。

Paraviの無料期間を利用すると、ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」の動画は、Paraviで見放題配信中です。

Paraviは通常月額1017円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:Paravi)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」のシリーズ作品の

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」の動画まとめ

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」は、Paraviで全話無料視聴できます

(画像引用元:Paravi)

Paraviは2週間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話「今夜日本に核投下!!最凶テロの日本再起動計画…衝撃の首相暗殺1500万人の命が一瞬で!!止まらない悲劇に伝説のハッカーの孤独な戦いが今、始まる!!」   
2年前のテロ事件以降、多くの仲間を失った藤丸(三浦春馬)は浪人生としてひっそりと暮らしていた。しかしある日、留学生・響(黒川智花)と一緒にいたところを、「オリハラマヤ」と名乗る殺し屋に襲われる。また別の場所では、総理大臣狙撃事件が発生し、さらに核を積んだ飛行機によるテロ計画が動き出していた。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」1話のネタバレ
舞台はウイルステロ事件「ブラッディ・マンデイ」が発生した前作から2年後。

高木藤丸は数多くの仲間を失い、鬱々とした毎日を過ごしていました。

そんな彼を襲ったのが、テロリストの「マヤ」なる女性。その場で一緒にいた留学⽣の⽔沢と逃亡することに…。

更にマヤは九条総理大臣に対し、「明晩、東京が核攻撃を受ける」との電話を入れるのです。

驚いた九条は「THIRD-i」の召集を決定、萩原に陣頭指揮をとらせます。THIRD-iによる調査の結果、飛行機に核爆弾が積んであることが判明。

実はその飛行機の搭乗者の中には、2年前のテロ事件に関与した「J」こと、神崎もいたのでした。

この緊急事態の最中、今度は九条首相が孫の⾳弥とその友人の朝田いる前で狙撃されるというショッキングな事件が発生。

一方で核を載せた飛行機は首都圏の上空に差し掛かり、核攻撃の危機が刻一刻と迫っていました。

遂に萩原は、⾼⽊藤丸の力を借りることを決断をするのです。

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」1話の感想
『ブラッディ・マンデイ2』の第1話は2時間SPだったようですが、放送時間が長い分、話の中では事件が次から次へと発生しています。それも核攻撃とか、首相を狙撃するとか、衝撃的な事件ばかり…。正に息つく暇もない展開ですね。しかも登場人物の中には、不可解な行動をとったり、隠し事がありそうな人物もいて、誰が敵で誰が味方なのか分からない人もいます。一方、主人公の⾼⽊は、前作で発生した事件のショックから立ち直れない状態で登場します。そんな彼がその後、天才ハッカーとしてどんな才能を発揮させていくのか、大いに気になるところです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話「東京壊滅テロへ!!迫るテロの悲劇と東京最期の日!?」   
核爆弾による東京壊滅テロを阻止した藤丸(三浦春馬)だったが、テロリストの人質となっていたあおい(藤井美菜)の死にショックを受ける。その頃、治安維持組織「THIRD-i(サード・アイ)」は一連の事件がテロリスト集団「魔弾の射手」の犯行だということと、その組織に藤丸と互角以上のハッカーがいることを突き止める。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」2話のネタバレ
第1話での一連の事件は、「日本再起動計画」を掲げるテロ組織「魔弾の射手」の犯行だと分かりました。

一方の高木は、東京を核爆弾の攻撃から守ることに成功したものの、人質にされたあおいの命を救えなかったことに強い衝撃を受けていました。

更に高木は、俄かに自分の前に姿を見せたマヤに対し、あおいが犠牲なったのはマヤのせいではないか、と怒りを露にするのです。

警察庁秘密部隊のTHIRD-iは「魔弾の射⼿」に、高木にも引けを取らないハッカーの「ホーネット」がいること、この組織にテロリストの「J」が何らかの関与をしている疑いがあることを把握していました。

事件の捜査の指揮を執る霧島は「J」を尋問。すると「J」は、テロ事件の供述に応じる取引条件として、高木との面会を要求したのです。

そうした中、テロリストの魔の手は、高木の妹の遥や、あおいの友人の⾳弥にまで迫っていました。

「魔弾の射⼿」の次なる目的は一体どこに…?

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」2話の感想
大規模テロを阻止し、多くの人を救えたとしても、一人でも犠牲者を出してしまうと、やはり悔やみきれないもの。それが高校時代の同級生なら尚更ですね。今回の藤丸はそうした苦悩に立たされますが、テロリストは容赦なく、新たな計画を実行していきます。自分の妹や友達も危険が及んでくるのでは、藤丸も落ち込む間もないでしょう。他にもテロ組織に属する凄腕の「ホーネット」の存在や、藤丸に面会を求める「J」など、敵役達も気になる動きを見せ始めます。ストーリー運びが巧みで、視聴者には「次はどうなるのか?」と、常に飽きさせない工夫がされたドラマだと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話「友情と裏切り…驚愕の毒ガステロの真相!!味方に敵が!?」   
藤丸(三浦春馬)は2年前のテロ首謀者・J(成宮寛貴)と対面する。Jは隙をついて藤丸を人質に取り、公安調査庁の霧島(吉沢悠)らから拳銃を奪うが、その後意外な行動を取る。一方、「魔弾の射手」によるサイバーテロの全容をつかんだTHIRD-i(サード・アイ)は、組織のハッカー「ホーネット」に対抗するため、再び藤丸を招集する。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」3話のネタバレ
「J」(成宮寛貴)は藤丸(三浦春馬)を対面してすぐに襲い、人質とし、霧島(吉沢悠)らの拳銃を奪うも、予想外の行動にでる…。

その頃、「魔弾の射手」の謎の神経ガスが使用されたサイバーテロの全容を「THIRD-i(サード・アイ)」は知るが、「ホーネット」により既に包囲されていた。

テロの回避には高度なハッキング能力を持つ藤丸が必要であり再度の召集が決められたのであったが、藤丸はマヤ(吉瀬美智子)が連れ去った音弥(佐藤健)の居場所を特定し、救い出そうとしていた。

その音弥は祖父である九条総理(竜雷太)と対面し、マヤが味方であると聞かされ、納得できないでいると、マヤから衝撃の事実を伝えられる。

動揺した音弥であったが、ある決意を固める。

一方で、霧島の指示で、サード・アイ内部のスパイを探す加納(松重豊)と南海(芦名星)はある1人に行き着くが…。

そして、日本を懸けたファルコンVSホーネットの戦いが再び始まるのであった。

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」3話の感想
現実では想像し難いようなストーリーで、どのような展開になっていくのかとても興味を持ちました。テロの回避に必要だと判断されるほどのハッキング能力を持つ藤丸はすごいなと思う一方で、その藤丸1人に頼らなければテロを未然に防げないかもしれないという状況は恐ろしいものだとも思いました。また、連れ去られた音弥ですが、祖父の九条総理の指示でこのような状況になったのではと感じましたし、九条総理の意図とマヤから聞かされた衝撃の事実の内容がとても気になりました。加えて、事実を知った音弥はどのような行動に出るのだろうと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話「ヒロイン死す!!裏切り者の正体分かる舞い降りる死の灰!?」   
ホーネットとの戦いを制し、サイバーテロを食い止めた藤丸(三浦春馬)。そんな藤丸にバイトの同僚である響(黒川智花)が銃を突きつけ、連れ出そうとする。その瞬間、連れ去られて行方不明となっていた音弥(佐藤健)が助けに入る。しかし、響は二人を制圧し、「第三の皇帝」「日本再起動」という言葉を残して去っていく。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」4話のネタバレ
「ホーネット」との戦いに勝利し、「魔弾の射手」が企てたサイバーテロを止めた藤丸(三浦春馬)であったが、新たな敵はバイト先の同僚の響(黒川智花)であることが判明した。

銃を突きつけ藤丸を連れ出そうとしている響に音弥(佐藤健)が飛び掛かるも、響は2人を格闘術で抑え、「第三の皇帝」、「日本再起動」という謎の言葉とともに姿を消したのであった。

響の行方を探すためのハッキングを開始した藤丸であったが、「魔弾の射手」が釈放要求する永田の足取りを調べるよう指示するマヤからのメールが音弥の携帯に届く。

それを音弥から聞いた藤丸は、永田の足取りのハッキングを開始するが、音弥の様子に違和感を感じ始める。

その一方で、九条(竜雷太)の指示のもと、永田と「第三の皇帝」との関係を内密に調査していたマヤは、藤丸、音弥と合流し「第三の皇帝」の居場所を特定するが、そこで3人が目にしたものとは!?

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」4話の感想
一つの戦いが終わるとすぐに次の戦いが始まり、藤丸の周りは忙しないと感じました。次なる敵はバイト先の同僚の響であったとは、さすがの藤丸も予想できなかったのではと思いますし、事実を知って衝撃だったと思います。また、響に襲われる藤丸を助けにきた音弥ですが、純粋に助けにきただけなのか、何かを知った上で意図があっての行動なのか気になりますし、その後の音弥の様子が不審である様子から、考えがあっての行動だったのではと感じました。藤丸にとって、音弥が恐怖の存在へと変わることがなければと思ってしまいました。響の正体と「第三の皇帝」がとても気になりました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話「今夜、日本沈没!?最悪の核が遂に!?」   
マヤ(吉瀬美智子)は自らの命と引き替えに藤丸(三浦春馬)と音弥(佐藤健)に「魔弾の射手」の計画の阻止を託す。それは最悪の水素爆弾「ツァーリーボンバー」による日本再起動計画だった。「魔弾の射手」にたどり着く鍵を握る「教授」と呼ばれる人物を捜す二人は、とある場所で響(黒川智花)の写真を見つける。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」5話のネタバレ
“マヤ(吉瀬美智子)は自分の命と引き換えに「第三の皇帝」と呼ばれる凶悪な水素爆弾「ツァーリーボンバー」を使用して、日本を再起動させるという狂気的な計画の阻止を藤丸(三浦春馬)と音弥(佐藤健)に託した。

死に際のマヤが藤丸と音弥に告げたこと、それは「教授」と呼ばれる男が「ツァーリーボンバー」とその計画をしている「魔弾の射手」に辿り着くための重要な鍵であることでした。

2人がある男の情報により教授の在りかを突き止めた時には、すでに教授の姿は消えていたのです。

しかし、その場所で偶然にも教授の在りかを知っていた男と響(黒川智花)の写真を見つけます。

藤丸は響の目論見を暴くためにその場にあった響のパソコンをハッキングし、「ツァーリーボンバー」の在りかをついに突き止めることに成功しました。

爆弾の在りかを知った藤丸から連絡を受けた加納(松下重)は同僚の萩原(高嶋政宏)へその事を伝え、「THIRD-i(サード・アイ)」のメンバーを「ツァーリーボンバー」へと向かわせます。

そして現場に到着した南海(芦名星)とサード・アイメンバーが「第三の皇帝」こと「ツァーリーボンバー」をついに見つけたのだったが、なんとそこには・・・。”

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」5話の感想
事件の規模が、実際にそんなことが起こることもあるのだろうか?と少し怖くなってしまうほどの凶悪な計画である。
作中では「魔弾の射手」という組織が敵となってでてくるが、その組織の中にも色々な事情がありそうでそこは楽しみです!
そしてなにより藤丸の頭の回転の速さとハッキング能力には毎回惚れ惚れします。
実際のハッキングは良くないことは十分わかっているけれど、相手を追い詰めたり、何かを暴く鮮やかさは何度見てもワクワクしてしまいます。
そして藤丸と音弥も勿論かっこいいけれど、「THIRD-i」が実際に日本にあったらいいのになぁ~ってくらい個人的に好きです!
ついに「ツァーリーボンバー」へとたどり着いてこれからますます盛り上がりそうで期待大!!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話「最悪の友の死!?現われた宿敵の顔は!!最凶テロが遂に終幕!?」   
「魔弾の射手」から送り込まれたスパイは、THIRD-i(サード・アイ)の情報分析官・澤北(阿南敦子)だった。藤丸(三浦春馬)に正体を暴かれた澤北は、「魔弾の射手」に息子が人質に取られていることを告白する。ホーネットが動画サイトを使って澤北の息子の命を弄んでいることを知った藤丸は、ホーネットに攻撃を仕掛ける。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」6話のネタバレ
響から⾳弥の下へ「教授が面会を求めている」の連絡が入ります。

問題の「教授」の手掛かりを追っていた⾳弥は、一人でその人物を訪問することに…。一方、息子の陵太を人質に取られた澤北は、「魔弾の射⼿」から諜報活動を命じられますが、高木藤丸により正体を暴かれ、拘束されます。

THIRD-iの情報分析官でありながら、テロ組織の手先となった経緯を説明する澤北。

その理由に愕然とする人達。そうした中、高木はネット上を検索し、陵太が遊びまわる映像を配信する動画サイトに辿り着くのです。

しかし、そのサイトは何と、アクセス件数が一定数に達すると、ライフル銃が陵太に向けて発射される仕組みになっていたのです。

人の命を嬲り者にする「ホーネット」に対し、憤りを禁じ得ない高木。しかし、面白半分に閲覧するネットユーザーの存在により、同サイトへのアクセス件数は増える一方。

「このままでは陵太の命が危ない」そう思った高木は…。

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」6話の感想
このドラマ、とんでもない展開になってきましたね。警察庁の秘密部隊の情報分析官が「魔弾の射⼿」のスパイになるのも驚きですが、親心に付け込まれたら、そうした行動に出る人もいるかもしれませんね。子供を人質にとること自体卑劣ですが、それ以上に人の命を玩具にする動画サイトの仕組みには、ビックリしました。ドラマの中の話とは言え、ネットが普及する前の時代だったら、「アクセス数でライフルを発射する」なんて発想自体、生まれなかったはずです。現実の社会でもネットを使った新しいタイプの犯罪が次々と発生しているのが気になります。インターネットが登場してから、色々な面で生活も便利になりましたが、同時に悪質サイトへの対策の必要性も増しているのは確かです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話「最終決戦の時!!テロ首謀者の真相と正体!?遂に迎えた終焉」   
藤丸(三浦春馬)は澤北(阿南敦子)の息子・陵太(安藤健悟)の居場所を突き止める。THIRD-i(サード・アイ)が陵太を保護するが、藤丸はその場に拘束されていた別の少年(神木隆之介)に違和感を覚える。実は彼こそがホーネットだった。ホーネットを尋問する藤丸は、彼に隠されたある重要な事実を見つけ出す。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」7話のネタバレ
澤北の子供で「魔弾の射⼿」の人質となっていた陵太は、THIRD-iによって無事に救出されます。

陵太が拘束されていた場所を特定し、今回の救出劇に貢献した高木藤丸でしたが、同じ場所に居た別の少年、藤代壮太を不審に思うのでした。

自身も人質にされた被害者であるかのように振舞う壮太。しかし、高木は追及の手を緩めることなく、ついに彼に関する重大な事実を掴むのです。

実はこの少年こそ、「魔弾の射手」の天才ハッカー「ホーネット」だったのです。

一方、響から連絡を受けて、教授に会いに行った⾳弥は「魔弾の射⼿」に襲撃されてしまいます。幸い、加納に救われて一命はとりとめるものの、⾳弥は負傷。

THIRD-iは、⾳弥、響、教授の3名を保護するのですが…。

そうした中、治療中だった「J」こと神崎潤が、収監先の特殊医療拘置所で重態となってしまいます。

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」7話の感想
水沢響は、高木藤丸の知り合いとのことですが、彼女に呼び出された⾳弥が襲撃されたところを見ると、テロ組織の手先だったんでしょうか? 又、陵太と同様、当初は人質と見られていた藤代壮太が、実は「ホーネット」だったとは驚きです。ハッカーとしては、藤丸かそれ以上の力量を持つ「ホーネット」が、まさか少年だとは…。余程、頭脳明晰な少年なんでしょうが、高木の追及にあって馬脚を現したり、正体がバレそうになると慌てて隠そうとするあたり、まだ未熟なのかな? とい気がします。響にしろ、壮太にしろ、意外な裏の顔を持つ人物が何人も登場してくるこのドラマ、なかなか目が離せそうにありませんね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話「全真相が遂に!!首謀者は!?原発とは!?復讐とは!?衝撃の真相と結末!!」   
ホーネット(神木隆之介)が明かしたのは、「魔弾の射手」の真の黒幕「スパイダー」の存在だった。テレビ局の電波をジャックした「魔弾の射手」は九条総理(竜雷太)の体制批判と若者への喚起を促し、日本再起動計画をスタートさせる。それを知った藤丸(三浦春馬)は、響(黒川智花)と共に計画を止めるために動き出す。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」8話のネタバレ
「魔弾の射手」による一連の事件の真の首謀者は、「スパイダー」なる人物――高木藤丸が「ホーネット」から聞き出したのは、この衝撃的な事実でした。

これまで自分を苦しめてきたテロ組織の再起動計画を阻止するため、響と一緒に行動を起こす藤丸。

一方の「魔弾の射⼿」は、TV局の放送システムを乗っ取り、九条政権への誹謗と同時に、若年層の決起を呼びかかるプロパガンダを展開します。

藤丸はTHIRD-iのシステムを利用して、この状況を打破しようと試みますが、同システムまで「魔弾の射⼿」の手に落ちてしまうのでした。危機に瀕するTHIRD-i。

藤丸の下に入った「⼀緒に遊ぼうよ」という電話。

この電話から「スパイダー」の居場所を見つけた藤丸ですが、九条首相の所にも「魔弾の射⼿」から電話がかかってきます。

その内容は「日本人の命を人質にした」という核の脅威を振りかざした恐るべき脅迫でした。

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」8話の感想
「魔弾の射手」の中心人物は「ホーネット」だと思っていたのですが、別に黒幕がいたんですね。このテロ集団はテレビ局の電波を乗っ取って、若者を焚きつけていますが、ドラマではこれで発砲事件が起きたみたいですね。でも受け手の側に冷静な判断能力があれば、そんな挑発には乗らないと思うのですが…。又、THIRD-iのシステムもハッキングしてるけど、そんなに簡単にいくのかな? という気もしました。突っ込みどころはありますが、「魔弾の射⼿」が色々な形で挑発を仕掛けてくるのが興味深いですね。と言うより、ドラマの制作者の発想力が凄いのかな?
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話「この世の果てテロの悲劇と結末へ!!明かされる真実と鍵」   
ついに正体を現したスパイダー(満島ひかり)は、藤丸(三浦春馬)に「私は、ずっとアナタを見ていた」と告げ、去っていく。自分とスパイダーの関係を思い出せない藤丸は、一人でスパイダーの後を追う。そんな中、THIRD-i(サード・アイ)本部の萩原(高嶋政宏)は、スパイダーの過去を突き止め、藤丸に伝える。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」9話のネタバレ
藤丸(三浦春馬)が「スパイダー」(満島ひかり)の正体を知り、その事実に愕然とする中「私は、ずっとアナタを見ていた」という不気味な言葉を残し「スパイダー」は去っていきます。

しかし藤丸は自分と「スパイダー」がどんな関係だったかを思い出せずにいるのです。

そしてついに「スパイダー」の本当の狙い、それが「ツァーリボンバー」を使った恐ろしい計画であることが判明し、日本の命運を懸けて、藤丸VSスパイダーの最後の戦いが始まっていきます。

「スパイダー」の後を1人で追っていた藤丸の元に加納(松重豊)や霧島(吉沢悠)ら「THIRD-i(サード・アイ)」も駆けつける中、萩原(高嶋政宏)はサード・アイ本部で「スパイダー」の過去を探り当てており、その事実を藤丸へと告げます。

「スパイダー」と自分との過去の記憶を思い出し唖然とする藤丸だったが、決意を新たについに「スパイダー」のいる扉の前へと辿り着くのでした。

音弥(佐藤健)や萩原とサード・アイメンバーが応援を待つよう伝えるも、藤丸は指示を聞かず音弥に「遥(川島海荷)を頼む」と告げ、1人「スパイダー」との最終の戦いに臨むのです。

日本の命運を懸けた最終決戦の運命はいかに・・・

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」9話の感想
クライマックス目前の盛り上がりに加えて、スパイダーの正体や過去と、過去が明らかになっていく感じがたまりません!
藤丸とスパイダーがまさかそこで繋がっていたなんて!でもずっとアナタを見ていた。は、ちょっと怖すぎるよ、満島ひかりさん…。
そしてついに始まった最終決戦ですが、ちょっと藤丸君が熱くなりすぎていて周りの人物の方に感情移入しながらみてしまった!
熱くなるのはわかるけど心配だから一人で行くのはやめようよ~!みんなも止めてるじゃん!とハラハラ。
遥を頼むって音弥に告げたってことは死ぬ覚悟ってことだな、と。まぁツァーリボンバーなんて利用しちゃう奴らですから死ぬ覚悟で当然ですね。
でも死なないでほしいー!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、ゲオ宅配レンタルなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」の概要

龍門諒原作・恵広史作画の人気コミックを三浦春馬主演で実写化したドラマの続編。

前作から2年後、ハイジャックされた飛行機には2年前のテロ首謀者・J(成宮寛貴)の姿があった。

新たなテロ計画が動き出す中、同級生・九条音弥(佐藤健)と共に再び立ち上がる、天才ハッカー・高木藤丸(三浦)の戦いを描く。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」の出演者、放送情報

高木藤丸:三浦春馬
高木遥:川島海荷
高木竜之介:田中哲司
九条音弥:佐藤健
折原マヤ:吉瀬美智子
加納生馬:松重豊
霧島悟郎:吉沢悠
南海かおる:芦名星
ホーネット:神木隆之介
スパイダー:満島ひかり

原作:龍門諒原作・恵広史作画『BLOODY MONDAY』

主題歌:flumpool「残像」

制作:TBS

放送:2010年

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」の見どころ

前作から2年後が描かれている「ブラッディ・マンデイ Season2」では、「核爆弾による東京壊滅」という新たなテロ事件が発生します。

三浦春馬演じる天才ハッカーの高木藤丸も少し大人びており、シーズン1とは雰囲気が変わった印象です。

このドラマの魅力はなんといってもテンポの良さ。

毎回見ているこちらまでハラハラドキドキさせられるのは、緊迫感が画面を通してでも伝わってくるからでしょう。

三浦春馬の危機迫る迫真の演技に加え、成宮寛貴や満島ひかりといった豪華キャストがストーリーを盛り上げます。

シーズン1ではウイルステロに立ち向かった高木藤丸ですが、今回は政治も絡んだテロ計画。

警視庁公安サイトにまでいとも簡単に侵入してしまう高木藤丸ですが、シーズン2では謎のハッカー「スパイダー」が現れ苦戦を強いられます。

原作漫画とは違うオリジナルストーリーで、新キャストも加わった「ブラッディ・マンデイ Season2」は、前作よりもスリル満点ですよ!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」の感想

40代男性
春馬くんの作品。そう思うと重たくなっちゃうけど、やっぱり見るほどにわかる名俳優ってこと。天才ハッカーである高校生役って、ちょっと高校生には見えないところあるけど。でもやっぱりこれくらいストーリー性のあるドラマって、演技派の人が務めるからさらに面白くなるんだよね!
20代女性
三浦春馬って、この作品が初めての主演だったんだ。と思うとすでに出来上がってる感じがするな〜やっぱり完璧を求めてた優等生タイプだったのかな?まわりを固める登場人物も今考えると、すごい豪華でだからこそこのドラマが盛り上がったんだと思う。最後までドキドキの展開で、助かるの?って思いながら見てたよ。
30代男性
この作品みたいに社会の闇組織に立ち向かっていく系の人間ドラマが好きで見ました。このドラマに出演している俳優さんは、このドラマで覚えたと言っても過言ではありません。何を言いたいかというと、それだけ演技が上手で、ストーリーが頭に入ってくるドラマだったということです。最後まで飽きさせないハラハラ感は最高でした。

ドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」の関連動画

関連記事

2008年10月〜12月まで三浦春馬主演で放送のドラマ「ブラッディ・マンデイ Season1」 高校生ながら人並み外れた能力をもつ天才ハッカーの少年と、国家転覆をもくろむテロリスト。 それを止めようとする公安組織の駆け引きを描く[…]

まとめ

以上、三浦春馬主演のドラマ「ブラッディ・マンデイ Season2」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

更に被害規模が拡大した危機にさらされる日本。

主人公は過去のショックから抜け出し、ハッカーとしての実力を発揮できるのでしょうか。

ブラッディ・マンデイ Season2の動画はParaviで全て無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴